ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


株式市場のファンダメンタルズは、3月初旬と同様再び中国頼みの様相。
目先的には、またも為替相場頼みだろう。

今週のドル・円相場は、日本の景気悪化、政局混迷懸念、貿易赤字化傾向から
円買いが一服する一方、米国の景気低迷継続、自動車問題の先行き不透明感
金融安定化はまだ途上でドル買いも進めづらいなかで
株式市場動向を受けたクロス円の動きに連れる展開が続く可能性が高い。


13(月)

【国内】
3月企業物価指数(8:50)
《決算発表》
ローソン、マルマエ、コーナン商事、カスミ、松屋、イズミ、東武ストア、フジ
サンヨーハウジング名古屋、アトリウム、アークス、大庄、ホギメディカル
北興化学、東洋炭素、津田駒、東洋電機

【海外】
香港、英国市場休場(イースター・マンデー)
《決算発表》
チャールズシュワブ


14(火)

【国内】
2016年夏季五輪に向けたIOC評価委員会の東京視察(~20日)
《イベント》
ナレッジマネジメントフォーラム2009(国際フォーラム)
《株主総会》
ピープル
《決算発表》
米久、SFoods、ワイズテーブル、J.フロント、クリエイトR、サンエーインタ
コネクトテクノ、スギHD、テークスG、マルエツ、島忠、ライフコーポ、イオン
Olympic、ダイセキ、天満屋ストア、吉野家HD、安川情報、YEデータ
パシフィックネット、ゼクス、オオバ

【海外】
中南米世界経済フォーラム(リオデジャネイロ~16日)
バーナンキFRB議長講演
米3月生産者物価指数(21:30/前月比0.0%)
全体に関しては、季節調整係数は約10%の上昇が想定されているところ、3月の
ガソリン価格(季節調整前)が前月比+1.8%にとどまっており、ガソリンは
マイナス寄与が見込まれる。ISM製造業の価格指数も29.0→3月:31.0と微改善ながら
ディスインフレ傾向が続いており、コンセンサスには下振れリスクが勝る可能性。
前回2月分は前月比+0.1%(予想+0.4、1月+0.8)、前年比-1.3%(予想-1.4、1月-1.0)
コアは前月比+0.2%(予想+0.1、1月+0.4)、前年比+4.0%(予想+3.8、1月+4.2)。

米3月小売売上高(21:30/0.3%)
米3月自動車販売は前月比+7.7%の大幅増加。また、ICSC(国際チェーンストア協会)の
チェーンストア売上は前年比マイナス幅拡大(既存店売上2月:-0.1%→3月:-2.1%へ)
とすると全体はほぼ妥当でも、コア「除く自動車」は不芳なものとなるリスクがある。
前回2月分は前月比-0.1%(予想-0.5%、1月+1.8%←+1.0%)、前年比-8.6%
「自動車除く」は前月比+0.7%(予想-0.1%、1月+1.6%←+0.9%)、前年比-5.0%。

米2月企業在庫(23:00/-1.2%)
《決算発表》
FastenalCo、ゴールドマン・サックス・グループ、リニアテクノロジー、CSX
ジョンソン・エンド・ジョンソン、インテル、W・W・グレインジャー


15(水)

【国内】
3月首都圏新規マンション販売(13:00)
2月鉱工業生産指数速報(13:30)
2月設備稼働率(13:30)
2月百貨店売上高
《イベント》
第19回フラットパネルディスプレイ研究開発・製造技術展(ビッグサイト~17日)
第5回フラットパネルディスプレイ(ビッグサイト~17日)
第1回次世代照明技術展(ビッグサイト~17日)
TECHNO-FRONTIER2009(幕張メッセ~17日)
《株主総会》
ダイドードリンコ、Gフット、やすらぎ、ナガノ東
《決算発表》
ディップ、リンク・ワン、魚喜、パル、ドトール日レスHD、システムインテ
良品計画、エコス、エスケイジャパン、サマンサタバサ、セントラル警備、安川電機

【海外】
ABC消費者信頼感指数(6:00)
MBA住宅ローン申請指数(20:00)

米4月NY連銀製造業景気指数(21:30/-35)
3月のNY連銀の数字は同月のISMへの示唆がややはずれた感があるが、各地区
連銀のトップバッターであり、注目。この点、3月ISM製造業指数では、先行性のある
「新規受注DI」が大きく改善しており、4月の生産などに期待が出ている。
コンセンサス予想はほぼ順当な線と見られるが、やや上振れの可能性もある。
前回3月分は-38.23(予想-33.0、2月-34.65)。

