ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


米格付け会社のS&Pがギリシャの格付けを16日に「BBB+」に格下げ。
17日には銀行2行の格下げも行った。

今さらネタに追撃格下げで、またかの印象。【参考:PIGS(12月10日付)

ギリシャに対する支援策を欧州が行えば、欧州も脆弱になるという懸念で
通貨のユーロが売られている。だが、これもまたかの印象で、前にも見た光景。


昨日、バーゼル銀行監督委員会は、銀行の資本と
流動性規制を強化するための市中協議案を公表。

資本の質の改善に係る提案は、かなり厳しい印象との声が優勢で
三井住友、みずほの大規模増資実施の可能性は高いという見方が
またも広がり、メガバンク、日本株の下落要因とされているが・・・

移行期間は、相応の経過措置が設けられる予定。

確かに、三井住友は増資に取り組む可能性が高そうに見えるが・・・
みずほは、第11種優先株式の問題もあり、期間損益の蓄積で自己資本比率の
引き上げを図るといった対応に向かうのではないか、との見方もある。

過度な期待先走りで、16日に爆上げした感はあるが・・・
なんにしろ、15日以前よりも、環境、条件はマシになっている。
バーゼルの市中協議案を、過度に悲観・失望しなければならないようには見えない。


昨日の亀井のデリバティブ規制法案発言も
手掛け難い・上値抑え要因とはなっても・・・

「規制する【法案を】通常国会に【提出】することが【ありえる】」なのだ。

廃止なんぞ論外。アリエナイ。規制もありえるだけ。なんだって、いつだってありえるw
ディールのネタとしては面白いが、これを材料に腰を入れて売れるかとなれば、疑問。

これら三点は、さほど気にならない。

11月27日を短期底、昨日・一昨日と1000-10100レベルを上抜けたことで
戻り目途が10300-10400レベルであることに変化はない。

慌てず騒がず見ていきたい。

 
しかし、少々気持ち悪いのが、ユーロ。

ギリシャ、スペイン、ポルトガル、イタリアは今さらだが... 欧州主要銀行が、ややブキミ。

そして、今さらネタだが・・・
不発弾として眠っている、年末にかけての米地銀。

年明け後の商業不動産。眠ったまま、起きないのかもしれんが、潜在的悪材料ではある。

資金が逃げそうな、逃げているように見えないでもない
中国株式市場、中国不動産市場。

先日、中国の第一財経日報が「当局は、不動産価格の上昇を抑制するため
不動産税を導入する技術的な準備が整っている」と報じていた。

2009年の中国の銀行の新規融資は、前年比30%増の9兆6千億元を上回る見通しも
融資がインフラ関連や不動産など、一部セクターに集中すれば、長期的に厄介な
不良債権問題を招く危険があると当局は警告しているので、来年の新規融資は
7兆元~8兆元に抑制させる方針といった観測も、市場では流れている。

この三点は、ちょっと気になる。。。
 

後場寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2040万株、買いが1220万株、差し引きで820万株の売り越し。

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約214億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点で、東証1部の売買代金は概算で6395億円、売買高は同10億627万株。

値下がり銘柄数は全体の63%にあたる1075。値上がり銘柄数は438、変わらずが169。

 
*** 追記 ***
13:26

東1は売買高は前引け時点では今月最小。売買代金は14日以来4営業日ぶりの低水準。
後場もパッとせず。
前場、後場と、多少値は動いたが、薄商い、参加者限定的故か。

13:54
今週は16日以外、後場がずっと眠かった。そして、今も眠い。
相場つきにより眠かったのか、今週は呑みが多かったため眠かったのか
油断のため眠かったのか、不明。来週は、気を引き締めねば><

14:01
日経225先物mini、¥10115にて10055ロング決済・利確。(¥60抜き)

14:34
薄商いで、仕掛けるも不発、結局は同一主体でいってこい。
そんな感じに見えないでもない一日。そうなのかどうかは不明だが○| ̄|_

まぁ、今日はこの10100-10150で引ければ上出来。

14:53
売りでもなく、買いでもなく、下優勢でもなく、上優勢でもない、そんな10100-10160。

あまり材料視されていないようだが、日銀金融政策決定会合待ちには
現在の日経平均も、円相場も丁度いい位置なのかもしれない。

15:13
先物、決済ベース勝ち、含みベース前日比超微勝ち。(10115ショート持ち越し)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02472.JPG

