ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


上海総合指数は昨年8月4日の高値3471pを超えられず
戻りも11月23日の3338pまでとなり
その後も12月4日の3317pまでと、上値を切り下げる展開。

年が明けても、1月11日の3306pから反落し、切り下げ継続中。

3306-3317pを上抜けるなら、多少雰囲気は変わりそうだが・・・
12月安値の3040pレベルを割り込むと、短中期で上値・下値切り下げ型に。
10月安値2850pレベルまで下げても、オカシクはない形状になる。

香港ハンセンも11月13日の22943pで頭打ちとなっており
三尊臭漂う、ちょっとイヤーンな雰囲気。

1月高値の22671pを上抜ければ、かなり雰囲気も変わりそうだが
12月21日の20948pを割り込むようなら
20400~19630pまで下げてもオカシクナイ形状ではある。

景気良好、当局の引き締め懸念でチャート、パフォーマンスが
芳しくない処で、1月12日、中国人民銀は預金準備率を引き上げた。

一方、日本は、世界一火達磨といっていい財政
出口の見えないデフレ、ゼロ金利解除の目途が立たないジャブジャブ
ということもあり、投機筋が中国→日本へシフトしやすい環境でもある。

欧米の機関投資家が年代わりで、アジア株内での
ポートフォリオ・バランスを見直し・修正してきたことが
現在の問答無用の日本株買いに繋がっているのかもしれない。

テクニカルで円を見てみると・・・

昨年11月27日安値1ドル・84.83円は、2009年1月を基点とする
9ヵ月サイクルのドル安・円高だったと見てとれる。
(2005年1月を基点とする5年サイクルのドル安・円高にも当てはまる。)

ということは、11月27日でドル円は底を打ったようにも見える。
その直後の12月1日に、日銀が追加金融緩和に踏み切ったことで底打ちの確度もUP。

08年4月高値1ドル・101.45円を基点とするトライアングルから、ドルは上放れており
今後はトライアングルの始点1ドル・101.45円までドル高・円安が進むようにも見える。

為替次第の日経平均が円安に進みそう
進むかは不明も、無碍な円高にはなりそうもない
であるから買い易い、という一面もあるのかもしれない。

(1ドル・93~95円レベルは長期移動平均があり、かなり重そうだが...)


日経平均は11月27日に底打ち。そして、本日
08年10月に生じたギャップ(10839-10938)を埋めた。
因みに、このレベルにはN計算値(10948)も。

この上の節目らしい節目はというと・・・

11100円: 2006年6月の14218円→2007年7月の18261円までの上げ幅を
       昨年3月安値の7054円から同値幅上げた水準。

11253円: E計算値。

11330円: 2007年2月高値18300円→2009年3月安値7021円の下落幅の38.2%戻し。

11400円: 2002年5月の11979円→2003年4月の7607円までの下げ幅を
       昨年3月安値の7054円から逆に同値幅上げた水準。

12660円: 2007年2月高値18300円→2009年3月安値7021円の下落幅の半値戻し。

だが、何度も書いているが、11000-12000のレベルは
リーマンショック後の急落(終値ベース)で僅か9営業日の真空地帯。

節目が節目として機能しない可能性も低くはない(^^ゞ

 
12:53
日経225先物mini、¥10935にてショート。弱め。

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約253億円が成立。市場では、投資家の売り買いは均衡との声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算1兆653億円、売買高は同18億2430万株。

東証1部の値上がり銘柄数は553、値下がりは947銘柄。

 
*** 追記 ***
13:16

売買代金早くも1.2兆円OVER、でも値下がり銘柄数948、しかし指数は強い。
相変わらずってことは、変化なしってことか(-_-)

13:53
ウェアハウス、¥399にて優待狙い買い。4年以内に潰れなきゃそれでいいw

14:20
あまり意識されていないような気もするが・・・
1月18日のNY為替・株式市場は休場。

14:30
NT倍率が75日線を窺おうかというところで、Fリテ反発。デキスギ君だ。

14:55
銀行様♪様♪の一日。

そういえば、野村証券のリポートで・・・
総じて銀行株には「年度前半高・年度後半安」の傾向があると書いてあった。

決算修正等により、ある程度決算着地が見えている本決算発表前後には、比較的
新たなネガティブ材料が起こりづらく前半高となり、後半安は株式・金利市況やマクロ
環境の変化の結果として、期初会社計画からの下方乖離が生じ易かったためと。

言われてみれば、確かにそんな傾向があるような気がする。

15:09
日経225先物mini、¥10965にて10935ショート決済・LC。(¥30ヤラレ)

15:13
先物、決済ベース微負け、含みベース前日比負け。(10115、10295、10780ショート持越)
現物、決済ベース雀の涙勝ち、含みベース前日比微勝ち。
トータル、負け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02555.JPG
(ソニー、信用空売り)

露骨な買わざるを得ないガイ人を感じた一週間。

皆様、お疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

すべらない約定力!FX10年の経験と実績 サービス満足度NO.1
日本初の外国為替証拠金取引である【ひまわりFX】もスタートから10年
期間限定で実施している各種キャンペーンもお見逃しなく!

