ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

 翔泳社のWebマガジン「MONEY ZINE(マネージン)」にて
「投資・投機を始めた方は例外なく楽天家!?」の記事UPしました。
お暇な方、投資初心者の方にお読み頂ければ光栄です。


米国で相対的にリスクが低いとされる高額住宅ローン(ジャンボローン)専門の
米住宅ローン会社のソーンバーグモーゲージが
2億7千万ドルの追加証拠金の請求に応じることが不可能になったと発表。

経営難に陥っているモノライン(金融保証会社)の再建策も纏まらない。

モノラインの再建策や資本増強策が失敗に終われば
大幅な格下げも強いられ、銀行の追加損失も拡大する。

モノラインを、地方債の保証業務と
資産担保証券の保証業務の2つに分ける案も
資産担保証券の保証業務が廃業に追い込まれた場合
リスク資産市場の流動性が一段と縮小するリスクがある。
しかも、米国政府が公的資金の投入を否定している。

現時点で、環境・材料から考えて
売りか買いかと考えれば「売り」の局面だろう。

 
しかし、見方を変えれば・・・

「懸念で売られている=センチメントで売られている」とも見れる。

そして、日経平均は12930-13090、NYダウは12250-12300
為替は、101.25円と101.67円を結んだ重要支持線101.93銭
これら、下げるべき水準まで既に(ほぼ)到達した。

センチメントで売られたのであれば
到達で一旦は見直される可能性はあるとの思いから
本日、ロングでいってみたのだが・・・

しかし、このレベル・日柄からは、動いた方に付くのが一番
つまり、現時点では「見送り・見極め」が投資の王道。

分かっちゃいるものの、本日エントリーしちまいました(>_<)

 
為替に関し、興味のある方も多いと思うので、以下、ちょっとだけ掘り下げてみる。
(というか自分用の簡単な纏めだったりする^^;)

フィスコによれば、101円25銭、101円67銭での反転は
本邦通貨当局による円売り介入であったことから
3月期末決算を睨んで、04年以来抜かれていない伝家の宝刀。
円売り介入の可能性が懸念され始めている、とのこと。

そう考えれば、短中期でどうかはわからんが、目先で簡単に割り込むとも思えない。
(古い考え方だが)為替=国力と見ても、これ以上の円高進行は微妙な現在の水準。
(注: ドル安進行により、相対的に円高と言うのは十分ありではあるが・・・)

米国のスタグフレーション懸念により、ドルの先安感は強いが
通貨型のヘッジファンドなど短期で為替を仕掛ける場合には
5%の収益が1つの節目とされているとのこと。

ということは、ドル円相場は1ドル=103円処
ユーロドルでは1ユーロ=1.53ドルが目安。

目先的には目標達成感から利食いのタイミングだろう。(観測)

本日のバーナンキFRB議長の議会証言、6日のECB理事会
7日の仏中銀主催シンポジウムでFRB高官パネルディスカッション参加が気掛かりだが
この状況では、ある程度言葉を選んだ発言になると思われ、波乱とはならん気がするし。

 
確かに、円高は警戒すべきではある。

日経平均等指数採用の輸出企業の多くは
値嵩株で指数インパクト大。

円高=値嵩の国際優良株の下落=指数の下げ幅拡大
これは疑いの余地がない。

バーナンキが不振の内需を補うためドル安を容認したのも痛い。

輸出による景気浮揚を考えているなら、従来の介入という手法は
本邦は用いることはできないと見ることもできる(T_T)

 
米国の足元景気の減速感は非常に強く
金利を引き下げる方向であり
原油高、商品高によりインフレ懸念
物価上昇でスタグフ懸念が強まっており
世界の投資家のドル資産離れは、警戒すべきだが・・・

それでもジャポンは、米国に比べればマシとの見方もある。
となれば、円がドルに対して相対的に買われる可能性はある。

 

円高進行というと、真っ先に頭に浮かぶのは自動車セクターだが
大半の(自動車)銘柄は、1ドル=100円~95円程度の水準を
株価として既に織り込んだ可能性が高い。

円高に歯止めが掛れば、コスト抑制シナリオの顕在化を含め
株価の反転に備えたいところ、とメリルでも解説していた。

楽観的過ぎる気がしないでもないが、同感である(^^ゞ
 

以上から、ドル/円103円処は固いのではないかと思うのだが・・・

とはいえ、投機マネーが殆どの為替市場。理屈で動かないと考えた方がいい。
上記もシナリオの一つ程度に考えておいた方がよさそうだ(-_-;)

