ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


欧州ストレステストの市場予想は、資本不足行10~20行、資本不足額300~900億ユーロ。
テスト結果は、資本不足行7 行、資本不足額35億ユーロ。

市場予想が厳し過ぎたというよりは・・・
テストが劇甘(デタラメ!?)だったと見るのが妥当だろう。

甘過ぎの点を上げればキリがないが・・・
(シナリオ、デフォルト未想定、等々)

ヘアカットは、金融機関の短期売買目的のトレーディング勘定に
限定され、満期まで保有されるバンキング勘定は対象外。なんじゃそりゃ(-.-)

ストレステストの国債価格の基準時点が、2009年末ってのも大甘(デタラメ)。
ギリシャショック前を基準にしており、ストレステストが想定した国債価格下落幅は
現在の国債価格と変わらない。ということは、既に現在が最悪との想定(=_=)

まぁ、ストレステストとはテストではなく、安心宣言であり
こんなことをガタガタ言ってもなんにもならんけど...

短期的には、安心宣言は出た。手掛けないための理由は一つなくなった。
中長期的には、欧州ソブリンリスクは何一つ解消されていない。

この程度の認識でいいか。

このストレステスト、オカシイだろ!と常識を語ると
昨年5月8日の米ストレステスト以降の様に
踏まされる可能性もあるので注意したい。

一方、二匹目の泥鰌を狙って、妙に楽観視するのも避けたい。

昨日の米株市場では、個別企業の決算が評価された面も大きい。
S&P500指数は、キッチリ1101pの節目で止まった。
ユーロドルも、節目となる1.3ドルの回復には至らなかった。

市場の反応を見ると・・・
ストレステストが通過したことは好感されたが
結果を好感したとは言い難い。

本日の日経平均も、25日線(9540処)で止まっている。
その、25日線も下向きであり、上昇へと転換するのはしばらく後。

4月27日・6月21日・7月14日を結ぶ上値抵抗線も
9600レベルにあり、これも上抜けていない。

28日からは基準線(現在9665)が下落に転じる。ハズ

グダグダの夏相場に楽観は似合わない。
酷暑の夏らしく、グダグダと無理せず相場と向き合っていきたい。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約256億円が成立。
市場では、売り買い注文はほぼ均衡、全体の地合いに与えた影響は限定的との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4870億円、売買高は6億9093万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1261、値下がり銘柄数は265、変わらずは124。

 
*** 追記 ***
13:18

日経225先物mini、¥9495にてロング。弱め。

13:39
そういえば、昨年5月の米版ストレステストの時も、日経平均9500レベルでしたな。
奇しくもなのか、必然なのか。歴史と価格と投資家心理、見事に繰り返しとる。

13:56
売る欧州勢、休むヤンキー、下だけ拾う国内勢。
そんな風に見えないでもない。

14:27
ストレステストは通過したことしか材料とならず。そもそも、市場のテーマは
既に欧州ソブリンリスクではなく、米景気失速ってことなんでしょうな。

今度は、再び米企業決算を見て、株価の適正水準見極めか。。。
いつまで見極めれば、待てばいいのやら^^;

14:41
本日、米6月新築住宅販売件数。明日、ケースシラー。
住宅関連なんて、悪い数字に決まってる、見極めたいということで、またも手控えか。。。
キリがありませんな。

15:13
先物、含みベース前日比勝ち。(9695、9605、9405、9495ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

ビールでも飲みながら、イブニング見るか。そんな一日w
もし、イブで手掛けたら更新します。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03172.JPG
 

*** 追記 ***
20:38

夏バテ、夏枯れ、夏ボケ相場。

フィスコの速報で20時07分に、こんなの出てた↓
株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03175.JPG
イブ、20時引けじゃないんですけど(^_^;)

23:31
過剰反応と不感症を併せ持つイブニング。所詮1万枚、って引けザマ。
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



7月23日の米国株式市場

ダウ平均: 10424.62 △102.32
ナスダック: 2269.47 △23.58
為替 NY時間17時: 87.44 -87.46
CME日経平均先物 円建て: 9505

ダウ平均は、前日に200ドル以上の大幅高となっていたことと、欧州銀行の
ストレステストの結果発表を控え様子見気分が強く、小幅に下落して始まった。

こうしたなかほぼ予想通りの内容のストレステストの結果が午後に発表となると
好業績や増配など、個別に買い材料が出た銘柄を買う動きが広がった。

昼過ぎに増配と自社株買いの再開を発表したゼネラル・エレクトリックが
3%あまり上昇。朝方に発表した決算で、特別項目を除く1株利益が市場予想を
上回った通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが4%近く上げた。
ダウ構成銘柄で好材料が続き、ダウ平均の上げ幅は120ドルに迫る場面があった。

欧州銀行監督委員会(CEBS)が発表した欧州銀91行のストレステストでは
景気や市場環境が予想外に悪化した場合、自己資本が不足する銀行が91行全体で
5,659億ユーロの損失が発生し、その場合、自己資本が不足する銀行は7行。
資本不足は35億ユーロとの結果が発表された。

