ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


株式主要指標(日経平均)03273.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

7月の鉱工業生産は前月比0.3%増。市場予想の前月比0.2%減少を上回った。
8月の予測値は前月比1.6%増で、9月予測値は前月比0.2%増。
経済産業省は、生産は持ち直しの動きで推移、足踏みの動きもで据え置いた。

しかし、本日の日経平均は325円安の8824円。
ほぼ安値引けで年初来安値を更新。

政府日銀に批判が集まっているが・・・
少なくとも、私よりは「頭がいい」連中が考えて決めた結果が、これ。

そもそも、この状況下では、日銀の問題ではなく財務省の問題。

仕方ないと思うしかない。私には批判する資格はない。
ただ、愚痴の一つは言いたくなる。ということで... 以下○| ̄|_
 

昨日の臨時会合での金融緩和策は新型オペの拡充に止まったが
これに関しては、一応最低限の市場の期待には応えた格好。

しかし市場は、ネガティブに反応。
昨日の日銀の追加緩和策の発表前、ドル円は一時85.91円をつけたが
発表後は円高再び、本日は一時84.05円を付けた。

期待してなかったのに、失望だけは一丁前。
あまりロジカルとは言えない、イケイケドンドンの投機筋の円買いに見える。

ただ、このイケイケドンドンを招いたのは、政府日銀の下手な発言。

昨日、白川君は「わざわざ」予定を早めて臨時、緊急帰国。
「臨時」「緊急」「決定」会合を開いて、市場予想通りの決定。
なんのために、わざわざ予定を早めて帰ってきたのか、呆れた向きは多かったハズ。

しかも白川君が、「FRBは追加緩和を行っていないが、日銀は先取り的
前倒し的に追加緩和を実施した」と述べた点が、円買いの決め手となった。   

トドメは、白川君が「国債の買い取りは現在の水準が最適」と表明したこと。

FRBとECBが「非伝統的手法」「量的緩和」による金融緩和へ再び舵を切り始めている中
総裁自ら「国債の買い取りは現在の水準が最適」と表明してしまっては・・・

投機筋は自信を持って円を買える。
昨日も書いたが、全く「含み」を残さない中央銀行のTOP...
投機筋にとって、円が世界最大の安心な遊び場となるのも已む無し。

「もしかしたら、なにか追加でやるのか!?」との含み、思惑を残さないとは・・・
無防備で相場という戦場に放り出すようなもの。日銀も酷いことしますな;;

あまりにもお粗末、あまりにも円買い安心感、株売り安心感が漂うので...

22:18~22:19
日経225先物mini12月限、¥8755にて打診ロング。
過ぎたる安心感に逆張り。ただ、スケジュールが微妙なため、あくまでも打診。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03275.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

スポンサーサイト





8月30日の米国株式市場

ダウ平均: 10009.73 ▼140.92
ナスダック: 2119.97 ▼33.66
為替 NY時間17時: 84.63 -84.65
CME日経平均先物 円建て: 8985

30日朝発表の7月の個人消費支出は前月比で増えたが市場予想並み。
企業のM&A発表が相次いだが、市場への資金流入を好感した買いは限られた。

ダウ平均は前日終値を小幅に下回り取引を開始し、その後、徐々に下げ幅を拡大。

取引終盤にかけてさらに下落ペースを速め
目立った材料がないなか、大幅下落となった。

エコノミストの間では、3日に発表される米雇用統計で
非農業部門の雇用者数が10万人余り減るとの予測が多い。
また、ISMの8月の製造業景況感指数も前月から悪化が見込まれている。

今週発表の米経済指標が低調な内容になるとの警戒感が強く
金融や半導体など業績が景気動向に左右されやすい銘柄に売りが出た。

米国市場では様子見ムードが強まり、今年最も薄商いとなり
先週末の大幅上昇を受けた利益確定売りの影響を受け易かったようだ。

業種別S&P500種株価指数は「金融」など全10業種が下げた。
ダウ構成銘柄はヒューレット・パッカードを除く29銘柄が下落。
小売りのホーム・デポや、金融のバンカメなどの下げが大きかった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約8億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約15億4000万株(同)。

個別では、アドバンスト・マイクロ・デバイスやテキサス・インスツルメンツが
大きく下げた。景気減速懸念に加え、前週に同業のインテルが売上高見通しを
下方修正したことが重荷になった。
独半導体大手の携帯電話用半導体事業を買収すると発表したインテルが2%余り下落。
生体認証システムを手掛けるコジェントを買収すると発表した化学のスリーエムも
売られ、それぞれダウ平均を押し下げた。
米バイオ製薬のジェンザイムに185億ドルで買収提案した仏製薬大手サノフィ・
アベンティスのADRも安い。インターネット電話のスカイプ・テクノロジーズに
買収提案すると一部で報じられたシスコシステムズも下落した。
半面、買収対象のコジェント、ジェンザイムは買われた。HPは約1.5%高。
自社株買いの発表に加え、外部記憶装置メーカーの3PAR買収を巡るデルとの
競争が有利に運んでいるとの見方も買いを誘った。デルも上昇。
買収価格つり上げが一服する可能性を意識してスリーパーは下げた。

 

