ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月2日の期限までに米連邦債務上限が引き上げられるか否か
財政赤字削減が格下げを回避できる4兆ドル規模となるか否か
これらを見極める展開。

殆どの市場関係者は米国がデフォルトとなるとは想定していないが・・・
私もありえないと思っているが・・・

米議会は2008年9月のリーマン破綻後に「金融安定化法案」を否決し
世界的パニックを引き起こした前科がある。

短期的なデフォルトとなることもないとは言えない。

 
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)

 
1(月)

【国内】
7月新車販売台数(14:00/前年比)
外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率の上限を25倍に規制する改正内閣府令施行
《銘柄異動》
NIS
《決算発表》
マルハニチロホールディングス、トヨタ紡織、帝人、日本曹達、三菱ケミカルHD
宇部興産、アステラス製薬、みらかHD、東京鐵鋼、フジクラ、豊田自動織機
ブラザー工業、ヒロセ電機、デンソー、日本ケミコン、三菱自動車工業、トヨタ車体
NOK、アイシン精機、ダイハツ工業、本田技研工業、ショーワ、豊田合成、ヤマハ
伊藤忠商事、豊田通商、東京エレクトロン、オートバックスセブン

【海外】
豪州、カナダ市場休場
米6月建設支出(23:00)

米7月ISM製造業景況指数(23:00/55)
先行性のある同指標内訳の6月「新規受注」DIは51.6←5月51.0と小幅上昇。7月の
各地区連銀指数は、フィラデルフィアが改善するも、NY、ダラス、リッチモンドは縮小。
カンザスシティも大幅に鈍化した。コンセンサス程度か下振れリスクが。

中国7月製造業PMI(10:00)
インド6月貿易収支(14:30)
一部イスラム諸国でラマダン(断食月)入り(~29日)
《決算発表》
ヒューマナ、ボストン・プロパティーズ、プリンシパルFG、ロウズ


2(火)

【国内】
7月マネタリーベース(8:50/前年比)
6月毎月勤労統計(10:30/前年比)
10年国債入札
《決算発表》
森永製菓、日本ハム、ニチレイ、旭化成、東ソー、トクヤマ、イビデン、山崎製パン
昭和電工、ノーリツ、三菱瓦斯化学、エーザイ、小野薬品工業、コスモ石油
出光興産、クボタ、ルネサスエレクトロニクス、トヨタ自動車、富士重工業
バンダイナムコホールディングス、三井物産、住友商事、大京、NTTデータ

【海外】
米6月個人所得(21:30/0.20%)
米6月個人支出(21:30/0.20%)
米7月新車販売台数(3日6:00)
米連邦政府の特例措置による借入れ継続の期限日
ブラジル6月鉱工業生産(21:00)
豪州準備銀行理事会
《決算発表》
NYSEユーロネクスト、ローワン・カンパニーズ、アメリカン・タワー
デューク・エナジー、CBS、ファイザー、コーチ、エンタジー、ファーストエナジー


3(水)

【国内】
《株主総会》
クロガネヤ
《決算発表》
国際石油開発帝石、カルビー、キッコーマン、クラレ、中越パルプ工業、
日本製紙グループ本社、日本触媒、日本製鋼所、日本金銭機械、グローリー
シスメックス、ライオン、ヤマハ発動機、東京建物、古河電池、いすゞ自動車
スズキ、ミツバ、島津製作所、河合楽器製作所、横浜銀行、ふくおかFG
京浜急行電鉄、住友倉庫、メイテック、富士ソフト

【海外】
米7月ADP雇用統計(21:15/11万人)
調査期間である7/12を含む週の新規失業保険申請件数は、40.8万件←6月42.9万件と
改善。4週間移動平均では5月から改善傾向にあり、直近では4月2日終了週以来
40万件を割り込んだ。そのため、コンセンサスには上振れリスクがありそう。

米7月ISM非製造業指数(23:00/53.9)
同指標の6月内訳は先行性のある「新規受注」DIが53.6←5月56.8と低下。
「雇用」DIは小幅改善。2月に全項目が拡大に転じて以来、「受注残高」「輸入」
DIの2項目が縮小に転じた。前月からは落ち込む可能性があり、下振れリスクに留意。