市場では「予想の範囲内」との指摘が多かったが
一部では、資本不足は300億ユーロを超えると見られていただけに、甘過ぎるとの声も。

結局、ダウ平均は、6月21日以来1カ月ぶりの高値で終えた。
S&P500指数は8.99p高の1102.66。1カ月ぶりに1100台に乗せた。

S&P500業種別指数は全10業種が上昇。
一般産業と素材が2%前後上昇。通信サービスや消費循環の上昇が目立った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億5000万株(速報値)
ナスダック市場は約23億7000万株(同)。

個別では、仏製薬大手サノフィ・アベンティスが買収を検討していると米紙が伝えた
米製薬大手ジェンザイムが15%以上の大幅高。朝方発表の4-6月期決算で1株利益が
市場予想を上回ったフォードは5%あまり上昇。ストレステストの結果発表を受け
ドイツ銀行やスペインのサンタンデール銀行、英ロイヤル・バンク・オブ・
スコットランドなど欧州銀のADRは総じて上昇して終えた。
ダウ平均構成銘柄では、前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回った
アメックスが買われた。アルコアやボーイング、キャタピラーも高い。
一方、朝方に発表した四半期決算が予想を上回ったものの、6月の既存店売上高が
伸び悩んだとの見方からマクドナルドが2%以上下げ、ダウ構成銘柄で下落率首位。
前日夕の決算で1株利益が市場予想に届かなかったアマゾン・ドット・コムは1%安。
マイクロソフトは前日夕に発表した四半期決算で1株利益が予想を上回ったが小幅安。

 

日本株式市場

欧州ストレステストを無事通過。

大甘だろうが、デタラメだろうが、イベントが通過したことは確か。
不透明感はやや後退した。

ただ、大甘(下手すりゃデタラメ)ということもあり
イベント通過による買い戻しに留まっている感も。

先週末のS&P500指数は、きっちり1101pの節目で止まり
本日のTOPIXも25日線(853p)レベルで早くも重くなっている。

ストレステストを受けて、主要米株指数は、1ヶ月前の水準まで回復。
ダウ平均は、6月21日以来1カ月ぶりの高値で終えたが
日経平均の6月21日の水準は10250レベル。
東京株式市場を見ると、全く回復できていない。
参加者不在のド閑散相場であったために、買い戻し圧力も弱い様だ(-_-メ)

日経平均は9800円レベルまで戻しても陽転できないということで
ハードルが高い、買う気がしない、暑い、ダルイとの声も(^_^;)

参加者が増え、出来高を伴わないことには、戻り売りを消化できそうもなく
秋風が吹くまで、このグダグダの展開は続きそう...な気がする。

夏は夏らしく、相場で頑張らず、遊びと休みで頑張りたい。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2400万株、買い1480万株、差し引き920万株の売り越し。
売り越しは3営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:37

昨年5月の米版ストレステストの再現となるなら、ストレステスト発表後、株価は一旦上昇。
その後、下落。乱高下して、結局は上となるのだが。。。
二匹目の泥鰌はいるのか? いたとしても、あまり美味しくなさそうな気はするけどw

11:02
あまり材料視されていないようだが、上海は本日上昇なら、5日続伸。
ストレステストの陰に隠れて、地味に上げ
6月中旬の2300処での底打ちを確定させようかというレベルまで来ている。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03171.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


先週は、週半ばに実施されたドイツ30年国債の入札が
40億ユーロの募集に対し、37.64億ユーロと応札額に達しなかった。

ポルトガル1年国債の入札も平均落札利回りが2.452%(前回1.046%)
応札倍率1.3倍(前回2.8倍)と不調だった 。

今週は、米国債入札が、27日に2年債(380億ドル)
28日に5年債(370億ドル)、29日に7年債(290億ドル)
総額1040億ドルが予定されている。
今回も波乱なく消化されるか動向が注目される。

入札の結果を反映して、米長期金利が上昇すれば
ドル・円は仕組み債絡みなどのドル買いが強まり
金利が低下すればドル売りが強まる傾向が続く。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ

 
26(月)

【国内】
「日経平均・配当指数」など3つの配当指数先物が東証に上場
全国財務局長会議
米倉経団連会長会見
6月貿易収支(8:50/7200億円)
《決算発表》
JSR、花王、高純度化、日電硝、メルコHD、SMK、ツインバード工、日車輌
小糸製、マクニカ、信越ポリマー、蝶理、松井証券、タカラレーベン、ニッセンHD

【海外】
キューバ革命記念日式典
米6月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

米6月新築住宅販売件数(23:00/前月比6.7%)
予想は32.0万戸程度。7月NAHB(全米住宅建設業協会)指数は14←6月16と低下。
直近の住宅ローン貸付協会(MBA)の住宅ローン購入指数は5週ぶりに上昇に転じたが
前週までに13年ぶりの低水準となっている。中古住宅販売も前月から落ち込んだことで
下振れリスクに留意。

米7月ダラス連銀製造業活動(23:30)
《決算発表》
レッグ・メイソン、フルアー、ロリラード


27(火)

【国内】
7月末権利付最終売買日
2年国債入札
6月企業向けサービス価格指数(8:50)
6月自動車各社の生産・販売実績
《株式分割》(権利付最終売買日)
エプコ、アルコニックス
《株主総会》
伊藤園、東和フード、フリービット、サンオータス
《決算発表》
三井ホーム、オービック、ヤフー、東海ゴム、有沢製、JFEHD、日立金、森精機
日立建機、芝浦メカ、日立ハイテク、大和証券G本社、ダイビル、JR東日本
四国電力、キヤノン、コクヨ