日本株式市場

雇用統計を受けて再び金利急低下となるのか?
今週の、最大の焦点だろう。

昨日の米株は特に何もない中、雇用統計他、経済指標悪化を「懸念して」大幅下落。
米長期債は、再び急低下した。先週末のバーナンキの追加緩和宣言が効いた格好。

米: 金融政策の軸足は長期債の買い入れ増額。(これにより長期金利低下を目指す)
日: 日銀による短期金利押し下げ措置で、円高圧力を緩和する効果を期待する。

これでは勝負にならない。
円高が止まらないのも已む無しか(-_-メ)

しかも、9月3日に発表される8月の雇用統計が弱ければ
9月21日に開催されるFOMCで追加緩和が確実視されるようになる。

これではドル安円高の流れを反転をさせることは、かなり難しそうだが・・・ドウナルコトヤラ
 

以下、各国中央銀行の印象  (小学生の通信簿・備考欄 編)

FRBくん

身勝手、他者への配慮を欠く印象は拭えないが
皆(マーケット)との対話が上手。常に合格点は取ってくれる。

中国人民銀行くん

成り金。手段を選ばず猛進。図体と態度がデカく、困ったチャンだが
将来のエースに、誰もはっきりダメとも、キライとも言えず。

日銀くん

この20年間合格点をとったことが数えるほどしかない。遅刻癖あり。
昨日も「先取り的に手を打った」と本人は言っていたが、どう見ても「後手」。
最近は、「日銀のようになるな!」がクラスメートの合言葉。

ECBクラス

出来る子と出来ない子を一緒にして、同じ通貨と政策で進めようとする壮大な実験教室。
ウソをついたりする豚さんがいることが難点。アリとキリギリスも同居している。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1160万株、買い1040万株で、差し引き120万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースは売り買い均衡。

 
これから、健康診断へ行くので、これにて日中の更新終了させていただきます○| ̄|_
皆様の健闘と幸運を祈ります!
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



株式主要指標(日経平均)03271.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

12時11分に日銀の緊急会合の内容が発表された。

地合いが良ければ・・・
予想通りの結果発表で、安心感と言われるが...

地合いが悪ければ・・・
予想通りの結果発表で、出尽くし、失望と言われるのが相場。

本日は後者のパターンで、後場安寄り、その後いいところなく上げ幅縮小。

「下向きの中での、短期底入れの可能性」
ミスター的に言えば、「所謂一つのテクニカルリバウンド」。
そんな一日。

ザラ場にも書いたが、結局、米株高を受けただけの様な引け方。
日銀緊急会合がネタに過ぎず、短期需給だけで動いたような一日。

6月以降、信用評価損益率-20%で反発、-15%で頭抑えられて下落
という傾向だったが、今回も同じような結果になりそうにも見える。

薄腐れ個人の信用需給を一掃するような強烈な下げか
よほど大きな、転換を期待させる好材料がないと今後も厳しそう。。。

本日の日銀緊急会合の内容は、資金供給10兆円追加であり
FRBの対策と比べて見劣りするわけではない。

先週末は、米債券相場が急落。
円高・ドル安トレンドが転換する兆しもみられている。

が・・・

白川君、会見で「国債買い入れオペは現在の規模が最適」と述べていた。

せっかく、ようやく動いたのに、なんで「含み」を残さないのだろう...
後手に回った以上、含みは残せよ!と思うのだが・・・

種明かししてから手品を始める様な日銀の姿勢。
世界一市場との対話が下手な中央銀行と言われるのも已む無しか(=_=)

本日の相場のテーマソングとして、Starshipの名曲
Nothing´s Gonna Stop Us Now(円高が止まらない←誤訳)を御贈りします。


 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03272.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



バーナンキFRB議長が
「経済活動をサポートしディスインフレを抑止するための
十分な手段を持っているかどうかは問題でない。我々は行動する」

「様々な懸念があるため、力強く安定的な成長を回復するには、幅広い政策当局関係者
ならびに民間部門のリーダーからの適切かつ効果的な対応が不可欠である」と述べ
FOMCの他のメンバーに対し、必要な措置をとることを明確に呼びかけた。

また、「各国中央銀行だけの力では世界的な経済の問題を解決できない」と語り
2010年末で失効するブッシュ減税が、そのままの形で延長される可能性が高まった。


先週末、菅首相は
「円高に対して必要な時に断固たる措置をとる」と述べた。

「断固たる措置」とは、市場用語では「為替市場介入」を意味する。
(菅氏が、どのような認識でこの言葉を使ったのかは不明だが...)
円高に歯止めがかかる可能性はある。

本日、日銀は臨時の金融政策決定会合を開催。
昨年12月に導入された固定金利オペが、3ヵ月→6ヵ月へ
20兆円→30兆円へ増額されることは織り込み済みと思われる。

サプライズとしては、国債買い入れ増額などが考えられるが・・・

今回の臨時金融政策決定会合は、日銀が自発的に開催したものではなく
政府、マーケットの突き上げによって開かれたものであり、サプライズはなしか。

織り込み済みで、サプライズはなしと思われるが・・・
出尽くし売り、失望売りに繋がるとも考え難い。

市場からは、「日銀が動いたということに意味がある。決定会合の結果を
見なければならないが、少なくとも、国債への過度な投資が是正され
株式市場にマネーが向かう可能性がある」との声が優勢。

