ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!


株式主要指標(日経平均)02968.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

東証1部の予想PERは17倍割れ、PBRは1倍に近づきつつある。
騰落レシオは70%割れ、25日線乖離率はマイナス10%超。

株価崩落時、チャートぶち壊れの状態では
買い方から「割安」と「テクニカルの売られ過ぎ」が語られる。

だが、目先的にはそれは機能せず、売り方があざ笑う。

しかし、短中期的にそれは機能し、調子に乗った売り方は踏まされる。

哀しいけど、よくある話。

結局のところは、スタンス次第の話。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02969.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

不安定な相場を金先物から探る!【ドットコモディティ】
商品先物会社No.1のサービス!圧倒的な情報量 年間2500本以上のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

スポンサーサイト



日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


前場にもちょこっと書いたが・・・

本日の大引けでMSCIの定期見直しに伴う
パッシブ連動資金によるリバランスが行われるそうだ。

今回は個別よりも、日本株全体に与えるインパクトが注目されている。
イスラエルがエマージング指数→先進国指数に昇格したことなどから
その分「その他先進国のウエートが低下」するためだ。

つまり、日本株全体には「売りインパクト」ということ(=_=)
一説では、約800~1200億円の純資金流出になると試算されている。

また、週末28日の大引けで、第一生命の東証1部上場に伴う
リバランス需給も発生すると言われている。

「第一生命買い・TOPIX先物 or その他TOPIX構成銘柄売り」の
オペレーションが行われるとの観測も。(これはよくあるリバランスだが...)
こちらの金額は、約700億円と試算されている。

つまり、両方を合算すると、週末までに1500~1900億円の売り需要(=_=)

重くて当然。

(注: 昨日、先回り的な売りもあったようで、当日どの程度のインパクトとなるのか不明。 )

 
これに加えて・・・

追証売りも昨日辺りが初弾(初日)っぽく、週末にかけてもありそう。

これまでの日経225先物の下げ幅から推測すると・・・
買い方の個人投資家が大きなダメージを負ったと思われるのが
前日比310円安の5月21日、前日比320円安の5月25日。

5月21日追証発生分の強制決済売りは、昨日と本日。
5月25日追証発生分の強制決済売りは、明日と明後日。

追証発生した個人がまた直ぐに買うとも思えず
売りだけが目立つ格好となる可能性も。。。

昨日も本日も、妙に買いが見えないのは、これも一因かもしれない。
明日も明後日も、個人の買いにはあまり期待できそうにない。

尚更、重くて当然。


まぁ、地合いが良ければ、相場が強ければ
こんな需給要因も関係ないのだろうが、なにしろ弱い。

一応、頭の片隅に置きつつ見て、臨みたい。
(特殊要因としてある程度、差っ引いて、補正して相場を見た方がいいかもしれない。 )
 

*** 追記 ***
13:03

ユーロドルも、ようやく下げ止まりの兆し?
どえりゃぁ積もったショートポジからして、反発気運が高まれば、かなり面白そうだが...

昼休み時間帯の東証立会外バスケット取引:
約336億円の取引が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点で、東証1部の売買代金は概算で8928億円、売買高は同13億1989株。

値下がり銘柄数は510、値下がり銘柄数は1052、横ばいは112。

13:23
日経225先物mini、¥9595にて9505ロング決済・利確。(¥90抜き)
重いであろう処。こんなもんかと。
抜けたら抜けたで、それでええ。現物も伸びるだろうし。

13:51
案の定の重さで、上抜けず。なんか今日はもういいや気分。
市場もそんなもんか。
13時49分台なんて225先物Large 1分間で1約定、1枚。そして誰もいなくなった状態。

14:25
贅沢は言わん。TOPIXがプラス圏で引けてくれれば上出来。そんな一日。

14:52
孕みか。昨日の大陰線をどちらに抜けるか・・・抜けてから考えようw

15:13
先物、決済ベース勝ち。(現在ノーポジ)
現物、含みベース前日比ほぼ変わらず。
トータル、勝ち。

重いが、需給的特殊要因もあり仕方ない、そんな一日。
現在の為替(円)水準を考えれば、これまでの崩れ様を思い返せば、むしろ上出来か。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02967.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在20位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