【海外】
インド準備銀行金融政策決定会合
香港6月貿易統計
米2年国債入札
米5月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(22:00/前年比3.73%)
米7月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米7月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00/52)
米ABC消費者信頼感指数(28日6:00)
《決算発表》
L3コミュニケーションズ、エース、フィサーブ、オフィス・デポ、アフラック
ロッキード・マーチン


28(水)

【国内】
JAL稲森会長会見
7月中小企業景況判断(14:00)
《イベント》
第21回マイクロマシン/MEMS展(東京ビッグサイト~30日)
エネルギーソリューション&蓄熱フェア'10(東京ビッグサイト~30日)
《株主総会》
東建コーポ、ロックフィール、日東網、MICS化学、マツモト
《決算発表》
トーメンデバ、NRI、新日鉄、大同特殊鋼、東邦チタ、日立電線、コマツ
オムロン、NEC、アンリツ、三洋電、フォスター電、アドバンテ、カシオ
パナソニック電工、日野自、ダイハツ、トーメンエレク、プロミス、京王、JR西日本

【海外】
豪4-6月消費者物価指数
米5年国債入札
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米6月耐久財受注(21:30/0.7%)
《決算発表》
プラクセアー、ニューモント・マイニング、ウェルポイント、ボーイング、ビザ
FMC、フローサーブ、アシュラント、ゼネラル・ダイナミックス


29(木)

【国内】
6月商業販売統計(8:50)
《株主総会》
COOK、アゼアス、ザッパラス、ヤーマン、グリーンクロス、日本テレホン
トーシン、アインファーマシ
《決算発表》
日清製粉G、日清食品HD、JT、積水化学、フジHD、資生堂、日本ガイシ
住金、神戸鋼、東芝、エルピーダ、パナソニック、シャープ、ソニー、TDK
京セラ、村田製、日産自、三菱自、任天堂、H2Oリテ、新生銀、三井不
日本郵船、商船三井、川崎汽船、NTTドコモ、東京ガス、ソフトバンク

【海外】
NZ準備銀行金融政策決定会合
米新規失業保険申請件数(21:30)
米地区連銀経済報告(ベージュブック、30日3:00)
《決算発表》
ボール、グッドリッチ、CMEグループ、グッドイヤー、ムーディーズ
モトローラ、アムジェン、エクソンモービル


30(金)

【国内】
6月家計調査(8:30/消費支出-0.7%)
6月失業率(8:30/5.2%)
6月有効求人倍率(8:30/0.51)

6月全国消費者物価指数(8:30/除生鮮・前年比-1.1%)
前年を16ヵ月連続で下回る見通しだが、電気・ガス代の下落幅が縮小することから
コア指数の下落率は縮小すると見られている(5月-1.2%)。一方で、原油価格は
調整局面にあり、物価押し上げ圧力は限定的となる。

7月東京消費者物価指数(8:30/除生鮮・前年比-1.2%)

6月鉱工業生産速報(8:50/前月比0.2%、前年比+18.9%)
予想は前月比+0.2%と増勢が継続する見通しだが、政策効果の一巡で増加ペースは
やや鈍化するとみられている。また、欧州をはじめとする世界経済の減速懸念や
円高進行などのマイナス要因もあり、下振れリスクに警戒が必要となる。

6月自動車生産・輸出実績(13:00)
6月住宅着工戸数(14:00/前年比1.8%)
6月建設工事受注(14:00)
《決算発表》
ヤクルト本社、綜合警備、王子紙、日本製紙G、住友化学、三井化学、武田
エーザイ、第一三共、富士フイルム、DOWA、住友重、三菱電、セイコーエプソン
三菱重、マツダ、ホンダ、東京エレク、住友商事、三菱商事、ユニ・チャーム
三菱UFJ、みずほFG、野村HD、みずほ証券、三菱地所、東京電力、アサヒビール

【海外】
米4-6月期GDP速報値(21:30/前期比年率2.5%)
4-6月の米小売売上高(4月+0.6%、5月-1.1%、6月-0.5%)から、個人消費は低迷。
6月米貿易収支(8月11日発表)の結果は含まれていないものの、内訳の実質財収支は
4月-440億ドル、5月-460億ドルと赤字は拡大傾向にあり、ともに押し下げ要因。

米7月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/57)
6月のシカゴPMI指数の内訳では、「新規受注DI」が59.1←5月62.7、「生産DI」が
64.2←5月61.0とまちまち。「在庫」は切り崩し傾向(46.5←56.4)にある。7月NY
フィラデルフィア連銀製造業指数は共に大幅悪化となっており、下振れリスクに留意。

米7月ミシガン大学消費者信頼感指数(22:55/68)
《決算発表》
マケッソン・コーポレーション、ITT、シェブロン、メルク
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


株式主要指標(日経平均)03168.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

欧州版ストレステストを受け
S&P500指数は
節目の1101pを僅か1p上回って引けた。
計った様な、謀った様な、ビタビタの動きとなった。

昨年5月8日の米国版ストレステストでは
結果公表後にいったんは急騰。
翌営業日は増資に伴う需給悪化懸念から下落。

ただ、査定基準の甘さ(デタラメさ)を指摘されながらも
結果的にはその後の米国株市場は一段高へ向かった。

さて、今回は。。。ドウナルコトヤラ
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03170.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

