ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


新年度入り後、日経平均は262円安→131円安→358円高→本日前引け213円安と乱高下。2013年度相場はボラボラ・スタートとなった。

個人投資家のみならず、狼狽えた市場参加者は少なくないようだ。

1年間でどの程度の値動きがあるかを把握しておくことは、リスク選好にも、リスク回避にも有効だ。心の準備、想定があれば、何かあった時にも狼狽えずに済む。ということで...

日経平均の年度別騰落率を見てみる

年度

年度末株価

騰落幅

騰落率

2000

12999.70円

-7337.62円

-36.1%

2001

11024.94円

-1974.76円

-15.2%

2002

7972.71円

-3052.23円

-27.7%

2003

11715.39円

+3742.68円

+46.9%

2004

11668.95円

-46.44円

-0.4%

2005

17059.66円

+5390.71円

+46.2%

2006

17287.65円

+227.99円

+1.3%

2007

12525.54円

-4762.11円

-27.5%

2008

8109.53円

-4416.01円

-35.3%

2009

11089.94円

+2980.41円

+36.8%

2010

9755.10円

-1334.84円

-12.0%

2011

10083.56円

+328.46円

+3.4%

2012

12397.91円

+2314.35円

+23.0%

ざっくり見ると、大相場と言えるような大きな上昇となっても、年間で35~45%程度の上昇。
ほにゃららショック、100年に1度と言われるような暴落となっても、年間で35%程度の下落。
中長期で投資を考えるのであれば、これは参考にしてもよさそうな数字だ。

現在、【グッバイ民主党・アベノミクス万歳・日銀新体制】で日本株式市場は賑わい、強い相場が続いている。昨年度の上昇率が「+23%」に留まっていることも先高観に繋がっているようだ。

ここにきて、エコノミスト、アナリストから、日経平均14000-15000円予想が多く聞かれるのは、日和見的な性質、チャート・テクニカル的な分析によるところもあるだろうが、2003年、2005年、2009年のような上昇率(年間で+35~45%)を2013年度も期待している部分もあるのだろう。

ただ、前述の通り、【グッバイ民主党・アベノミクス万歳・日銀新体制】で日本株は上昇しているのだ。となれば、上昇の起点はグッバイ民主党の2012年11月14日(泥鰌の解散表明)と見るのが筋と考えることも出来る。

その起点からの日経平均の上昇率を計算すると...
12年11月14日終値8664円~13年3月21日高値12650円=+3986円(+46%)

大相場だとしても、すでに十分な上げ幅を記録している(-_-;)

調整が意識されるのも当然だろう。3月末から軟化ししているのは、4月初から乱高下で高値波乱のような動きになっているのは、この辺りも影響しているようだ。

個人的には、ここから更なる上昇、一本調子の上昇を期待するよりは、「一相場終わって調整→再度の上昇」を期待したい。そうなれば、「金融相場→調整→実体経済を確認しながらの業績相場」と、教科書的な相場移行となる。

そうなるかどうかはワカランが、息の長い相場を期待するなら、これがBESTシナリオだろう。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約451億円が成立。
市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1353億円、売買高は16億6212万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1259、値上がり銘柄数は371、変わらずは69。

 
*** 追記 ***
13:42

おっ!日銀券ルールを一時適応中止。ETF買い入れ額を年間1兆円増額。
プチ・サプライズ!?

13:47
指数急騰も、個別の戻りが鈍い。これからなのか...

13:49
個別がついてこないうちに、指数も失速...

13:56
日経平均+0.4%、TOPIX、規模別は+1%か。ヘッドラインからは、決定会合は満額回答+αで十分な内容に見えるが、意外に伸びないな。15時半の黒田新総裁の会見を受けて、もう一段高となるのか...

14:02
のび太、伸びた^^ 震災以来最大の日中値幅を記録!
それでも、TOPIX、CORE30、大型が25日線を回復できていないが、これからか...

14:07
なんか鈍いんだよな...

14:40
日経平均は短期上昇トレンド回帰と見てよさそうだが...
TOPIX、CORE30、大型、中型は25日線までの戻り。
小型は25日線回復も、パラボリック、新値3本足は陰転のまま。
ドル円は25日線回復出来ず、ユーロ円は三役逆転リーチの状況に変わりはない。

もう一段上げが欲しい。15時半の黒田君の会見に期待したい。

14:46
個人的には一旦調整を入れた方がいいと思うのだが...
今日のところは日銀の決定に敬意を表し、これでよしとしよう(^_^;)

14:53
なんだかんだで結構上がった。
買えばよかったとは思わないが、売らなくてよかったと心から思える一日。

15:17
本日の日経平均・日中値幅は558円\(゜ロ\)(/ロ゜)/
終値ベースの高値(3月21日12635円)まで1円と迫り大引け。
指数先物は踏み捲って、極大順ザヤで大引け、高値更新。

今日は歴史的な一日となったかもしれない...

見てる分には楽しいが、手掛けてたらと考えると恐ろしい相場。

株価指数先物000816.JPG
  

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

スポンサーサイト

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


3月29日の米国株式市場

聖金曜日のため休場

ドル円: 94.21 -94.22
ユーロ円: 120.77 -120.81
日経平均前日終値: 12397.91 △61.95

 

日本株式市場

名実ともに新年度入りでニューマネーの流入が期待される。

先週初、日本経済新聞1面トップで、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針の見直し観測が報じられ、週央には日銀新体制の金融緩和内容が報じられた。先週、やや弱含んだ東京株式市場だったが、これらが下支えとなった面もあっただろう。

国内機関投資家の運用方針見直しへの期待は、特に高いようだ。

機関投資家(特に国内年金系)のポートフォリオ組み入れ比率見直しは5年に1回と言われており、この比率見直しを1年に1回とした方がいいとの声が多い。

誰もが知っての通り、日本市場の株価上昇時のお約束は「外人買い・国内機関投資家売り」。なぜ株価が上昇すると国内機関投資家が売るのかといえば、株価が上がると組み入れ比率が上がってしまうため、リバランスで売らざるを得ない(売りが止まらなくなる)のだ。

これにより長年、日本人により日本株の上値が抑えられてきた。今回も、昨年11月からの株価爆上げで組み入れ比率が上がり、国内機関投資家からの売りが止まらなくなっている。

日経平均は、昨年3月期末の10083.56円から20%超の上昇。
昨年11月14日の泥鰌の解散表明から日経平均は約45%上昇。

組み入れ比率見直しが1年に1回となれば、外国人が日本株を買い、日本人が日本株を売るという長年の構図に変化が出そうな気もするが、ドウナンダロ...

