ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


米国株式市場は、期待値を裏切る米経済指標で売られ
予想値を上回る企業の決算発表で支えられる展開。

4-6月期決算を評価して買うのも憚られる。
所詮過去のもの。

しかし、景気後退を見越して売るのも憚られる。
株価の先行性を考慮しても、先取りし過ぎ。

そんな感じでもある。

初めから雇用と住宅に楽観論はなく、当分回復しないことはコンセンサス
むしろ、そう簡単に回復するハズがないとの冷めた見方が優勢で
これに関しては、特に改めて嫌気する必要はなさそうだが・・・

ここにきて、堅調だった製造業にも陰りが見えてきた。
これは確かに気掛かりで、警戒の必要はある。

昨日発表された7月フィラデルフィア連銀の製造業景気指数は
6月の8.0から5.1へ低下。市場予想の10.0を裏切った。
内訳では、新規受注が6月の+9.0→7月-4.3となり
2009年7月以来のマイナス圏へ沈んだ。嫌気されても仕方ない。

ISM製造業景気指数を振り返っても
4月の60.4をピークに5月59.7→6月56.2と低下している。

だが、水準からみれば、ISM製造業景気指数の50台後半というのは
景気がかなり好調であることを示している。

ISM製造業景気指数の一般的な見方は、50台後半が好調
50台前半が順調、40台後半がやや減速、40台前半が失速のイメージ。

100702_ISM製造業景気指数.JPG

ピンポイントで期待値を下回る数字ばかりが嫌気されているが・・・
今までがドーピングで良過ぎたのだ。
チャートのようにライン、トレンドで見れば、単なる健全な一服にも見える。

各国株式市場は、7月6日前後を短期底に反発を見せているが
(韓国株式市場と、インド株式市場以外は)
未だ過度な警戒感、景気後退懸念を抱えているようだ。

「感」であったり「懸・念」であったり・・・
結局のところは、センチメントの問題なのかもしれない。

メリルリンチによるファンドマネージャー調査で、日本株の弱気が増加したそうだ。

ネット・アンダーウエイトが、6月の-7%から7月は-11%に拡大。
今後1年間に最もオーバーウエイトしたい市場として、日本株は-3%から-9%と減少。
今後1年間の世界経済見通しが、2009年2月以来のマイナスになり
日本の経済見通しも27%から16%に低下したとのこと。

「気」とか「したい」とか「見通し」とか・・・
完全にセンチメントだ。まぁ、そういう調査だから当然だがw


12:46
日経225先物mini、¥9440にてロング。
転換線ということで。ドル円87円割れのストップロス不発っぽいし。

 
昼休み時間帯の東証立会外バスケット取引:
約318億円の売買が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点で、東証1部の売買代金は概算で5370億円、売買高は同8億2402万株。

値下がり銘柄数は1360、値上がり銘柄数は177、横ばいは131。

 
*** 追記 ***
13:24

6月21日~29日の下げと、おとといから本日の下げ。酷似してますな。
チャート形状は当時よりマシだが、倍速なのがちょっとイヤな感じ。

13:38
6月29日同様、大陰線引けか(^_^;)

それにしても日中見事にドル円だけとリンクしてますな。アルゴかと勘繰りたくなるが・・・
ドル円1円円高進行で225のインパクト-200円か... こんなもんの様な、ヤリスギの様な...

13:47
転換線が9445円
7月6日安値9080~7月14日高値9810の半値押しが9445円
ビタビタの動き。辛うじて調整の範囲内!
半値押しは全値押しとなるのかもしれんが(^^ゞ

14:09
6月30日高値9420も下回った。
見方によっては、窓埋め完了。下のアイランドリバース否定。

14:23
結局5月27日9390、6月9日9370のレベルまで下げ。
想定はしていたが、一日で到達するとは思わなかったw

日中これほどダラダラ下げ続けたの、かなり久しぶりですな。
クレディ、アルゴ、解消売り... この辺りの気がするんだが、真偽のほど不明。

14:38
ドル円も225も、このレベルで下げ止まってもオカシクないが・・・
このレベルを下抜けると、ここから下げが始まってもオカシクない。

と、どちらにも見えるところで、三連休(-.-) 買い手が見えないのも已むなしか。

14:56
本日の下げで、チャートが壊れたわけではないが・・・
レンジは【9370-9640】に確実に切り下がった感が。
それにしても225だけよく下げましたな。。。

15:13
先物、含みベース前日比大敗。(9695、9605、9440ロング持ち越し)
現物、含みベース前日比大敗。
トータル、爆負け。

薄いところに持ってきて、225先物だけ売られた感が。。。
規模別で見ても、現先で見ても、なんとも極端な商い。

特定業者だから気にせんでええのか?
凶(本格下落)の兆しなのか?
今の時点で分かるはずがなく、時間が証明するのを待つ。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03139.JPG

三連休前ということもあり、7月20日から新イブタイムスタートということもあり
本日は20時終わり最後のイブに立ち合いますw
たぶん殆ど見てるだけですが、もし手掛けたら更新します♪

 

*** イブニング追記 ***
19:21

17時17分、日経225先物mini、¥9405にてロング。弱め。
指値&放置している間に約定しとった。ここから20時までは真面目に見ますw
株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03142.JPG
(↑ クリック証券

19:29
本日の日中の異様な225の売り方、大和CMだったそうな。想定外の珍しい売り方。
(買い無しの売り超6124枚)なにやってんだか...