実際、債券市場では崩落が起こっている。

 
日米で極端な金融緩和に動くことがほぼ確定的となった。
これで資金の流れが変わる可能性はある。

金融相場の側面が強くなっていく可能性も考えられる。

そもそも運用のプロが10年0.9%で回そうなんて思っている筈がない。
現在の債券バブルもこれで一段落の可能性が。。。

とはいえ、これら全て可能性の話。
現時点では、やや早計な見方でもある。
どうなるかは時間、結果でしか分からない。

こうなるであろうという仮定の基に、一方向に張るよりは
株価材料に対するマーケットの反応
チャートの節、需給を考えつつ、段階的に見ていきたい。

 
*** 追記 ***
12:45

日銀の発表、案の定の内容らしい。
(速報で見ただけなので、詳細不明だが○| ̄|_)

まぁ、それでも失望とまではいかず、SQ値9188レベルでは支えられている。
良くも悪くも、こんなもんか、案の定の反応。

13:04
前場段階で、チャラチャラした目先筋の売りは一掃された感が。
しかし、後場、更なるシフト、ニューマネーが見られず、上げ幅縮小。
案の定の展開とはいえ、案の定過ぎてやる気喪失か(-_-)zzz

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約36億円が成立。市場では、金額が小さいために相場への影響はなかったとの声。

12時45分時点で東証1部の売買代金は概算5819億円、売買高は同9億433万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1526、値下がりは78、横ばいは64。

13:14
早くも週末の雇用統計待ちとの声が(^^ゞ
(雇用統計を受けて再び金利急低下となるのかが焦点)

如何にも「下向きの中での、短期底入れの可能性」って相場ですな。

13:29
緊急会合の内容、期待に応えなかったかもしれないが、期待を裏切ったわけではない。
(先週あれだけブー垂れていた向きが多かったのに、期待が語られるのも妙な話。)

これを持って売りとするのもどうかという処。
かと言って、雇用統計控えてニューロングっても...無理でしょうな(-_-メ)
期待できるとすれば、債先絡みの巻き戻しくらいか。

緊急会合の内容が、なんどやっても「緊急会合の無い様」と変換される。
うちのIMEは優秀だ(>_<)

14:21
期待がなかったためか、失望売りってほどではないが・・・
完全に出尽くしの反応を示した後場となった(-_-メ)

為替、株式共にキッチリ上値抵抗に抑えられたのは
嫌気する必要はないとしても、やる気は削がれる。

ファンダも材料も関係なく、短期需給だけって感じも強い。

14:57
本日の相場に一言。
「大して織り込むような上昇もなかったのに、出尽くすなよ」
「大した期待もなかったのに、失望すんなよ」

結局、米株高を受けただけの様な引けとなった(-_-メ)
まぁ、8割の銘柄が上がって、225が1.7%近い上げなら悪くはないかw

15:13
先物、決済ベース爆勝。持ち越しなし。
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、爆勝。

日銀緊急会合がネタに過ぎず、短期需給だけで動いたように見えてしまった一日(=_=)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03270.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



8月27日の米国株式市場

ダウ平均: 10150.65 △164.84
ナスダック: 2153.63 △34.94
為替 NY時間17時: 85.21 -85.23
CME日経平均先物 円建て: 9080

4-6月期の米GDP改定値は速報値(前期比年率+2.4%)から
大きく下方修正され、前期比年率+1.6%となった。

ただ市場予想ほど落ち込まなかったため、米景気に対する過度の警戒感が
後退し、素材株やエネルギー株、金融株など景気敏感株が買われた。

しかし、相場は午前中ごろに下げる場面もあった。
8月の米ミシガン大学消費者信頼感指数の改定値が速報値の69.6から68.9へ下方修正。
インテルが業績見通しを引き下げたことも一時嫌気された。

ただ、バーナンキが講演で、経済見通しがかなり悪化した場合などには
追加の金融緩和をする用意があると述べたことが好感された。
割安感を指摘する投資家からの買いもあった。
債券相場が急落したことを受け、株式市場に資金が流入しやすかったとの見方も。

ダウ平均は2日ぶりに1万ドルの節目を回復して終えた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億株(速報)
ナスダック市場は約21億3000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では「素材」など全10業種が上昇。

個別では、インテルは午前10時前に、パソコン需要の弱さなどを理由に7-9月期の
売上高や粗利益率見通しの下方修正を発表。一時株価が急変動し値幅制限ルールに
抵触し、取引停止となる場面があった。ただ、最近の下げが大きかったこともあり
インテル株は上げて終えた。
外部記憶装置メーカーの3PARが大幅高。同社買収をめぐってデルとHPが
買収価格の引き上げ合戦を続けていることが手掛かり。デルも上げた。
新型旅客機「787」の納入の遅れを発表したボーイングも高い。
一方、デルに対抗し朝方にスリーパーの買収価格を30ドルに引き上げると発表した
HPが下落し、ダウ平均構成銘柄では唯一の下げとなった。
5-7月期決算で売上高が市場予想を下回ったティファニーが下落した。

 