米6月製造業受注(23:00/0.60%)
ユーロ圏6月小売売上高(18:00)
イングランド銀行金融政策決定委員会(~4日)
中国7月非製造業PMI(10:00)
豪6月小売売上高(10:30)
《決算発表》
タイムワーナー、プルデンシャル・ファイナンシャル、ナイコア、コムキャスト
デボン・エナジー


4(木)

【国内】
日銀金融政策決定会合(~5日)
《株主総会》
アスクル
《決算発表》
日本海洋掘削、カカクコム、ルネサンス、日清オイリオグループ、東レ、クレハ
セントラル硝子、旭硝子、堀場製作所、科研製薬、オリエンタルランド、日本板硝子
住友大阪セメント、古河電気工業、住生活グループ、アマダ、平和、SANKYO
ミツミ電機、パイオニア、ユナイテッドアローズ、リコー、エイベックス、ベルーナ
アシックス、クリナップ、GSIクレオス、住友不動産、NTT都市開発、三井倉庫、コナミ

【海外】
米7月ICSCチェーンストア売上高
ECB理事会
ブラジル7月自動車販売(22:30)
《決算発表》
シグナ、マイクロチップ・テクノロジー、AIG、サウスウェスト航空


5(金)

【国内】
白川日銀総裁会見
6月景気動向指数(14:00)
《株主総会》
トシンG、銚子丸、ビズネット
《決算発表》
極洋、石油資源開発、奥村組、日成ビルド工業、協和エクシオ、日本製粉、
プリマハム、博報堂DY、ユニチカ、キリンホールディングス、東海カーボン
電気化学工業、日本農薬、JXホールディングス、ノリタケ、栗本鐵工所
三井金属鉱業、住友金属鉱山、リンナイ、荏原製作所、オルガノ、タムラ製作所
ホシデン、太陽誘電、日立造船、三菱重工業、カヤバ工業、カルソニックカンセイ
コジマ、メガネトップ、オリンパス、凸版印刷、兼松、ユアサ商事、青山商事
クレディセゾン、ほくほくフィナンシャルグループ、ジャックス、京成電鉄
福山通運、日本電信電話、スクウェア・エニックス、ニチイ学館

【海外】
米7月非農業部門雇用者数変化(21:30/11万人)
米7月民間部門雇用者数変化(21:30/12.6万人)
米7月失業率(21:30/9.10%)
調査期間の7/12を含む週の新規失業保険申請件数は40.8万件←6月42.9万件
失業保険受給総数は370.3万件←372.4万件と改善。雇用者数はADP雇用報告次第で
バイアスが変わる可能性に留意。失業率は雇用者数が2ヶ月連続で10万人を割り
改善は期待しづらい。

米6月消費者信用残高(6日4:00/52.5億ドル)
ブラジル7月消費者物価(21:00)
《決算発表》
ワシントンポスト、クラフトフーズ、P&G、バイアコム、バークシャーハサウェー
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

スポンサーサイト



とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日経平均110729-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

6月の鉱工業生産指数速報値は前月比3.9%上昇。
3カ月連続の上昇となった。

上昇幅は5月実績の6.2%上昇に次ぐ、統計開始の1953年1月以降で3番目の大きさ。

順調な回復を証明する数字となったが・・・
6月分の市場予想平均は4.4%上昇。
期待が高く、それを満たせない数字でもあった。

尚、先行きは7月が従来予測比0.7p高の2.2%上昇
8月は2.0%上昇が予測(期待)されている。
 

株式指標110729-1

株式指標110729-2
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日本のランチタイムに、「米下院がベイナー議長案の採決を今晩実施せず」
と報じられ、対ドル、クロス円ともに外貨売り戻し(円買い戻し)の動き。

日経225先物は、日中安値を更新し9840まで下げた。

野田が「水準ではなく、過度な変動と無秩序な動きがあった場合(介入する)」
と発言したことで、ジワリとした円買い(円高)を仕掛け易くなったようだ。

無能無策なんだから黙ってりゃいいのに、余計なことを...
しかも手の内まで明かしてどうする!

