ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2010/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


本日、株価指数は高位揉み合いとなっているが
個別では、寄り天となったものも少なからず見受けられる。

欧州ストレステストを控え、先物は短期筋の買い戻しに止まり
個別株を先高観から買うという動きにはなっていないようだ。

今回のストレステストでは・・・
ドイツの国有化された不動産金融会社、ポルトガル、スペインで
一部の銀行が不合格となる見通しが報じられている。

一部のアナリストからは、コメルツ銀行やギリシャ・ナショナル銀行の
資本不足を指摘する声もあり、買えない理由とされている。

ストレステストは「ちゃんとやるよ」ということで
作為的に「不合格」「資本不足」見通しが囁かれているとも勘繰れるが・・・
確かに、実際に通過して見ないことには、気持ち悪くて買えないのも当然かw
 

ストレステスト自体は「安心させるためのイベント」であり
悪い結果が出る筈はない。「大丈夫だぁ」宣言となるのだろう。

ただ、それに対する市場の反応が「株価材料」となりそう。

大丈夫だぁは本当か? また大甘、デタラメか!?
財政健全化の取り組み→経済成長の妨げだろ!
安心宣言は出たが、安全宣言ではない! e.t.c.

米ストレステストの時と同様、出来レースのテストでもあり
結局、株価はセンチメント次第、チャートに従順となるのだろう。

ということで、米株S&P500を見ると・・・

5月25日安値1040p~6月21高値1131pの上昇幅を
7月1日安値1010pにリプレスした1101pで
7月13日、14日、15日と全て上ヒゲを引き、上値を抑えられ
昨日の高値も1097pと、このレベルで上ヒゲを残して引けた。

株式主要指標(S&P500)03166.JPG

本日、ストレステストを受け、S&P500がこの1101pを上抜けるのかどうか!?
判断材料の一つにはなるかもしれない。

 
前引け後の東証立会外バスケット取引:
約366億円が成立。市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券会社の買い)との声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算5564億円、売買高は同9億2330万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1364、値下がりは189、横ばいは107銘柄

 
*** 追記 ***
14:07

ストレステストに関しては、どうせ大甘(デタラメ)だと大方が思っているとは思うが
それでもやはり材料にはなるんでしょうな。というか、もうなってますなw

一足早く動いたユーロドルの様な動きが、株式市場でも見られそうな気も。
安心して上へ、安全ではないと分かり下へ。そんな動きも想定されるが...ドウナルコトヤラ

14:23
観測の域を出ないが、ガセの可能性はあるが・・・
ドイツとスペインで一行程度不合格にして、ストレステスト真面目にやったよ
という信憑性を出し、安心感を演出するとかなんとか。。。

本日は米国で主要経済指標の発表がないため
ストレステストへの思惑で盛り上がっているようだ。
(商いは盛り上がっていないがw)

フォードが黒字転換したとの観測も好感されている模様。(真偽不明)

14:42
一応念のため。ストレステストの結果がどうあれ・・・
痛んだバランス・シートが急に改善するハズが無い。
ヘアカット率で粉飾して、安心宣言するだけであり、安全性が上がるわけではない。

今回のストレステストで、もし、妙な楽観が広がり過ぎるなら・・・
中期的には良い売り場となる可能性は低くない気がする。

14:55
複数のスペインの貯蓄銀行が、不合格になった様だとの観測報道が。

速報とも、ガセとも判断がつかない報道が今日は多いw

15:01
程良い警戒感を持って大引け。
結局、終わってみればVWAP(9409)レベル。しかも十字足。
観測(ガセ?)報道が多かった割には、然るべき位置に落ち着き
ストレステストを迎えることになった。

15:13
先物、含みベース前日比大勝。(9695、9605、9405ロング持越)
現物、含みベース前日比大勝。
トータル、爆勝。といっても、いってこいだが(^_^;)

腰の入った現物買い方不在、勇敢な指数先物売り方不在が確認されたかのような一日。
相変わらず人の気配がしない。。。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03167.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在2位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト





7月22日の米国株式市場

ダウ平均: 10322.30 △201.77
ナスダック: 2245.89 △58.56
為替 NY時間17時: 86.94 -86.96
CME日経平均先物 円建て: 9345

6月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で537万戸と
前月から5.1%減少したが、市場予想の510万戸を上回った。

ことごとく予想値を下回る経済指標が続き、嫌気されていたことで
前月からマイナスとはいえ、市場予想を上回ったことはポジティブに捉えられた。

主要企業の好決算や1株利益の見通し引き上げが相次ぎ、市場心理を好転させた。

キャタピラーや化学大手スリーエム、貨物大手UPSが市場予想を上回る決算を発表し
併せて1株利益見通しの引き上げを発表した。製薬大手イーライ・リリーは1株利益
見通しを引き上げ、ノキアは決算資料で新製品に対する自信を示した。
企業業績の堅調さが続くとの期待が広がり、買いが活発になった。

経済指標からは失速する米経済が窺えるが、企業決算は好調。
米国内経済は失速したが、国外(新興国)で稼ぐ米企業の構図か。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。
「一般産業」や「金融」、「消費循環」がそれぞれ3%上昇。

ダウ構成銘柄は全30銘柄のうち、決算と併せて1株利益見通しを
実質的に引き下げた保険大手トラベラーズなどを除く27銘柄が上昇。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億7000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約21億5000万株。

個別では、キャタピラーは2%弱、スリーエムは3%上昇。UPSは5%の大幅高。
ノキアのADRは4%上昇。決算で一株利益が市場予想を上回った通信大手AT&Tは
2%上げた。決算がほぼ予想通りだった製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブも
高い。前日夕に発表した決算が予想以上だったネット競売大手イーベイや携帯電話向け
技術開発のクアルコムがしっかり。決算が小幅増益だったクレディスイスのADRは小高い。
一方、トラベラーズが1%下落。前日夕に決算と同時に発表した
利益見通しがやや慎重と受け止められたスターバックスは小幅安。

 

日本株式市場

昨日の日経平均は、終値ベースの年初来安値9191円を下回る場面もあったが
辛うじて終値では7月1日安値9191円を維持して引けた。

あの株価位置でも悲鳴が聞こえなかったのは、参加者が少ないことと
参加しているとしてもポジションをさほど積んでいないためか。

薄い・弱い相場に対して、薄く・弱くしか張っている筈はない。
この時期の景気の失速なんぞ、年初から分かっていたことで驚きもないということか。

本日は大きくギャップアップで始まったが、寄り付きから伸び悩んでいる。
転換線(9490)、25日線(9560)を試すような動きは見られず。

ストレステストを控えているということもあるのだろうが・・・
為替相場の円高傾向が上値を抑えていることもあるが・・・

昨日、日経平均以外の主要指数が軒並み「底割れ」
となったことも警戒されているのかもしれない。

昨日の下げにより、9800レベルまで上昇してもトレンドは上向きにならない。
10000円を回復したとしても、現在の下降トレンドに変化は生じない。
これだけハードルが高いと、やる気が起きない。しかも、夏休みだ。

まだまだグダグダの夏相場は続きそうだ(-_-メ)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り860万株、買い2950万株、差し引き2090万株の大幅買い越し。
規模としては昨年12月4日の3460万株以来の高水準。
本年では4月21日の2010万株を上回り最高。

買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:11

値幅的な妙味としては「売り」の方がありそうなのだが・・・

ただ、この時期に新規で売り建てる向きが多いとも思えず。
裁定買い残が積ってるわけでもなく、加速も見込めず。
個人は投げるとしても、それでは下方の滞留時間も短く終わりそう。

買うにしても売るにしても、やる気が起きん。
一番の要因は、暑い、ダルイかもしれない(=_=)

10:42
寄り付きで終わった。そんな一日。

ストレステストを材料に、イブで手掛けるために
昼寝してる向き多いのでは、と勘繰りたくなるような無人相場となっている。

11:02
指値&放置 → 不発 → 閑散、VWAP(前引け時点9392)引け。
そんな一日となりそう。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03165.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2