すべらない約定力!FX10年の経験と実績 サービス満足度NO.1
日本初の外国為替証拠金取引である【ひまわりFX】もスタートから10年
期間限定で実施している各種キャンペーンもお見逃しなく!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


本日、株価指数は高位揉み合いとなっているが
個別では、寄り天となったものも少なからず見受けられる。

欧州ストレステストを控え、先物は短期筋の買い戻しに止まり
個別株を先高観から買うという動きにはなっていないようだ。

今回のストレステストでは・・・
ドイツの国有化された不動産金融会社、ポルトガル、スペインで
一部の銀行が不合格となる見通しが報じられている。

一部のアナリストからは、コメルツ銀行やギリシャ・ナショナル銀行の
資本不足を指摘する声もあり、買えない理由とされている。

ストレステストは「ちゃんとやるよ」ということで
作為的に「不合格」「資本不足」見通しが囁かれているとも勘繰れるが・・・
確かに、実際に通過して見ないことには、気持ち悪くて買えないのも当然かw
 

ストレステスト自体は「安心させるためのイベント」であり
悪い結果が出る筈はない。「大丈夫だぁ」宣言となるのだろう。

ただ、それに対する市場の反応が「株価材料」となりそう。

大丈夫だぁは本当か? また大甘、デタラメか!?
財政健全化の取り組み→経済成長の妨げだろ!
安心宣言は出たが、安全宣言ではない! e.t.c.

米ストレステストの時と同様、出来レースのテストでもあり
結局、株価はセンチメント次第、チャートに従順となるのだろう。

ということで、米株S&P500を見ると・・・

5月25日安値1040p~6月21高値1131pの上昇幅を
7月1日安値1010pにリプレスした1101pで
7月13日、14日、15日と全て上ヒゲを引き、上値を抑えられ
昨日の高値も1097pと、このレベルで上ヒゲを残して引けた。

株式主要指標(S&P500)03166.JPG

本日、ストレステストを受け、S&P500がこの1101pを上抜けるのかどうか!?
判断材料の一つにはなるかもしれない。

 
前引け後の東証立会外バスケット取引:
約366億円が成立。市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券会社の買い)との声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算5564億円、売買高は同9億2330万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1364、値下がりは189、横ばいは107銘柄

 
*** 追記 ***
14:07

ストレステストに関しては、どうせ大甘(デタラメ)だと大方が思っているとは思うが
それでもやはり材料にはなるんでしょうな。というか、もうなってますなw

一足早く動いたユーロドルの様な動きが、株式市場でも見られそうな気も。
安心して上へ、安全ではないと分かり下へ。そんな動きも想定されるが...ドウナルコトヤラ

14:23
観測の域を出ないが、ガセの可能性はあるが・・・
ドイツとスペインで一行程度不合格にして、ストレステスト真面目にやったよ
という信憑性を出し、安心感を演出するとかなんとか。。。

本日は米国で主要経済指標の発表がないため
ストレステストへの思惑で盛り上がっているようだ。
(商いは盛り上がっていないがw)

フォードが黒字転換したとの観測も好感されている模様。(真偽不明)

14:42
一応念のため。ストレステストの結果がどうあれ・・・
痛んだバランス・シートが急に改善するハズが無い。
ヘアカット率で粉飾して、安心宣言するだけであり、安全性が上がるわけではない。

今回のストレステストで、もし、妙な楽観が広がり過ぎるなら・・・
中期的には良い売り場となる可能性は低くない気がする。

14:55
複数のスペインの貯蓄銀行が、不合格になった様だとの観測報道が。

速報とも、ガセとも判断がつかない報道が今日は多いw

15:01
程良い警戒感を持って大引け。
結局、終わってみればVWAP(9409)レベル。しかも十字足。
観測(ガセ?)報道が多かった割には、然るべき位置に落ち着き
ストレステストを迎えることになった。

15:13
先物、含みベース前日比大勝。(9695、9605、9405ロング持越)
現物、含みベース前日比大勝。
トータル、爆勝。といっても、いってこいだが(^_^;)

腰の入った現物買い方不在、勇敢な指数先物売り方不在が確認されたかのような一日。
相変わらず人の気配がしない。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03167.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



7月22日の米国株式市場

ダウ平均: 10322.30 △201.77
ナスダック: 2245.89 △58.56
為替 NY時間17時: 86.94 -86.96
CME日経平均先物 円建て: 9345

6月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で537万戸と
前月から5.1%減少したが、市場予想の510万戸を上回った。

ことごとく予想値を下回る経済指標が続き、嫌気されていたことで
前月からマイナスとはいえ、市場予想を上回ったことはポジティブに捉えられた。

主要企業の好決算や1株利益の見通し引き上げが相次ぎ、市場心理を好転させた。

キャタピラーや化学大手スリーエム、貨物大手UPSが市場予想を上回る決算を発表し
併せて1株利益見通しの引き上げを発表した。製薬大手イーライ・リリーは1株利益
見通しを引き上げ、ノキアは決算資料で新製品に対する自信を示した。
企業業績の堅調さが続くとの期待が広がり、買いが活発になった。