と愚痴っても仕方ない。努めて冷静に見ていきたい○| ̄|_

この米債務上限引き上げ問題に関しては・・・
来年に大統領選を控えての、政治的茶番劇。

過度に悲観警戒が強まり、市場がそれに過剰反応するなら
ドルも株も買い場だろう... と個人的には思っている。 

米国デフォルトの可能性はほぼゼロが大方の見方。

仮に、8月2日までに合意できなくても
米国には8月2日以降も十分な資金があると「言われている」。

昨日は「米政府の緊急対応策、債務上限で合意不成立の場合に発効」とも報じられた。
どうにかするだろうし、どうにかなると見るのが妥当。

仮に、米国債発行で政府資金調達が不可能になっても、これが初めてではない。
1995~96年(1~3週間)のクリントン政権時にも同様の事態となったそうだ。
だが、当時のGDP押し下げは年率-0.3%程度だったとのこと。大したことはないw

格下げ懸念はあるが、米国債の代替は無い。
結局のところ、腐っても米国、腐ってもドル。
買うしかないし、持っているしかないという結論となるのだろう。

なら、今買えばいいと個人投資家は思うだろうが・・・

大丈夫とは思っても、それが確認されるまでは、プロならリスクを取ろうとはしない。
機関投資家は、確認しないでポジションを建て、負ければ、結果説明責任を取らされる。
市場で大きな材料となっている「明確な懸念」がある場合は、見送りが定石。

では確認したら、直ぐ買っていいのかとなると・・・
現在の外部環境を考えると、やや腰が引ける○| ̄|_

現在、米債務上限引き上げ問題ばかりがクローズアップされており
その他すべての材料が忘れられている感がある。

南欧の豚問題もその一つ。
何も解決しておらず、さり気なく日々状況は悪化している。

景気減速懸念も完全に忘れ去られ・・・
一時期流行った「ソフトパッチ」という表現も既に死語となっている。

しかし、潜在的な懸念材料であることは確か。

一昨日のベージュブックへの市場反応は、かなり印象的だった。
ベージュブックで、米国経済の成長ペース鈍化が指摘され、ドルは伸び悩み。
7月27日、ダウ平均は大幅安だったが、ベージュブック発表までは100ドル安程度で
踏ん張っていたが、ベージュブックを受けてダウは200ドル安まで下げ幅を拡大した。

しかし、昨日市場で材料となったのは、またも米債務上限引き上げ問題ばかり...

茶番の米債務上限引き上げ問題以外も、気にしながら見ていきたい。

 
*** 追記 ***
13:04
久しぶりに売られている感があるが・・・
下げても100円までの安心感は相変わらず。相対的強さも相変わらず。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約218億円が成立。市場では、投資家の注文は売り買い拮抗との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6205億円、売買高は9億4400万株。

東証1部の下落銘柄数は1160、上昇は352、変わらずは151。

13:14
薄い相場が延々と続いたことで、投げも出ず、踏みもせず(-_-)zzz
よほどの材料が出るまでは、上げても下げても当分こんな覇気のない相場か。。。

13:22
ダウ平均は短期ダブルトップ完成。グロベ軟調。アジア株もさえない。円高進行。
個別主力株ぶち壊れが散見。それでも225も、TOPIXも0.4%安に留まっている。
売り込まれるなら、突っ込むなら買いたいという気持ちはあるが、これじゃ...見送りたい。

13:48
株価指数チャート的には・・・
【昨日壊れた?今日壊れた!いや...騙しカモシレナイ♪】
そんな感じ。期待がチャートの見方を支えているビミョウな状況。

225で9700、TOPIXで840割れるまでは、警戒感は高まりそうにない。

14:26
逆回転しているようにも見えるが...キノセイカ。
薄くてよくワカラン(>_<)

14:28
ムーディーズのスペイン格付け見直し(引き下げ)の可能性の報にも、反応薄。
相変わらず無反応で強い(=_=)