日本株式市場

先週末は、菅首相が27日中に記者会見し
円高対策の対処方針を表明すると報じられ、株式市場は上昇。

6日ぶりに5日線を回復。
チャートは「はらみの寄せ線」→「陽線つつみ足」を形成。

本日は、先週末の米株高と、9時から臨時の金融政策決定会合を開く
日銀の円高対応策への期待が相場を押し上げた。

チャートは、先週末の「陽線つつみ足」→上放れた格好。

好材料を受け、底入れをしそうなチャート形状を形成。
7月6日前後のチャートと似た動きとなった。

短期底入れの可能性はあるが・・・

基準線(9275)を回復したわけでも
25日線(9330処)を回復したわけでもない。

短期的にはリバウンドが期待できても
中長期は以前下向きで、トレンド転換のハードルは遥か高い。

あくまでも下向きの中での、短期底入れの可能性と割り切ってみていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り950万株、買い1150万株、差し引き200万株の買い越し。
買い越しは8営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:09

14時半に白川総裁の会見予定。
この時間までは、9200-9250レベルでウロウロか。
明日も、政府の追加経済対策に関するものがあるし
本日一気に出尽くしというのは想定し難いが... ドウナルコトヤラ

10:19
日経225先物mini(12月限)、¥9195にて8955ロング決済・利確。(¥240抜き)
ここから引っ張って、押し目で積み上げていくのが定石なのかもしれんが・・・
一応念のため、一旦喰っておく。日銀、政府もどうなんだか...
インテルがなんだったのか、やや気掛かりで...

10:25
緊急日銀政策決定会合が、昼前に発表との観測が。(by フィスコ)
先週はガセが多かった観測だが^^;

11:02
基準線(9275)レベルまで戻して前引け。
この辺りから需給的には重くなってきそうだが・・・
債券市場から株式市場にどの程度、資金が流れてくるかが問題か。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03269.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



先週、ダウ平均は下落し、一時1万ドルを割った。

資金は株式市場から債券市場に流れ、米国2年国債利回りは市場最低水準まで低下。
10年国債利回りも2.5%を下回る場面もあり、債券市場は堅調だった。
特に30年国債利回りが低下し、10年-30年のカーブはフラット化した。

日経平均は年初来安値を更新、9000円を割り込む水準まで下落。

米国同様、債券市場では利回りが急低下し
カレント10年国債である309回債は一時0.895%まで低下した。

しかし、さすがに0.9%を下回る水準では利食い売りにおされ
利回りは反騰し1%台まで上昇した。

超長期債20年債・30年債にも売り物が出て、利回りが上昇
イールド・カーブはスティープニングした。

超長期債の利回りが大幅に上昇した理由については
菅首相が円高対策に関する方針を表明するとの声が関係しているとの見方が。
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ

 
30(月)

【国内】
《株主総会》
日本ERI、ファーマライズ、PCNET、コスモス薬、メルテックス、リベレステ
《決算発表》
パーク24

【海外】
英国市場休場(バンクホリデー)
テニス全米オープン(ニューヨーク~9/12)
米7月個人所得(21:30/0.2%)
米7月個人支出(21:30/0.3%)
米7月PCEコア・デフレータ(21:30/前月比0.1%)


31(火)

【国内】
各省庁概算要求、税制改正要望締め切り
普天間基地の代替施設の工法などの検討完了期限
8月為替介入実績

7月鉱工業生産速報(8:50/前月比-0.2%)
6月の前月比-1.1%に続き、2ヶ月連続で低下する見通し。海外需要の減速で輸出の
増勢が鈍化するものと見られており、押し下げ要因となる。一方で、エコカー減税
の駆け込み需要や猛暑効果が下支えとなっており、上下両方の特殊要因が挙げられる。

7月商業販売統計(8:50)
7月毎月勤労統計(10:30)
7月自動車生産・輸出実績(13:00)
7月住宅着工戸数(14:00/前年比2.2%)
7月建設工事受注(14:00)
8月中小企業景況判断(14:00)
《株主総会》
レイテックス
《決算発表》
ザッパラス、菱洋エレクトロ、土屋ホールディングス、くらコーポレーション

【海外】
シンガポールマーカンタイル取引所(SMX)が金や原油など4品目の先物取引を開始
インド4-6月期GDP
ブラジル中銀金融政策決定会合(~9/1)
ブラジル7月鉱工業生産(21:00)
米6月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(22:00/前年比3.6%)

米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/57.6)
7月のシカゴPMI指数の内訳では、先行性のある「新規受注DI」が64.6←6月59.1
「生産DI」が65.0←6月64.2と改善。「在庫」は積み上げ傾向(50.8←46.5)にある。
既出の8月NYは改善、フィラデルフィアは悪化とまちまちだが、上振れリスクが。

米8月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00/51)
米ABC消費者信頼感指数(1日6:00)


1(水)

【国内】
民主党代表選告示(14日投票)
10年国債入札
8月新車販売台数(14:00)
7月税収実績
《イベント》
VCUUM2010-真空展(東京ビッグサイト~3日)
《決算発表》
ピジョン、東京楽天地、サガミチェーン、泉州電業、内田洋行

【海外】
ベネチア国際映画祭(ベネチア~11日)
中国8月PMI(10:00)
豪4-6月期GDP(10:30)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
米8月ADP雇用統計(21:15/2.0万)

米8月ISM製造業景気指数(23:00/53.5)
先行性のある7月「新規受注」DIは53.5←6月58.5に悪化。8月の各地区連銀指数は
NYは改善したが、フィラデルフィア、リッチモンド、カンザスシティは悪化。ダラス
シカゴPMI次第で変わる可能性はあるが、現状では7月55.5から悪化する可能性は高い。

