ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】
SGX・CME225見放題!WEB上で口座開設申込&審査完了!
先ずは仮想資金1000万円での無料デモトレードから!


株式市場は経済指標に一喜一憂しながら、戻りを試す展開。
一方、債券市場が経済指標に大きく反応していない。

その理由として・・・
7月半ばからのバーナンキや一部地区連銀総裁の発言(景気下振れへの懸念)
8月3日WSJの「来週のFOMCでMBSや国債の買い入れ検討へ」などが挙げられている。

来週のFOMCでFRBが追加金融緩和に踏み切るとの観測は根強い様で
米国株は戻しているが、米国の金利が依然低いのはこのためらしい。

尚、この思惑によりドル安(円高)傾向が強化されている。

今年11月に米国は中間選挙があるため、財政赤字大幅縮小と
輸出振興・経済成長戦略を掲げるオバマとしては、緩やかなドル安は歓迎。

ドル安(円高)の地合いが続きそうに見える。

日本国内では、円高圧力によるリスク回避の姿勢で日本国債が買われ
8月4日には国債利回りは前日比0.025%低下し0.995%に。
2003年8月14日以来の1%割れとなった。

リスク資産(株)から、安全資産とされる国債に資金が向かい
円高も手伝い、然るべくして、8月4日の東京株式市場は全面安。

昨日・本日と、日本株は戻りを試しているが上値を買うような動きは見えず
米株と比べると見劣りする揉み合いとなっている。

 

常識的には、市場の金利水準=経済の状況。
これだけ金利が低下した=経済活動が相当弱っているということ。

過去の10年金利1%を割れを振り返ってみると・・・

1998年9月~11月
(長銀破綻など日本で金融システム崩壊が叫ばれた時)

2002年12月~03年7月
(大手銀資本不足問題(りそな銀行に公的資金注入)や、欧米金利の大幅低下)

現在の金利水準を基準に考えれば・・・
今はこれらの状況と同じくらい悪い経済状況ということになるが、それほどなのだろうか?

「100年に一度の危機」だとすれば、常識的に考えることは危険だが
死語となりつつある「100年に一度の危機」を、未だに真顔で話す向きは限定的。
ましてや 「100年に一度の危機」を根拠にポジを組む機関投資家は、尚更限定的。

しかし、この低金利水準が容認されている。

この様な状況が長続きするとも思えず。。。

株価が、これから金利(経済)水準に合わせるように急落するか・・・
金利水準が、これから株価に合わせるように急騰するか・・・

どちらかになると見るのが無難な気がする。

尚、過去2回(1998年9月~11月、2002年12月~03年7月)では
異様な低金利水準の後は、後者の動きとなった。

個人的には、政策バブル(昨年~本年4月頃)崩壊
そして現在の【債券バブル】となっている気がする。

債券バブル継続なら、株価の戻りは限定的、急落もあり。
しかし、それも長続きせず...
債券バブル崩壊で、株価急騰もあり。
(そして、それも長続きせず...)

そんな見方も出来るが... ドウナルコトヤラ

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約171億円が成立。
市場では、やや買い決め(投資家の買い・証券会社の売り)が優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5517億円、売買高は同8億6939万株。

東証1部の値上がり銘柄数は860、値下がりは598、横ばいは198。

 
*** 追記 ***
13:44

株先・債先の裁定が活発化して、値動きが早くなっても、所詮は裁定。
結局はいってこいでニュートラル。そんな相場にもなり易いか。

14:06
日柄的には、今日か週明けに動いてもオカシクはないが
雇用統計受けても動かないんじゃないか... そんな気も。FOMCが控えてるし。

となると、FOMC受けても動かないような気もしてくる。次の変化候補日8月16日頃だし...

油断しちゃマズイが、適度に脱力して臨みたい。そんな8月相場。

14:36
楽観もなく、悲観もなく、ただただ日柄消化中?
9月に備えるだけという一カ月?