15:01
久しぶりに売られた感はあるが・・・
イベント控えて、チャートが崩れても投げらしい投げは最後まで出ず。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(9565S持越)
現物、含みベース前日比超微負け。
トータル、勝ち。

月末にかけての下げで、日足、週足、月足、全て悪化。
連邦債務ネタよりも、チャートの悪化が気になった7月最終日。

日経225先物110729-g

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

7月28日の米国株式市場

ダウ平均: 12240.11 ▼62.44
ナスダック: 2766.25 △1.46
ドル円 NY時間17時: 77.70 -77.72
ユーロ円 NY時間17時: 111.35 -111.39
CME日経平均先物 円建て: 9855

朝方発表された新規失業保険申請件数の結果が予想より強かったことが好感された。

最近の下落で値ごろ感が出ているとの見方から買いが入り
ダウ平均は82ドル高まで上昇する場面があった。

しかし、共和党のベイナー下院議長が纏めた債務上限引き上げ案を下院が審議する中
「与野党が歩み寄るのが難しい」といった悲観論が改めて広がり、ダウ平均は
取引終盤にはマイナスに転じ、結局5日続落、6月28日以来1カ月ぶりの安値で終えた。

一方、ナスダックは小幅ながら4営業日ぶりに反発。アナリストが投資判断を
引き上げたネットワーク機器大手シスコシステムズの上昇などが寄与した。

NYSEの売買高は約9億9000万株(速報)、ナスダック市場は約20億6000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は、電気通信サービスや資本財・サービスなど7業種が下落。

個別では、四半期決算の内容が市場予想を上回ったほか、1株利益の見通しを
引き上げた化学大手デュポンが小幅高。決算と併せて利益見通しの上方修正を
発表した製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブが高い。
一方、決算で1株利益が市場予想を下回った石油大手エクソンモービルが下落。
決算で赤字幅が拡大した通信大手スプリント・ネクステルが16%安と急落。

 

日本株式市場

なんの買いかワカランが、月末要因か・・・
CME225は9855で帰ってきたが、大証は9870で寄り付き
その後、9910まで上伸びし、一時前日比プラスまで上げた。

米債務問題にも、南欧の豚問題も、この国の市場はあまり嫌気していないようだが
一応、材料視してみると・・・

米債務問題に関しては・・・

日本時間7時ごろに予定されていた米国下院の採決は延期され、まもなく下院で採決!

仮に、「可決」と伝わって株式市場で好感されるなら
見送るか、逆張りで臨むのが無難かもしれない。

下院で可決されたとしても、(民主党が多数を占める)上院では確実に否決されるハズ。
仮に下院で可決されても、好感するのは時期尚早だろう。

南欧の豚問題も気掛かりだ。

昨日の欧州市場でイタリア国債入札の低調な結果が嫌気され
外為市場では一時ユーロ売りが強まっていた。

スペインの10年債利回りも上昇。

米国債券は反発。7年債の入札結果が低調と受け止める向きもあったが
債券市場は買いが優勢。10年債利回りは前日比0.04%低下の2.94%。

債務上限交渉が難航し米国債のデフォルトや格下げの
リスクが喧伝されても、当の米国債には資金が流入しているのは・・・

それ以上に南欧の債務問題への懸念が大きいため
政治的茶番劇の米債務問題より、現実的な南欧の豚問題の方が深刻ということかも。

米債務問題、その期限8月2日ばかりがメディアで騒がれているが
南欧の豚にも引き続き注意を払っていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1620万株、買い1670万株、差し引き50万株の小幅買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:32

この市場... なにがあっても閑散、無反応、堅調。

10:47
任天堂がストップ安にならなかったことが好感されているとの声が・・・
凄いポジティブですな(^_^;)

11:02
日足は芳しくない形状、週足は上値下値切り下げの大陰線、月足塔婆。
ちょっとイヤな感じの7月最終日。

日経225先物110729-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日経平均110728-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