米8月ISM支払価格(23:00/56)
米8月建設支出(23:00/前月比-0.5%)
米8月自動車販売(2日6:00/1165万)
《決算発表》
ブラウン・フォーマン、SAIC、ハインツ


2(木)

【国内】
8月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
伊藤園、野田スクリーン、バルス、アルチザネットワークス

【海外】
マレーシア中銀金融政策委員会
ECB理事会
米10年国債入札

米新規失業保険申請件数(21:30)
米7月製造業受注指数(23:00/1.4%)

米7月中古住宅販売成約指数(23:00/前月比-1.0%)
米政府の税優遇措置が実質4月末で終了した後、5月から3ヶ月連続で悪化する見込み
となっている。住宅ローン金利は過去最低水準にあるものの、住宅ローン申請指数の
購入指数は低調。8月NAHB住宅市場指数も4ヶ月連続の悪化で、暫くは低迷が続きそう。

米8月ICSCチェーンストア売上高(23:30)
《決算発表》
H&Rブロック


3(金)

【国内】
4-6月期法人企業統計(8:50/設備投資・前年比-73.3%)
《イベント》
みらい市2010(東京ビッグサイト~4日)
《決算発表》
クックパッド、SUMCO、東栄住宅、巴工業、カナモト、日駐

【海外】
インドネシア中銀理事会
ブラジル4-6月期GDP(21:00)

米8月雇用統計(21:30/失業率9.6%)
予想は、非農業部門雇用者数が-10.6万人、失業率が9.6%調査期間である8/12を
含む週の新規失業保険申請件数は50.4万件←7月46.8万件(改定値)、4週間移動
平均は、7月から悪化して直近48.675万件と、ともに年初来最低。「国勢調査」
関連の臨時雇用者は7月中旬時点で未だ20万人程度おり、下振れリスクに留意。

米8月ISM非製造業景気指数(23:00/総合54)
《決算発表》
キャンベルスープ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



株式主要指標(日経平均)03267.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

後場、菅首相が27日中に記者会見し
円高対策の対処方針を表明すると報じられた。

しかし外為市場では、ドル円が50銭ほど円安に振れただけ。
買い方の期待感の無さ、売り方の警戒感の無さが感じられた。

一方、日経平均は観測報道を受けて寄り付きから210円超高い場面も。
これまで、如何に売り込まれていたか、ショートに傾いていたかの証左?

債券市場では、金利が大幅に上昇。
10年物国債の利回りは、一時久しぶりに1%を超えた。
そりゃそうだろうという反応。

まちまちのインパクトだったが、一国の首相が国内最大の問題を解決すべく
会見を開くとの報に対し、総じて期待感の薄い反応であったように見受けられる。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03268.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



アノマリーだが・・・
9月は年間で最も下げやすい月と言われている。

ダウ平均の9月の月間平均パフォーマンスは
過去10年間で、12カ月中最悪のマイナス2.9%。

ただ、10月~12月は4Qの業績への期待感から、先回り買いが強まるケースが多く
パフォーマンス(10月+1.17%、11月+1.51%、12月+0.99%)は年間でも良好。

日経平均も、9月は1990年以降で陽線となったのは、たったの4回。
1年で最も陰線になりやすい月だ。

為替も、8月以降はドル安・円高になりやすい。
概ね、年間のドル安値・円高値は10~12月頃に形成することが多い。

売り方の心の支えの一つとなっているのは、この辺りもありそうw

 

今月、市場で話題になっている「ヒンデンブルグ・オーメン」

如何にも年間で最も下げやすい9月相場の前(8月)に出てきたなという売りネタ。

この「ヒンデンブルグ・オーメン」というのは、テクニカル分析の1つで
暴落の前兆と言われている(←正確には、米系証券がそうアピールしている)

 
以下が、そのヒンデンブルグ・オーメン、暴落の条件。

1. ニューヨーク証券取引所で、52週の高値更新銘柄数と
  52週の安値更新銘柄数の双方が、NYSE総取引銘柄数の2.2%を超えている。

2.  この2つの数字うち、小さい方が75より大きい(絶対条件ではない)。

3.  NYSEの10週移動平均線が上昇している。

4.  同日にマクレラン・オシレータ(騰落統計数の平滑化された
   差に基づくモメンタム系指標)が負数を示している。

5.  52週最高値数が、52週最安値数の2倍を越えない(絶対条件)。

この「ヒンデンブルグ・オーメン」が確認されると
株価の5%以上の下落確率は77%。

通常は40日以内に発生。パニック売りの確率は41%。
主要銘柄は24%の確率で暴落するとされている。
 

現在、このヒンデンブルグ・オーメンが確認されているわけだが・・・

過去の大幅下落をチャートで辿り、テクニカルで後付けしたように見えないでもない。

しかも、40日以内に5%以上の下げが77%の確率って・・・
テクニカルを強引にこねくり回したわりに、大した精度でもない気が(^^ゞ

市場の一部で、チャートもテクニカルも通用しない恐怖の暴落がやってくるぞ!
と、この「ヒンデンブルグ・オーメン」を根拠として語る向きがいるが・・・

「おぃおぃ、ヒンデンブルグ・オーメンってテクニカルだぞ!」と突っ込みたくなってしまうw

まぁ、なにかのキッカケ(経済統計等)で下げた場合に
この「ヒンデンブルグ・オーメン」が売り方の背を押し
買い方の恐怖を増幅し、下げ幅拡大要因となるのかもしれないが・・・

この手の売りネタって、下げが先か・ネタが先か、卵が先か・鶏が先か的なところがある。

市場で注目されている以上、「ネタ」として無視はできないが
これを根拠に売買したいとは個人的には思わない。

最も下げやすい9月相場に合わせて出してきたようにも見える。

尚、この「ヒンデンブルグ・オーメン」、本年6月にも何回か(4回?)出ている。
そして今月も出ている。6月はさほど話題にならなかったが、さて今回は?
 