経済指標からは失速する米経済が窺えるが、企業決算は好調。
米国内経済は失速したが、国外(新興国)で稼ぐ米企業の構図か。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。
「一般産業」や「金融」、「消費循環」がそれぞれ3%上昇。

ダウ構成銘柄は全30銘柄のうち、決算と併せて1株利益見通しを
実質的に引き下げた保険大手トラベラーズなどを除く27銘柄が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億7000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約21億5000万株。

個別では、キャタピラーは2%弱、スリーエムは3%上昇。UPSは5%の大幅高。
ノキアのADRは4%上昇。決算で一株利益が市場予想を上回った通信大手AT&Tは
2%上げた。決算がほぼ予想通りだった製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブも
高い。前日夕に発表した決算が予想以上だったネット競売大手イーベイや携帯電話向け
技術開発のクアルコムがしっかり。決算が小幅増益だったクレディスイスのADRは小高い。
一方、トラベラーズが1%下落。前日夕に決算と同時に発表した
利益見通しがやや慎重と受け止められたスターバックスは小幅安。

 

日本株式市場

昨日の日経平均は、終値ベースの年初来安値9191円を下回る場面もあったが
辛うじて終値では7月1日安値9191円を維持して引けた。

あの株価位置でも悲鳴が聞こえなかったのは、参加者が少ないことと
参加しているとしてもポジションをさほど積んでいないためか。

薄い・弱い相場に対して、薄く・弱くしか張っている筈はない。
この時期の景気の失速なんぞ、年初から分かっていたことで驚きもないということか。

本日は大きくギャップアップで始まったが、寄り付きから伸び悩んでいる。
転換線(9490)、25日線(9560)を試すような動きは見られず。

ストレステストを控えているということもあるのだろうが・・・
為替相場の円高傾向が上値を抑えていることもあるが・・・

昨日、日経平均以外の主要指数が軒並み「底割れ」
となったことも警戒されているのかもしれない。

昨日の下げにより、9800レベルまで上昇してもトレンドは上向きにならない。
10000円を回復したとしても、現在の下降トレンドに変化は生じない。
これだけハードルが高いと、やる気が起きない。しかも、夏休みだ。

まだまだグダグダの夏相場は続きそうだ(-_-メ)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り860万株、買い2950万株、差し引き2090万株の大幅買い越し。
規模としては昨年12月4日の3460万株以来の高水準。
本年では4月21日の2010万株を上回り最高。

買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:11

値幅的な妙味としては「売り」の方がありそうなのだが・・・

ただ、この時期に新規で売り建てる向きが多いとも思えず。
裁定買い残が積ってるわけでもなく、加速も見込めず。
個人は投げるとしても、それでは下方の滞留時間も短く終わりそう。

買うにしても売るにしても、やる気が起きん。
一番の要因は、暑い、ダルイかもしれない(=_=)

10:42
寄り付きで終わった。そんな一日。

ストレステストを材料に、イブで手掛けるために
昼寝してる向き多いのでは、と勘繰りたくなるような無人相場となっている。

11:02
指値&放置 → 不発 → 閑散、VWAP(前引け時点9392)引け。
そんな一日となりそう。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03165.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


株式主要指標(日経平均)03163.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

昨日の日経新聞朝刊に、クレディ・スイスは
日本の経済成長の勢いが世界的にみて2番目に悪いとし
日本をオーバーウエイト→ベンチマークに引き下げたとあった。

サイクル面での日本の状況は良くない。金融および財政政策は
予想ほど有効でないとのこと。一方、日本以外のアジア諸国を
20%オーバーウエイトから25%オーバーウエイトに引き上げだそうだ。

5月までオーバーウエイトにし過ぎていた処に、円高ユーロ安となり
日本株に利益が乗り過ぎ、5月以降、欧州勢が利益確定売りに走ったのは周知の事実。
欧州勢の日本株売りを、正当化するような、コジツケるような記事に見えてしまう。

であれば、ヤツラは(既に)日本株を売り、アジア株を買っているということだろう。

上海市場は昨年8月が天井。
香港市場が昨年11月が天井。
台湾市場が今年1月が天井。

確かにアジア株は、ぼちぼち買ってもよさそうな頃合いには見える。

一方、日本株は今年4月が天井。

価格的には、景気回復局面で上方修正がなされようという時に
株価指数は約25%も下げており、十分だとは思うが・・・

小回り三か月の格言通り、短期的な一巡感はあるが・・・

時間的には、相対的には、確かにまだ買うには躊躇われる。

上海、香港などは、消費財生産・不動産・金融のウエイトが高く
一方、日本は、化学・自動車・機械等の資本財生産のウェイトが高いので
天井打ちからの日柄を一緒くたに、単純に比較することはできないが・・・
(サイクル面とは、単に天井からの日柄だけでなく、これもあるとは思うが・・・)

日本株よりもアジア株というのは、ある程度納得できますなw
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03164.JPG 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