5月25日の米国株式市場

ダウ平均: 10043.75 ▼22.82
ナスダック: 2210.95 ▼2.60
為替 NY時間17時: 90.23 -90.25
CME日経平均先物 円建て: 9545

欧州金融システムに対する不安や朝鮮半島情勢の緊張を受け
アジアや欧州の株式相場が大幅に下落。

投資家が運用リスクを回避する目的で売りを膨らませ
ダウ平均は一時292ドル安まで下げ幅を拡大。
取引時間中としては2009年11月4日以来の安値圏まで下げた。

しかし、取引終了にかけ、売り込まれていた金融株や素材株が買い戻され
急速に下げ幅を縮小した。ダウ、ナスは小幅安で引けたが、ダウは1万ドルを維持。
機関投資家が運用指標として重視するS&P500指数は小幅高に転じて終えた。

米調査会社コンファレンス・ボードが発表した5月の米消費者信頼感指数が
3カ月連続で改善。市場予想を上回った。米経済は依然として回復基調にある
との見方が出て、安値圏で買いが入るきっかけの1つになったとの声も。

上院金融サービス委員会のバーニー・フランク議員が、新金融規制法案に関し
リスクの高いトレーディング事業の制限は必要との考えを示す一方、デリバティブ
事業の完全分離には否定的な見解を示したことも、引けにかけての株価上昇要因に。

業種別S&P500種株価指数は10業種中6業種が下落。
「消費安定」や「公益」、「ヘルスケア」が下落率上位に入った。
一方で「素材」は1.6%上昇、「消費循環」や「金融」も上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約18億8000万株(速報値)
ナスダック市場は約28億1000万株(同)。

個別では、医療機器大手メドトロニックが反落。朝方に発表した2010年2-4月期決算や
売上高見通しは市場予想を上回ったが、相場全体が売られた流れに押された。
ダウ平均採用銘柄では食品大手クラフト・フーズが2%近く下げ、下落率首位。
コカ・コーラやディスカウントストア大手のウォルマート・ストアーズも売られた。
一方、自動車用品店チェーンのオートゾーンが5%超上昇。朝方発表した10年2-4月期
決算が市場予想を上回ったことが好感された。ダウ採用銘柄ではホーム・デポが
2%超上昇。アルコアやインテルといった景気敏感株も買い戻され、高く終えた。

 

日本株式市場

昨日、ギャップダウンで9600-9800円レベルを
豪快に割り、9459円で引けた。

オーソドックスに次の下値を見るなら・・・

2009年3月安値~本年4月5日高値の半値押しの9214円
昨年11月安値の9076円などが市場で意識され易いと考えるのが無難。

日経225先物は、イブニングで9270円まで下落。
如何にも弱いという感じだったが・・・
Largeは28925枚と、イブでは異例の枚数。
プチ・セリクラ状態に見えないでもない商いを見せた。

ふと日柄を見ると、昨日は4月5日高値から33日目で変化候補日。

そして本日、ギャップアップで9600円レベルまで戻した。

本日は上昇したとはいえ、昨日の大陰線の中での動きであり
底入れしたと見るには、あまりにも根拠が希薄だが・・・
この1カ月半に亘る軟調な展開の中では、1番その「可能性」を感じる形に見える。

先ずは、9600レベルがどの程度抵抗を見せるか、確認してみたい。


09:11
大同特殊鋼、¥365にて打診買い。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り4050万株、買い3060万株、差し引き990万株の売り越し。
売り越しは3営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:42

指数はこんなもんかという感じだが、個別がことごとく寄り天症状。
特に個人が好みそうな銘柄が...  アレカ!?

09:54
本日の大引けでMSCIの定期見直しに伴うパッシブ連動資金によるリバランスが
行われるが、昨日先回り的な売りもあり、さほどネガティブとはならないか?

10:08
ドイツ政府が空売りの禁止措置を「金融10社」からドイツ国内で取引される
全株式に拡大することを検討していると報じられていることを嫌気?

依然センシティブですな。まぁ、これまでの下げっぷりからして当然か。

10:16
TOPIXマイ転、規模別全てマイ転。弱ぇぇぇ。。。

10:21
日経225先物、¥9505にてロング。弱め。
かなり久しぶりのロング。リハビリとしてw

11:02
今週一杯、需給の悪さは確定か。そんな前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)02966.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2