ただ、今週に関しては様子見姿勢が強そうだ。

本日もイースターマンデーでロンドン市場は休場。しかも、今週は重要イベントが目白押し。3~4日は新執行部のもとで日銀金融政策決定会合。5日は3月米雇用統計の発表。キプロス問題やイタリアの政局も依然として不透明感がくすぶっている。

本日寄り付き前に発表された日銀短観によると3月大企業・製造業DIはマイナス8。前回12月調査に比べ1p低下、市場予想のマイナス7も下回った。これも様子見の一因となりそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り660万株、買い810万株、差し引き150万株の買い越し。売り買い共に激細。
買い越しは18営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:32

リスクテイクの動きは見られず。かといって、リスク回避の動きも特に目立たず。
今日も先週末同様、休暇モードですな。

09:44
「トヨタの2013年3月期の連結営業利益は、これまでの予想である前期比3.2倍の1兆1500億円から1兆2000億円超に増える見通し、円高修正が進み輸出採算がさらに改善するため利益規模は1兆3000億円程度に膨らむ可能性もある」と、土曜日に日経新聞が報じたが...

トヨタ株は、ほぼ変わらずで推移。今現在円が一段安となっているわけでもない。しかも、対ドルで1円円安で350億円増益は万人の知るところ。今さらネタなんでしょうな。

09:59
本日もREITが大幅安。
REIT、日経平均共に3月に月足雲上限で頭を抑えられ、新年度入りで反落。
やや気になる動きだが、今週のイベントを考えると、週初のこの動きも已む無しか。

10:19
10時発表の中国・3月製造業購買担当者景気指数(PMI)は、50.9。予想51.2、前回50.1。
しっかりした数字だが予想は下回る... 最近の中国の統計ってこんなのばっかりですな。

10:36
「4月初は信託銀行の売りが出やすい」がお約束だが...

本日も外人お休みの中、信託系(年金)からの売りで下に値幅が出た格好か。新年度入りで国内機関投資家の運用方針見直しへの期待はあれど、今日からどうこうということではなさそうですな(-_-;)

11:01
特に材料はないはずだが、意外な値幅が出た。
株式市場では「円高」を材料に株安。為替市場では「株安」を材料に円高。

11:06
現物に対して先物の枚数が多い。先物主導の面もあるのか。

11:18
日経平均の下げ幅は限定的も、TOPIX、規模別、業種別と全面安。
新年度入り早々、ちょっとイヤ~ンな雰囲気。

11:32
日銀の決定会合が3-4日、そして、週末には25日線が12200円レベルへ切り上がる。
決定会合後、この切り上がる25日線がサポートとして機能するかが今週の見所か。
(泥鰌の解散表明後、日経平均は1度も25日線を割っていない。)

所用に付き、後場の更新をお休みさせていただきます。

皆様にとって、良い一日となりますように...

株価指数先物20130401.jpg
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


225先物が日経平均(現物)に対して7円程度の順ザヤなら「金利」などで説明がつくが、それ以上の価格差で、それが継続するなら「なんかやってる」と見るのが妥当。

本日の225先物は現物に対して終始14-15円程度高い。なんかやってそうだ...

本日は、野村の投信設定(株価指数先物による運用が中心で、ブラジルレアル建てと豪ドル建ての2本)で、この絡みで225先物に6500枚程度の買い需要との観測があり、朝方の先物買いは、おそらくこれだったのだろう。

私の見た感じでは、朝の寄付きから10時半ごろまででこれが一巡。10時過ぎ~後場寄りは、債先買い・株先売り、現物買い・株先売りの裁定のような動きが目立った。後場寄りからは、目先筋?のような商い。株価指数の上昇が先行して、円相場が売られたところを見ると、円相場主導には見えない。

所謂「先物主導」の展開となっている。

野村など大きな投信設定の日に当面の高値を形成し、その後急落したパターンも少なくなく、適度に警戒はしておきたい。

昨年8月20日設定の【野村日本株投信(豪ドル投資型)】は記憶に新しい。当時は、この設定に絡む先物買いなどで(豪ドル投資型だが、当面は225先物に投資するとのことで)、設定日までは株価指数が押し上げられたが、その後急落。

投信設定は、設定日前までは買い材料だが...
設定日当日には、買い需要がなくなっている(既に買われている)場合も。
設定日以降は、買い需要がなくなったと嫌気される場合もある。

TOPIXやMSCIのリバランスでも、このようなことは起こり易い。昨日TOPIX参入のリバランス絡みで爆上げとなったJPXは、本日大幅反落。

直ぐに次の好材料が出て買いの手掛かりとならない限り、買いが続かない場合が多い。

本日大幅高となっているが、東証一部の売買高・売買代金はパッとしない。特殊要因による買いで持ち上がっている可能性は考えておきたい。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
売買代金が370億円。市場では、投資家の取引は小幅な売り越しだったようだとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は1兆551億円、売買高は17億9366万株。

値上がり銘柄数は1367、値下がりは239、横ばいは89。

 
*** 追記 ***
13:09

午前中に政府は、日銀総裁人事案で黒田氏を正式に提示。副総裁の人事提示も市場の想定通りで、マーケットの反応は限定的だった。(為替は寧ろやや円高に振れた。)

以前なら、「噂で買って、事実で買え!行けるところまで行け!」の相場だったが、本日に関してはそうはならなかった。

13:12
後場寄りまでは何となく納得の動きだったが...
後場寄りから変な提灯がついているように見える...キノセイカ

13:18
ドル円が朝方の水準を割り込んでいるが、お構いなしなのね。

13:33
なにがなんでも一昨日空けた窓を埋めたいような、225への買い。
なにがなんでも埋めさせないかのような、11520-11560の1000枚板。

14:10
おっ、2月26日高値上抜け。日経225先物は窓埋め達成。
現物は11562で窓埋め達成とまだ少し距離がある。

14:29
現物窓埋めまで、あと3円。少し手間取っている模様(^_^;)

14:36
現物も窓埋め完了。お見事♪

14:39
これだけ派手にやると、大証タイムで逆ザヤ引けでしょうな。

14:44
日経225先物mini、¥11560にてショート。弱め。

15:04
14時45分までで28億株、1.7兆円→引け成りでドカッと買われ、33億株、2.1兆円。

やはり、先物は売られて引けそう。

15:17
日経225先物mini、引成(11505)にて11430S・11560S決済。(¥75ヤラレ、¥55抜き)
先物巨大逆ザヤ引け。あれだけやれば当然だ。

225先物の空中戦... この一言に尽きる一日。

株価指数000726.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


世界の主要株価指数の年間パフォーマンス(2011年終値~昨日終値)BEST3は、ドイツDAX+29.8%、香港ハンセン+22.7%、日経平均+22.1%。

年間パフォーマンス、つまり1年がかりで上げ下げを繰り返し20%程度上昇したということだ。ドイツDAX、香港ハンセンに関しては、その通りの推移。

一方、日経平均は僅か1か月半ワントレンドで20%の上昇、年間でも22%の上昇。「グッバイ民主党・ようこそ安倍自民党」、結果的にはこれが2012年日本の相場の全てとなった。

