ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
 

9月29日の米国株式市場

ダウ平均: 10835.28 ▼22.86
ナスダック: 2376.56 ▼3.03
為替 NY時間17時: 83.68 -83.70
CME日経平均先物 円建て: 9530

この日は特に経済指標の発表もなく、狭い値幅での揉み合いに終始。

債務危機問題が嫌気され、欧州株が軟調となっていたことや
米株では主な指数が5月以来の高水準とあって
高値警戒感などから利益確定売りが優勢となった。

ただ、米国の追加金融緩和への期待から、下値は限られた。
原油先物相場が上昇したため、エネルギー関連株の一角が買われて相場を支えた。

業種別S&P500種株価指数は「素材」「金融」など8業種が下げた。
「エネルギー」と「IT」は上昇した。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億1000万株(速報値)
ナスダック市場は約20億8000万株(同)。

ダウ構成銘柄では化学大手デュポンやアメックスの下げが目立った。
JPモルガン・チェースも安い。米メディアが、住宅差し押さえに関する
書類に不備があり差し押さえを一時的に停止する可能性を報じた。
複数のアナリストが1株利益見通しを引き下げたモルガン・スタンレーが小安い。
アナリストが目標株価を引き上げたアマゾン・ドット・コムは、過去1年の高値を
更新した後、小安く終えた。前日夕に米海軍から航空機などを受注したと発表した
ボーイングが2%以上上げ、ダウ平均の構成銘柄で上昇率首位。前日夕に発表した
11年10月期通期の業績見通しが市場予想を上回ったヒューレット・パッカードも高い。
朝方発表の四半期決算で1株利益が市場予想を上回り、通期の利益見通しも予想
以上だった、ディスカウントストアのファミリー・ダラー・ストアーズが上げた。

 

日本株式市場

日経平均は、9月初から半月で約900円の上昇を見せたが・・・

直近6営業日(本日含む)は、横這いの5日線に沿うように
拡大の止まりつつあるボリバン+1σに支えられるように
実体部分の小さい日足が並んでいる。

健全な日柄調整にも見えるし、一段高に向けての踊り場にも見えるが
上昇力減衰にも見え、短期的には一相場終わったようにも見える。

現時点では、上とも下とも言い難い。

25日線(現在9215処)は上昇を続けている。
転換線は本日9505へと大きく切り上がったが・・・
このレベルには切り下がる雲上限(9550)が。
同レベルには、下落基調が続く100日線(9495処)も。

9月上旬の上昇率を考えれば、当然の一服も
ここにきて、意識され易い節目に頭を抑えられている。

ここからは中期トレンドへの思惑が高まるところか。

9500-9600レベルを上に放れ、その後このレベルのサポートが確認されれば
中期的上昇期待、押し目買いとして買い易いが・・・
今ここからロングポジションを積み上げるのは、少々躊躇われる。

金融相場再び!に期待して買われる場面もありそうだが・・・
それに期待して買われた場合、その反動は大きくなりやすい。

 
昨日発表された日銀短観を見るまでもなく
10-12月期の企業業績には不透明感が。

本日発表された8月の鉱工業生産は、前月比-0.3%。
事前予想平均の+1.1%を下回った。

米下院本会議が対中制裁法案を可決し、中国の反発は必至。

難しいところですな(-_-;)

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1630万株、買い2200万株、差し引き570万株の買い越し。
買い越しは4営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:29
為替介入があるとすれば、本日(期末)なんだろうけど・・・
なんかなさそうな雰囲気(-_-)zzz
今月中旬以降、円高というよりドル安だし、日銀も大義なく動けん状態?
まぁ、それでも82円台にでもなれば、また介入するんだろうけど。

10:38
上海市場は国慶節で明日から7日まで休場。
中国を材料に買う動きも限定的となりそう。

所用につき出かけるので、本日ザラ場の更新は、ここまでとさせていただきます○| ̄|_

少しでも多くの方にとって、よい一日となりますよう祈りつつ、行ってきます!
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

スポンサーサイト



 

株式主要指標(日経平均)03353.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

仮に、期末要因、アルゴ中心だとしても・・・
本日は、【期待感】から買われるという面も見られた。キガスル

米国では、経済指標悪化で次回のFOMCでの追加緩和期待が盛り上がった。

日本では、日銀短観で12月予測値が悪化したため
10月4~5日の日銀金融政策決定会合での緩和措置期待が高まった。

日米共に「FRBがなんとかしてくれる」、「日銀がなんとかすんだろ」
との期待感から、経済指標悪化も、ドル安(円高)も売りが膨らまず...

相場としては良くある話だが、ここ最近では珍しい展開となった。

「FRBがなんとかしてくれる」は、ヤンキーの常套句だが、次回のFOMCは11月2-3日...

そして、意外と言っては失礼、非国民となるかもしれないが... 日銀にまで期待が乗った...

相場も変われば変わるもんだ(^^ゞ

いや、相場が変わったわけじゃなく、センチメントが変わっただけか...
ようワカラン、再び金融相場特有の相場つきになってきた様にも見える...

