ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


ムーディーズがスペインの格付け「Aaa」を最大で2段階格下げ方向で見直すと発表。
格下げ自体に驚きはないが、今までAaaだったことと、今更の格下げに驚きw
(尚、既にS&Pやフィッチはスペインの格下げを行っていた。)

スペインは、本日、5年債の入札で35億ユーロを調達しようとしているので
国債入札に悪影響も出てくるのではないかとの懸念もあるようだ。

尚、スペインの国債償還のスケジュールは
7月23日に約76億ユーロ、7月30日に約162億ユーロ。
(償還資金手当の国債入札も必要とされる。)

これまた懸念されているが、こんなスケジュールは個人でも把握していること。
新たな懸念でも、危機が拡大したわけでもないのだが、懸念は増している・・・

地合いが悪いから、この一言に尽きるのだろう。

日銀短観は大企業製造業の業況判断が+1となり、市場予想の-4を上回った。
2008年6月以来のプラスとなったが、これを好感した買いも限定的。

日本時間10時に発表された6月の中国PMI製造業は52.1。
事前予想の53.2を僅かに下回ったに過ぎないのだが、これは素直に嫌気された。

そして為替が円高に振れると、これまた素直に売りが入り
日経平均は年初来安値更新。一時9200を割った。

こちらも地合いが悪い、この一言に尽きる展開。

目先的には売られ過ぎの水準にきているが・・・
底抜けで下方向へ明確なトレンドが出ている。
この状況で買いが入らないのも当然か(-_-メ)

9200円レベルがなんとも中途半端で
このレベルは見送るという見方も多い模様。

9600-9800レベルで下げ止まらなかったことで
ダブルボトムで止まるという見方も少数派となり
11月安値である9100円レベルまで見送りの格好。

この9100円レベルには、NT計算値や週足雲下限なども。
テクニカル的にも、ここまで下げれば短期売られ過ぎ感は出る。
(売られ過ぎ「感」が出るだけで、買われるかは微妙な地合いだが...)

日柄的には、7月7-8日などが意識されやすく
現在は、価格でも日柄でも見送られやすい状況。
(一応、本日も変化候補日ではあるのだが...)

昨年1-3月期に比べ、劇的に回復している実体経済。
すっかり死語となった「100年に一度の危機」だが・・・

現在、米10年金利は2009年4月と同水準まで低下。
バブル的な債券価格上昇&株売りで、株価は09年11月水準まできた。
「100年に一度の地合いの悪さ」といった感じ。

 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約282億円が成立。
市場では、やや買い決め(投資家の買い・証券自己売買部門の売り)との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6200億円、売買高は9億3612万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1397、値上がりは189、変わらずは87。

 
*** 追記 ***
13:12

6月21日に戻り天井を付けてから、ダラダラとした急落。
ダラダラとした急落ってのも変なのだが、そんな感じ。

ガツン → キャー! → コツンとなりそうもない下げ方。
ほぼ9100レベル到達なのだが、なにか物足りない。参加者が足りないのか(;_:)

13:35
丸々1年前(09年7月第二週?)の日経平均が9050円処。
09年11月安値が9080円処。
来週の週足雲下限が9020円処。
この価格帯割れば、少ないなりに悲鳴も聞こえそうだが。。。

13:56
本日は香港が休場、明日は雇用統計、週明け米国市場休場。
手掛け難い、買われないのも已む無しの日柄。

買われない上がらないのであれば、投げに期待したいが、期待しても無駄なのが相場。
なんともテンションが上がらない一日(-_-メ)

14:16
3月末~4月初旬と現在、(真逆だが)似てますな。
当時買っていた人が、現在売っているのか。。。
主体と手法はそう簡単には変わらないもんですな。

14:41
大口は売り枯れ気味。
個人のナンピン信用組みも、先週、今週である程度掃けた感が。

とはいえ、未曽有の恐慌だ!みたいな話になって巻き戻し全開なら下値目途の無い崩落に。
でもそんなの見込んでいたら、一生買えず。利食いも出来ず。
まぁ、買うのも、売るのも、人それぞれ、投資スタンス・スパン次第か。

15:13
先物、含みベース前日比大敗。(9705、9655ロング持ち越し)
現物、決済ベース雀の涙勝ち、含みベース前日比負け。
トータル、大敗。

本日、下げ止まってもオカシクないレベルまで下げたが・・・
現先共に需給が改善されつつある商いは見えたが・・・

だから下げ止まると言えるほど、まともな地合いではないのがなんとも(^^ゞ

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03082.JPG
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト





6月30日の米国株式市場

ダウ平均: 9774.02 ▼96.28
ナスダック: 2109.24 ▼25.94
為替 NY時間17時: 88.42 -88.44
CME日経平均先物 円建て: 9200

ECBがこの日実施した3カ月物の資金供給オペで、金融機関の応札額が市場予想を
下回った。ECBに頼らなくても欧州民間金融機関が資金調達できているとの安心感が
広がり、欧州株式相場が堅調に推移。米市場でも金融株に買いが先行した。

6月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI)が予想ほど低下しなかったため、景気動向に
敏感な一般産業株やエネルギー株の一角も買わ、ダウ平均は一時40ドル近く上昇した。

半面、米民間ADPによる6月の雇用統計は、民間部門の雇用者数が1万3000人の増加と
市場予想(6万人の増加)や前回改定値(5万7000人の増加)を下回る結果となった。
同指標は週末発表される雇用統計の先行指標とされているため
今回の結果は相場の上値を抑える格好となった。