日経平均終値は9901円35銭。

25日線も200日線も割った。

心理的以外に意義を見い出し難いが、9900は死守した。

尚、この日の下げ幅(145円)は・・・

短期底を打った前々日6月16日以来1ヶ月半ぶりの大きさ。
 

株式指標110728-1

株式指標110728-2
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

ドルがダメ、ユーロがダメ、消去法的に安全資産として円が買われ
先進国株が重い、新興国株が低調で、想定的に強い日本株が買われているが・・・

株式市場は、ギャップアップ以外で上がらない。
寄り付き以外での買い手が見えない。

日経平均は下げても一日100円まで。

この相場で投資意欲は沸いたとしても・・・
こんな相場で投機意欲が湧くハズがない。

投機なんぞ要らない!とも思えるが、投機の無い相場では、流動性が低下する。
流動性のない相場では、市場の魅力も半減。投資にも悪影響が。

日本文化、日本人、一部の日本企業は非常に魅力的だが・・・
資産として、マーケットとして、日本に魅力があるかと考えると... ビミョウ。
円、日本株の独歩高が続くシナリオは想定し難い。

昨日の日経平均の日中値幅は僅か44円。
本日前場の日中値幅は僅か33円(@_@;)

酷ぇ!やってられねぇ!と愚痴の一つも言いたくなる相場だ。

しかし、薄いこと、動かないことが「強さ」となっているのが日経平均。
愚痴っているのは、売り方と投機筋だけか。その売り方と投機筋も少なそうだけどw
 

その日経平均だが、本日も薄く・動かず・強い。

上向きの25日線(9930)にしっかり支えられている。
7月14日安値9884も割らず。上昇する基準線の上方で安定推移。

一方、TOPIXだが、少々様子が違ってきている。

7月中旬以降、終始+1σに頭を抑えられ、5日線を下回る場面も多い。
そして本日、25日線(855.80p)は上向きだが、これを下抜け。
7月19日安値852.89pもブチ割れ。7月安値もブチ割った。

所謂「壊れた」状態。
こうなるとTOPIXは840pまでサポートが見当たらない。
(840p: 日足-1σ、75日線、週足転換線等)

日経平均と円は強いが・・・
日本株が強い、日本経済が強いと過信しない方がよさそうな状況。

 
*** 追記 ***
12:52

ETF買いへの期待で、日経平均は強いが・・・
週に一度あるかどうかの200億円ぽっちのETF買いで支えられちゃう辺が、弱く感じる(/_;)

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約499億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で5554億円、売買高は8億6872万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1351、値上がり銘柄数は204、変わらずは105。

13:48
225に関しては9700レベル割らない限り、危機感は高まりそうにありませんな。
まだ大丈夫。そんな見方が大勢だろう。

14:06
直近安値割れ、チャートは壊れ気味も、売りは増えず。
円安になって戻した場合に、外人の売りが増えるパターンになりそうな気も。。。

14:24
週に一回あるかないかのETF買いに毎日期待して、堅調な相場だったが
本日は、ギャップダウンして、陰線引いて、遂に前日比100円以上下げた。
かなり久しぶりな気がする。1カ月半ぶりか?

14:41
今晩採決と目されていた米債務問題... 流れた様ですな。

14:48
極小の日中値幅からようやく抜け出し動いたかと思ったら、戻ってきた。
薄さ、参加者の少なさ、方向感、信頼性の無さの象徴のような動き(=_=)

15:17
先物、含みベース前日比ほぼ大勝。(9565S持越)
現物、含みベース前日比負け。
トータル、勝ち。

動かない、動いた、戻ってきた、変わらねぇ...
225の25日線下は仕掛けだった。そんな一日。

日経225先物110728-g
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

7月27日の米国株式市場

ダウ平均: 12302.55 ▼198.75
ナスダック: 2764.79 ▼75.17
ドル円 NY時間17時: 77.96 -77.98
ユーロ円 NY時間17時: 112.01 -112.05
CME日経平均先物 円建て: 9910