しかし... ワカランと分かっていれば対応は出来る♪

一番恐ろしいのは、分かった気になって、過剰なポジションを取ること。

どう動いてもいいように、頭とキャッシュに余裕を持たせたい。
そんな局面の様な気がする。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03354.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

9月15日
史上最大の為替介入で大陽線、雲に突中。

9月21日
雲上限レベルで頭を抑えられた。
 

9月15日~9月21日
日経平均は+2σに沿った上昇を見せた。


9月24日
ギャップダウンで5日線を割ったが
介入第二弾観測(真偽のほど不明)により、雲下限、転換線レベルで支えられた。

9月27日~本日
横這いの5日線に支えられ、上昇する+1σに支えられる推移。
しかし、バンドの拡大は一服。ややトレンド喪失感も。
 

チャートテクニカル通り、短期上昇トレンド継続中。
なんの変化もない。売りで勝負する処でもなさそう。

ただ、チャートテクニカル通りに見ると・・・
上昇力は減衰しているようにも見える。

DMIのADX(トレンド性)がピークアウトするタイミングであり
中期的にはトレンドレスともなり易いところ。

テクニカルに過熱感はないが・・・
8月31日の短期底から17営業日目が9月27日。

9月27日から本日まで、水準変わらず揉んでいるが・・・
中間の押し目を形成してもオカシクはないタイミング。

遅行スパンは、過去の横這いの雲下限に沿った動き。
雲上限は明日から10月中旬まで下降を続け、10月末にはネジレが生じる。

日経平均は、もう一段高(9700-9800)あってもオカシクない短期形状だが
8月末からの急ピッチの上昇を考えると・・・
2週間程度の日柄調整や、9200-9300レベルへの値幅調整はあってもオカシクはない。

上がるのか下がるのか、何とも言い難いところであり、ここから一勝負というよりも・・・
9200・9300~9700・9800まで引きつけてから手掛けるのが無難に思える。
個人的には、その仲値、現在の9500-9600でポジションを積み上げたくはないところ。

まぁ、どう取り組むも、スタンス次第、人それぞれだけど。。。

 
尚、後場寄り付きから買われているが、これは、ダウジョーンズ通信によると・・・
HSBCが発表した9月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が
前月から上昇し、買い安心感につながったためと言われている。

 
13:01
クレハ、¥450にて利益確定売り。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約434億円が成立した。市場では、投資家の注文は買いがやや優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で7588億円、売買高は10億1533万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1162、値下がりは319、変わらずは176。

 
*** 追記 ***
13:53

早くも1兆円近い商い。
期末要因にしても、アルゴ中心だとしても、結構買われた感が・・・

一部銘柄に買われ過ぎ感も漂うが・・・
これまでの売られ過ぎの反動と見れば、こんなものなのか。

期待先行し過ぎの様に見えないでもないんだが...

14:06
問答無用で債先上昇・株先上昇。
なんか今日は珍しい動きが多々見られる。

大相場に向けての基点となるのか、ここで(短期)一相場終わるのか...
そんな極端な結果となりそうな気が。。。

14:20
そういえば、本日の前場、先物が売られた場面があったが・・・
あれは「欧米でテロ攻撃の可能性」との海外メディアの報道に反応したもの
と、かなり遅れて、後付けで解説報道がなされていた。何がどこまで本当なのか(>_<)

なにか、色々と... 珍しい一日の様な気がしてならない。
珍しいというか、釈然としないものが多い一日。
(↑ 注: 心理的バイアス掛かってます○| ̄|_)

14:55
本日は、それなりに現物の商いが出来たが
9月24日以降、日足の実体部分が殆どない傾向に変わりなし。

15:13
先物、含みベース微勝ち。(9595ショート持越)
現物、決済ベース微勝ち、含みベース前日比微勝ち。
トータル、ほぼ大勝。

う~ん... なんとも... なんだかなぁ...
なにかの変化なのか? なんか変だよな...
まぁ、こんなこと、月一程度でよくあるけど...
そんな煮え切らない一日(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03352.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

9月28日の米国株式市場

ダウ平均: 10858.14 △46.10
ナスダック: 2379.59 △9.82
為替 NY時間17時: 83.85 -83.87
CME日経平均先物 円建て: 9485

昨日発表された経済指標はどれも振るわない結果となった。

コンファレンス・ボードが発表した9月の消費者信頼感指数は48.5。
前月の改定値(53.2)から大幅に悪化し、市場予想を下回り今年2月以来の水準。

7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は前年同月比の伸びが前月から鈍化。
9月のリッチモンド連銀製造業景況指数も悪化。

素材株など景気動向に敏感な銘柄に売りが出て
ダウ平均は、一時前日比83ドル安と下げる場面もあったが、結局、米株は反発(^^ゞ

弱い経済指標→FRBの追加金融緩和観測となり、株式は買われた。

好決算を発表したドラッグストア大手のウォルグリーンや、同業の製薬会社買収を発表
したエンド・ファーマシューティカルズ・ホールディングスが共に急伸。相場を押し上げた。

一方、ドルは下落。(ドル安を受けた資源・エネルギー株は買われた。)

ニューヨーク金先物は終値で初めて1300ドルの大台乗せ。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇。
「ヘルスケア」「エネルギー」「消費安定」の上げが目立った。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億3000万株(速報値)
ナスダック市場は約21億1000万株(同)。