強すぎ、ヤリスギの感はあるが、年間20%上昇すると、強気相場入りとの見るのがセオリー。安値からの立ち上がりの強さは、より大きな波動の長さを示唆するとも言われる。ここは素直に相場の「強さ」を認識しておくべきだろう。

ただ、気掛かりな点は幾つかある。年末は明るい話をしないと嫌がられるのは分かっているが、投資家(投機家)として、一応念のため、以下に懸念を列挙させてもらう○| ̄|_

日経平均は、この1か月半ワントレンドで上昇し年初来高値を更新。年足・引けピン大陽線への期待が高まっている。

もし、本日引けピン・年足大陽線なら、1999年以来のことになる。その前は1989年。1999年と言えば、ITバブルに沸いた年で、翌2000年は大暴落。1989年と言えば、史上最大のバブル、日経平均は大納会で史上最高値をつけ、その後、未曽有の暴落。

市場では年足引けピンへの期待が高いようだが、縁起がいいとは言い難い。既に年足・大陽線は確定しているのだ。本日の引けピンにこだわる必要はないだろう。

直近の年足・大陽線と言えば、2005年。今の相場はこれに似ているとの声が多い。私もそう思う。

当時は、小泉郵政解散・総選挙で爆勝→改革期待で外人が買い、株価爆上げ。
今回は、グッバイ民主党で株価爆上げ→緩和期待で外人が買い、更に上伸び。

当時も今回も選挙を機に大きく上昇し、年足・大陽線。チャートも停滞からの上方ブレイクと似ている。ガイ人買いが異様に目立つのも酷似。(先週の外国人投資家は7649億円の買い越し。これは2005年以来では2番目の大きな買い越し額。)

ただ、その2005年も翌年早々一服。上げ下げを繰り返し4月に上値を追ったものの、それが高値となり急落し、夏以降は停滞した。

同じ相場は二度とない。今回もそうなると考えるのは浅はかだが、その可能性を考えないのも投資家(投機家)として、どうかというところ。目先的には過熱感、天井圏を示唆する数字が多発しているのも気になる。 その数字を、以下10点ほど。

  1. 日経平均は年初来高値を更新したが、TOPIXは意外にも、未だ本年3月高値872.42pに遠く及ばず。これを上値(買い)余地と見ることも出来るが、相場が本格化していないと見ることも出来る。
     
  2. 昨日の売買単価は465.44円と2010年7月22日(458.68円)以来の低水準を記録。個人投資家が中心とみられる低位株物色の旺盛さを示している。ガイ人は既に買っている。国内機関投資家も「買わざるを得ない買い」を入れた模様。経験則的には最後の買い手である個人投資家も買い出動。一通り買われた可能性が考えられる。
     
  3. 日経平均は、大震災発生前の水準を回復。相場的には既に「取り戻した」恰好。昨年11月25日安値8135円~3月27日高値10255円の上昇幅2120円を、6月4日安値8238円にリプレスした10358円も達成した。
     
  4. 昨年7月第1週高値~年初来高値の3月最終週までが39週。3月最終週から39週目が12月第3週。(対等日柄)その前後で高値形成の可能性が考えられる。
     
  5. 昨日の東証一部の新高値銘柄数は207と、本年4月2日の208以来の高水準。
     
  6. 信用評価損益率は21日時点で-6.10%と、2010年4月以来約2年8カ月ぶりの水準。
     
  7. 200日線乖離率は昨日13.3%まで拡大。本年3月の大相場時の13.0%を超えた。
     
  8. 日経ジャスダック平均は、2008年8月以来約4年4カ月ぶりの高水準。
     
  9. 現在、完全な金融相場であり気にする必要はないかもしれないが、日本はリセッションに陥っている。期待先行、不景気の株高であることは間違いない。
     
  10. 直近10年の(金融危機があった2008年除く)月間騰落率平均で、1月はマイナス1.61%と年間ブービー・パフォーマンス。(ワーストは8月のマイナス1.66%。)

まだあるが...もうやめておく○| ̄|_

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約360億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で8760億円、売買高は18億8138万株。

東証1部の値上がり銘柄数は791、値下がり銘柄数は763、変わらずは142。

 
*** 追記 ***
14:20

今日は妙な鞘も出さず静かな相場も、出来高は早くも22億株超、1.1兆円OVER。大納会としては記録的な大商いだ!それでも静かに見えるのは、昨日までが派手すぎたのだろう,,,

14:41
おっ!日中高値更新。
ここまで来たら景気良く引けよう!そんな雰囲気。

15:20
先物、含みベース前日比負け。(9560S・10145S持越し)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、負け。

個人的には、今月、ロングポジを片っ端から手仕舞ったことで膨大な実現益(キャッシュ)が手元に、ドデカい先物の含み損が口座に残った。相場参加者としては複雑な心境だが...

日経平均は世界最高レベルのパフォーマンスで2012年を終えた!
チャートは良好、地合いは最高、2013年への期待が膨らむ最高の年の瀬だ!
日本人として、これは喜ばなければならん(^O^)/

株価指数000519.JPG

皆様、今年もお疲れ様でした&お付き合いありがとうございました!よいお年を♪
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


日経平均は、泥鰌の解散発言から昨日まで1541円(17.88%)上昇。
選挙結果判明後の3営業日で422.84円(4.34%)の急騰。

これにより、25日線乖離率は7.7%と2年8か月ぶりの高水準を記録した。
200日線乖離率も11.7%と高水準。
東証一部騰落レシオ(25)は164.52と統計開始以来の最高値を付けた。

3年に一度あるかないかという大きな上昇、過熱感を見せている。

このような状況下でのお約束が、証券会社系のリポートに、「押し目待ちに押し目なし」、「待たざるリスク」という言葉が増えること。今回も案の定、そうなってきている。

以前にも書いたが、今一度、この相場用語を解説してみたい。

押し目待ちに押し目なし

上昇相場に乗り遅れた投資家が、買いを躊躇っている時に、自らを発奮させるために用いる言葉。また、証券会社の売り上げ向上のため、買いを躊躇っている人を巻き込むためにもよく使われる。

類義語に「買いにくい相場は高い」などがある。株価が高いのには、それなりの理由があるということだが、その「それなり」は、所詮「それなり」でしかないことが多い。

持たざるリスク

上昇相場に乗り遅れた投資家が「押し目待ちに押し目なし」と言い、買った後、他の投資家を買い煽り、株価を上昇させ、自らの買値より高く売るために(売り抜けるために)用いられる言葉。