好調な滑り出しを見せた米主要企業の4-6月期決算だが
冴えない結果もチラホラと出てきており
米国経済に対する先行き不透明感は拭えず。

バーナンキまでもが「異例なほど不透明」と発言し
誰がどう見ても不透明なことが明らかとなった(^^ゞ

ただ、企業業績は今のところ好調と言っていい状況。
冴えない決算発表もチラホラに過ぎない。

米国の経済指標に明らかな失速は見られるが・・・
6月の北米地域の半導体製造装置のBBレシオは1.19倍と
5月の1.13倍(速報値の1.12倍から上方修正)から上昇。(上昇は3カ月ぶり)

総じて米国の経済指標は冴えないが、期待に届かないというだけで
水準自体は好調と言っていいものが多く、再び上向きになるものもチラホラと。

景気・経済の急落というのは、そうそうあるものではない。

一方、株価の急落などはよくある話。
暴落と言えるような下げも、年に2回程度は普通にある。

景気・経済は、減速と言えばGDPでコンマ数%、急落でも数%の下げ。

それに対して株価は、大抵の場合、数十%の下げで応える。

いくら株価に先行性があるとはいえ、ヤリスギに見える場合は多い。
(そのヤリスギが、あとから納得に見える場合もあるがw)

現在の株価水準がヤリスギの領域かどうかはワカランが・・・
景気後退局面と見るには、早計の気がする。

とはいえ、株式市場に短期的な効率性・合理性を求めても意味はない。
ガンガン下げても、「そういうもんだ」と冷静に見ていきたい。
あらゆる乖離を拡大してもらえば、それはそれで手掛けようもある。


12:34
日経225先物mini、¥9185にてロング。


前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約47億円が成立。極薄!市場では、売り買い均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で6360億円、売買高は15億8023万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1005、値上がりは477、変わらずは173。

 
*** 追記 ***
13:18

信越化学でセンチメントを、Fリテで指数インパクトを、みずほで需給を
どれだけ支えられるか!? そんな後場かもしれない。

13:24
完全に局地戦の様相ですな。

13:59
仮に、ストレステストが無事通過して、多少なりとも株式市場に安心感が出ても
為替相場では、ユーロドルが再びパリティを目指す... って可能性も低くはない。
となるとまた。。。

14:18
信越化学、Fリテ、みずほの3銘柄だけ見て、東証一部の1000近い値下がり銘柄数をみると
こんなもんかな、という後場の推移。

14:33
みずほの出来高が9億株を突破\(゜ロ\)(/ロ゜)/
7月14日の8億9217万株を上回って、個別銘柄の歴代2位を更新。

因みに、1位はJALが1月14日に記録した10億4259万株。

14:53
支えられたが、特に買われるということもなく引けそう。
年金買い観測が言われていたが、眉つば臭い。

15:13
日経225先物mini、不成(9200)にて9185ロング、決済・利確。(¥15抜き)

先物、決済ベース微勝ち、含みベース前日比負け。(9695、9605、9405ロング持越)
現物、含みベース前日比負け。
トータル、負け。

みずほだけ、そんな一日(-_-メ)
JALの記録を抜いて、個別の一日の出来高過去最高となったそうだ。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03162.JPG
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



7月21日の米国株式市場

ダウ平均: 10120.53 ▼109.43
ナスダック: 2187.33 ▼35.16
為替 NY時間17時: 87.02 -87.04
CME日経平均先物 円建て: 9200

ダウ平均は前日の取引終了後に発表となった米アップルや朝方に発表した
モルガン・スタンレーの予想を上回る好決算を受けて小幅に上昇して始まった。

その後、バーナンキの議会証言を控え、様子見気分が強まるなか
前日の終値を挟んで揉み合う展開がしばらく続いた。

バーナンキの議会証言で、「経済は下振れリスクがあり
見通しは異例なほど不透明である」との見解を示されると
追加の金融緩和に予想したほど踏み込んだ言及をしなかった
と株式市場では受け止められ、失望感から売りが出た。

バーナンキの景気見通しが慎重だった一方で
追加の金融緩和については「必要に応じて用意は整えておく」と述べるにとどめた。

株式市場では前日から、追加緩和について議長がより前向きな発言をするとの
思惑が出ており、そうした期待が後退したため、売りが広がった。

小売りなどの消費関連株や、金融株などを中心に売りが膨らみ
ダウ平均は164ドル安まで下げる場面があった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億9千万株(速報)
ナスダック市場は約21億8千万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、「消費循環」や「金融」など全10業種が下落。

個別では、前日夕発表した四半期決算を受けてアナリストが相次ぎ投資判断や
目標株価を引き下げたヤフーが大幅安。決算と併せて1株利益見通しを引き上げた
航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズも下げに転じて終えた。
前日夕発表の決算が市場予想に届かなかったHDD大手のシーゲイト・テクノロジーにも
売りが膨らんだ。決算は予想を上回ったが、好材料出尽くし感からネットワーク機器
大手ジュニパー・ネットワークスも下げた。
半面、アナリストによる目標株価引き上げが相次いだアップルが上昇。
モルガン・スタンレーも大幅高で終えた。決算で1株利益が市場予想を上回った
ウェルズ・ファーゴも高い。決算が増収増益だったコカ・コーラも買われた。

 