個別では、IT関連ブログ運営会社を買収すると発表したAOLが買われた。
アナリストが投資判断を引き上げた住宅のパルトグループも堅調。
ダウ構成銘柄では、ファイザーやインテル、アルコアがそれぞれ1%余り上昇。
半面、「ブラックベリー」を手掛けるリサーチ・イン・モーションが大幅安。
前日夕に多機能携帯端末の新製品を発表したが、投入が年末商戦に間に合わない
ことが嫌気された。前日夕に発表した売上高見通しが市場予想に届かなかった
電子機器製造受託サービス大手、ジャビル・サーキットも安い。

 

日本株式市場

9月日銀短観の大企業製造業の業況判断DIはプラス8。
市場予想平均のプラス7を上回った。

プラスは10年6月調査に続き2期連続。6月調査はプラス1。
12月の予想業況判断DIはマイナス1。

大企業・製造業の10年度為替前提は1ドル=89円66銭
(上期89円90銭、下期89円44銭)

6月調査では1ドル=90円18銭(上期90円20銭、下期90円16銭)。

大企業非製造業の業況判断DIはプラス2。前回調査から7ポイント改善。
12月予想はマイナス2。

大企業全産業の10年度設備投資計画(含む土地投資額)は前年度比2.4%増。

中小企業の業況判断DIは、製造業がマイナス14と前回から4ポイントの改善。
非製造業はマイナス21で同5ポイントの改善。
12月予想は製造業がマイナス22、非製造業がマイナス29。

足元は悪くはない。
注目された前提為替レートは甘い。
先行きはなんとも言い難い。

ざっくり見るとそんな感じだが、解釈次第
来週見込まれている日銀の追加緩和の政策決定次第といったところ。

(足元が悪くないことで、来週の日銀への政策期待がやや後退とも見られる。)

昨日は米国で追加金融緩和観測が台頭し金利低下を受けドル安が加速。
9月15日の介入後、初めて1ドル83円台で戻ってきた。

為替介入が入るかどうか次第の面も大きい。

ただ、昨日はモロにドル安であり、このような時に為替介入が入るかどうかは疑問。
介入に期待・警戒すべき水準ではあるが、本日に関してはどうなのか...

 
東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1270万株、買い1300万株、差し引き30万株の小幅買い越し。
買い越し3営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:22
日経225先物mini、¥9595にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
10:09

売り場だとは思わないが・・・ ヘッジの見当は必要な気が。

春先同様、妙な期待と楽観論が見えてきた。
11月まで、この勢いと方向で上げていくのかもしれんけど(^^ゞ

10:31
チャートテクニカル通りの展開。
短期上昇トレンドに変化はなく、売りで勝負をかける状況にはなさそう。ただ・・・
中期で上昇している状況でもなく、なにがなんでも買わなければならない処でもない。

10:47
本日に限らず、ここ最近... 指値がHITするかどうか
想定したレベルまで上がるのか下がるのかが「当たる」かどうか

ただそれだけの相場の気がする。ある種のアルゴとも言えるが...
当たり外れというレベルの低い話で、申し訳ないが○| ̄|_

板や値動きから、上昇・下落を読み解こうとしても無理っぽ。。。
(出来る人は出来るんだろうけど、私にゃ無理(=_=))

11:02
指値HIT&放置 or 指値空振り&放置
値動きを追う者がいない、そんな前引け。

と思いきや、売買代金はそれなりに膨らみ6684億(゜o゜) なんじゃこりゃ... 期末要因?

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03351.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

株式主要指標(日経平均)03349.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

東証1部売買代金は9908億円。
9月9日以来の1兆円割れとなった。

本日、ファナックが珍しく売買代金トップ。
特に材料はなかったようだが・・・需給妙味の値幅取りなのだろう。
因みに、本日の前場、新高値更新銘柄の殆どは、売り長だった。

米株は強いとしか言えない状況だが・・・
NYSEも売買高がパッとしない。

世界的にそういう傾向なのか。。。

気になる点がもう一つ。
配当利回りと長期金利だ。

日本の配当利回りと長期金利の逆転現象は
もう10年以上、たびたび散見され今更の話だが・・・
本来、これは世界的にも、歴史的にも珍しい現象。

それが、米国でも見受けられるようになってきた。

米株の配当利回りは昨年夏以降、2%台後半で推移。
再三書いてきて、「またか」「クドイ」と言われそうだが・・・
米長期金利は本年4月の3.9%→2.5%レベルまで急低下。

だからなんだと言われそうだが・・・
これを「気持ち悪い」と感じることが相場に係わる者の普通の感覚だろう。

現在、強い米株の一因は、この辺りの「歪み」も一因なのかもしれない。。。
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03350.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

人が動かず、値が動かず。動きもなければ変化もない。

変化がなければ、見方も、ポジションも敢えて変えることはない。
が、変化がなくとも、変化の兆候はあるかもしれない。。。

ということで、漠然と、少し距離をとって、時間を長めにとって、見てみる。
(あくまでも過去の話なので、今日どうのこうのということではない。)
 

少し古い話だが、先週初の全米経済研究所の発表を振り返る。

「2007年12月に始まった米国の景気後退は
2009年6月(19ヵ月)で終息し、拡大を再開した」

この見方を受け、所詮過去のものとはいえ
ある程度の安心感となり、米株式市場では好感された。

一方、所詮過去の話であり、先行きの不透明感は拭えない。
現状の期待値に届かない経済指標を見れば、更なる金融緩和が必要との声も。

春以降、期待値に届かない経済指標の最たるものと言えば
全般としては「雇用指標」と「住宅指標」。

(夏以降は、製造業にも暗雲立ち込めてきているが...)

