ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


100年に一度の危機(と言われている)状況下
ダウの過去4週間の上昇率は76年ぶりの急騰(゜o゜)

歴史的な、誰も経験がない展開を見せている時に
オーソドックスな見方・手法は通用しない。
そう考えるムキは少なくないが・・・
では、イレギュラーな見方・手法が有効かとなるとそれも疑問。

昨年10月も、本年年初も、3月10日前後もそうだったが
100年に一度の環境としても、結果論では「基本」は通用している。

以下、面白みのない見方となるが、教科書的な相場の見方を。

昨日のNYダウは一時8075ドルまで上昇。売買代金は増加し
鬼門とされる75日線を年初以来捉えたが、90ドル分程度の上髭を引いた。
この8075ドルというのは、節目の8087ドルとほぼ被る。
(8087ドル: 1月高値からの下落に対する61.8%戻り。)

日経平均は本日前場、8900円をほぼ回復。
これは節目の一つ、3月27日高値8860円、8870円とも被る。
(8870円: 昨年11月5日9521→11月20日7703の下げ幅
1818を、3月10日7054から同値幅分だけ上昇させた水準。)

昨日の東証一部売買高は29億株を超え、昨年12月12日SQ以来のボリューム(゜o゜)
本日の前引け時点でも14億株を超える活況!売買代金0.9兆円超!

安値圏(低い位置)での出来高急増は、教科書的には買いシグナルだが
高値圏(高い位置)での出来高急増は、教科書的には売りシグナルだ。
(焦った投資家が買う→株価急騰→出来高がピークとなり株価もピークアウト。)

今朝の外資系証券11社経由の注文状況を見ても、差し引きで1820万株の買い越し。
外資系フローの株数ベースの買い越しは、4月に入って3日連続。
3日連続の買い越しは今年初で、買い越し株数で本年最大。
買い越し株数の1000万株超は、1月7日(差し引き1400万株買い越し)以来。
(因みに、1月8日は一転して1510万株の売り越しとなった。)

ダウには8381ドルまでの上値余地があるとも見れる。
(昨年10月10日安値7882~10月14日高値9794の
上昇幅1912を、3月6日安値6469ドルにリプレス。)

日経平均には、9300-9400円までの上値余地があるとも見れる。
(9300: 1月7日高値水準。)
(9400: 昨年10月27日7162→11月5日9521の上げ幅
2359を、3月10日7054から同値幅上昇させた水準。)

しかし、景気は、仮に底打ちしたとしても、急回復する確率は低く
経済の先行きを買う株式市場としても、これ以上の大幅上昇は期待し難いハズ。

東証一部、日経平均をPER(昨日時点)で見ても・・・
(PERだけで見ても意味はないが、代表的な指標ということで・・・)

東証1部PER(実績)  11.03倍 
東証1部PER(予想) 119.15倍 
日経平均PER(実績)  9.79倍 
日経平均PER(予想) 104.69倍 

V字回復どころか未曾有の好景気入りでもしないと辻褄が合わないように見える。
(クドイ様だが、PER算出不能状態の企業も少なくなくPERだけで見ても意味はないが...)

そして、現状の過熱感を象徴する、東証1部騰落レシオ25日126.74。
サブプラショック後のボラボラの展開からして・・・
135レベルまでの上昇はアリとは思うが(08年2月27日、08年5月20日等)
更に上昇し突き抜けるような展開も想定し難い。
 
各国政府の必死の対策は好感できる。いずれ効果は出るハズだ。
信用、裁定他、需給を見れば歴史的な買い残低水準も好感できる。
売りで取りに行くスタンスが慢性化している投機家は多く
ショートに傾き易い需給関係にあることも踏み上げが期待でき好感できる。

しかし、売るかどうかはともかくとして・・・
ここからの買いはどうなのだろうか、と思い始めて早8営業日(^^ゞ

一流ディーラー並の、スキル、胆力、反射神経があるなら買いもアリだが
私ごときのスキルでは、ここからは買いでは獲りにいけない。
身の程を知り、マイペース、マイプランに従い、淡々と取り組んでいきたい。

またも株価上昇への難癖みたいになってしまい申し訳ない○| ̄|_
「しょうがねぇなぁ、ネガティブチキン野郎が!」ということで勘弁して下さい○| ̄|_

 
*** 追記 ***
12:57

限界かと思いきや上伸びする展開。強い!しかし、荒っぽい(;一_一)