米3月消費者物価指数(21:30/前月比0.1%)
予想は、前年比-0.1%、コア前月比+0.1%、前年比+1.7%。
全体は、ガソリンの季節調整係数が5%強の上昇を前提としており、実際は及ばず
押し下げに働く。他方、中古車価格が上昇しているとの報道があり、こちらは全体と
コアを押し上げる。ならせば、全体に幾分下振れリスクがありそうだ。
前回2月分は前月比+0.4%(予想+0.3、1月+0.3)前年比+0.2%(予想+0.0、1月+0.0)
コア前月比+0.2%(予想+0.1、1月+0.2)、前年比+1.8%(予想+1.7、1月+1.7)。

米3月鉱工業生産指数(22:15/-0.9%)、米3月設備稼働率(69.7%)
雇用統計の業種別総労働時間指数は製造業が-2.1%、鉱業が-5.0%、公益が-1.9%。
雇用統計以降で状況が大きく変わったとは見られず、コンセンサス予想には下振れ
リスクが。前回2月分は鉱工業生産が前月比-1.4%(予想-1.3%、1月-1.9%←-1.8%)
修正-1.5%、設備稼働率が前月比70.9%(予想71.0、1月71.9←72.0)、修正70.2%。

《決算発表》
アボット・ラボラトリーズ、プログレッシブ・コープ、ピーボディ・エナジー


16(木)

【国内】
3月工作機械受注(15:00)
《株主総会》
サガミチェーン
《決算発表》
アデランスHD

【海外】
NAHB住宅市場指数(2:00/10)
米地区連銀経済報告(3:00)

米3月住宅着工件数(21:30/54万)、米3月建設許可件数(55万)
3月着工は、2月の反動減が見込まれている。2月着工件数では、集合住宅の押し上げが
あったがこれは一時的なものとみられ、また温和で降雪の少ない気象条件も幸いした。
主力の戸建の着工がどうなるか、また気候要因よりも需給に忠実とされる
「建築許可件数」の動きに注目。最後に、ヒントとなるNAHB(全米住宅建設業協会)
指数が15日に公表予定であり、要注目。前回2月分は、住宅着工件数が58.3万戸
前月比+22.2%(予想45万戸、1月47.7万戸←46.6万戸)、住宅着工許可件数が54.7万戸
前月比+3.0%(予想50万戸、1月53.1万戸)。修正56.4万戸。

新規失業保険申請件数(21:30/66.5万)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(23:00/-32.5)
NY連銀指数の結果で市場のバイアスは変わるが、先月のフィラデルフィア指数は
全米のISMの限界的な動きとも整合的であったので注目度は高い。製造業での
「悪化ペースの鈍化」は円安と株高の大きな原動力であり、バーナンキ米FRB議長の
指摘する「景気回復の新芽」そのものである。先月のISMでは「新規受注DI」が
33.1→3月:41.2と顕著に改善、フィラデルフィア指数にもコンセンサス予想並みか
それ以上の改善が見込まれる。前回3月分は-35.0(予想-38.0、2月-41.3)

インド下院総選挙投票開始
《決算発表》
ハーレーダビッドソン、ガネット、シャーウィン・ウイリアムズ、ITW
パーカー・ハニフィン、JPモルガン・チェース、People'sUnitedFinancialIn
グーグル、PPGインダストリーズ、バイオジェン・アイデック、アンフェノール
サウス、ウェスト航空、IntuitiveSurgicalInc


17(金)

【国内】
2月第三次産業活動指数(8:50)
3月消費動向調査(14:00)
パキスタン支援のための国際会議(東京)
《イベント》
第35回ジャンボびっくり見本市(ビッグサイト~18日)
《株主総会》
シーイーシー
《決算発表》
トーヨーアサノ、ガリバー、日本マタイ、ベスト電器、歌舞伎座、プレナス

【海外】
バーナンキFRB議長講演
北米3月半導体製造装置BBレシオ
米4月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00/58.1)
株式相場のその後の堅調があり、ガソリンも強含みとはいえ、概ね落ち着いている。
また、3月数字において速報値から確報値で上方修正であったことから、改善傾向を
見込むのが順当なところ。前回3月分は56.6(予想55.0、2月56.3)、確報値57.3。

《決算発表》
BB&T、ファースト・ホライゾン・ナショナル、BB&T、マテル
シティグループ、ゼネラル・エレクトリック
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

スポンサーサイト





株式主要指標(日経平均)01691.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

上昇力は明らかにピークアウト「傾向」だが・・・
だからといって上昇が止まったわけではない。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)01690.JPG

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

【ドリームゲート】日経225先物システムトレードを自動売買で!
6ヶ月間で結果が出なければ、全額返金保証の自動売買システム!
資産運用セミナー、365日無料メールサポート付き!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2