米国における過去の景気後退終息後の「雇用」と「住宅」の回復期を振り返ってみると・・・

1990年7月~1991年3月(9ヶ月間)の景気後退の局面

失業率がピークを打ったのは1992年6月。景気底入れから15ヵ月目。
利上げ開始は1994年2月。失業率の低下から15ヵ月目。

2001年3月~2001年11月(9ヶ月間)の景気後退の局面

失業率のピークは景気底入れから19ヵ月目の2003年6月。
利上げ開始は失業低下から12ヵ月目の2004年6月。

全米経済研究所の発表を真に受けるのであれば・・・
今回の景気後退は、2007年12月~2009年6月(19ヵ月間)

現在、2010年9月であり、まだ景気後退終息から15か月しか経っていない。

ジャブジャブはまだまだ続き
雇用は当分回復しないと見るのが妥当な処。

住宅市況が回復しないのも当然。

相変わらず米地銀は毎週バタバタと倒産している。
不良債権処理の途中であることの証左の一つだろう。
(先々週は6社倒産。先週も「North County Bank」「Haven Trust Bank Florida」が逝った。)

構造強制圧力から、過去の経緯よりも長期戦になりそうとの声も聞かれる。
 

米国の雇用と住宅に関しては・・・
当分目を見張るような回復はないと考えるのがオーソドックスだろう。

では売りかとなると、そうとも限らない。
目を見張るような回復はないにしても、回復基調ではある。
時間が解決する問題もあり、回復基調の中、底割れを警戒する状況ではないハズ。

期待を乗せず、危機を喧伝するでもなく、淡々と見て取り組みたい。

 
12:37
日経225先物mini、¥9545にて8755ロング決済・利確。(¥790抜き)
下がるのかどうかはワカランが、(短期的には)一旦もういいやの気分で。。。

 
*** 追記 ***
12:59

売ろうとまでは思わないが、短期では、一旦利益確定売りは考えた方がいい様な気も...

強い米株に逆らうつもりはないが・・・
米株は買われるが、ドルが買われない。
米株は上昇するが、NYSE出来高は膨らまない。
売りの根拠にはならないが、やや気になるところ。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約280億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で4826億円、売買高は6億9684万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1031、値上がり銘柄数は464、変わらずは158。

13:45
今年も早くも3/4が終わった。
ついこの前まで桜が咲いていた気がするのだが・・・

歳の所為か、年々時間が加速しているような気がする。

そういえば、初夏に、常連さんと「今年は9月と11月が気になりますねぇ... 特に11月は... 」
(とばっちりが行くと申し訳ないので、敢えて名前は伏せる○| ̄|_)
と話していたのだが、既に9月は終わり、11月まであと一カ月と差し迫った。
気にし過ぎてはいけないが、気になる日柄に差し掛かりつつある。一応、気をつけたい。

14:03
225現物は配当落ち分63円安ビタビタで、225先物は前日比変わらずで引けるのか?
色々な意味で「無」って感じの一日。
もしかして、仕切り直すには丁度いい一日なのかもしれない。

14:33
北朝鮮(人事)ネタでKOSPI下げ、日本株も連れ安?

薄いだけに、特定業者のちょっとした商いでも動く。あまり気にせんでもよさそう。
まぁ、崩れたわけでも、切り下がったわけでもない。さほど嫌気する必要はなさそうだが・・・

本日の、ケースシラー、コンファレンスボード、明日の日銀短観あたりで加速すると
ちょっとイヤ~ンな感じにはなりますな。

14:52
ここからは買えない、まだ売りではない。そんな雰囲気。
もうでもなく、まだでもない、妙な均衡も感じられる日経平均9300-9600レベル。
待ちが無難な処なのかもしれない。。。

尚、北朝鮮・韓国株ネタ(総書記等人事ネタ)は
空振り(既出ネタ・過剰反応)だったようで、KOSPIは落ち着いた。

15:13
先物、決済ベース爆勝。持ち越しなし。
現物、含みベース前日比微勝ち。(配当落ち考慮・概算)
トータル、爆勝。

配当落ち分と昨日の米株安分、きっちり下げて大引け。
まぁ仕方ないといった一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03348.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

9月27日の米国株式市場

ダウ平均: 10812.04 ▼48.22
ナスダック: 2369.77 ▼11.45
為替 NY時間17時: 84.30 -84.32
CME日経平均先物 円建て: 9510

ダウ平均は約4カ月半ぶりの高値を付けていたことで、利益確定売りが優勢に。

米格付け会社ムーディーズがアイルランド大手銀アングロ・アイリッシュ銀行の
格付けを3段階引き下げたと発表。これを受けて欧州の債務懸念が再燃。
欧州銀行の財務悪化に対する警戒感が再燃し、欧州株、ユーロ、金融株が売られた。

一方、企業のM&A関連のニュースを好感した買いも入り、下げ幅は限られた。

日用品大手の英蘭ユニリーバが同業のアルバート・カルバーを買収することで合意。
米サウスウエスト航空は格安航空エアトラン・ホールディングスの買収を発表。
アルバート・カルバーは20%近く上昇、エアトラン株は6割以上急伸。

