ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!


株式主要指標(日経平均)03273.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

7月の鉱工業生産は前月比0.3%増。市場予想の前月比0.2%減少を上回った。
8月の予測値は前月比1.6%増で、9月予測値は前月比0.2%増。
経済産業省は、生産は持ち直しの動きで推移、足踏みの動きもで据え置いた。

しかし、本日の日経平均は325円安の8824円。
ほぼ安値引けで年初来安値を更新。

政府日銀に批判が集まっているが・・・
少なくとも、私よりは「頭がいい」連中が考えて決めた結果が、これ。

そもそも、この状況下では、日銀の問題ではなく財務省の問題。

仕方ないと思うしかない。私には批判する資格はない。
ただ、愚痴の一つは言いたくなる。ということで... 以下○| ̄|_
 

昨日の臨時会合での金融緩和策は新型オペの拡充に止まったが
これに関しては、一応最低限の市場の期待には応えた格好。

しかし市場は、ネガティブに反応。
昨日の日銀の追加緩和策の発表前、ドル円は一時85.91円をつけたが
発表後は円高再び、本日は一時84.05円を付けた。

期待してなかったのに、失望だけは一丁前。
あまりロジカルとは言えない、イケイケドンドンの投機筋の円買いに見える。

ただ、このイケイケドンドンを招いたのは、政府日銀の下手な発言。

昨日、白川君は「わざわざ」予定を早めて臨時、緊急帰国。
「臨時」「緊急」「決定」会合を開いて、市場予想通りの決定。
なんのために、わざわざ予定を早めて帰ってきたのか、呆れた向きは多かったハズ。

しかも白川君が、「FRBは追加緩和を行っていないが、日銀は先取り的
前倒し的に追加緩和を実施した」と述べた点が、円買いの決め手となった。   

トドメは、白川君が「国債の買い取りは現在の水準が最適」と表明したこと。

FRBとECBが「非伝統的手法」「量的緩和」による金融緩和へ再び舵を切り始めている中
総裁自ら「国債の買い取りは現在の水準が最適」と表明してしまっては・・・

投機筋は自信を持って円を買える。
昨日も書いたが、全く「含み」を残さない中央銀行のTOP...
投機筋にとって、円が世界最大の安心な遊び場となるのも已む無し。

「もしかしたら、なにか追加でやるのか!?」との含み、思惑を残さないとは・・・
無防備で相場という戦場に放り出すようなもの。日銀も酷いことしますな;;

あまりにもお粗末、あまりにも円買い安心感、株売り安心感が漂うので...

22:18~22:19
日経225先物mini12月限、¥8755にて打診ロング。
過ぎたる安心感に逆張り。ただ、スケジュールが微妙なため、あくまでも打診。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03275.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

スポンサーサイト





8月30日の米国株式市場

ダウ平均: 10009.73 ▼140.92
ナスダック: 2119.97 ▼33.66
為替 NY時間17時: 84.63 -84.65
CME日経平均先物 円建て: 8985

30日朝発表の7月の個人消費支出は前月比で増えたが市場予想並み。
企業のM&A発表が相次いだが、市場への資金流入を好感した買いは限られた。

ダウ平均は前日終値を小幅に下回り取引を開始し、その後、徐々に下げ幅を拡大。

取引終盤にかけてさらに下落ペースを速め
目立った材料がないなか、大幅下落となった。

エコノミストの間では、3日に発表される米雇用統計で
非農業部門の雇用者数が10万人余り減るとの予測が多い。
また、ISMの8月の製造業景況感指数も前月から悪化が見込まれている。

今週発表の米経済指標が低調な内容になるとの警戒感が強く
金融や半導体など業績が景気動向に左右されやすい銘柄に売りが出た。

米国市場では様子見ムードが強まり、今年最も薄商いとなり
先週末の大幅上昇を受けた利益確定売りの影響を受け易かったようだ。

業種別S&P500種株価指数は「金融」など全10業種が下げた。
ダウ構成銘柄はヒューレット・パッカードを除く29銘柄が下落。
小売りのホーム・デポや、金融のバンカメなどの下げが大きかった。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約8億2000万株(速報値)
ナスダック市場は約15億4000万株(同)。

個別では、アドバンスト・マイクロ・デバイスやテキサス・インスツルメンツが
大きく下げた。景気減速懸念に加え、前週に同業のインテルが売上高見通しを
下方修正したことが重荷になった。
独半導体大手の携帯電話用半導体事業を買収すると発表したインテルが2%余り下落。
生体認証システムを手掛けるコジェントを買収すると発表した化学のスリーエムも
売られ、それぞれダウ平均を押し下げた。
米バイオ製薬のジェンザイムに185億ドルで買収提案した仏製薬大手サノフィ・
アベンティスのADRも安い。インターネット電話のスカイプ・テクノロジーズに
買収提案すると一部で報じられたシスコシステムズも下落した。
半面、買収対象のコジェント、ジェンザイムは買われた。HPは約1.5%高。
自社株買いの発表に加え、外部記憶装置メーカーの3PAR買収を巡るデルとの
競争が有利に運んでいるとの見方も買いを誘った。デルも上昇。
買収価格つり上げが一服する可能性を意識してスリーパーは下げた。

 

日本株式市場

雇用統計を受けて再び金利急低下となるのか?
今週の、最大の焦点だろう。

昨日の米株は特に何もない中、雇用統計他、経済指標悪化を「懸念して」大幅下落。
米長期債は、再び急低下した。先週末のバーナンキの追加緩和宣言が効いた格好。

米: 金融政策の軸足は長期債の買い入れ増額。(これにより長期金利低下を目指す)
日: 日銀による短期金利押し下げ措置で、円高圧力を緩和する効果を期待する。

これでは勝負にならない。
円高が止まらないのも已む無しか(-_-メ)

しかも、9月3日に発表される8月の雇用統計が弱ければ
9月21日に開催されるFOMCで追加緩和が確実視されるようになる。

これではドル安円高の流れを反転をさせることは、かなり難しそうだが・・・ドウナルコトヤラ
 

以下、各国中央銀行の印象  (小学生の通信簿・備考欄 編)

FRBくん

身勝手、他者への配慮を欠く印象は拭えないが
皆(マーケット)との対話が上手。常に合格点は取ってくれる。

中国人民銀行くん

成り金。手段を選ばず猛進。図体と態度がデカく、困ったチャンだが
将来のエースに、誰もはっきりダメとも、キライとも言えず。

日銀くん

この20年間合格点をとったことが数えるほどしかない。遅刻癖あり。
昨日も「先取り的に手を打った」と本人は言っていたが、どう見ても「後手」。
最近は、「日銀のようになるな!」がクラスメートの合言葉。

ECBクラス

出来る子と出来ない子を一緒にして、同じ通貨と政策で進めようとする壮大な実験教室。
ウソをついたりする豚さんがいることが難点。アリとキリギリスも同居している。

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1160万株、買い1040万株で、差し引き120万株の売り越し。
売り越しは2営業日ぶり。金額ベースは売り買い均衡。

 
これから、健康診断へ行くので、これにて日中の更新終了させていただきます○| ̄|_
皆様の健闘と幸運を祈ります!
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在21位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2