 

*** 本日の反省文 ***

本日手掛けた日経225先物、13010ロング・・・
イブニングセッション引成(12980)で半分処分(¥30ヤラレ)したものの
半分オーバーナイトしちまいました(>_<)

以下、私なりの本日のエントリーの理屈!
いや屁理屈・・・言い訳・・・反省○| ̄|_

常日頃、節目を意識してトレードしているが
これは、「節目に到達=手掛けてみる価値はある位置」との考えから。

投資初心者様は、兎角「買いが正解」とか「売りが正解」と考えるが
節目到達時、そこから上げるのか下げるのか誰にも判らない。
節目でのエントリーで、ロングか、ショートかは、さして重要ではないと考えている。

よく、「手掛け易いとはどういうことですか?」
「オーバーナイトをする時の基準は?」と、ご質問を頂くのだが・・・

人それぞれ解釈は様々だと思うが、私としては条件は二つ。

1. 自分自身が納得した節目でのエントリー=ロスカットポイントが明白かどうか。
2. 需給の傾きの「自分なりの」想定。(その想定が正しいかは不明でも。)

これだけです○| ̄|_

本日、エントリーして持ち越した理屈(言い訳・屁理屈)は以下の通り:

日米株式、為替は節目処でもあり、エントリーの価値はある。
ショートに若干ながらも傾いている。
直近の下げっぷり、マーケットスケジュールからして、5日の寄付大波乱は考え難い。
(私の妄想ベースでは、今日は今週、唯一ロング・オーバーナイト・リスクが小さい日。)

しかし、現時点で、「買い」とする材料はなく、根拠も希薄、「まだ」買える環境でもない。
納得できるエントリー(ON)だったかと言えば、正直微妙だ。
むしろ見送りが正解で、オーバーナイトは無謀だったかもしれない。

と自覚し、明日(状況次第では明後日)のロスカットの準備としたい(^_-)-☆

屁理屈や言い訳で自己のポジションを正当化することは見苦しいが・・・
何も考えずに自己のポジに意固地になるよりは遥かにマシ。

屁理屈でもいいので、自己のポジション、エントリーの自分なりの理屈は
納得したロスカットにつなげる意味でも、常に見つめ・考えたい!

と言い訳がましく、本日のエントリーを見直し・反省してみた。
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
為替も株価も過剰反応………であることを祈りたいですね。
オーバーナイト、うまくいきますよふに。
自動車株、その他国際優良銘柄、なんだか笑ってしまうような株価です。
後で笑えなくなったりして……。
2008/03/04(火) 23:27:25 | URL | 配当金太郎 #-[ 編集]
とりあえず13000円だと買ってみたくなりますよね。何度もここを跳ね返してますから・・。

ただ、今日は少しいやな感じがします。海外相場が・・
2008/03/04(火) 23:27:36 | URL | ゆうな #-[ 編集]
祈りたいですねぇ。。。
配当金太郎 様♪

でも、祈る者・信じる者は救われないのが相場><
オーバーナイト自体は、失敗と言うか、間違いだったと思っています。
やはり見送りが王道だったかなと。

現時点でNY下げてはいますが、仮にここから、上げて明日ギャップアップでも、よほどの材料でなければ、上値は抑えられると見るのが順当ですし;;

国際優良銘柄が、国際劣悪銘柄になるようであれば・・・
もう笑うしかないですねw
その時には潔くあきらめましょう^^;
2008/03/04(火) 23:52:28 | URL | to 配当金太郎 様 fm.Heyward #-[ 編集]
確かに、イヤーンな感じですね><
ゆうな 様♪

「とりあえず買ってみたい」、言いえて妙な表現です!
確かに「とりあえず」なんですよね><

「とりあえず」ではなく、せめて「おそらく、ここは」位のニュアンスと材料が出るまで見送るのが筋・・・
早まりました><
2008/03/04(火) 23:56:41 | URL | to ゆうな 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1745-8acbd7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2