ダウ平均は午後に10ドルあまり上昇する場面もあったが
業績見通し引き下げで金融株が売られ、引け前に改めて下げに転じた。

業種別S&P500種株価指数では、8業種が下げた。「金融」が1%あまり下げ。
GSが医療機器2社の投資判断を新規に「売り」としたことから「ヘルスケア」の
下げが目立った。上昇は「通信サービス」、「公益」の2業種のみ。

売買高はニューヨーク証券取引所が約9億2000万株(速報値)
ナスダック市場が約18億6000万株(同)。

個別では、南アフリカの小売大手マスマート・ホールディングスに
買収提案したと発表したウォルマート・ストアーズが1%あまり下落した。
スペインのサンタンデール銀行の子会社である米中堅地銀ソブリンバンクの
買収交渉が滞っていると報じられた同業のM&Tバンクが7%下げた。
ダウ構成銘柄ではバンカメが2%あまり売られ、下落率首位。JPモルガン・チェースや
保険大手トラベラーズも下落した。ファイザーやGEも売りが優勢だった。
一方、米政府から受けた公的資金の返済に絡み、米財務省が早ければ今週中にも
政府管理からの脱却に向けた計画を発表すると伝わったAIGが2%近く上昇。
アナリストが短期的な投資判断を「買い」にした米携帯電話大手スプリントが3%以上
上昇。ダウ構成銘柄では通信大手のAT&Tやベライゾン・コミュニケーションズが上昇。

 

日本株式市場

日経平均は、9月1日安値8796円~21日高値9704円で908円の上昇。
9月24日に9415円まで下げたことで、約1/3押しを達成。

この9400レベルには、雲下限、転換線もあり
短期的な下値目途とはなりそう。

ただ、雲下限、雲上限共に、切り下がってくることで
それに順応する様な調整は想定されるところ。

半値押しとなるなら9250というレベルも考えられる。
3営業日後には、雲下限もこのレベルに切り下がっている。

一方、目先的な上値目途としては、9560-9580円か。
(225先物で直近3日間の高値は9560-9580で揃っている。)

為替介入への期待・警戒はあるものの
ことが起きるまでは、特にドル円は、べた凪の状態。

日銀短観を控えていることもあり、手控え、様子見となり易く
積極的に買われる様な展開は、目先的には想定し難い。
月末・期末ドレッシングがあるとしても、月が明ければその反動も警戒される。

短中期的には、見送りが無難なところか。
日計りでも、介入がなければ値幅は出そうになく妙味もない。
この流動性では、日計りでやっても、1回転がいいところの様な気が。

尚、本日、配当落ち分が約63円と言われている。
埋めて引けるかどうかは、多少気になるところ。無理っぽいが(^^ゞ


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1250万株、買い1390万株、差し引き140万株の買い越し。
買い越し2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:48
配当落ちしたレベルで、小動き。

尚、アノマリー(オカルト)だが、日経平均は先週まで火曜日は7連敗。
本日も配当落ちということもあり、米株安ということもあり、8連敗濃厚。

10:17
動きそうもない日柄、動きそうもないチャートで、値が動かない一日。
無難と言えそうで、嫌気する必要はなさそう。
(デイトレーダーやディーラーは嫌気しているだろうけどw)

11:02
この動かなさ、地合いが良ければ「安定感」と見られるが・・・
地合いが悪いと「瀕死」と言われる。
結局のところ、値動きって、地合いと気の持ちよう次第。冷静に見ていきたい。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03347.JPG
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

9月15日に続き、24日にも84円台でドル買い・円売り介入観測が出て
85円台に急反発となった。(財務省、日銀はコメント控える)

一部では、中国政府直属のシンクタンクの中国社会科学院日本研究所の研究員が
「日本への最も有効な対抗措置は円を買い、円高に誘導すること」と、9月22日の
日経新聞で報じられ、対中意識もあり、介入第二弾の一因となったとの声も。

(しかし、24日、検察庁が中国人船長を処分保留のまま釈放することを決めたため
中国からの円高圧力も減るとの見方から、円安期待も萎んだとの声も。)

尚、23日、菅首相・オバマ米大統領の日米首脳会談では
日本の為替介入に関して批判的なコメントはみられず。

野田財務相:
「日米首脳会談で為替介入に言及あったかないかはコメント控える」

福山官房副長官:
「日米首脳会談では、日本の為替介入について、双方から言及はなかった」

結局、24日も、日銀や菅首相が円売り介入を否定したことで
モデル系ファンド筋による大口のドル買いとの見方に。。。

実際の介入については、30日の外国為替平衡操作(為替介入)実施状況などを
確認する必要はあるが、なんだかよう分からん状況となった。

まぁ、これが為替介入というものか。

(御参考までに: 為替介入を例に、株価材料と株価の関係を考える
  

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ

 
27(月)

【国内】
8月企業向けサービス価格(8:50/前年比-1.2%)
8月貿易収支(8:50)
《株式分割》(権利付最終売買日)
クルーズ、ITM、スターティア、グリー、プラステック、電産リード
電産トーソク、ユニチャーム
《株主総会》
FUJIKOH、高見澤、アクモス
《決算発表》
ウェザーニューズ、壱番屋、ツヴァイ、MV東北、ファンタジー、西松屋チェーン
CFSコーポ、イオンクレ、イオンモール、アルテック、ライトオン

