ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


1日延期された中国の経済統計発表で、なにかあるかと思いきや、サプライズなし。
それにしてもなぜ延期されたのか?好悪抱き合わせで5つ纏めて発表したかったの?
どうも中国のやり方には釈然としないものが多い(;_;

東京市場では、先週、死語であった「出尽くし」が復活したかと思いきや
今週は、決算への注目度の低下からか「出尽くし」「利食い売り」が聞かれなくなっている。

オプションSQ、お盆を控え材料難・手掛かり不足。
しかもお盆明けにはラマダン入り(8月21日)。
そして、外国人のバカンス明け待ち。

特段の材料でも出ない限り、これでは当分、積極的な商いは見られそうもない。

先日一段切り上がった水準(225の10500-10800、TOPIXの966↑
ドル円の97レベル等)での、推移とみるのが無難なところか。


決算発表は今週も続くが、注目度の高い主要企業の決算発表は一巡しており
マーケット全体へのインパクトはほとんどなさそう。

しかし、他に見所もない。
根っこで大切な部分と思うので、性懲りもなく決算発表を振り返る。

2010年3月期通期の連結経常利益は前期比10.5%減。
期初予想(10.8%減)並みとなる見通し。

製造業を中心にコスト削減が進み、4-6月期決算は予想を上回るペースで回復したが
世界景気動向は予断を許さず、通期業績は引き続き慎重にみている企業が多い。

日本経済新聞社の集計による、先週末までに決算発表を終えた
1247社(金融・新興3市場を除く、社数で全体の8割相当)を見ると

4-6月期の連結経常利益は、前年同期比80%減。
しかし、3兆円超の赤字に転落した1-3月期に比べ約4兆6000億円改善した。
上期(4-9月期)予想を4-6月にどの程度達成したかを示す進捗率は55%。

一方、通期の経常損益予想については、下期の需要動向が読めないとして
期初のまま据え置いた企業が、全体の86%を占めた。

先進国の雇用情勢が厳しいうえ、財政出動など各国の政策効果が
需要の先食いに終わりかねないとの警戒感が強いそうだ。

日本人ならではの「毎度慎重な予想」に過ぎないとも見られるが・・・
数字から見れば、企業収益は足元で改善してきたが
先行きについては不透明感が「燻っている」と見ることも出来る。

目先の材料にはならんが、一応念のため頭の片隅に置いておきたい。
 

後場寄り前の大口成り行き注文:
買いが1190万株、売りが1610万株、420万株の売り越し。

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約381億円が成立。市場では、売り決め優勢(投資家の売り・証券会社の買いとの声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算6640億円、売買高は同9億8771万株。

東証1部の値上がり銘柄数は868、値下がりは616。

 
*** 追記 ***
13:51

日本も大変だが、台湾も天災に見舞われること多いですな。
結構地震もあるみたいで、一昔前もそれで半導体関連大騒ぎになった記憶が。
こういうのを相場で収益機会に結びつければいいんだろうけど、苦手なんだよなぁ。。。

甘っちょろいのは自覚しているが・・・
相場では苦手なことをやらないのも大切なことと言い訳して、見送る○| ̄|_

14:27
ド閑散相場。薄過ぎる商い。モト冬樹の頭より薄い。これでは手の内様無し。
盛り上がっているのはGSユアサの発毛コンテストだけか。

14:48
なんだかんだで踏んで引け。商いはなし、変化もなし、基調は上のままってことね。

15:13
先物、含みベース前日比微負け。(9845、9915、9735ショート持ち越し)
現物&信用、含みベース前日比微負け。
トータル、微負け。

上値は重いというよりも参加者不在。下値は僅かながらも切り上げ。
適度な警戒感で需給も悪化せず。買い方有利に変化なし。
目先的な売り材料が全く見当たらん。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02076.JPG
(豊通、信用空売り中。)
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

スポンサーサイト





10日の米国株式市場

ダウ平均: 9337.95 ▼32.12
ナスダック: 1992.24 ▼8.01
為替 NY時間17時: 97.13-97.15

ダウ平均は、前日に大幅上昇した反動からか利益確定の売りが先行。
その後僅かに前日の終値を上回る場面もみられたが
特段、注目される経済指標や決算発表が無く、買い材料に欠け
FOMCを控えていることもあり、様子見気分が強まり、終始利益確定の売りに押された。