野党共和党のベイナー下院議長がまとめた債務上限引き上げの妥協案に
同党内で撤回要求が噴出。債務上限引き上げの難航が嫌気された。

朝方発表された6月の耐久財受注額が市場予想に反して減少。

ベージュブックで、米国経済の成長ペース減速を再確認。

売り一色の状態になり、主要株価指数は安値引けとなった。

ダウは大幅に4日続落、6月29日以来ほぼ1カ月ぶりの安値で終えた。
ダウ平均の下落幅は6月1日以来、約2カ月ぶりの大きさ。

ナスダックは3日続落、7月14日以来の安値で終えた。
下げ幅は2月22日以来、約5カ月ぶりの大きさ。

売上高・EPSともに市場予想を下回ったジュニパー・ネットワークスが20.9%下落し
約1年ぶりの低水準へ急落。コーニングが7.2%下落。ハイテク全般に売りが広がった。

外為市場ではドルが反発。
米債務上限引き上げ問題よりも、欧州の債務懸念の蒸し返しが嫌気された。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下げた。
「IT」と「資本財・サービス」が3%近く下落。「金融」や「素材」も2%あまり安い。

売買高はNYSEが約11億株(速報値)、ナスダック市場が約23億4000万株(同)。

個別では、四半期決算の発表資料で主力のテレビ用液晶ガラスの伸び悩みを明らかに
したガラス大手コーニングが7%あまりの大幅安。減益決算を発表した空運大手デルタ
航空も売られた。予想以上の決算を発表した石油大手コノコフィリップスは買い先行
後に下げに転じた。増収増益決算を発表した化学大手ダウ・ケミカルも下げて終えた。
一方、予想を上回る四半決算を発表したボーイングが上昇。決算が大幅増収となった
アマゾンは4%近く上昇。ダウ構成銘柄では通信大手のAT&Tも小高く終えた。

 

日本株式市場

米連邦債務上限引き上げの問題に関しては
結局のところ、来年に米大統領選を控えての醜い政局争い。

殆どの相場関係者が米国がデフォルトになるとは思っていない。
ギリシャのデフォルトと同列に扱われるのも滑稽な話。

期限までに合意できずとも・・・
どうせ「裏技(特例、短期的な引き上げ、等々)」があるのだろう。

仮に短期デフォルトとなっても、国債格下げになっても・・・
米国債に変わる金融商品は無い。

どのような結果になっても、短期的に混乱するとしても・・・
「米国だ。大丈夫だろう。それより南欧がヤバイだろ。」というオチになりそうな気が(^_^;)

ただ、昨日の米株主要指数の下げ幅の大きさは少々気になる。

7月19日にダウ平均は202ドル高と爆上げを見せたが
結局は、7月7日・7月21日でダブルトップ気味になった。

昨日の200ドル近い下げで、ダウは12300のネックラインまで下落。

7月20日にも書いたが、ダウ平均で200ドル超の上げ下げを記録した日が
その後の大きな動きの起点となることは少なくない。

一応、注意して見ていきたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り840万株、買い950万株、差し引き110万株の小幅買い越し。
買い越しは2営業連続。金額ベースは売り買い均衡。

 
*** 追記 ***
10:34

色々と材料はあるが・・・
金融政策も春までとは違うが・・・
米国は現在あんなザマだが・・・
それでも、リスク選好=ユーロ買い、リスク回避=ドル買い・円買いなんですな(^_^;)

10:52
9900-9920に1000枚板が並んでいるが、こんなところ守る意義があるのか。。。
何の節目でもない。
100円以上は下げないというETF買いの神話を守ろうとしているのかw

11:02
225を見れば買いたくなるが、TOPIXを見ると逃げる必要性が感じられる本日の下げ。

日経225先物110728-z

 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日経平均110727-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

日経平均の日中値幅は44円(-_-メ)

これでは日計りは不可能。
低ボラ、外部環境の影響を受け難い現状では、スイングも妙味なし。
中期で狙うには環境が不透明、強弱の分岐点でもあり方向感がない。
長期なら、「今」売買判断を下さねばならない道理は無い。

では、個別で日計りでもと考えても...

