ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


アノマリーだが・・・
9月は年間で最も下げやすい月と言われている。

ダウ平均の9月の月間平均パフォーマンスは
過去10年間で、12カ月中最悪のマイナス2.9%。

ただ、10月~12月は4Qの業績への期待感から、先回り買いが強まるケースが多く
パフォーマンス(10月+1.17%、11月+1.51%、12月+0.99%)は年間でも良好。

日経平均も、9月は1990年以降で陽線となったのは、たったの4回。
1年で最も陰線になりやすい月だ。

為替も、8月以降はドル安・円高になりやすい。
概ね、年間のドル安値・円高値は10~12月頃に形成することが多い。

売り方の心の支えの一つとなっているのは、この辺りもありそうw

 

今月、市場で話題になっている「ヒンデンブルグ・オーメン」

如何にも年間で最も下げやすい9月相場の前(8月)に出てきたなという売りネタ。

この「ヒンデンブルグ・オーメン」というのは、テクニカル分析の1つで
暴落の前兆と言われている(←正確には、米系証券がそうアピールしている)

 
以下が、そのヒンデンブルグ・オーメン、暴落の条件。

1. ニューヨーク証券取引所で、52週の高値更新銘柄数と
  52週の安値更新銘柄数の双方が、NYSE総取引銘柄数の2.2%を超えている。

2.  この2つの数字うち、小さい方が75より大きい(絶対条件ではない)。

3.  NYSEの10週移動平均線が上昇している。

4.  同日にマクレラン・オシレータ(騰落統計数の平滑化された
   差に基づくモメンタム系指標)が負数を示している。

5.  52週最高値数が、52週最安値数の2倍を越えない(絶対条件)。

この「ヒンデンブルグ・オーメン」が確認されると
株価の5%以上の下落確率は77%。

通常は40日以内に発生。パニック売りの確率は41%。
主要銘柄は24%の確率で暴落するとされている。
 

現在、このヒンデンブルグ・オーメンが確認されているわけだが・・・

過去の大幅下落をチャートで辿り、テクニカルで後付けしたように見えないでもない。

しかも、40日以内に5%以上の下げが77%の確率って・・・
テクニカルを強引にこねくり回したわりに、大した精度でもない気が(^^ゞ

市場の一部で、チャートもテクニカルも通用しない恐怖の暴落がやってくるぞ!
と、この「ヒンデンブルグ・オーメン」を根拠として語る向きがいるが・・・

「おぃおぃ、ヒンデンブルグ・オーメンってテクニカルだぞ!」と突っ込みたくなってしまうw

まぁ、なにかのキッカケ(経済統計等)で下げた場合に
この「ヒンデンブルグ・オーメン」が売り方の背を押し
買い方の恐怖を増幅し、下げ幅拡大要因となるのかもしれないが・・・

この手の売りネタって、下げが先か・ネタが先か、卵が先か・鶏が先か的なところがある。

市場で注目されている以上、「ネタ」として無視はできないが
これを根拠に売買したいとは個人的には思わない。

最も下げやすい9月相場に合わせて出してきたようにも見える。

尚、この「ヒンデンブルグ・オーメン」、本年6月にも何回か(4回?)出ている。
そして今月も出ている。6月はさほど話題にならなかったが、さて今回は?
 

12:34
菅首相が27日中に記者会見し、円高対策の対処方針を表明すると報じられ
円が対主要通貨で弱含み。しかし、東京株式市場は、売り方の買い戻しの領域を出ず。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約244億円が成立。市場では、売り買い中立との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4871億円、売買高は7億3803万株。

東証1部の値下がり銘柄数は831、値上がりは658、横ばいは175。

 
*** 追記 ***
13:35

一国の首相が、現在のマーケットの国内最大のテーマに関し会見を開くといっているのに
ドル円84円台半ばまでしか戻せず。信用の無さですな(T_T)

一方、株式市場はそれなりに戻しているが、ニューロングが入っているようには見えず。
売り方の一人芝居(買い戻し)か。売り方だけで回っているような感じ。

13:51
年金系の買い観測もあるようで、それなりに出来高も出来てきましたな。
また空振りでも政府の所為だし、買い易いのかw 勘繰り過ぎか○| ̄|_

14:18
下げて悲観なし、上げて楽観なし。
所詮特定筋、目先筋、特に売り方の一人芝居、いってこい。
冷静というと聞こえがいいが、人としての感情が死んでいるような気がする><

14:37
7月6日の様な足になりそうで、期待してしまいそうなところだが・・・
自国の首相の会見、期待しなければ非国民になりそうだが・・・
なんとも○| ̄|_

まぁ、私の様な懐疑的な向きが多ければ、需給はロングに傾かない。
首相を信用できないのは、一国民として申し訳なく思うが・・・
これは相場参加者としては正しい姿だろう。タブン○| ̄|_

