ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


7月13日から一本調子で上げてきただけに
サポートとなるトレンドラインが見当たらない(=_=)

敢えて、サポートを探すために、7月13日からの上昇を分解してみてみると・・

7月13日~7月30日: ネックライン10180レベルまで急反発
7月31日~8月14日: 10180レベル~10500レベルのBOX
8月17日~ : 調整

8月は10500円上での推移もあったが・・・
滞留時間の短さ、目立つ上髭、日足実体部分の短さから
10500↑は過熱感、オーバーシュート気味に見える。

となれば、7月13日以降の価格帯で意識されるのは
10180レベル、10500レベルぐらい。

現状、短期的上値の目途は、5日線、転換線が被る10415処。

下値の目途は、前述の通り、7月13日から一本調子で上げてきただけに
10180レベル以外には、移動平均やフィボナッチ程度しか見当たらない。

7月13日-8月14日の38.2%押し: 10025円
半値押し: 9835円
61.8%押し: 9645円

25日線:10090円処
基準線: 9835円。

スピード調整であれば、本日の安値10190円で調整終了となった可能性もある。
懸念されていたテクニカルの過熱も、適度に冷めた。
ここから、10415-10500レベルを上抜けてくれば、再度上値チャレンジだろう。

一方、現在の下げが、7月13日からの上昇に対する調整なら
ある程度の値幅を伴った調整となると見るのが自然だろう。

スピード調整と見るか、調整と見るかで取り組み方が大きく変わる処。

というか、特定筋に振らされ易いこの薄商い。取り組むより、見送った方が無難かもw

 
後場寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが1110万株、買いが810万株、差し引き300万株の売り越し。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約318億円が成立。市場では、投資家の売り注文が多かったとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6807億円、売買高は同9億9911万株。

値下がり銘柄数は950と全体の5割超を占めている。値上がりは545、変わらずは179。

 
*** 追記 ***
13:12

買いたい個別が下がらず、買いたくない個別ばかりが下がっている。
これが需給というものですな(^^ゞ

13:23
上海ランチタイムには動かない、動けない。ここ最近のお約束か。

14:10
一応ネックライン10180レベルは意識されているようだが・・・
真空地帯での薄商いで上抜けたネックラインであり、堅いかどうか微妙なんだよな;;

14:38
特定筋の大商いと、上海睨みの目先プチ・ディール、この二つだけって感じ。。。ヤリニクイ;;

14:49
10180を下抜けるか、10415-10500を上抜けるか。
なんか、もうこれだけ見ていればいいような感じ。
暑い、ダルイ、眠い(-_-)zzz

15:01
ネックラインで踏ん張り、上昇トレンド崩れず。
しかし、押し目買い意欲旺盛にも見えず、調整終了とも言えず。
「ドロー」、そんな印象の一日。

15:13
先物、含みベース前日比負け。(9845、9915、9735、10515ショート持ち越し)
現物&信用、含みベース前日比微勝ち。
トータル、負け。

昨日より細る現物、膨らむ先物。先物主導としか言いようがない一日(-_-メ) 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02096.JPG
(豊通、信用空売り中。)
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

日経225先物 完全自動売買システム ワンショット
トレイダーズ証券 の無料ツール(トレードスタジアム)を使った
ストレスとリスクを限定した、完全自動売買システムトレード!

スポンサーサイト





17日の米国株式市場

ダウ平均: 9135.34 ▼186.06
ナスダック: 1930.84 ▼54.68
為替 NY時間17時: 94.52-94.54

朝方に発表された8月のニューヨーク連銀景気指数が、前月から大幅に上昇。
製造業が回復しつつあるとの見方が広がった。
8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数は前月から上昇した。

しかし、株式市場での反応は限定的。

前週末に消費者態度指数が低下するなど、個人消費に対する懸念が出ていたところに
ホームセンター大手のロウズが発表した5-7月期決算が市場予想を下回り
先行きの業績見通しが慎重と受け止められ、これをきっかけに売りが膨らんだ。

同日の中国の株式相場が大幅下落したことも米国株の売りにつながったとの声も。

世界的な景気改善への警戒感などが意識され原油先物相場が下落したことから
石油株や素材株の下げが目立った。VIXは前週末と比べて15%近く急騰。

結局、ダウ平均は7月29日以来の安値で終えた。下げ幅は7月2日以来の大きさだった。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「素材」などを筆頭に全業種が低下。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約12億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約18億5000万株(同)。

個別では、ロウズは10%超下落。同業のホーム・デポも安い。
非鉄大手アルコアが6%超下げたほか、USスチールなど鉄鋼株も軟調。
バンカメやJPモルガン・チェースが安い。17日に償還を迎える変動金利社債の
買い取り計画について、必要な応募が集まったと発表したCITグループが上昇。
医療保険のエトナが高い。オバマ米政権が進める医療保険制度改革で
無保険の解消に向けた公的な保険制度の創設を断念するとの見方が強まった。
ダウ平均構成銘柄では製薬大手ファイザーや清涼飲料大手のコカ・コーラが上昇。

 

日本株式市場

昨日の良好なGDPが織り込み済みとされ、売りに繋がったように
昨日の東京市場大幅下落で、17日の米株下落も織り込み済みとされ
寄り付きから買い優勢で始まり、前日比プラスへ浮上。

ネックラインの10180レベル到達で、まずは押し目買いが入ってのスタートといった感じ。

ただ、個別では昨日象徴的な下げを演じたファーストリテが本日強く
業種別では、不動産、陸運、医薬、小売り、空運が上位を占めているあたり
積極的に買われているというよりは、巻き戻し的な動きに見えないでもない。

本日は(そして今週国内に)経済指標の発表がない。
相場の自律的な動きが試される局面か。
引けにかけて買われる、踏むような動きが見られるなら
調整ではなく、絶好の押し目との見方も浮上しそう。

意識されそうな価格としては・・・
もともとの真空地帯で、更に薄商いが続いていたため
節目らしい節目が、現在の水準では見当たらない。

下降に転じた転換線(10415)、ネックラインの10180レベル
これだけ見ていれば、短期的にはよさそうな感じ。

寄り付き前の大口注文:
買いが2390万株、売りが6480万株、差し引き4090万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2870万株、買い2240万株、差し引き630万株の売り越し。
売り越しは9営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:02

TOPIXは前日比マイナス圏、規模別はすべてマイナス、値下がり銘柄数はほぼ1000。
日経平均はプラス。。。純粋に買われているというわけでもなさそうですな。

10:31
転換線も、5日線も、225MPターゲットも、全部10415処。
本日の上値目途に関しちゃ、これだけでよさそう。

11:02
前引けで日経225先物4.7万枚。活況と言ってよさそうな数字。
一方、現物は相変わらずの閑散。先物主導と言うしかなさそうな一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02095.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在7位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

日経225先物 完全自動売買システム ワンショット
トレイダーズ証券 の無料ツール(トレードスタジアム)を使った
ストレスとリスクを限定した、完全自動売買システムトレード!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2