【海外】
IAEA理事会(ウィーン)
ドナウ流域のEU戦略会議(ブリュッセル)
米8月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米9月ダラス連銀製造業活動(23:30/-8.0)
《決算発表》
ペイチェックス、ジェイビル・サーキット


28(火)

【国内】
日経平均株価225種の銘柄入れ替え
9月中小企業景況判断(14:00)
《株主総会》
総医研、比較コム、グリー、ミヤチテクノス、レーザーテック、ドン・キホーテ
エリアクエスト
《決算発表》
ハニーズ、鈴丹、OSG

【海外】
米7月S&P/ケース・シラー住宅価格指数(22:00)

米9月コンファレンスボード消費者信頼感指数(23:00/52.5)
米国株式市場は9月に入り持ち直して推移しているものの、雇用情勢や住宅市場の
低迷、製造業の回復鈍化により、消費者マインドは依然として弱いとみられる。
関連性はあまり認められないものの、9月ミシガン大消費者信頼感指数の悪化により
下振れリスクに留意。

米9月リッチモンド連銀製造業指数(23:00/5)
米ABC消費者信頼感指数(29日6:00)


《決算発表》
ウォルグリーン


29(水)

【国内】
9月調査日銀短観(8:50/大企業製造業業況7、先行き3)
引き続き好調な輸出にけん引されて、大企業製造業DI・大企業非製造業DIともに改善予想。政府・日銀の介入政策により、一段の円高懸念が一先ず後退したこともプラス材料。先行きは横ばい予想だが、景気刺激策効果の剥落が見込まれて悪化する可能性も。

《イベント》
第37回国際福祉機器展H.C.R.2010
《株主総会》
サニーサイド、あいHD、マクロミル、Dガレージ、インテリW、フォトニクス
アサヒインテック、フルヤ金属
《決算発表》
宝印刷、ニトリ、キユーソー流通、ヒマラヤ

【海外】
WTO加盟国通商政策レビュー(米国版)
米MBA住宅ローン申請指数(20:00)
《決算発表》
ファミリー・ダラー、マイクロン・テクノ


30(木)

【国内】
8月商業販売統計(8:50)

8月鉱工業生産(8:50/前月比1.0%)
6、7月の反動から3カ月ぶりの上昇が見込まれている。猛暑によりエアコンなどの
増産が生産を後押しするとの見方も。先行きについては、海外経済の減速から
輸出が鈍化する可能性もあり、その影響を懸念する声が出ている。

8月自動車生産(13:00)
8月住宅着工件数(14:00/前年比10.5%)
8月建設工事受注(14:00)
《決算発表》
山下医器、日本化薬、日本エンタ、日本MDM、トライステージ、ポイント、ナガイレーベン
わらべや日洋、ハイデイ日高、スター精密、しまむら、キユーピー、ジャステック

【海外】
米4-6月期GDP改定値(21:30/前期比年率1.6%)
米新規失業保険申請件数(21:30/45.8万)

米9月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/56.0)
8月のシカゴPMI指数の内訳では、先行性のある「新規受注DI」が55.0←7月64.6と
大幅に悪化。「生産DI」、「在庫DI」も共に悪化していることに加え、9月NY
フィラデルフィアの各連銀指数が大幅に落ち込んだことから、下振れリスクに留意。

《決算発表》
マコーミック


10/1(金)

【国内】
国勢調査の実施基準日
たばこ税率引き上げ
日経平均株価225種の銘柄入れ替え
8月失業率(8:30/5.1%)
8月有効求人倍率(8:30/0.54)
8月家計調査(8:30)

8月消費者物価指数(8:30)
予想は前年比-1.0%。7月の前年比-1.1%から下げ幅がやや縮小する見通し。電気・ガス代などの上昇が寄与するとの見方。先行きについては、下落幅は緩慢ながら縮小する傾向が続くとの見方だが、下押し要因として景気減速や円相場の動向に注意が必要。

9月自動車販売(14:00)
《決算発表》
ミタチ産業、ダイユーエイト、サークルKS、タカキュー、オークワ、ユニー
マルヤ、岡野バルブ、クラウディア

【海外】
上海市場休場(国慶節~7日)
香港市場休場

中国9月PMI(10:00)
ブラジル8月鉱工業生産(21:00)
米8月個人所得(21:30/0.3%)
米8月個人支出(21:30/0.3%)
米8月PCEコア・デフレータ(21:30)

米9月ISM製造業景気指数(23:00/54.5)
先行性のある8月「新規受注」DIは53.1←7月53.5に悪化。9月の各地区連銀指数は
NY、フィラデルフィアがともに悪化。ダラス、リッチモンド、シカゴPMI次第で
変わる可能性はあるが、現状では8月56.3から悪化する可能性は高い。

米9月ISM支払価格(23:00/59.3)
米8月建設支出(23:00/前月比-0.4%)
米9月自動車販売(2日6:00)
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

株式主要指標(日経平均)03345.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

明日は配当落ちが約63円。

即日埋められれば、その後の株価は堅調とのアノマリーがある。
目先的には、これも意識されそうだが・・・

明後日は日銀短観の発表がある。様子見姿勢は強そう。

 

私事で恐縮ですが・・・
先週からプライベートイベント多発で返信、更新が滞ってしまいました。
申し訳ありません○| ̄|_

十数年前にバイクで大事故した所為か、単に日頃の不摂生か・・・
気温・気圧の変動に弱い体質でもあり、この季節の変わり目にもヤラレております。

本日は、ダルさが抜けず、頭も回らず、数年ぶりにザラ場に寝てしまいましたが
多くの方から、暖かい御言葉頂き、心が大きく癒されました。

「相場という孤独な世界で、一人じゃないと実感できること...」
ブログを続ける中で、私にとって一番の支えであり、喜びです。
本当にありがとうございます!
 