12:34
菅首相が27日中に記者会見し、円高対策の対処方針を表明すると報じられ
円が対主要通貨で弱含み。しかし、東京株式市場は、売り方の買い戻しの領域を出ず。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約244億円が成立。市場では、売り買い中立との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4871億円、売買高は7億3803万株。

東証1部の値下がり銘柄数は831、値上がりは658、横ばいは175。

 
*** 追記 ***
13:35

一国の首相が、現在のマーケットの国内最大のテーマに関し会見を開くといっているのに
ドル円84円台半ばまでしか戻せず。信用の無さですな(T_T)

一方、株式市場はそれなりに戻しているが、ニューロングが入っているようには見えず。
売り方の一人芝居(買い戻し)か。売り方だけで回っているような感じ。

13:51
年金系の買い観測もあるようで、それなりに出来高も出来てきましたな。
また空振りでも政府の所為だし、買い易いのかw 勘繰り過ぎか○| ̄|_

14:18
下げて悲観なし、上げて楽観なし。
所詮特定筋、目先筋、特に売り方の一人芝居、いってこい。
冷静というと聞こえがいいが、人としての感情が死んでいるような気がする><

14:37
7月6日の様な足になりそうで、期待してしまいそうなところだが・・・
自国の首相の会見、期待しなければ非国民になりそうだが・・・
なんとも○| ̄|_

まぁ、私の様な懐疑的な向きが多ければ、需給はロングに傾かない。
首相を信用できないのは、一国民として申し訳なく思うが・・・
これは相場参加者としては正しい姿だろう。タブン○| ̄|_

14:49
個人投資家が「単純な情報」に踊らされ売買に走るのはなぜか

を、マネージンにてUPしました。投資初心者様の一助となれば幸いです。

売りの根拠があって、然るべくして売られ、下げているのか?
下げたことで弱気が増え、もっともらしい売りの根拠の後付けで、更に売りが増えるのか?
大抵の場合その両方、時としてスパイラルで下げ幅拡大。

「円高」も、「政府日銀の無策」も、「ヒンデンブルグ・オーメン」も、そんなもんかも。。。

15:13
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8955ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

政府が言うとおり「慎重に見守る」が正解となった一週間。
(投資家に向けた言葉だったのか(^^ゞ)
問題はここからですな。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03266.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



8月26日の米国株式市場

ダウ平均: 9985.81 ▼74.25
ナスダック: 2118.69 ▼22.85
為替 NY時間17時: 84.43 -84.45
CME日経平均先物 円建て: 8835

朝方発表となった新規失業保険申請件数が前週比3万1000件減の
47万3000件となり、市場予想の49万件を下回ったことで
米国市場では、米雇用情勢への過度の警戒感が一旦後退。

ダウ平均は、前日に5日ぶりの反発となった流れを引き継いで上昇して始まった。
しかし、申請件数自体は高水準にあり、なお見極めが必要との見方が次第に広がった。

27日発表の4-6月期の米実質GDP改定値が速報値から
大幅に下方修正されることを警戒した売りが優勢となった。

バーナンキが27日の講演で、今後の米金融政策について言及するとの
思惑が広がっており、講演を前に持ち高調整の売りも出やすかったとの声も。

ダウ平均は、7月6日以来約1カ月半ぶりに終値で1万ドルを下回って終えた。
ナスダックも、7月6日以来の安値で終えた。
S&P500種株価指数は1050pの節目を下回り、7月6日以来の安値となった。

業種別S&P500種株価指数は全10種のうち「素材」を除く9種が下落。
「IT」や「エネルギー」の下げが目立った。

ダウ構成銘柄は、ボーイングとホーム・デポを除く28銘柄が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億5000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約17億7000万株。

個別では、ソフト会社買収を発表したネットワーク機器大手シスコシステムズが
2.4%下落し、ダウ構成銘柄で下落率首位。ドイツの半導体大手インフィニオン・
テクノロジーズの一部事業買収を検討中と報じられた同業のインテルも安い。
ストレージメーカーの3PARがデルによる買収価格引き上げを受け入れると発表。
スリーパーは2%余り下落し、デルは小安い。
9月初めに携帯音楽プレーヤーの新機種を発表するとの観測が出たアップルは1%安。
減益決算を発表したカナダの大手銀ロイヤル・バンク・オブ・カナダは2%超下げた。
提携先のマツダと運営するタイ工場への追加投資などを発表したフォードは安い。
一方、アナリストが利益見通しを引き上げた航空機のボーイングは約1%上昇。
保険、リース等を手掛ける中堅金融会社のウェスコ・ファイナンシャルが約12%急伸。
ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社が同社に全株取得を提案する意向を示した。

