ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


苦しい時にはテクニカル分析!
溺れる弘法、筆をも掴むです(>_<)

7月10日の高値¥15555を起点とする、短期の下落トレンド確定。

更に、10日安値¥15079も一旦割り込んだため・・・
4日の高値¥15710からの中期的な下落トレンドも確定(/_;)

更に言えば・・・
¥15710が、年初来安値¥14045(6月14日)からの戻り相場の天井になったワケです。

由って、¥14877が下値の節目か!!!
(中期的に¥14045~¥15710まで上昇トレンドの半値押し)

尚、この付近には6月28日の安値¥14824もある。
この下値、下抜けしたら・・・底無し。¥14045まで節目無しです(>_<)

一方、上値は、¥15555~¥15053(13日安値)までの下落の半値戻しとなる¥15300が、まずは戻りの目途と思われw

        ↓ 宜しければ応援クリック恵んで下さい。励みになりますm(__)m ↓
 にほんブログ村 株ブログへ banner_03.gif ブログランキング f_01.gif livedoorカブログ
☆★☆★☆★☆★☆★☆無料・有料 各種投資顧問とサービス☆★☆★☆★☆★☆★☆

     
    
    
  ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
     ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
スポンサーサイト


ここのところスキャンダル・懸念材料噴出で、値を崩している不動産関連株・REIT・・・
(我軍の一角「クリード」も然り(T_T))
その本質と仕組みの何たるか、でも書いてみます(^^ゞ


REITとは、不動産に投資を行い、その成果を投資家に分配する投資信託です。

通常の株式と同様に、証券取引所に上場されて価格形成されており、取引方法なども上場株式と同様です。

かねてより、資産は「預貯金」「株式」「不動産」に分散すべし!
との資産三分法の考え方があります。

しかし・・・ 不動産投資は:
* 莫大な資金が必要。
* 取引にあたり高度な専門知識が必要。
* 流動性が低い。
などの理由から、個人にとっては困難なのが実状でした。
そんな状況を一変させた画期的商品がREIT!


バブル崩壊と共に逝ってしまった方、もうこりごりの方が多いとはいえ・・・
日本人の多くが「土地に対する憧れ」を強く持っています。

そんな方々(一般投資家)がREIT・不動産関連株に入れ込んでいますが・・・
REIT・不動産関連株の仕組みを把握している方が意外に少なかったりするようです。
以下シンプルにご説明(^^ゞ

仕組み:
1.) REIT・不動産ファンドが広く資金を集める。
2.) 銀行から借り入れる。
3.) ギアを効かせて運用する。
4.) 出資者に利払い。

特徴としては;
* 初期に組織されたREIT・不動産ファンドは比較的借り入れが少ないが、新規のものは借り入れが多い。
* 上記の仕組みから見て判るように、金利上昇に弱い!
* 物件の空き室比率が増えると一気に経営(運用)が悪化する。
*  都心部で運用しているREIT・ファンドは好調だが、地方で運用しているところは微妙。(リスクが高い。)

選ぶにあたって:
* どこで(都心部で)運用しているのか事前に確認!
* 借入れ額も事前に確認!
* 定期的に発表される「空き室比率」を確認!

これさえ守っていれば、日本経済考えれば、それほど心配するような状況にないと思うんだが・・・
金利上昇率以上に、地価上昇率・賃貸率・運用率の方が圧倒的に上なワケだし・・・ 金利だってようやくゼロ金利解除されたばっかりですよ(^^ゞ

でも、ここんところ芳しくないですね(-_-;)

        ↓ 宜しければ応援クリック恵んで下さい。励みになりますm(__)m ↓
 にほんブログ村 株ブログへ banner_03.gif ブログランキング f_01.gif livedoorカブログ
☆★☆★☆★☆★☆★☆無料・有料 各種投資顧問とサービス☆★☆★☆★☆★☆★☆

     
    
    
  ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
     ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!


先週の日経225先物は:
買い: ゴールドマン、ドイツ
売り: ソシエテ、カリヨン

TOPIX市場では:
売り: クレディスイス、UBS
買い: ドイツ、リーマン

これらは、オプションSQに伴うリバーサル(OP合成の買い)、コンバージョン(OP合成の売り)のヘッジ取引と思われ、継続される売買ではないと推測。
他は特に大きな動きはなかったようです(^^ゞ

先物、先物と大騒ぎしたところで週間で見ればこんなもんです(-_-;)

8月限オプションのインプライド・ボラティリティー(オプションのプレミアムから逆算したボラティリティー)でATMのコール・プットは、25%台で推移。
HV(ヒストリカル・ボラティリティー)では22.67%と先週と比べ5%を超える大幅低下。

来週は、日米主要企業の決算・業績開示を見極めたい向きも多く、様子見気分が強い展開となるんだろうなぁ・・・

それよりなにより・・・
深刻なのはイランやイスラエルなどの中東情勢です。
イスラエルとパレスチナの紛争は、双方ともにヒートアップし、早期の収拾は殆ど不可能と言えるほどまで悪化しています。
(北朝鮮のミサイル問題なんて、ハナから微小な出来事です。イスラエルの問題で、来週からジョンちゃん一気にかげ薄くなるでしょうw)

        ↓ 宜しければ応援クリック恵んで下さい。励みになりますm(__)m ↓
 にほんブログ村 株ブログへ banner_03.gif ブログランキング f_01.gif livedoorカブログ
☆★☆★☆★☆★☆★☆無料・有料 各種投資顧問とサービス☆★☆★☆★☆★☆★☆

     
    
    
  ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
     ホームページ売上アップ診断+オリジナルSEO対策ツールで売上アップ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2