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03346.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

9月24日の米国株式市場

ダウ平均: 10860.26 △197.84
ナスダック: 2381.22 △54.14
為替 NY時間17時: 84.19 -84.21
CME日経平均先物 円建て: 9500

ドイツのIfo経済研究所が早朝に発表した9月の企業景況感指数が小幅ながら上昇。
欧州景気への懸念がやや和らぎ、機械や素材株を中心にほぼ全面高。

米商務省が朝発表した8月の耐久財受注額は前月比1.3%減と市場予想以上に減ったが
変動の大きい輸送関連を除くと2.0%増加。機械や電子機器などの受注はプラスに転じ
むしろ企業の設備投資活動は底堅いとの受け止め方が広がった。

8月新築住宅販売件数は前月比横ばいで
市場予想に届かなかったが、7月分が上方修正。
「新築より市場規模の大きい中古住宅販売は改善している」との見方も。
四半期決算で赤字が縮小したKBホームなど住宅株は軒並み上昇した。

ダウ平均は3日ぶりに反発、終値は4カ月ぶりの高値を更新して引けた。
週間ベースでは252ドル高となりダウ平均は4週連続の上昇。
週間では3-4月に記録した8週連続以来の長さ。

ナスダックも4日ぶり大幅反発。、5月13日以来の高値となった。

業種別S&P500種株価指数は「一般産業」「金融」など全10業種が上げた。

ニューヨーク証券取引所の売買高は約10億7000万株(速報値)
ナスダック市場は約19億5000万株(同)。

個別では、前日夕の四半期決算で1株利益が市場予想以上だったナイキが高い。
金融危機時に財務状況を適切に開示しなかったとしてノルウェー中央銀行から
訴えられたと伝わったシティグループも買われた。ダウ構成銘柄は全30銘柄が上昇。
キャタピラーやアルコアがともに4%前後の大幅高となった。
IT大手オラクルのエリソンCEOが前日のアナリスト説明会で半導体企業の買収に
関心を持っていると発言。オラクルが下落。買収対象になるとの思惑からマイクロン・
テクノロジーやエヌビディア等が急伸。売上高見通しを下方修正したAMDも7%上昇。
700億ドル規模の巨額増資をする見通しになったブラジル国営石油会社ペトロブラスの
ADRが下げた。

 

日本株式市場

米株の大幅高を受け・・・
先週末、雲下限と転換線のサポートを確認した格好となった。

だが、ドル円84円台では5日線(9500)レベルまでしか戻せないといった格好でもある。

明後日から雲下限は切り下がり、9月30日からは雲上限も切り下がる(9600→9550)
26週線(9770処)も相変わらず下向きで、それに沿ったトレンドを描く可能性はある。

ただ、13週線(9330処)は上向きに転じており
8月末の毛抜き底、昨年11月とのダブルボトムで
下値は固めたように見えないでもない。

チャートテクニカル的には、煮詰まり易い処。

まぁ、それもこれも為替次第か。。。
先週末は覆面為替介入観測で、株価は象徴的、印象的な動きを見せていた。

為替介入への警戒感もあり、売り方は日中売り難く
かといって、ドル安に歯止めがかからないことには買い難く。

結局、決め手なく手控え、夏枯れ相場に続き
大きな手掛かりがあるまでは、夏バテ、秋枯れ相場か。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1150万株、買い1500万株、差し引き350万株の買い越し。
買い越しは2営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
10:01

私事ですが、先週から予定が建て込んでいて、返信遅くなっております。
申し訳ありません○| ̄|_

本日、今一つ体調が優れない中、早朝から株価を見ていましたが
なにが動きがありそうな一日に見えず。なにかあっても困る様なポジでもなく。
申し訳ありませんが、少しお休みさせていただきます。
早ければ後場には、遅くとも本日夜には復活予定です(^^ゞ
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

株式主要指標(日経平均)03344.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)

為替介入第二弾観測で、日中乱高下。
「株価変動は為替次第」ということを決定付けた一日。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03343.JPG 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

 

日米首脳会談でも、オバマ米大統領による円売り介入への言及は無い模様。

為替介入(円売りドル買い)が、予想外に黙認されているが・・・
「円売り介入で一番潤ったのは、実は米国だから」との皮肉な見方もあるようだ。

円売り→ドル買いで、その買ったドルは米国債で運用される。

日本が米国債・機関債を買った金で、米国は追加景気刺激策の資金も
フレディマックやファニーメイに対する資金も調達出来る。

たかだか1.8兆-2兆円とはいえ・・・
これが15日から今週初まで米株を押し上げたとの見方も。

かなり穿った見方だが、ないとはいえない部分もある見方か(^_^;)

 

ただ、直近の米株は、景気回復鈍化懸念が薄れたことを好感し買う動きも一段落。
引けにかけて値を消すパターンも見られている。
NYSE売買高を見ても、商いが細ってきていることは明白。

慌てて売る様な動きは、今のところ見られないが
買いが一巡してしまったように見えないでもない。

これは適度に警戒しておきたい。

FOMC声明で、またもジャブジャブ宣言にヤリスギ感もあったのか?