インデックスと競争しなければならない機関投資家に、「持たざるリスク」は存在する。
だが、それは機関投資家にとっての必要性であり、ノルマのない個人投資家に「持たざるリスク」は存在しない。(専業トレーダー等、特殊ケースはこの限りではない。)
 

「押し目待ちに押し目なし」、「待たざるリスク」、この相場用語の使用回数が業界で増えると、経験則的には、株価は一旦頭打ちになる場合が多い。

嵌められないように、嵌らないように気を付けたい。

乗り遅れたと思ったら乗らなければいい。

相場は永遠に続くのだ。次のバスは必ず来る。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約547億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆0536億円、売買高は19億9769万株。

東証1部の値下がり銘柄数は832、値上がり銘柄数は712、変わらずは153。

12:54
日経平均は下げ幅を縮小。TOPIXはプラス圏に浮上。

決定会合の発表時間が遅くなっていることで、期待と楽観度が高まっているようだ。
(現状維持の場合は、12時ごろに発表されることが多い。)

因みに、現状維持だった11月20日の時は、12時9分に発表された。
追加緩和があった10月30日の時は、2時40分過ぎに発表された。

 
*** 追記 ***
13:01

全員一致で買い入れ基金10兆円増額決定!

んっ?これだけ?

13:07
期待外れもいいところだが、12月26日までは、まだ民主党政権なのだ。仕方ない。
市場はこれを、安倍自民に失望とは受け取らないだろう。

でも、これで1月の決定会合まで、国内の材料なくなりましたな...

13:14
決定会合の内容発表前、外為市場はお行儀よく待っていたが...
株式市場はイケイケ・ドンドンのフライング買い。

決定会合の内容発表後、外為市場はすぐ沈静化したが...
株式市場は日中高値追い。。。

13:31
糞株のみならず、株価指数も仕手化。
相場とは、特に師走は、しかも選挙後はこんなものなのだろうが... こういうの苦手だ(-_-;)

14:23
例年通りであれば、今週既にクリスマス休暇という外人が多いが、今年は休暇返上で日本株を買ったと言われている。おそらくその通りだろう。でなければ、これほどの売買高はありえない。

ただ、今週末から日本は3連休。24日のNY・LDは半ドン、25日はNY・LDが休場、26日はLDが半ドン。いくらなんでも、来週はヤツラもお休みだろう。

14:32
さっきも書いたが、総選挙通過、日銀決定会合通過。これで1月まで国内に材料はなくなった。12月26日に安倍政権発足、閣僚人事というネタはあるが、既に概要は報じられており、特に材料とはなりそうもない。

これで年内に残った材料は、財政の崖のみ... 明日からはこれ次第だろう。

14:39
円全面高。クロス円では、総選挙後の安値を割ったものも。
それでも株式市場の反応は限定的。地合いいい... 良過ぎですな。

15:17
先物、含みベース前日比大勝。(9560S・9925S持越し)
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、大勝。

225型は終わった感があるが、TOPIX型の買いが止まらない。昨日に続き、本日もTOPIX先物はエゲツナイ順ザヤで、終始しっかりした推移。この一巡後が、勝負の分かれ目だろう。

株価指数000490.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


昨日の東証一部騰落レシオ(25)は152まで上昇した。

騰落レシオ20121219

右肩上がりというチャートはよくあるが、これほど見事な垂直立ちのチャートは珍しい。(仕手系の個別ではよくあるが、指数系ではレアケースだ。)

騰落レシオは120で「過熱」が一般的な見方だが、前々から度々書いているが、オシレーター系では「熱い=強い」と見るのが妥当。過熱だから売りということにはならない。

騰落レシオはボトム圏(80↓)での滞留時間は比較的短く、過熱圏(120↑)での滞留時間は長くなりやすい。そもそも、騰落レシオはボトムを探る指標なのだ。

騰落レシオが120を超えて熱いと言われても、高値圏で推移することは珍しくない。騰落レシオが頭打ちとなっても、株価指数はその後3-4週間上昇が続くのもよくあること。(騰落レシオの先行性。)

騰落レシオの過熱感だけで売りを判断することは避けたい。

しかし、騰落レシオの150超はレアケース。2010年4月に153、2010年12月には162もあったが、過去3年でこの水準は3回だけ。150超が売りシグナルとは言えないが、買われ過ぎ警戒シグナルであるとは断言できる。

週足ベースのボリバンで見ても、+3σ(10045)を突破している。本年2月も+3σに沿う上昇を見せたが、このようなことは2010年以降今回を含め2度だけ。

各種移動平均乖離率も、かなり激しい数字になっている。

日経平均の価格面で見ても、11月13日のボトムから1440円上昇。ワントレンドで指数が16.7%上昇することも珍しい。

その11月13日から26営業日(一目の基本数値・一期)が今日。所謂【変化日】だ。しかも、今日・明日は日銀金融政策決定会合。一服入ってもおかしくはないところ。

前引け時点で売買高は21.2億株、売買代金1兆166億円と未曽有の大商いで日経平均は1万円を回復したが、普通に相場を見れば、一旦調整が考えられる...

しかし、普通じゃない強さを見せているのが悩ましい(^_^;)
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約272億円が成立。市場では、投資家の売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部売買代金は概算で1兆1968億円、売買高は同24億9351万株。

上昇銘柄数は約1300、下落銘柄数は約280、横ばいは90前後。
 

*** 追記 ***
13:19

225の現先の鞘が正常化したと思ったら、今度はTOPIX先物の過剰順ザヤが凄まじい...

13:35
仕手系なのでUPは控えたが... シャープで少し稼げた。(8.8%抜き)
これだけ主力株が上げれば、仕手系はもう用済みのようだ。

注文約定20121219
(↑ プライバシー保護のため、数量と約定番号は削除した。) 

13:43
個人投資家には関係ないが・・・
これだけ上がると機関投資家には「持たざるリスク」で買わざるを得ない面もありそう。

13:46
225型からTOPIX型の買いにスイッチしたのか、板の明滅が激しく、出来高も激増。

例年この時期はクリスマス休暇に入る海外投資家も多いが「今年は休日返上で日本株を買いにきているようだ」との声(by NQN)も。

14:44
これだけエゲツナイTOPIX先物の順ザヤも、TOPIX型の大きな買いも、過去3年見たことがない。記録と記憶に残る一日となった。

15:01
先月、運が良過ぎた反動か、現在結構やられている。
 
225先物は、11月に利食った分に近い額が、現在含み損。ゲロンパ
ETFは、11月に利食った分の1/2が、現在含み損。ハーフ・ゲロンパ
結局丸々手元に残ったのは現物分の利益だけ。

プラスはプラスだが、ため息が...
ポジショントレードの宿命。どこかが凹むのは仕方ないけど...ハァァ

15:17
先物、含みベース前日比ほぼ爆負け。(9560S・9925S持越し)
現物、決済ベース雀の涙勝ち、含みベース前日比蚊に食われた程度の負け。
トータル、ほぼ爆負け。

日経平均本年最大の上げ幅で1万円回復!売買高40億株・2兆円越え!