というかそれ以前に、たかだか6000枚程度であのインパクト...
買い手不在、疑心暗鬼、弱い地合いの証左か(-_-;)
侮りたい下げだが、侮れない。そんな一日でしたな。

19:51
場中と同じだが・・・、ドル円、225共に下げ止まってもオカシクはない処だが
止まらなかった場合、ある程度破壊力のある波動が出る。可能性がある。
どちらにしても、無理なロットは避けたい。

20:01
ということで・・・

日経225先物mini、不成(9440)にて9440ロング同値決済。(手数料ヤラレ)
(9695、9605、9405ロング持ち越し)

9370レベルで止まらなければ、9080でも、9000でも止まらない
可能性は低くなさそうなので... 念のためポジ調整。

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい連休を♪
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト





7月15日の米国株式市場

ダウ平均: 10359.31 ▼7.41
ナスダック: 2249.08 ▼0.76
為替 NY時間17時: 87.41 -87.43
CME日経平均先物 円建て: 9625

朝方発表されたニューヨーク連銀製造業景気指数は
市場予想(18.00)や前回実績値(19.57)を共に下回る5.08。

6月の生産者物価指数は前月比-0.5%と3ヶ月連続で下落。

フィラデルフィア連銀景気指数も市場予想や前回実績値を下回った。

製造業の景況感の伸び悩みや、米経済のデフレ懸念が市場心理を悪化させ
大幅増益決算を発表したJPモルガン・チェース株が軟調に推移したこともあり
前日までにダウは、7日続伸していたことで利益確定売りも出て
ダウ平均は取引開始直後から急激に値を下げ、一時は120ドル超下落した。

その後は、安値圏でのもみ合いが続いた。

午後中頃に、米上院が本会議で、金融規制改革法案を可決し
成立が確実になり、規制を巡る不透明感が後退するとの
見方から、軟調に推移していた金融株に買い戻しが入った。

取引終了間際に米証券取引委員会(SEC)が証券詐欺の疑いで提訴していた
ゴールドマン・サックスと和解するとの報道が流れると
終盤にかけて急激に値を戻し、結局ダウは前日比7ドル安で引けた。

業種別S&P500種株価指数は「素材」「金融」など3業種が下げた。
「公益」「ヘルスケア」など7業種が上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億9000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億3000万株(同)。

個別では、会長交代を発表した保険のAIGが小安い。アナリストの投資判断
引き下げが伝わったアマゾン・ドット・コムが売られ、取引終了後に決算発表を
控えた半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイスも下げた。
半面、JPモルガンは小幅高に転じて終えた。証券会社が投資判断を上げたネット
関連のAOLや、好決算を発表した半導体のフェアチャイルド・セミコンダクター・
インターナショナルが高い。投資会社が買収を発表した健康食品製造のNBTYが急伸。
夕刻に決算発表予定のグーグルは上げに転じた。
メキシコ湾の原油流出事故で、海中への原油流出を止めたと発表した英石油大手BPの
ADRが大幅高だった。 大手買収ファンドを傘下に持つKKRがNYSEに上場し
10.50ドルの初値を付けたあと、10.20ドルで終えた。

 

日本株式市場

225はGDであっさりとSQ値(9636)を割り
基準線(9665)、25日線(9675処)、5日線(9635処)も下回った。

ただ、明確に割ったわけでもなく、失望も見られず
寄り付き後は、SQ値レベルで揉み合っている。

7月13日まで頭を抑えられた価格帯9600-9700レベルまで下げた格好。

尚、7月9日高値9610、7月12日高値9640、7月13日高値9630となっており
それらの安値はどれも9500レベル。

9500-9630の価格帯で動いている間は、さほど警戒感は高まりそうにない。
9500を割るようだと、下の窓埋めも意識され、ヤバそうだが。。。


ダウ平均を見てみると、200日線が10370処。

ダウは、既にいいところまで戻し、その後頑張っている(一杯一杯?)ように見える。

ただこの上には、75日線10515処、雲下限10517処、100日線10530処と節目密集。
かなり重そうなところではある。

重いであろう処で、重いことに適度な警戒は必要だが
重いであろう処で、連日踏ん張っていることも適度に評価してみたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1540万株、買い1630万株、差し引き90万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースは売り越し。


09:00
日経225先物mini、¥9605にてロング。弱め。

 
*** 追記 ***
10:19

なにを嫌気して下げているというよりも・・・
重いし、手掛かりないし、三連休だしってことで、短期筋の投げ?

20日からイブニングセッションが23時半に延長されることで
様子が分からず、取り敢えずポジ調整ってのもあるのかも。

10:36
ドル・円の87円という水準に、株式市場は慣れたかと思いきや
87円割れのストップ・ロスへの売り仕掛け警戒?
1円下げただけで、17円下を見る向きがいるからややこしい。
まぁ、トレンドがそうなっているから仕方ないけど(;_:)

11:02
7月14日の上昇分をキッチリ打ち消して前引け。
極薄商いで値が軽い(=_=)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03138.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


株式主要指標(日経平均)03136.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

 
本日の日経平均の日中値幅は、僅か59.94円。
4月30日(57.25円)以来の低水準となった。

昨日は全銘柄の85%が上昇。上げ幅は日経平均258円、TOPIX+16p。
本日は全銘柄の85%が下落。下げ幅は日経平均109円、TOPIX-14p。

225現物には買いが、225先物には売りが。
全体(TOPIX)としては、いってこい。

日銀が景気見通しを上方修正しても(しそうでも)、日本株は上昇せず。
FRBが景気見通しを下方修正すると、ダウ平均は下げないのに日経平均は下げる。

今始まった話ではないが、もちろん前後関係もあるので、一概には言えないが・・・
それでも225は過剰反応、その後も修正しきれずアンダーパフォームの傾向はある気が。

これらに夏相場のヒントがありそうな気が... (キノセイノカノウセイ大)
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03137.JPG

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2