悪くいえば、どっちらけ相場。
よくいえば、やや安定感も見えてきた相場。
普通にいえば、見送り・見極め・市場参加者増加待ちの相場。

14:57
誰もポジ傾けられず、目先でやるか、裁定でやるかの二択になっているような感じ。
こんな相場でポジ積んで負けたら、プロなら恥ってこともあるんでしょうな。

15:13
先物、ノートレ、ノーポジ。
現物、含みベース週初比微勝ち。
トータル、微勝ち。

6月21日~7月6日揉み合いの中値(9670)レベルで8月第一週を終えた。
このレベルには7月SQ値(9636)も、日足雲下限、週足転換線もあるし
売り方としては「このレベルまでか」、買い方としては「まぁこんなもんか」が大方の印象か。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03202.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした!良い週末を♪
  

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

不可解な株式市場の動きを金先物、原油先物から探る!
商品先物会社No.1の【ドットコモディティ】!圧倒的な情報量 年間2500本超のレポート配信!
外為市場、株式市場、先物相場の情報取り用としても秀逸!小生も使ってます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト





少し早い夏休みを頂戴し、更新お休みさせていただいていましたが
本日から再開します。よろしくお願いいたします○| ̄|_


8月5日の米国株式市場

ダウ平均: 10674.98 ▼5.45
ナスダック: 2293.06 ▼10.51
為替 NY時間17時: 85.83 -85.85
CME日経平均先物 円建て: 9595

昨日に発表となった週間の新規失業保険申請件数は
前週比1万9000件増の47万9000件と予想外の増加。4月初め以来の高水準となった。

米主要小売り大手28社が発表した7月の既存店売上高が、全体で前年同月比2.9%増
(ロイター纏め)と市場予想3.1%を下回ったことも、景気不透明感から相場の重しに。
小売り株では、売上高が市場予想に反して減少した百貨店のJCペニーが大幅安。

1-6月期決算を受けて英銀大手バークレイズのADRが大幅安となり
バンカメなど大手米銀株がつれ安し、ダウ平均は一時67ドル安まで下げ幅を拡大。

ただ引けにかけては雇用統計前に持ち高を一方向に傾けたくないことなどから
参加者が売り持ちを解消したとみえ、ダウ平均は前日終値近辺に下げ渋った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約8億7千万株(速報)
ナスダック市場は約17億5千万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「IT」など4業種が下げ、「素材」などの6業種が上げた。

個別では、既存店売上高と併せて5~7月期の1株利益が従来見通しの下限に
なりそうだと明らかにしたJCペニーは7%超下げた。売上高が市場予想を
下回った百貨店大手ノードストロームも安い。バークレイズのADRは4%下げて終えた。
7月の既存店売上高が市場予想を上回った衣料品大手ギャップが上昇。
売上高は市場予想に届かなかったが、ディスカウントストア大手ターゲットも高い。
売上高が市場予想を上回った百貨店大手メーシーズも上げた。

 

日本株式市場

ノンビリとフラフラと小旅行に行っていて
今週は完全に相場から離れていたために
あまり状況がよくわからないのだが...
(私の場合、相場に密着していてもよくわからないが(^^ゞ)

帰宅して読み込んでみた感じとしては、今週の主な材料と商いは三つ?

1. 8月4日の国債利回りは0.995%(前日比0.025%低下)。
  2003年8月14日以来の1%割れ。

2. 雇用統計→来週のFOMC→追加金融緩和観測(期待)
  この思惑による、ドル安円高。

3. 2と被るが、雇用関連の指標を材料とする目先筋の売買。
  先物短期筋のマネーゲーム(ドル円・225のアルゴ含む)

振り返ってみても、今週は特になにがあったという感じもしない。

どこを見ても、こんなもんかという気がする。

米経済指標に振らされ、右往左往。しかし、結局いってこい。
チャート的に収斂しそうな9500-9600レベルで雇用統計を迎える格好。
旅行前の妄想が「当たった」。
(当たった外れたとういうレベルの低い話で申し訳ない○| ̄|_)

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1170万株、買い4380万株、差し引き3210万株の大幅買い越し。
買い越しは8営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:58

東京地方は相変わらず蒸し暑いが...
日本全国暑いのかと思っていたが...
ちょっと東京を離れて、高原とか行くと、かなり涼しく快適。

当たり前のことなんだけど、行って、見て、感じてみると違うことって結構ありますな(^_^;)

NEC_0156.jpg NEC_0170.jpg

↑こんな感じのところ行ってました。ユリが満開♪
(携帯で画質悪いけど、実際は綺麗でしたw)

10:16
週初8月2日の日足実体部分が9580-9560。
週末の本日もそのレベルでの揉み合い。
週の半ばに、それなりに値は動いたらしいが、結局変わらず。
休んでよかった。そんな一週間。

10:50
見ていないと分からず危険だが
見ていても分かるとは限らず、分かった様な気になるのも危険。
程良く距離を取り見るのが、そして冷静に行動するのが無難なんでしょうな。。。
それは相場に限らず、モニターと目の距離、その他もろもろ全てに言えるかw

11:02
転換線(9615)まで戻して前引け。
水準にもチャート形状にも変化なし。揉み合いの範囲内。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03201.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2