記念すべき、祝うべき一日も... 個人的には複雑な心境○| ̄|_

株価指数000485.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スリッページ無し!リジェクト無し!マネーパートナーズは3年連続「約定力NO.1」

 

オバマ再選後、突如浮上した「財政の崖」への懸念。

「財政の崖」自体は年初から言われていたことであり、春先にも一時話題になっており、今さらネタだが、オバマ再選後から突如「財政の崖」が米国市場のメインテーマとなり、要人発言に一喜一憂の展開が続いていてきた。

しかし、それも12月5日に要人中の要人オバマの発言「共和党次第で、財政協議は1週間で終結する」により、一段落の様相。(オバマ再選から始まった「財政の崖」への懸念による株価下落だが、12月5日にダウ平均はオバマ再選時の株価まで戻った。)

ただ、財政の崖の「期限」に関しては、諸説ありようワカラン状況だ。

予定では、米国議会は12月14日に閉会する。これを期限と見る向きもある。しかし、12月21日までは延長可能なので、クリスマス前が期限と見られる。だが、部分的合意、時限措置などで年内を躱し、1月中旬までに合意ができれば崖から落ちることはないとの声も...

最終的には合意し、財政の崖の問題は解決されるが満場一致のコンセンサスだが、だらだらと時間を要する可能性も考えられる。

また懸念再燃する可能性もなきにしもなので一応念のため、期限通りに同意するにしても後学のため、以下、「財政の崖」への要人発言とマーケットの反応の一喜一憂を纏めてみる。

尚、参考としての株価指数はダウ平均を取り上げた。(ナスダックはアップルのインパクトが大きすぎて、この件に関してはあまり参考にならないので。)

ダウ平均日足20121206
(↑ クリックすると拡大します。ダウ平均・日足。ケンミレより拝借。)

11月27日、ダウ平均12878.13 ▼89.24

民主党のリード上院院内総務が、「財政の崖」を巡る与野党協議がほとんど進展せず失望していると発言。これを受けて協議決裂の不安感が広がり株式市場は下げ足を速め、ダウ平均はこの日の安値圏で引けた。

11月28日、ダウ平均12985.11 △106.98

ダウ平均は朝方100ドル超の下げも、共和党のベイナー下院議長が「米予算の討議について楽観的にみている」との発言で変わらずまで戻し、オバマの発言「財政の崖問題をクリスマス前に解決することを目指す」を受けて106ドル高で引けた。
「楽観的にみている」「解決することを目指す」という発言だけで、この日のダウ平均は安値から200ドル超切り返し上昇した。

11月29日、ダウ平均13021.82 △36.71

7-9月期の米実質GDP改定値にも新規失業保険申請件数にも、市場は殆ど反応せず。この日も「財政の崖」をめぐる米政府高官の発言に一喜一憂する展開だった。
米国株式相場は上昇して始まったが、バンホーレン民主党下院議員が「両党の合意には近くない」と発言したと伝わり投資家心理が悪化。
前日は前向きな発言をした野党共和党のベイナー下院議長が「議会に特段の進展はない」と語ると、ダウ平均は一時下落に転じた。
ただ、民主党のリード上院院内総務が崖回避に向けた年内合意に自信を示したと伝わると、運用リスクをとる動きが再び強まりそのまま勢いを保って取引を終えた。

11月30日、ダウ平均13025.58 △3.76

個人消費、個人所得、シカゴ購買部協会景気指数がことごとく市場予想を下回ったが、市場は殆ど反応せず。この日も、材料となるのは「財政の崖」ばかりだった。
ベイナー下院議長が「財政の崖回避に向けた協議は行き詰っている」などと発言したことから、ダウ平均は安値圏で揉み合う展開が続いた。

12月4日、ダウ平均12951.78 ▼13.82

前日のユーロ圏財務相会合で、スペインの銀行への支援資金をESMから融資することで承認が得られ、モスコビシ仏財務相が、「ギリシャ政府の国債買い戻し策が成功する」と自信を示したことで、欧州株式相場は小高く推移。外為市場ではユーロが上昇した。
しかし、これに米国株式市場は殆ど反応せず、「財政の崖」を回避するための与野党の協議が停滞していることが嫌気された。
オバマ大統領はこの日の午後、米メディアのインタビューで、米下院共和党が提示した財政再建案について「バランスを欠いている」と批判。年内の合意形成は可能との見通しを示したものの、具体的な進展が見えない中で投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた。

12月5日、ダウ平均13034.49 △82.71

ADP雇用報告は予想を下回ったが特に材料視されず。10月製造業受注額や11月ISM非製造業景気指数は予想を上回ったが、これも特に材料視されず。この日も相場を動かしたのは「財政の崖」に関する要人発言だった。
経済団体ビジネス・ラウンドテーブルの講演で、オバマ大統領の「共和党次第で、財政協議は1週間で終結する」との発言が報じられるなか、一時マイナス圏に沈んだダウが反転。議論の具体的な進展はなかったが、警戒感を強めていた市場のムードは一転し、ダウ平均の上げ幅は一時130ドルを超えた。 ダウ平均は3営業日ぶりに反発し、11月6日以来ほぼ1カ月ぶりの高値。

この2週間、外部環境にも国内の経済指標にも殆ど反応せず、「財政の崖」に関する要人発言ばかりに反応していたことがよく分かる。

今後もこの動きが続くのか?
財政の崖への懸念が後退し、外部環境・国内経済へ目が向くのか?

前者であれば、当面懸念で上値は重く、期待で下値も堅い展開がメインシナリオ。
後者であれば、ファンダメンタルズに目が向き株価修正、2013年度を織り込む動きか。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約497億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5711億円、売買高は同11億8185万株。

東証1部では690銘柄が上昇、下落銘柄数は778、横ばいは207。

 
*** 追記 ***
13:05

今週は午前に先物買い、午後に現物売りが目立ったが...
本日は午前に現物買い、先物は出来ていなかった。
主体と手口が同じなら、本日の午後は先物売りとなりそうだが... ドウナルコトヤラ

14:07
日本では、株高・債券高が続いている。債券先物は先日、本日も史上最高値を更新した。
安倍・日銀への期待とされているが、なにか妙な感じ、ヤリスギにも見える。

米国でも、ここにきて株高・債券高になっている。
なにか悩みが、不安があるように見えないでもないが... カングリスギカ

14:14
そのJGB債券先物は13時半ごろから急反落。(といっても大した値幅ではないけど...)
これに併せるように、225先物もやや軟化。
手仕舞いに見えないでもないが、週末だからか...