後場寄り前の大口成り行き注文:
売りが概算で3070万株、買いが1610万株、差し引き1460万株の売り越し。
(うち、アゼル1社で1630万株の売り越しで、同社を除けば買い越し)

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約290億円が成立。
市場では、買い決め(投資家の買い・証券会社の売り)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で1兆290億円、売買高が16億2511万株。

値上がり銘柄数は645、値下がり銘柄数が920、変わらずが136銘柄。

13:33
ぐだぐだ細かく見ても、考えても・・・
結局、日中機能するのはマーケットプロファイルと一目・5分足か。これは虚しい(T_T)

13:37
日製鋼、¥994にてつなぎ売り。

13:52
売りたい、売り乗せたいとまでは思わないが、買いたくない、買えないとは思える展開。
このありふれた見方が、需給をロングに傾かせず、上伸びさせるんでしょうな(^^ゞ
まぁ、当面9300レベルまでの上値余地と「仮定」し見て、取り組みたい。

14:04
G20での「世界経済2010年末成長目標2%」が好感されているようだが
これって、リセッションの分岐点とされる3%を下回っているんだけど・・・
「実体経済は厳しい状況が続くことが共通認識された」とも解釈できる。

ヤバイ、ネガティブチキン通り越して、難癖糞野郎になってきた○| ̄|_

14:16
一服入り易い8860レベルでの一服。とはいえ・・・
「朝起きたらNY爆上げ→ギャップアップ→上値下値切り上げ」がお約束の今日この頃。
変に調子に乗って売ると、資金コントロール利かなくなる危険性もあり、難しいところ。
こんな時は、バンドは広めに見るしかないでしょうな。

14:30
指値総計、売り差し株数9億株って、これまた露骨な。。。
基本や、セオリーが機能することが多いのは
それを守る機関投資家が多いからってことですな。

オーソドックスに考えれば(私の主観も混ざっているが)、ここからは・・・
9300までの上昇か、ありふれた調整入りの二択のような気がする。

14:37
スゴイ下げたように感じるが、それでも前日比ほぼ変わらず。
これで調整終了だったら、また怒涛の踏みでしょうな(^^ゞ

14:46
難癖だけ付けて、週を〆るというのも非常に不本意なので、好材料を。

中国物流購買連合会が4月2日に発表した3月の購買担当者指数は52.4。
2月の49.0から上昇し、4ヵ月連続の上昇。
昨年9月以降初めて景気判断の分かれ目となる50を上回った!
中国国家統計局局長は「中国経済が安定した回復期に入ったと判断できる」と述べた。

15:15
一昔前と比べれば、さしたる商いではないが、昨年からの商いを考慮すれば・・・
昨日・本日の商いはバイイングクライマックスに見えないでもない。
過度に警戒すべき局面とは思わんが、一応念のため、気を付けてみていきたい。
株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01667.JPG
(↑売買代金・出来高: マネックス証券 より拝借)

 
先物、含みベース前日比負け。(7675、7785、7845、7985、8535ショート持ち越し)
現物&信用、決済ベース勝ち、含みベース勝ち。
トータル微勝ち。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01668.JPG
(豊通、信用空売り。日製鋼、¥994にて本日より繋ぎ売り。)

多少8860レベルで重さは見せたが、買い方圧勝の1週間!
買い方様、おめでとうございました(^O^)/

皆様、今週もお疲れ様でした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

スポンサーサイト





2日の米国株式市場

NYダウ: 7978.08 △216.48
ナスダック: 1602.63 △51.03
為替 NY終値: 99.45-99.51

朝方発表の新規失業保険申請者数は約67万人と1982年以来の高水準となったが
一方で、米国財務会計基準審議会(FASB)で時価会計ルール実質的緩和が決議された。
午前10時に発表された2月の製造業受注は予想を若干上回るプラスとなり
原油価格の上昇等も背景に、エネルギーなど幅広い業種に買い物が入った。

ダウの上げ幅は一時300ドルを上回り、2月10日以来の8000台乗せの場面も。

製造業や住宅関連の経済指標の好転で景気底入れ期待が浮上していたところに
金融サミットが財政出動の表明や国際通貨基金(IMF)の融資枠拡大で合意したため
市場の景況感が一段と好転したようだ。

その後は、G20におけるオバマ大統領の記者会見等を背景に揉み合いとなり
引けにかけて徐々に上げ幅を縮めたが・・・
ダウは結局前日比216ドルの大幅高、ナスダックは1月8日以来の高値で終えた。