日本株式市場

日経平均は、なんとか7月安値を割らずに踏みとどまっているが・・・

TOPIXは寄り付き早々、あっさり年初来安値更新。底割れだ。
次の下値メドはドバイショックの昨年11月安値808.5pとなった。

規模別でも、コア30、大型、中型、小型と全て底割れ。

日経平均も時間の問題で割れると見るのが無難か。

ただ、日本株が売られ過ぎだとは思わないが
買われなさすぎの感は強い。

米国は秋に中間選挙を控え、支持率低下で苦しむオバマ大統領は
雇用拡大につながる景気対策を打ち出すと見られている。
FRBによる追加の金融緩和(量的緩和の再開)の期待もある。

ストレステストによりある程度不安は払拭されたとしても
問題が解決されるわけではなく、欧州の景気は後退局面へ向かうのかもしれないが
それでも再びユーロ売りが始まれば、ドイツ経済にはユーロ安恩恵も大きい。

悪材料の裏返しに好材料がある以上
相対的に買われなさすぎの修正程度はあってもよさそうだが...
地合いが悪く、直ぐにそうなる期待も持てず。

グダグダの夏相場はまだ続きそう(-_-メ)

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2020万株、買い3020万株、差し引き1000万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:18

昨日に続き本日も、みずほFGのMCSI組み入れに伴い
みずほ以外に400億円程度の売り要因があるとみられている。
これだけミエミエ、バレバレでも売り買い交錯せず、素直に重しになるんでしょうな。

10:38
中途半端な位置での揉み合い。
一度9000割ってもらった方が、スッキリしていいのかも。

11:02
底割れに動じる向きもなく、悲鳴も聞こえず。如何にも無人相場って感じで前引け。

後場の見所は、ランチタイムで窓を空けるのか?どのギャップの方向にまた動くのか?
13時の信越化学は?そのぐらいしかなさそうですな(-.-)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03161.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



株式主要指標(日経平均)03160.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

最近の株価材料を見ると・・・
欧州不安が沈静化した分だけ、米国の景気減速が警戒されている感じ。

そして日本では円高も警戒されており、買いの手掛かりがない状況。

 
P.S. 久しぶりに都心部で呑んで帰宅が遅くなり、更新遅れました。申し訳ない○| ̄|_
   相場は、景気後退局面のように見えるが・・・
   (夜の)実体経済を見る限り、景気はよさそうに見えた(^^ゞ
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03159.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在12位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5日線、25日線共に下降中。ボリバンもプラス、マイナスともに下向き推移。

前場、多少反発はしたものの・・・
後場、寄り付きで日中安値を更新し、下げ幅拡大。昨日の安値(9240)も下回った。

昨日の高値は9380。昨日、前週末とのギャップ(9250-9380)を埋め切って
直ぐに下げに転じたことから、戻り上値の重さも感じられる。

短期波動構成が右肩下がりであることを認識して
慎重に取り組むのが無難な処ではある。

ただ、短期調整波は7月1日で一巡したようにも見え
下方優勢ではあるが、中間反騰が生じる可能性もある。

いや!前回高値を超えられずに暴落する!と、売り方目線で見たとしても・・・

10240円処への中間反騰→二番天井を付けてから下げた方が
日足から見ても、週足から見ても、綺麗な暴落となる。(なってほしくはないが(^^ゞ)

10240円: 本年1月の10982→本年2月の9932の下げ幅を7月1日9191へリプレス。
 

現在、需給的には、裁定買い残は低水準。
外国人は7月第一週まで大きく売り越しが続き、やや売り枯れ気味&夏休み気配。

株式市場のセンチメントは、警戒感万延、楽観論皆無。
原油などの商品市況や新興株は、5月末をボトムに1ヶ月半以上上昇が続いている。
どうしても、株式市場だけに悲観が渦巻いているように見えてしまう。

ここから下げるよりも、中間反騰があってから下げた方が
波動的にも、需給的にも、センチメント的にも
暴落信者にはオイシイ相場となると思うのだが。。。

上げた時に、期待と楽観に支配されるのが相場。
下げた時に、警戒と悲観が正論として語られるのが相場。

この状況では、警戒感を語らないといけないんでしょうなぁ。。。
ここから下げても、いいとこ8600レベルまで。9000↓の滞留時間も短いと思うのだが。


本日は米国の上院でバーナンキが半期に1度の金融政策の報告を行う。
どのような発言を行うのか見守る必要があり、買えない。

日本時間24日午前1時には、欧州ストレステストの結果が公表される予定。
これを見極めるまでは、買えない。

まぁ、こんな見方が無難な処か(-_-メ)

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約417億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)が多かったとの声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5192億円、売買高は9億0764万株。

東証1部の値下がり銘柄数は861に増加、値上がり銘柄数は595、変わらずは212。

 
*** 追記 ***
13:13

それなりに値は動き眠くはないが、ダルイ(-.-)
閑散に売りなし。閑散過ぎて買いなし。やる気なし。

13:31
米株は、バーナンキの議会証言で追加緩和策への手掛かりを与える発言に期待し上昇。
日本株、バーナンキの議会証言で追加緩和策への手掛かりを与える発言がないと
米株に失望売りが出るという警戒感から下落。