14:27
東証一部の売買高ランキングBEST10だけで、全体の37.5%を占めている(゜o゜)
異様に高い占有率だ。全体は萎み、糞株メインで局所的に盛り上がっている状況。
出来高・売買代金共にシャープがぶっちぎり一位...

師走相場ですなぁ。。。

14:59
案の定、午後に、特に引けにかけて先物が売られたが、この出来高・値幅では如何ともしがたい。しかも週末。見送って正解の一日。

15:17
先物、ノートレ・ノーポジ。
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、雀の涙勝ち。

11月中旬に運よく買えた先物もブルETFも既に利食い済み。
個別も、主なものは全て利食った。残った糞株にはベアETFでフルヘッジ完了。
キャッシュ増大、少ないポジションはフラット。久しぶりに気軽、身軽な週末となった。

株価指数000425.JPG

皆様、今週もお疲れ様でした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スリッページ無し!リジェクト無し!マネーパートナーズは3年連続「約定力NO.1」

 

この2週間で日本の株価指数は急騰したが、これで稼げたという投資家の声を殆ど聞かない。日本株が上昇しても、日本人が恩恵を受けない株価上昇。連日書いているが、一部業者の裁定買いによる株価指数上昇の場合、このようなことが起こり易い。

ファーストリテイリングを見ていると、露骨な裁定買いが窺える。

誰もが知っての通り、ファーストリテイリングの225への寄与度は甚大。日経平均の指数内構成比で7%を占める寄与率最大の銘柄だ。日経平均先物買い→裁定買いが発動すれば、最も上昇寄与率が高くなるのが、ファーストリテイリング。

銀行・証券の投資情報部では、ファーストリテイリングを「ヘッジファンド活動指数」と呼ぶほど、注目度の高い銘柄だ。

そのファーストリテイリングは10月26日から11連続陰線という極端な動き。
日経平均の上値を抑え、下げを主導した。

そして、ファーストリテイリングは日経平均と共に11月14日にボトムアウト。
本日で9日続伸と急騰し、日経平均の上げを主導した。

他に225寄与度の高い銘柄と言えば、ソフトバンク、ファナック。

そのソフトバンクも、11月16日から26日寄付きで五空を形成する爆上げ。
11月26日こそ陰線を引いたが、昨日はその下げを打ち消す大陽線。

ファナックも、11月15日から急騰し、11月26日までに14%の爆上げ。

ファーストリテイリング、ソフトバンク、ファナックを大量に売買すれば、日経平均を容易に操作できることがよく分かる。

企業業績、景気を反映して株式が買われるなら素直に喜べる。

楽観から買われるのは個人的には好きではないが、まあこれもいい。
楽観的ということは、先行きに明るい見通しがあるということ。

気に入らないのは、一部の業者だけで持ち上げるような株価指数上昇。
今の相場はこれに見える。

一部の業者で持ち上げられた株価は、その業者がポジションを解消しただけで値を消す。
急騰して全値押し。今年の相場はこれが多かったというか、殆どこれだった。
今回は違うと思うが、その可能性も頭の片隅にはおいておきたい。

 
*** 追記 ***
12:55

ファーストリテイリング独歩高で、225を支える展開。
またかのパターン。どこぞの業者の意思か...

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約171億円が成立。市場では、投資家からの売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5593億円、売買高は10億1013万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1226、値上がり銘柄数は360、変わらずは101。

14:19
舞っていた鉄、飛んでいた船が、大幅下落。
今までが不自然だったということなのだろう。

14:45
TOPIXはネックラインの770レベルまでほぼ下げた。
ここで下げ止まれるかが当面の見所。下抜けるなら755処まで値は走りそう。

15:07
日経平均は800円超上げて、100円少々の下げ。調整としては物足りない。
300円程度の健全な調整が欲しいところだが...ドウナルコトヤラ

15:17
先物、ノートレ・ノーポジ。
現物、含みベース ベアETFでカバーしきれず微負け。
トータル、微負け。

昨日までに殆ど利食った。
もう大したポジは持っていないが、一応TOPIXベアETFでヘッジも掛けた。
これで万全と安心していたら負けた。見積もりが甘かったw

株価指数000383.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


下げ止まりの兆しはないが...

米国株式市場の需給は、今週末には多少改善される可能性がある。

「財政の崖」がネタとされ、大統領選挙翌日(11月7日)のダウ平均は312ドル安と1年ぶりの大きな下げ幅を記録した。これにより、チャートが悪化。これが今も株価下落の主な材料となっている。しかし、この日はダウ構成銘柄のうち4銘柄が配当落ちだった。それらだけで70ドル以上のマイナスインパクトだったそうだ。

先週末の米国株式市場では、ダウは落ち着いていた。一方、高配当利回り株が多いNYダウ公共株は軟調だった。大和証券によれば、「公共株構成銘柄では、今週は13日と14日に配当落ちが3銘柄あり、NYダウでも4銘柄の配当落ちがある」とのこと。

本日の米国株式市場もまた上値の重い展開が想定される。と分かり切っているが、それでも下げるのだろうか? まぁ、参加者不在のこの状況では、配当落ちという不可避な下げに対し抗えない。下げるのだろう。ただ、このような下げは嫌気する必要はない。

明日には「45日ルール」も通過する。

多少、売り仕掛け難くなるのではなかろうか。

いや、下げ止まりの兆しは見られない!セリクラ待ちだ!との声もある。教科書的には、「相場が底を打つ時には、株価急落により参加者から悲鳴と共に投げ売りが出て、出来高が急増する」と言われている。所謂「セリング・クライマックス」、これを待つという意見も、もっともだ。ゴルゴ13に例えると...