引け際に膨らんだ売りについては「四半期末を迎えたヘッジファンドなどの
大口投資家が、損益を確定し持ち高を整理する目的で売りを出した」との声や
格付け会社によるスペイン国債の格下げ見通しの発表や、S&P500指数が5月末以降に
2回跳ね返された1040pを明確に下回ったことなどが背景との見方があった。

業種別S&P500種株価指数は「IT」や「通信サービス」をはじめ全10業種が下げた。
ダウ平均構成銘柄は化学のスリーエムを除く29銘柄が安くなった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約14億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億1000万株(同)。

個別では、前日夕に決算とあわせて発表した利益見通しが慎重と受け止められた
食品のゼネラル・ミルズが売られ、四半期決算の内容が市場予想を下回った農業
用品のモンサントも安い。同業の買収を発表したバイオ製薬のセルジーンが
財務負担への懸念から下げた。
半面、セルジーンが買収するアブラクシス・バイオサイエンスやボーイングが買収を
発表した防衛関連のアーゴンSTがともに急伸した。アナリストが株価の割安感を
指摘したBPが高い。40億ドル以上の債務削減方針を発表したフォード・モーターも堅調。
バンカメやシティグループなど金融株は売り買いが交錯。成立日程が不透明になって
いる米金融規制改革法案を巡り、米議会民主党が大手金融機関から特別税を徴収する
案を取り下げると伝わったが、目立った反応はなかった。

 

日本株式市場

ダウ平均は5日続落。
年初来安値更新で、2009年11月3日以来約8カ月ぶりの水準に。

ナスダックは3日続落。09年11月上旬以来の安値となった。

S&P500種株価指数は、09年10月上旬以来9カ月ぶりの安値だった。

米株価指数は、軒並み09年11月安値水準へ。

下げっぷりを見てみると・・・

ダウ平均は月間で2ヶ月続落。
四半期ベースでは4月末に比べて1082ドル(10.0%)下げ。
09年1-3月期以来5四半期ぶりの下落。

米10年金利は大恐慌再来懸念が強かった2009年4月と同水準まで低下。

水準的には、いい意味でも悪い意味でもかなり「キテイル」感が。

一方、日経平均は未だ9300レベルで09年11月安値9076には達していない。

日米共に警戒感のある水準だが、これだけ下げても悲壮感は見られない。

米国では企業業績への安心感があるためなのか。。。

本日寄り前に発表された6月大企業製造業DIのコンセンサス上ブレ
(実績:+1、事前予想-4)が好感されているのか
本日の東京株式市場も、下げてはいるが投げが出ないという展開。

ぼちぼち個人の追証売りが出そうな頃合いではあるのだが。。。

尚、6月日銀短観で2010年度の大企業・製造業の想定為替レートは1ドル=90.18円。
前回の3月日銀短観時の1ドル=91.00円と比べ、0.82円ほど円高方向に修正された。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2180万株、買い1590万株、差し引き590万株の売り越し。
売り越しは8営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:42
楽天、¥64400にて薄利利益確定売り。

 
*** 追記 ***
10:29

なんとも中途半端な9200レベル。恐怖感のある下げをガツンと一発やってもらった方が
売り方にとっても買い方にとっても手掛けやすい気がするが... 相変わらず参加者限定か;;

10:44
2日の雇用統計もそうだが、週明け5日のNY為替・株式市場休場ってのがなんとも。。。
機関が買えないってのも当然か(-_-メ)

11:02
8営業日で1000円超の下げにも拘わらず...警戒感はあれど、悲壮感の無い下げ。
悲鳴も未だ聞こえず。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03081.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


株式主要指標(日経平均)03079.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

米株大幅続落。円高進行。商品大幅反落。
バルチック海運指数23日続落。

特になにがあったというわけではないが、全面安。
中でも株価の下げが厳しい。

6月21日高値から、(ほぼ)三空叩き込み。
本日は、終値ベースでも年初来安値更新。

そろそろ個人の追証売りが出てきてもオカシクはない頃。
個人需給的には、6月2日の前場に注目してみたい。

5月27日・6月9日のダブルボトムが完全にダマシになったことで
本日日中やや下げ渋ったとはいえ、トリプルボトムに期待するのもムリがあるか。

(トリプルボトムを確定させるには、ここで下げ止まるだけではなく
直近戻り高値10250円レベルをクリアする必要があるから。)

短期的な下値目途としては・・・
昨年11月安値の9076円などが市場で意識され易そう。

この9100円レベルにはNT計算値の9094円も。

NT計算値100630.JPG

このレベルまで下げると、短期テクニカルに売られ過ぎ感も出てくる。

先ずは9100レベルで止まるのかどうかが注目か。

「また100年に1度の恐慌」とならない限りは止まるとは思うが・・・

大物が口を揃えて危機を叫び始めている。
その内の一人、リチャード・クー氏によれば、「世界中の民間が同時に債務の最小化に
走っているという超非常事態に、各国政府が一斉に財政再建という更に危険な方向へ
舵を切ろうとしている現状は、まさに1930年代の悪夢を彷彿させるものがある」と述べ
バランスシート不況の恐ろしさに注意を促している。

確かにその通り。特にケチのつけようはない。
私は1930年代の悪夢を経験していないが(^^ゞ

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03080.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2