スポンサーサイト





1月14日の米国株式市場

ダウ平均: 10710.55 △29.78
ナスダック: 2316.74 △8.84
為替 NY時間17時」 91.21-91.23

大引け後に半導体大手インテルの昨年10~12月期決算の発表を控え
企業の業績回復期待を背景とした買いが優勢となった。

ドイツのソフト大手SAPが09年12月期通期のソフトウエアやソフト関連サービスの
特別項目を除く売上高の前年比の減少幅が従来予想より小さかったようだと発表。
アナリストが目標株価を引き上げた同業大手オラクルが買われたこともあり
ハイテク株を中心に企業の業績期待から買い優勢となった。

好調と見られていた年末商戦だが、昨年12月の米小売売上高は市場予想に反して
前月比で減少。ウォルマート・ストアーズなど小売り株は全般に売り優勢となったが
同年11月分が上方修正されており、景気懸念はさほど強まらず売りは広がらなかった。

また、先週の新規失業保険申請件数は44万4000件と前週比で1万1000人増加し
市場予想平均(43万7000件)よりも悪い数字だった。

業種別S&P500種株価指数では「ヘルスケア」や「IT(情報技術)」など5業種が上昇。
一方、「通信サービス」や「素材」などが下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約8億9000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約21億9000万株。

個別では、製薬大手メルクが2.7%上昇し、連日でダウ平均構成銘柄で上昇率首位。
インテルは2.5%、マイクロソフトは2%上昇した。自社株買いの再開を発表した
ディスカウントストア大手ターゲットが1%高。アナリストが目標株価を引き上げた
企業向けソフト大手オラクルは2%上昇。
一方、アナリストが投資判断を引き下げた高級住宅建設大手トール・ブラザーズが
2%下落。SAPのADRは朝高後、利益確定売りに押され小安く終えた。
ウォルマートは1%超の下落。

尚、引け後に発表されたインテルの決算は、10‐12月期の売上高は前年同期比28%増
7-9月期に比べても13%増となり、10月時点の会社予想や市場予想を上回った。純利益は
前年同期比9倍超で、1株利益は0.40ドルと市場予想(0.30ドル)を上回り、利益率も改善。

 

日本株式市場

一昨日の下げ、昨日の上げで、目先テクニカルは改善。
MACD(12-26)は上昇転換、パラボリックは買い継続。
転換線のサポートも確認され、また、まだ買える状況に戻った。

そして本日、日経平均は08年10月の週足の窓上限
10938.14円を埋め、11000円を窺う展開に。
因みにN計算値も10948円。(次ぎはE計算値11253円。)

切り上がる+1σ、+2σのレンジ内での推移が続いており
綺麗な上昇トレンドを描いている。+2σに触らず
絶妙な上昇を続けているのも、達成感に繋がり難い処か。

今週の商いを見てみても、外国人が好みそうな銘柄ばかりが
出来高を伴って大幅上昇しており、如何にもガイ人買いといった感じ。

価格を気にしない買い方からして・・・
年が明けて、アジア株の資産管理・配分の見直しにより
日本株のウエイトを上げてきたようにも見える。

通常であれば、この動きは1月第3週・第4種には終わるのだが...
企業業績期待が高い現状で、更に買いが続くのか、確認してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1650万株、買い2300万株、差し引き650万株の買い越し。
買い越しは14営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:52

アルバック、2360にてロットの1/2超薄利利益確定売り。

10:04
メガバンクが強烈に上げているが、それでも12月高値に顔合わせしただけ。
まだまだここからといった感じ?

10:09
伊東ハム、¥332にて打診買い。

10:31
11000は後場までお預け?熱いわりに、冷静な市場(^^ゞ

11:02
東京には悪材料なんぞ存在しないのかと思ったら、為替にだけは反応するのか。
良くも悪くも円高が進行するような環境ではないんだが。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02554.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2