 

日本株式市場

目新しい悪材料はないが、何かが出るたびに売りが出る
何もなくても思い出したように売りが出る、懸念先行の展開。

ポジションがロングに傾かず結構なことだが・・・
日中に公的の買いなどで下げ渋っても
翌日の寄り付きでアッサリそれを下回るため
センチメントは日々悪化する傾向にある。

政府日銀への期待感もない。

日銀の追加緩和、為替介入が実施されたとしても
市場に対する効果は限定的というのが、大方の見方。

日銀の追加緩和は10兆円程度の規模が想定されているが
広義流動性残高は1455兆円であり、10兆円はその0.7%に過ぎず
介入の意味・効果はないとの見方が優勢となっている。

チャートからも先安観が見え
買いが入らず、売りが積み上がり易い状況。

まぁ、買いが積み上がっている状況でもなく
地合いが悪くなるほどショートは積み上がるので
それはそれで、今後を考えれば悪くはない。

ここまで来たら、買い方に変な期待が膨らまず
売り方だけで相場を回してもらった方がよさそうな気がw


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1870万株、買い1250万株、差し引き620万株の売り越し。
売り越しは7営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:59

ダウの1万割れも、225の9000割れも、まぁそんなもんかという感じだが
S&P500が1050-1101pのレベルを割ったのは、かなり気掛かり。
まだ決定的ではないが... 正念場ですな。

10:29
リーマンショックで7000円台経験しちゃってるってのが
国民、投資家にとっても、政府日銀にとっても良くないのかもしれませんな。

9000円割れでも、二番底っていうより、二番煎じって感じで
インパクトが弱く、危機感が湧かない><

11:02
静かな前引け。
今日あたり追証投げ出るかと思ったのだが、特に見られず。
痛くないのか、耐えているのか、いないのか...

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03265.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



株式主要指標(日経平均)03264.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

先月から、欧・米・中、各国の要人がなにかにつけて・・・

自国の財政政策、金融政策を正当化する際に
「日本の轍を踏まないために」を根拠の一つとし
国際世論と自国民の支持をとっていた。

そのたびに欧米中の施策が評価され(少なくとも悪材料視されず)、株価は下げ渋り
その分かなんか知らんが、変わりに日本株が過剰に弱含んでいたような気が...
(変則の裁定で225が売りの対象とされていたのは、それもあるのか?)

完全に日本が「悪い見本」とされていた。
日本が人身御供として差し出されていたような気もする。

特に米国。なにがデフレ懸念だ!
人口増、浪費癖ありのポジティブヤンキーでデフレになるはずないだろ!
良くも悪くも日本と同じになるはずがない!
と吠えても何の意味もありませんな○| ̄|_

尚、中国なんて、日本がいかに失敗し、その轍を踏まないようにするかを
研究するための特別チームがあるそうだ。
不動産バブル抑制政策の正当化と効果を実証するためだとか何とか...

気分は良くないが・・・
実際、この20年間株価は上がらず、むしろ下値切り下げ
ここ最近は、毎年首相が変わるような国では、仕方ない。

愚痴っても、僻んでも仕方ない。

日本国民としては、チクショウ!今に見てろ!
と、自分のできる範囲で各自頑張るしかない。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03263.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



ネックラインである9000レベルを割ったことで
下値模索中であることは確実。

誰がどう見ても、方向は下向き。

問題はその下値目途だが・・・

大きなところでは、昨年3月~本年4月の上昇に対する
61.8%押し8700円レベル。2/3押し8500円レベル。

08年3月17日11787円~08年6月6日14489円の上げ幅を
10年4月5日11339円から下げた水準である、8630円処。

この8500-8700レベルが、現時点での下値目途として意識されやすい価格帯。

近いところで見てみても・・・

A: 6月21日高値10251円
B: 7月6日安値9091円
C: 7月14日高値9807円

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03261.JPG

オーソドックスに見れば、下げてもここからあと300-500円程度。

100年に1度の危機が「また」あって
暴落に繋がったとしても、7000円台では止まりそう。
と見れば、仮に暴落でも、もう道半ばを過ぎていることになる。

週足、月足で大きくみても、調整ならば十分。
二番底としても、既にある程度の株価水準に達しつつある。

8000円を割れば、リーマンショック時のように
また日経平均3000円説が出てくるのかもしれんが・・・

現時点では、あくまでもドーピング切れによる「米景気減速懸念」。
(欧州ソブリンリスクも、中国経済鈍化懸念も燻ってはいるが...)

これだけで、リーマン破綻級の悪材料が出ることや
企業業績が当時を下回ることを想定するのも無理がある。

アノマリー的には、9月は最も下げ易い月であり
今無理して買う必要性は感じられないが・・・

下げるであろうから売る意識だけでなく
下げるのであれば買う意識も持って臨みたいところ。

買い場とは言えないが、買いゾーンかもしれないとは考えられる。

まぁ、売るも買うも人それぞれ、投資スタンス次第だけど(^^ゞ

 
12:30
クレハ、¥421にて打診買い。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約215億円が成立。市場では、投資家の注文は売りがやや優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4857億円、売買高は7億1303万株。

東証1部の値上がり銘柄数は801、値下がりは660、変わらずは197。

 
*** 追記 ***
13:57

一昔前なら「仕込む」とか「組み入れる」とかあったもんだが...
短期需給中心の相場で、売りか買いかという話だけになり易いですな。
まぁ、これが現代の相場。そういうモノとして見ていくしかないか...