米国では実質長期金利が急低下している。

物価連動債利回り(10年物)は、本年4月初に1.6%台でピークをつけ
その後、徐々に低下。今週は0.6~0.7%台まで急低下(゜o゜)

欧米の実質長期金利がいずれも1%を明確に下回る事態は極めて異例。

月並な見方だが、リスク回避の円買いというだけでも、投機というだけでもなく
米実質長期金利の急低下が根強い円高ドル安のベースとなっているのだろう。

この米実質長期金利の低下が治まるまで、ドル安の中で
日本の単独為替介入でどこまで円高を阻止できるか・・・ ドウナンダロ...

 

単独為替介入に中長期的な効果はないとは思うが・・・
単独為替介入が無意味ということはない。

介入した分が益だとか、損だとか、そういう単純な問題ではないのだ。

介入し、円安に振れたところでは、企業にはヘッジのチャンスも。
円売り(ドル買い)介入で、米国は資金調達できる部分もある。
それにより、間接的ではあるが、世界が、日本が得る恩恵も。。。

トータルでは、費用対効果で「無駄」となるのかもしれんが
介入が無意味とは言い切れないだろう。

まぁ、単独介入は無駄となる部分が多くて、個人的には反対なのだが
そんなことを、今更言っても仕方ない。もう始まってしまったのだ○| ̄|_

介入せざるを得ない状況に陥ったことを嘆くべきであって
今更、介入を非難してもしょうがない。こうなったら、応援するしか、祈るしかない。

 

介入ネタ、9月15日から連日書いてきましたが・・・

マネージンにも「為替介入を例に、材料と株価の関係を考える」をUP♪

為替介入など、そうそう出来る経験ではありません!
今回の日銀単独為替介入が、貴重な相場経験となるよう、記録として
記憶として残すべく纏めてみました。投資初心者様の一助となれば幸いです。
飛び石連休で閑散、方向感無しの日中の暇つぶしとしてもどうぞ(^^ゞ


 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約301億円が成立。
市場では、売り買い注文は均衡で、相場全体への影響は限定的との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5556億円、売買高は7億4871万株。

東証1部の値下がり銘柄数は986、値上がり銘柄数は498、変わらずは176。

 
*** 追記 ***
13:20

日経225先物mini、¥9515にて9360ロング決済・利確。(¥155抜き)
期末を控え、85円キープ? だったらこんなもんかと。

13:25
円売り介入が再度あったと観測はあるが、現時点では真偽のほど不明。

9月15日介入分半値押しの84.20円レベルで支えた格好?
短期チャートの悪化は防がれたが、さて。。。

13:52
史上最大の介入から一週間経過。オバマも黙認。米長期金利低下に歯止めかからず。
ドル安。ユーロ懸念再燃?ユーロ安。9月15日介入分半値押しの84.20円処まで円上昇。
日経平均、介入効果切れと共に+1σ、雲下限、転換線、9月13日高値レベルまで軟化。
そして、なんといっても期末。

完全に介入第二段の必要条件は揃っていたが・・・
今のところ、あくまでも介入観測、規模は当然不明。

14:21
ざっくりと... 期末でドル円85円レベル、日経平均9300円レベル。この辺りが
9月15日を無駄にしないためにも、小役人的には守りたい処?(注: 妄想ベース)

14:34
当局は現時点ではノーコメントだが、介入はあったとの観測。

規模の問題なのかもしれんが・・・
介入第二弾で、早くも効果低減が見られる(=_=)
早過ぎだろ!とは思うが、これが単独介入というもの、これが相場というものか。。。

14:49
9月15日ほどじゃないが、本日も売買代金が膨らんでいる。
現時点で東1売買代金約1.23兆円。
膨らんでいるというより、ドーピングでむくんでいるのかもしれんけど(^^ゞ

14:58
華麗なスキルを持っている方は、関係なく勝てるんだろうけど。。。
この相場、私の様な凡人では、買いでも売りでも、飛びついたら負けるパターン。
想定して、指値して、待ちかまえて、当たるかどうかだけの勝負になっている(-_-)zzz

15:13
先物、決済ベース大勝、含みベース前日比ほぼ大敗。(8755ロング持越)
現物、含みベース前日比負け。
トータル、雀の涙勝ち。

チャート通りの動きであり、トレンドもリズムも崩れてはいないが・・・
介入効果てき面&介入効果低減が、妙に印象的な一日となった(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)03342.JPG

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ現在3位処。1日1クリック頂ければ光栄です

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ 現在19位処。皆様の愛の1クリックお待ちしてます
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

元日興証券ディーリング担当が明かす 日経225先物パターントレード
相場の勝負所が判り、攻めるところ、引くところの判断力が磨けます
電話サポートでアフターケアも充実。先ずは無料メールから!

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2