出来高は大幅増となり、ダウの過去4週間の上昇率は1933年以来76年ぶりの急騰。

業種別S&P500種指数は全十業種が上昇。
「一般産業」や「消費循環」、「エネルギー」の上昇が目立った。

ダウ平均構成銘柄では建設機械大手キャタピラーや化学大手デュポン
非鉄大手アルコアといった景気敏感株が上昇率の上位に入った。

前日発表の3月の米新車販売台数の減少幅が前の月から縮小したGMが堅調。
バンカメやゴールドマン・サックスが高い。買収したローム・アンド・ハース傘下の
企業の売却を発表した化学大手ダウ・ケミカルが二ケタの上昇率。
一方、朝方に減益決算を発表した農業製品大手モンサントが小安い。

 

日本株式市場

好感できる材料が増えてきている。というか、買い材料しかない
悪材料が見当たらないといった「雰囲気」まで出てきている。

昨日、海外子会社からの配当を実質非課税とする日本政府の税制改正で
日本企業の2009年3月期の最終損益が押し上げられる可能性も出てきたと報じられ
海外子会社の配当課税に備えて引当てを行っている企業も引当てが不要となり
一時的な利益が発生すると期待されている。国際優良株急伸も頷ける。

FASBは、時価会計基準の緩和を決定。大半の金融機関の場合、第2・四半期から
適用されるが、第1・四半期決算に前倒しして適用することも可能となっている。
金融株堅調もなるほどといった感じ。

ドイツに倣って、米国も自動車購入促進策としてスクラップインセンティブなどを
検討中。現時点では1台当たり350ドル(約3万5千円)~10,000ドル(約99万円)の
販売促進策が議会に提案されているそうだ。
(政策次第では米国自動車販売が最大150万台(15%前後)押し上げられるとの試算)
今回の販売促進策の適用範囲が米国生産車のみか、輸入車を含むのかは不明だが
WTOルールに従えば輸入車にも適用範囲が広がるとの思惑も。自動車株の急騰も納得。

これまで需給を下支えしていたGPIFの買いが期待できない中、海外勢の需給動向に
変化がみられてきており、先高観が強まってきており、コア30は連日の爆上げ。

本日の米雇用統計にしても、一昨日の米ADP雇用統計で雇用統計の悪化は
織り込まれた感もあり、市場に警戒感は感じられない。

好材料だらけで売り材料皆無といった「雰囲気」だ。
3月10日までの相場つきと丁度真逆といった感じ。

フィスコの速報にも、日経平均が「日系平気」と誤植されていた。
この辺りにも安心感が現れているような気がする。(勘ぐりすぎかw)

09:18~09:19
豊田通商(現物)、¥1099にて利益確定売り。

寄り付き前の大口注文:
売りが5530万株、買いが9990万株で差し引き4460万株の買い越し

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1790万株、買い3610万株、差し引き1820万株の大幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:01

昨日の東京市場の出来高、NY市場の出来高見て、完全に買う気失せた。
まだ上昇余地はあるとの思いはあるが・・・
押さぬなら押すまで待とう「日系兵器」という危険さも感じる。

10:04
うげっ。FC2サーバートラブルで投稿できん;;
と思ったら、閲覧すらできん(>_<)

10:18
FC2サーバートラブル、回復時間不明。せめて後場までに復旧してくれ(;_;
御訪問頂いている方にはご迷惑おかけして申し訳ない○| ̄|_
と書いても、更新、閲覧できんのか;;

10:28
FC2サーバートラブル01664.JPG
↑こんなことになってます○| ̄|_
FC2ページよりUPできず、現在、強引にブログツールから更新中。
御訪問頂いた方には、御不自由おかけし、申し訳ない○| ̄|_

10:44
出来高から見ると、買いが尽きたとまでは言えないが、買い疲れたような感じも。

FC2サーバー、復旧したみたいだが、未だ不安定;;

11:02
重い動きになった前場。
悪材料出尽くし上げがあれば、好材料出尽くし下げがあるのが相場。
こんなもんかという気もする。

現段階では、強烈な短期上昇トレンドに疑う余地はなく、過度な懸念・警戒は不要だろう。
ただ、過度な出来高と、直近の歴史的な上げ幅の反動には、念のため注意か。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01665.JPG

FC2サーバートラブルで、ご迷惑、ご心配おかけし申し訳ない前場となりました。
後場も不安定な可能性あります。ご容赦ください○| ̄|_

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2