14:17
先行きが不透明な中で、「割安」や「値頃」を唱えて買えば
引かされることが多いのが相場の常。

とはいえ、先行き不透明だと大騒ぎして売れば、踏まされるのも相場の常。

どちらにもならないよう、程良いバランスで見て取り組みたい。
まぁ、それが一番難しいんだけど^^;

14:39
昨日、一旦一巡感。
本日、一服感。
明日の前場、多少追証投げが出そうな予感。
(全て感です。特に根拠はありません○| ̄|_)

14:50
白川君海外出張で、円という遊び場が一時閉鎖となり、下げ一服。
穿った見方だが、そう見えないでもない。
(一部では、白川・バーナンキ会談への期待から円高一服との声も。)

15:13
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8955ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、ほぼ大勝。

前向きに買われ始めた雰囲気は全く感じられないが
やや巻き戻されたような感じが...

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03262.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚



8月25日の米国株式市場

ダウ平均: 10060.06 △19.61
ナスダック: 2141.54 △17.78
為替 NY時間17時: 84.58 -84.60
CME日経平均先物 円建て: 8910

米商務省が朝方発表した7月の耐久財受注額が市場予想ほど増えなかった。
同月新築住宅販売件数は前月比12.4%減の27万6000戸と過去最低水準に落ち込んだ。

企業の設備投資が鈍っているうえ、政府の減税終了により住宅市場の低迷が
長引くとの見方が強まり、午前は機械株や住宅株などに売りが先行した。
ダウ平均は一時100ドル余り下げ、前日に続き1万ドルを下回る場面があった。

ただ、前日までのダウ平均が4営業日続落で480ドル近く下げていたことで
割安感も意識されやすく、午後にかけては徐々に買い戻しや押し目買いが優勢に。

新築住宅販売の悪化については「前日の中古住宅も大幅減だったため、投資家が
ある程度の落ち込みは覚悟していた」との前向きな(?)見方もあり、好決算を発表した
大手住宅メーカーのトール・ブラザーズの上昇につれて、他の住宅関連株も上昇。
最近の安値圏で推移していたシスコシステムズなどIT株の一角も上げに転じた。

結局、ダウ平均は5営業日ぶりに反発し、前日比19.61ドル高となった。
ナスダックは3営業日ぶりの反発で、17.78p高で引けた。

業種別S&P500種株価指数は「消費循環」「ヘルスケア」など7業種が上昇。
「公益」など3業種が下落。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約11億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億7000万株(同)。

個別では、トールは6%近く上昇し、同業のKBホームやDRホートンも大幅高。
ホーム・デポは2%高となり、ダウ平均構成銘柄で上昇率首位。小売株は百貨店大手
のJCペニーなど総じて買われた。アナリストが投資判断を上げた工業用ガラス大手の
コーニングが高く、大幅増益決算を発表した豪英資源大手BHPビリトンのADRも上昇。
半面、格付け会社が前日夕にアイルランドの国債格付けを引き下げたのを受け
同国の大手銀アライド・アイリッシュ・バンクのADRが下げた。
ダウ構成銘柄では機械のユナイテッド・テクノロジーズやキャタピラーが安かった。

 

日本株式市場

ダウ平均は4営業日続落で480ドル近く下げ、昨日19ドルの反発。
日経平均は4営業日続落で500円超下落、本日小反発中。

昨日のCME225先物清算値は前日大証終値を80円上回る8910円となった。
ダウの上げ幅に比べればやや高い印象。

先週までは変則的な裁定取引の観測もあったが
(225売・S&P500買・ドル売・円買、真偽のほど不明)
水準は全く違うが、ようやく足並みが揃ってきた感はある。
(一時的なもの、単なる一服という可能性もあるが...)

では、切り返すのかと言えば、それも微妙。
日経平均は昨日まで4日続落で、日足も4日連続陰線。

今週の前日比下落幅を見ると
60円安、130円安、140円安と、下落加速傾向。

拡大、下降するボリバン-2σ(本日8850処)に順応する下げ。
売り過熱感は未だない。

売りの材料は日々出てくるが、買いのキッカケは掴めない状況でもある。

基本はショートだろう。
買うのであれば、よほどの計画と資金が必要か。


主要外国証券経由の注文動向:
売り2220万株、買い1190万株、差し引き1030万株の大幅売り越し。
売り越しは6営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:09

白川日銀総裁は、本日から30日まで、米出張。
これで今月中に、臨時日銀金融政策決定会合が開催される可能性は無くなった。
野田財務相も、28日の北京での経済対話に参加予定。

外為市場で「遊びの通貨」と揶揄される円だが
白川、野田不在で遊べなくなり、円買いが一時的に止まるのかも(-_-メ)

10:39
7月以降で日経225先物で80000枚超の商いとなったのは
7月1日、7月16日、8月12日、昨日の計4日間だけ。
傾向としては、「一旦」売り枯れの気配を見せているが、今回はどうか?

11:02
特に何もなく、一旦・一服感漂い前引け。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03260.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2