14:49
個人投資家が「単純な情報」に踊らされ売買に走るのはなぜか

を、マネージンにてUPしました。投資初心者様の一助となれば幸いです。

売りの根拠があって、然るべくして売られ、下げているのか?
下げたことで弱気が増え、もっともらしい売りの根拠の後付けで、更に売りが増えるのか?
大抵の場合その両方、時としてスパイラルで下げ幅拡大。

「円高」も、「政府日銀の無策」も、「ヒンデンブルグ・オーメン」も、そんなもんかも。。。

15:13
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8955ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

政府が言うとおり「慎重に見守る」が正解となった一週間。
(投資家に向けた言葉だったのか(^^ゞ)
問題はここからですな。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03266.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

スポンサーサイト





8月26日の米国株式市場

ダウ平均: 9985.81 ▼74.25
ナスダック: 2118.69 ▼22.85
為替 NY時間17時: 84.43 -84.45
CME日経平均先物 円建て: 8835

朝方発表となった新規失業保険申請件数が前週比3万1000件減の
47万3000件となり、市場予想の49万件を下回ったことで
米国市場では、米雇用情勢への過度の警戒感が一旦後退。

ダウ平均は、前日に5日ぶりの反発となった流れを引き継いで上昇して始まった。
しかし、申請件数自体は高水準にあり、なお見極めが必要との見方が次第に広がった。

27日発表の4-6月期の米実質GDP改定値が速報値から
大幅に下方修正されることを警戒した売りが優勢となった。

バーナンキが27日の講演で、今後の米金融政策について言及するとの
思惑が広がっており、講演を前に持ち高調整の売りも出やすかったとの声も。

ダウ平均は、7月6日以来約1カ月半ぶりに終値で1万ドルを下回って終えた。
ナスダックも、7月6日以来の安値で終えた。
S&P500種株価指数は1050pの節目を下回り、7月6日以来の安値となった。

業種別S&P500種株価指数は全10種のうち「素材」を除く9種が下落。
「IT」や「エネルギー」の下げが目立った。

ダウ構成銘柄は、ボーイングとホーム・デポを除く28銘柄が下げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億5000万株(速報値)
ナスダック市場(同)は約17億7000万株。

個別では、ソフト会社買収を発表したネットワーク機器大手シスコシステムズが
2.4%下落し、ダウ構成銘柄で下落率首位。ドイツの半導体大手インフィニオン・
テクノロジーズの一部事業買収を検討中と報じられた同業のインテルも安い。
ストレージメーカーの3PARがデルによる買収価格引き上げを受け入れると発表。
スリーパーは2%余り下落し、デルは小安い。
9月初めに携帯音楽プレーヤーの新機種を発表するとの観測が出たアップルは1%安。
減益決算を発表したカナダの大手銀ロイヤル・バンク・オブ・カナダは2%超下げた。
提携先のマツダと運営するタイ工場への追加投資などを発表したフォードは安い。
一方、アナリストが利益見通しを引き上げた航空機のボーイングは約1%上昇。
保険、リース等を手掛ける中堅金融会社のウェスコ・ファイナンシャルが約12%急伸。
ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社が同社に全株取得を提案する意向を示した。

 

日本株式市場

目新しい悪材料はないが、何かが出るたびに売りが出る
何もなくても思い出したように売りが出る、懸念先行の展開。

ポジションがロングに傾かず結構なことだが・・・
日中に公的の買いなどで下げ渋っても
翌日の寄り付きでアッサリそれを下回るため
センチメントは日々悪化する傾向にある。

政府日銀への期待感もない。

日銀の追加緩和、為替介入が実施されたとしても
市場に対する効果は限定的というのが、大方の見方。

日銀の追加緩和は10兆円程度の規模が想定されているが
広義流動性残高は1455兆円であり、10兆円はその0.7%に過ぎず
介入の意味・効果はないとの見方が優勢となっている。

チャートからも先安観が見え
買いが入らず、売りが積み上がり易い状況。

まぁ、買いが積み上がっている状況でもなく
地合いが悪くなるほどショートは積み上がるので
それはそれで、今後を考えれば悪くはない。

ここまで来たら、買い方に変な期待が膨らまず
売り方だけで相場を回してもらった方がよさそうな気がw


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1870万株、買い1250万株、差し引き620万株の売り越し。
売り越しは7営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:59

ダウの1万割れも、225の9000割れも、まぁそんなもんかという感じだが
S&P500が1050-1101pのレベルを割ったのは、かなり気掛かり。
まだ決定的ではないが... 正念場ですな。

10:29
リーマンショックで7000円台経験しちゃってるってのが
国民、投資家にとっても、政府日銀にとっても良くないのかもしれませんな。

9000円割れでも、二番底っていうより、二番煎じって感じで
インパクトが弱く、危機感が湧かない><

11:02
静かな前引け。
今日あたり追証投げ出るかと思ったのだが、特に見られず。
痛くないのか、耐えているのか、いないのか...

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03265.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2