ゴルゴ13_その目だ!.jpg
(↑ クリックすると拡大します。さいとう・たかを先生、ごめんなさい○| ̄|_)

このような「セリング・クライマックス」が、以前はよく見られた。

しかし、今年はセリクラらしいセリクラが一度も見られない。
「コツン」の音も一度も聞かれない。これが今年の相場の特徴だ。

今年は、急騰・急落を規則正しく繰り返している所為か、オートマティックな感じで、静かに底を打つパターンが多い。出来高が急増するのは株価上昇局面時。価格面での底打ちが確認され、遅れてリスクスイッチが入る恰好。

これには、市場参加者が少ないことが大きく影響しているのだろう。
「ボルカールール」や「バーゼルIII」などの規制で投資銀行は収益源が制限されている。自己売買部門は続々と廃止、金融業界はリストラの嵐だ。参加者が少なく、アマウントも小さい、手口の多様性がみられない。これでは悲鳴も投げ売りも出ず、静かに底を打つのも頷ける。
余談だが、2010年12月頃から、「なにか変った」、「稼ぎにくくなった」、「ダメだ」と口にする腕利きのディーラー、著名個人デイトレーダーが多くなったのも、このためか。

アルゴリズム取引の市場占有率が高まっていることも影響しているのだろう。
アルゴ等の高速取引の市場占有率は、(諸説あるが)NYで7割、東京で4割と言われている。
ターゲットポイントまで上げ止まらない・下げ止まらない。ポイント到達でドスンと下げる・ドカンと上げる。そこに人は関与していない。これでは急騰・急落を規則正しく繰り返すのも当然。悲鳴が聞こえるはずはない。無人状態の静かな底打ちで出来高が増えず、人が上昇局面を確認してから買うことで出来高が増加するのも頷ける。

さて今回はどうか?

ほにゃららショックで100年で2度目の危機でもなければ、今年のチャートの規則性、薄商い、アルゴパターンなどからは、そろそろ下げ止まりそうに思えるが...アマイカ
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約123億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4058億円、売買高は7億7572万株と極薄。

東証1部の値上がり銘柄数は691、値下がり銘柄数は763、変わらずは217となっている。

 
*** 追記 ***
13:52

昨日まで日経平均は7日続落。
個人的には、大きく戻せないのであれば、今日も続落となってほしいと思っている。
半端に戻すよりは、続落記録を更新して、ヤリスギ感を出してもらっうた方がいい。
ただ、9月6日安値(8646)を終値ベースでは割り込んでほしくない... ワガママカ

15:00
あらららら... 日経平均は8日ぶりに反発してしまった(/_;)
8日続落、9日続落なら3年に1度程度のレアケースで、ヤリスギ感にも繋がったのだが...

15:17
先物、ノートレ&ノーポジ。
現物、含みベース前日比ほぼ変わらず。
トータル、ほぼ変わらず。

ららら無人くん、ららら無人くん... そんな一日。

株価指数000332.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


SQ日にSQ値を上回って引けると、その後の相場が堅調というアノマリーがあるように、権利落ち日に配当落ち分を埋めると、その後の相場が堅調というアノマリーがある。

つまり、本日の日経平均がプラス圏で引ければ、明日以降の日経平均は堅調ということ。
(本日の配当落ち分が70円強のため、実質70円強の上昇が必要となる。)

ただの「アノマリー」だ。特に根拠はない。

しかし、政策が出尽くし、株価が高値圏で伸び悩んでいる現在...
売買の手掛かりとして意識される可能性がある。

3月決算(配当年2回)の企業が多いため、3月・9月は配当落ち分が大きい。
そのため、3月と9月の配当落ちは、特に意識されやすい。

直近を振り返ってみる。

2009年9月の権利落ち日は、配当落ち分以上の下落。
その後、日経平均は2か月間下げ続けた。

2010年3月の権利落ち日は、配当落ち分を埋められず。
その後、大暴落。戻す場面はあったが、結局5か月間下げ続けた。

2010年9月の権利落ち日も、配当落ち分以上の下落。
その後、じりじりと上値を切り下げ、1か月間下げた。

2011年9月の権利落ち日は、配当落ち分を埋めて上昇。
その後、1か月間上昇が続いた。

2012年3月27日、日経平均は年初来高値10255円を付けた。
翌3月28日の権利落ち日、配当落ち分以上の下落となったところを...
日銀は今年2回目のETF買い(金額は過去最高水準の262億円)を実施。

指数を押し上げたが、配当落ち分は埋められなかった。
その後、2か月超下げが続く暴落となった。

2012年9月... さて今回は?
 

*** 追記 ***
13:03

大幅安だが、相場は閑散。
売り叩く動きも、投げるような動きも、配当落ちを埋めようとする動きも見られず。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約168億円が成立。市場では、投資家の取引は売り買い拮抗との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は5423億円、売買高は7億8908万株。

値下がり銘柄数は1223、値上がりは322、横ばいは110。

13:37
日経平均は、パラボリック陰転。

13:54
新値3本足も陰転。
長期移動平均(13週、26週、52週)も微妙に割った。
まだ決定的ではないが、下向きに転じたと見た方がよさそう。

14:15
日経225先物mini、¥8920にてロング。弱め。
TOPIX先物が妙に順ザヤ、債先が下げている(日中安値更新中)...
引けにかけてどんなもんだか... 触って確認してみる。

14:29
自民総裁安倍か...
また、ポンポンが痛いの(;_; で辞めちゃわないことを祈る。

14:57
債先は買い戻され、TOPIX先物の妙な順ザヤは解消され、225先物は投げられて安値引けか。リスクテイカー不在、下向き転換と見てよさそうですな。

15:17
日経225先物mini、引成(8910)にて8920ロング決済・LC。(¥10ヤラレ)

先物、決済ベース微負け。持ち越しなし。
現物、含みベース前日比微負け。(配当落ち分を考慮)
トータル、微負け。

日経平均は配当落ち分(73円45銭)を埋められず。
アノマリー通りなら、今後の相場は軟調...

株価指数000132.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

期間限定 口座開設キャンペーン もれなく10,000円プレゼント!

 

昨日のダウ平均は反発、S&P500は変わらず、ナスダックは下落。
このナスダックの下げが、やや気になる。
昨日は、アップル株が4.1%下落し、ナスダックを押し下げた。

ナスダックは、ナスダップルと揶揄されるほどアップル株のインパクトが大きい。

アップルの時価総額は約6000億ドル(約48兆円)で全米最大。
日本の大手電機6社の時価総額を足した額の5倍超(゜o゜)
ナスダックの時価総額の約11%以上をアップル1社が占めている。

ナスダックの騰落はアップルの値動き次第。
アップルが上場来高値を更新し続け、ナスダックは11年ぶりの高値を更新。
アップルが下げれば、ナスダックは下落と見事に足並みが揃っている。

既に全ファンドがアップル株を所有していることが明らかになっている。

既に全ファンドがアップル株を所有しているということは、買い切ったとも見られる。

更に買う、ポジションを膨らませる可能性も考えられるが・・・
その場合、更にアップル株を買うか、アップル以上に魅力的な他の銘柄を買うことになる。
更にアップル株を買えば、ポートフォリオのバランスが崩れる。よほどの根拠がない限り、ファンドマネージャーとしては、これはしたくないだろう。アップル以上に魅力的な他の銘柄は見当たらない。