警戒と悲観に関しては、非常に自律性が高い東京株式市場(;_:)
笑うしかないが、笑えないほどの警戒感。これが国民性というものか。。。

まぁ、バーナンキが追加緩和策を臭わせる発言をして米株が上昇しても
ドル安円高を招く可能性があるから仕方ないとも言えるが、それにしても。。。

14:15
ランチタイム明けから13時まで、冷や水を浴びせるような下げを見せられ
ドンヨリ気分となったので、(おかえしに?)リアルで冷水シャワー浴びてきた♪

気分は多少スッキリ。相場もある程度戻していた。
私が見ていない方がいいのかもしれない><

14:30
冷やし過ぎれば、足元が寒い。
弱めに動かせば、ジメジメしてダルくて、どうしようもない。
クーラーも相場も、ほどほどが難しい(-_-メ)

14:46
売り買いが交錯せず、売りも買いも一方通行って感じ。
合理的とも効率的とも言い難い状況。人がいないからショウガナイか。

15:13
日経225先物mini、¥9275にて9325ロング決済・ロスカット。(¥50ヤラレ)

先物、決済ベース微負け、含みベース前日比微負け。(9695、9605、9405ロング持越)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、負け。

グダグダの夏。日本の株。そんな一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03158.JPG
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!



7月20日の米国株式市場

ダウ平均: 10229.96 △75.53
ナスダック: 2222.49 △24.26
為替 NY時間17時: 87.48 -87.50
CME日経平均先物 円建て: 9380

ゴールドマン・サックスやIBMなどの決算が低調との見方から売りが先行。

ダウ平均は、前日終値から140ドルほど安い水準で取引を開始。しかし、割安感や
商品相場の上昇を受けて徐々に下げ幅を縮めると、午後2時頃にはプラス圏へ浮上。
取引終了後に発表された米アップルの決算に対する期待もあり
その後もジリジリと値を上げ、結局前日比75ドル高と続伸して取引を終えた。

6月の住宅着工件数が前月比で2カ月連続で減少し、市場予想も下回ったが
着工に先行する着工許可件数は3カ月ぶりに増加に転じたため
住宅関連株に買いが入った。需給が引き締まるとの観測から
原油先物相場が上昇し、素材株などが買われたことも指数を押し上げた。

ゴールドマン株が悪材料出尽くし感から売り一巡後に上昇に転じ
金融株に買いが広がったことも相場を支えた。

市場では、バーナンキが21-22日に予定している議会証言で、米景気下支えのための
追加的な金融緩和などに言及するとの思惑が買いを誘ったとの指摘も出ていた。

取引終了後に4-6月期決算の発表を控えたアップルが2%あまり上昇。
引け後に発表されたアップルの決算内容は良好で、市場予想を上回る結果となった。

業種別S&P500種株価指数は「ヘルスケア」を除く9業種が上昇した。
素材、エネルギーのほか、一般産業や消費循環などの上昇が目立った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億7000万株(同)。

個別では、ゴールドマンは2%あまり上昇した。朝方に発表した四半期決算で最終
損益が黒字に転じた金融大手ステート・ストリートは6%近い急伸。四半期決算が
予想を上回った米飲料大手ペプシコも買われた。米紙が新たなCEOの選定に入ったと
報じたノキアも上昇した。
ダウ構成銘柄ではホームセンター大手のホーム・デポが3%以上の上昇となり
上昇率首位。ウォルマートやアルコア、キャタピラーも2%以上上げた。
一方、前日夕に発表した四半期決算で売上高が市場予想を下回ったIBMと通信系
半導体大手テキサス・インスツルメンツがともに下落。朝方発表した四半期決算で
通期の見通しを引き下げた医薬・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソンも
下げた。ダウ構成銘柄ではファイザーやメルクといった製薬大手がそろって売られた。

 

日本株式市場

あまり話題にならなかったが、昨日でTOPIXは三空。
終値ベースで見ると、TOPIXは7月1日安値割れ寸前も、踏みとどまった。

しかし、買いは入らず。

昨日で下げ止まれば、また短期Wボトムの可能性はあるが
下抜ければ、ブレイクアウェイ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

現在の地合い、センチメントでは・・・
下げ止まるかもの期待より、下抜けるかもの警戒が勝るのも已むなしか。


日経平均を見ると・・・
昨日、本日と、5月27日・6月9日の旧Wボトムレベルで揉んでいる。
このレベルには、7月6日安値~7月14日高値の61.8%押し9365円もあり
意識されやすい水準か。

目先的には、7月7日-8日で空けた窓(9329.64円~9456.19円)も意識されそうで
本日に関しては、このレベルがコアレンジとなるのかもしれない。


尚、本日はみずほFGのリバランスが予定されており
他の銘柄やTOPIX採用銘柄への売り圧力が警戒されているそうだ。
(前日にある程度執行されている可能性はあるが...その額、約500億円(゜o゜))

また、動きの鈍い一日となりそうですな(-_-)zzz


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1400万株、買い910万株、差し引き490万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:56

日経225先物mini、¥9325にてロング。弱め。

10:22
東京株式市場って自律性がない割に
懸念に対してだけは自律的に一人前の反応するのね(=_=)
欧米の懸念と、中国の懸念、綺麗に拾って弱含んでる感じ。

10:49
バーナンキ待ち?なにをいつまで待てばいいのやら^^;

11:02
見る価値ないと思っても見るしかなく、案の定なにもなく前引け(-_-メ)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03156.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2