多少値が動いたが、上げ渋りと下げ渋りで、結局はいってこい。
買い方も売り方も、ふぅぅ って感じの一週間。

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト





12月17日の米国株式市場

ダウ平均: 10308.26 ▼132.86
ナスダック: 2180.05 ▼26.86
為替 NY時間17時: 89.96-89.98

朝方発表された週間の新規失業保険申請件数は前週比7,000件増の48万件。
市場予想平均(46万5000件)より多く、雇用改善期待感がやや薄れた。

フィラデルフィア連銀発表の12月同地区製造業景況指数は20.4。(事前予想平均は16.0)
前月の16.7から上昇し、2005年4月以来、4年半ぶりの高水準、5カ月連続の業況拡大。
項目別では雇用指数が6.3と、2007年10月以来の高水準に上昇した。

米調査機関コンファレンスボードが発表した11月の米景気先行指数は104.9。
前月比で0.9%上昇。これも市場予測平均(0.7%上昇)を上回った。

比較的良好な経済指標だったが、ダウ平均は大幅に3日続落。

ドルの対ユーロでなどでの上昇を背景に、金先物相場の下落を受けて素材株が
売られたほか、個別の悪材料が出た金融株も全般に軟調となり相場を押し下げた。

前日夕にシティグループが発表した公的資金返済のための新株発行価格が
市場実勢を大きく下回った。著名アナリストがゴールドマン・サックスや
モルガン・スタンレーの2011年までの1株利益見通しを引き下げたと伝わった。
需給懸念や業績不安からシティやGS、MSが下げ、金融株全般に売りが広がった。

フェデックスが決算と併せて発表した12~2月期の利益見通しが市場予想を下回り
米景気が期待ほど改善しない可能性が意識されたことも相場の重荷となったようだ。

業種別S&P500種株価指数は全10種が下落。「素材」や「金融」の下げが目立った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約17億1000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約18億5000万株。

個別では、ダウ平均構成銘柄はゼネラル・エレクトリックと通信サービス大手の
ベライゾン・コミュニケーションズを除く28銘柄が下げた。シティは7%下落。
GSとMSはそれぞれ2%、4%下げた。前日夕に新たなCEOとして社内から
ブライアン・モイニハン氏を選んだと発表したバンカメは2.8%下げ、ダウ平均
構成銘柄で下落率首位。四半期決算で貸倒償却率の上昇が続いたクレジットカード大手
ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズが9%の急落。フェデックスは6%下落。
前日夕に発表した決算で売上高が予想を下回った住宅建設大手ホブナニアン・
エンタープライゼズが6%の大幅安。一方、予想を上回る四半期決算と併せて
利益見通し引き上げを発表した食品大手ゼネラル・ミルズは1%上昇。

 

日本株式市場

ダウ平均が132ドル安のワリに、CME清算値は10115円と高く帰ってきた印象。

米経済指標には特にネガティブなものは見受けられず
ダウ平均のチャートを見ても・・・
10100-10200を明確に割り込まなければ特に問題もなく。

日本株を買わないとしても、これ以上アンダーウエイトにすることも難しく
日経平均のチャートを見ても・・・
「今」「ここで」売らなければならないシグナルは見当たらない。

来週末から1月中旬にかけて雲の上限・下限ともに下落していくのは気掛かりだが
これに沿うとしても、高値もち合いから、緩やかに調整していくパターン。

ダウも日経平均も、「現在は」健全な調整の範囲内で
「現時点では」急落も暴落も想定し難い処。

ただ、ユーロが何とも不気味ですな(=_=)

ダウ10100-10200、日経平均10000-10100レベルを
明確に割ってくるようなら、警戒感を強めたい。

09:36
日経225先物mini、¥10055にてロング。

寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが5590万株、買いが3140万株、差し引き2450万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2100万株、買い1700万株、差し引き400万株の売り越し。
売り越しは6営業日ぶり。金額ベースも売り越し。
 

*** 追記 ***
09:51

猛烈に切り上がり、水平飛行に入った日足・転換線レベル(10040)で下げ渋り中。
本日、この上で引けるかどうかでチャートの絵面もセンチメントも変わってきそう。

10:27
買われるでもなく、売り込まれるでもなく、已むを得ない商いばかり。
本日も眠い展開、こんなもんかという結果になりそうなような。。。

10:41
こりゃ、クリスマスまで、閑散・グダグダっぽい(._.)

11:02
指数、個別とも、止まるかなと思われるところで、一応止まって前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02471.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2