買うものがない\(゜ロ\)(/ロ゜)/

これが最近の停滞する売買高、買われない一因ではなかろうか。

アノマリーでもやや気になることが。

前述の通り、アップルの時価総額は約6000億ドルで全米最大。
(過去に6000億ドルの大台を超えた企業は、ITバブル期のマイクロソフトしかない。)
現在のナスダックは、11年ぶり「ITバブル期」の高値水準。
(そのナスダックを押し上げたのは、アップル株。)

ITバブル期のマイクロソフトの役を、現在アップルが担い、再びバブっているように見える。
(尚、現在のマイクロソフトの時価総額は約2600億ドル。)

米IT業界では、成長企業は配当せずに資金を投資などに回し、株価の上昇で株主に報いるという考え方が一般的だが、先月、アップルは1995年以来17年ぶりとなる配当実施を7月から開始すると発表。クックCEOは、配当実施の理由を「手元資金が会社経営に必要な額を上回っている」と株主総会で説明していた。

「アップルの配当実施は、次なる成長戦略が見当たらないから」と穿った見方もできる。

2004年、マイクロソフトが巨額配当を発表すると、同社の株価は当面の高値をつけた。
3月中旬、アップルが17年ぶりの配当実施を発表。3月下旬にナスダックは短期天井打ち。
なんとなく、IT、マイクロソフト、バブル、アップルでイメージが重なる。

アップルは素晴らしい企業だとは思うが・・・
本年1月のアップルの時価総額は4000億ドルだった。
僅か3カ月で2000億ドルも時価総額が増えたことになる。
同社株は、ナスダック指数を押し上げ、ITバブル期の水準まで上昇。

ヤリスギにも見える。

アップルこけたら、みなこけた...

その可能性は低いと思うが、万が一のシナリオとして持っておきたい。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約161億円が成立。市場では、投資家の取引は売り買い拮抗との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は5406億円、売買高は8億7851万株。

値下がり銘柄数は722、値上がりは730、横ばいは195。

 
*** 追記 ***
13:37

極薄(-_-)zzz
波乱がなければ、ゴールデンウィークまでこのまま細っていく可能性は高そう。

14:19
ポジションは萎んでいないが、商いは萎んでいる。今月はそんな感じ。

14:51
予想より引き下げ幅が大きかったインドの利下げ。
ムンバイの上げ幅は限定的。アジア市場も殆ど材料視していない。
欧米市場は反応するのか?

15:00
日経225先物mini、¥9465にて9495ショート決済・利確。(¥30抜き)

15:17
先物、決済ベース(昨日ナイト分込み)ほぼ大勝、持ち越しなし。
現物、含みベース前日比雀の涙勝ち。
トータル、ほぼ大勝。

買うものがない、売るほどのこともない。そんな一日。

日経225先物20120417後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


目新しい材料はない。大きな動きもありそうにない。

暇な一日となりそうなので、久しぶりに投資初心者様向けに、株価材料の見方など。
投資初心者様の一助となれば幸いです。後場の暇つぶしとしてもどうぞ○| ̄|_
 

投資初心者にありがちな「今日は何で上がったの?」という質問がある。
「今日は、この材料で上がったんだよ」という単純明快な答えが欲しいのだろう。

しかし、そう単純なものではない。

例として、直近のダウ平均を挙げてみる。

一昨日まで、ダウ平均は5日続落。直近高値から587ドル下げた。

こう聞くと、大きく下げたように感じる。

11月安値~直近高値の上げ幅は2065ドル。2065ドル上げて、587ドル下げただけ。

こう聞くと、大した下げではない、強い相場に思える。

2065ドル上げて、587ドル下げ、つまり28%の下落。

こう聞くと、押し目としては中途半端、まだ調整が必要に感じる。

これらは全て同じ材料なのに、印象は違う。

この聞こえ方の差が、強気・弱気の差、買い方・売り方の差となる。

昨日のダウ平均は6日ぶりの反発。この反発を評価すれば買いを検討、75日線までの反発に留まり上髭を残して引けたことを評価すれば、戻り売りを考えることになる。材料は同じでも、思考、行動は逆になる。

材料そのものに明確な好悪がある場合は少ない。
同じ材料を受けても、見方・行動が分かれるのが普通だ。

そして好感した参加者と、嫌気した参加者の売買が市場で交錯して株価が動き、動いた方向で、その材料が好材料だったか悪材料だったかが、織り込み済みかなどが判定される。

しかも、相場は森羅万象を織り込むと言われるように、数多の材料が交錯する。

一つの株価材料で、明確に株価変動を説明することは不可能なのだ。

単純に考えることは大切だとは思う。
所詮相場には(基本的には)上がるか下がるか、買うか売るかしかないのだ。
しかし、単純に答えを求めるのは怠惰だろう。

前述の通り、材料の見方は常に分かれる。その見方が多い方に動く場合もあるし、少数派でも資金力が大きければその方向に動く。センチメント(楽観・狼狽)で動く場合もあるし、需給的なもので動くこともある。株価変動要因なんぞ、考えればキリがない。

「今日は何で上がったのか?」と考えるのであれば、ただそれだけでなく、この材料がこう解釈されて買われたか、この材料の織り込み度は、今後どのように発展していくのか、単発で終わるのか、それまでの需給はどうだったか、これによって需給はどう傾いたか、色々なことにイマジネーションを膨らますことが大切だと思う。

以上、あくまでも裁量トレードの場合。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約307億円が成立。市場では、売買は売り買い均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5663億円、売買高は同9億5973万株。

東証1部の上昇銘柄数は749、下落銘柄数は716、横ばいは202。

 
*** 追記 ***
13:27

明日はOPSQ、9500レベルに5日線があるためか、9500↑に露骨な1000枚板が並んでいる。
今日のところは頭を抑えられそうだが、露骨、無理やりの後には反動が出ることも。
少し気にしてみたい。

13:39
あまり話題になっていないが、TOPIX先物は昨日まで11日続落!
今日の午前中危うい場面があり、こりゃサイコロ真っ黒かと思ったが、現在+0.49%。
なんとか全敗は免れそう。といっても、1勝11敗だが(^_^;)

14:17
上海が急騰。なんかあったのか?

14:29
ズドンもコツンもなく確信がない、手掛かりもない、リバがパッとしないのも仕方ない。

14:47
日経225先物mini、¥9545にて9460ロング決済・利確。(¥85抜き)

15:02
18億株しかできてないのね。パッとしねぇぇ。。。

15:17
先物、決済ベースほぼ大勝、持ち越しなし。
現物、含みベース前日比ほぼ変わらず。
トータル、ほぼ大勝。

一夜にしてユーロ懸念後退でユーロが買われ、米株が反発し、クロス円は上昇、後場上海が急騰し、日経平均は7日続落で600円下げて70円しか戻らんのか!という印象。
他の参加者にはどう見えたのだろう...と想像してみることが、相場観のトレーニングだと思う。

日経225先物20120412後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2