相場が直近安値を付けた3月上旬からの上げ幅の大きかった
素材株や金融株などに利益確定売りが多かった。

7月雇用統計発表後に、買いが膨らんでいた消費循環銘柄にも売りが目立った。

ダウ平均は、下げ幅を79ドルまで広げる場面があったが
下げた場面では押し目買いも見られ、引けにかけては下げ渋って終えた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約17億8千万株(速報)。
ナスダック市場は約18億1千万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、「素材」と「消費循環」を筆頭に6業種が下落。
「ヘルスケア」などは上げた。

個別では、ゴールドマン・サックスのアナリストが「買い推奨」リストから外し
投資判断を「中立」とした家電量販店大手ベスト・バイが大幅安。
アナリストが投資判断を引き下げたリサーチ・イン・モーションも安い。
アナリストが短期的に買いを推奨したアップルは下げて終えた。
一方、7月の既存店売上高が前年同月比4.3%増が好感されたマクドナルドが高い。
GSアナリストが「買い推奨」リストに加えた医薬品大手メルクが上昇。
アナリストが5-7月期の1株利益見通しを小幅に引き下げたウォルマートも上げた。
7日夕に発表した四半期決算で最終損益が黒字に転じたフレディマックが2.2倍超の急騰。
ファニーメイも5割上昇とつれ高。

 

日本株式市場

昨日は、高値圏でのほぼ十字足。そして相変わらずの過熱感。

しかし、ボリバンは拡大し、+2σは10800レベルへ。
このレベルには、週足・雲上限もある。
3月10日安値~4月10日高値のE計算値も10800円レベルだ。

10800レベルまでは、達成感には繋がり難いところか。
10500を割らなければ、利益確定売りも強まりそうにない。

センチメントも良好だ。(やや楽観?)

中国株式市場の調整で、投資資金が出遅れ感のある
日本株に向かい出すといった声も聞かれる。

年初からの動きは、まず、ハイ・イールド債が上昇。その後、商品市場が反発。
為替市場では、高金利国通貨や新興国通貨が買われていた。
株式市場では、新興国市場が先行して上昇。その後、先進国市場が上昇。

7月の外国人による日本株の買い越し額が、1兆101億円となったことで
世界の景気敏感株と位置付けられている日本株に
外国人買いが継続するのではとの期待感も高まっているようだ。

チャートは強い。直近の経済統計に悪いものは見当たらない。
決算発表一巡、企業業績は最悪期を脱した数字。センチメントは良好。

目先短期的な売り材料が見当たらない状況。
敢えて売り材料を探せば、売り材料が見当たらな過ぎることぐらいですな。


寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが3580万株、売りが2190万株、1390万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2450万株、買い3590万株、差し引き1140万株の大幅買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:18

地震と台風という最悪の取り合わせ。該当地域の方、十分お気を付け下さい。
被災された方、心よりお見舞い申し上げます。

余談だが、今朝、ロシア人から電話がきた。
「何で日本人は、そんな危ない所に住んでいるんだ?」と言われた。
「マイナス40度の所に住んでいるお前に言われたくない!」と冗談半分に言い返したら
「そうだよな。お互い人間の強さを信じて生きていこう!」という結論に。

10:37
地球は異常気象、テレビは異様な事件を報じ、経済は明るさは見えるが未だ危機の中
どんより気分で、相場手掛ける気になれず。
こんな時こそ稼ぎ時なのかもしれんが、全く気が乗らんので、今日は見送る(-_-;)

11:02
気分で相場を見てはいけないのだが。。。全く買う気も売る気もしない一日。
災害時、気圧低下時、いつもこうなんだよな(T_T)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02075.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

圧倒的な情報量【外為どっとコム】オンライン口座開設
株式取引、先物取引だけでは分からない情報がここに!
速報性、情報内容共に満点です!小生FXメイン情報源!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2