本日、業種別で上昇したのは33業種中僅か4業種。
東証1部では1276銘柄が値下がり。
しかし、日経平均の日中値幅は僅か44円&ド閑散。
これでは個別で狙うにも選別難易度高過ぎ(/_;)

なら、決算発表で動いた銘柄を目先狙えばいいと分かっちゃいるが...

そうなると投資能力ではなく、投機能力、反射神経が要求される。
そんなもんは私にはない。

と、愚痴ってもどうにもならないことはよく分かっている○| ̄|_

夏休みと割り切って見ていきたい。
 

株式指標110727-1

株式指標110727-2
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

メディアは円高メリット(輸入コスト低下・海外旅行)を謳い
マーケットでは輸出企業の円高抵抗力を評価する声が聞かれる。

自国通貨安を望み、喜ぶのもどうかと思うが・・・
この国の経済構造を考えれば、円高を好感してどうするという気が。

円高自体は悪くないが・・・
株高を正当化するための円高好感であれば好ましいことではない。

ドル安、ユーロ安であって、円高ではないとは言っても・・・
どのスパンで見ても、円が高い位置にあることは明らか。

それでも政府は止める気がない、市場では止まる気配がない円高。

菅首相の退陣時期同様、円高が止まる目途が立たない(-_-メ)

しかし、嫌気されず、危機感は湧かず。。。

日経平均は、一昨日82円下げ、昨日47円上げ、本日前引け時点56円下げ。
日に日に外部環境は悪化しているのだが、日経平均はしっかり。

QE2終了宣言までは、ドル安で上げてきた米株。
(ドル減価分の米株上昇)

現在、円高で上げている日本株。
(ドル建て日経平均の上昇をガイ人が好感)

どこか似ている気がする。
買いの主体が同じだから、似ているというか同じか...

ドル建て日経平均を見ていると
買うから上がる、上がるから買うのスパイラルが見て取れる。
ファンダメンタルズは関係ない。需給とセンチメントによる上昇だろう。

円高だから株価指数が上昇するのも頷ける。外人が買っているのだ。
日本株に関しては、ヤツラの懐は暖かい。
含み益で膨らんでいる状況で、売られないのも納得。

 
分かる、頷ける、納得だが... 今一つ釈然としないんだよな(=_=)

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約184億円が成立。市場では、投資家側の売り買いは均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5711億円、売買高は同8億6505万株。

東証1部の下落銘柄数は1312、上昇銘柄数は235、横ばいは110銘柄。

 
*** 追記 ***
13:18

産業空洞化で「円高なんて関係ねぇ♪」という強気なんだか弱気なんだか
ようワカラン解説が、三菱UFJモルガンスタンレー証券から出とる(^_^;)

日本から出ていった優良日本企業に強気、日本国に弱気ということか...

13:35
13時のファナックの決算も、13時半の新日鉄の決算も
発表直後はガチャガチャ売り買いも、一巡も早く、無事通過。
14時のJFEの決算も、無事通過なんでしょうな。。。

14:31
ファナックが7月1日以来の大商いで、上場来高値を窺う展開。
決算も悪くは無かったが、需給の良さも効いて、踏み捲りw

14:36
7月22日の東電や、本日のファナックの様な美しい踏み上げ花火が
まだ個別や指数で上がるのかもしれないが・・・
踏み上げって、大抵相場の最終局面に起こるものなのよね...
狙ってみたいが、ヤケドしそうで怖い(^_^;)

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(9565S持越)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、微勝ち。

手控え感はあるものの、警戒感は無い。少々厄介な相場つき。

日経225先物110727-g
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

7月26日の米国株式市場

ダウ平均: 12501.30 ▼91.50
ナスダック: 2839.96 ▼2.84
ドル円 NY時間17時: 77.90 -77.92
ユーロ円 NY時間17時: 113.05 -113.09
CME日経平均先物 円建て: 10055

マクロ指標では、7月の消費者信頼感指数が予想外の上昇。
一方、6月の新築住宅販売件数が予想外に減少。
好悪相殺された格好で、市場の反応は限定的。

連邦債務上限引き上げを巡る与野党の協議が依然として難航。相場の重石となった。

化学大手3Mが朝方発表した2011年4-6月期決算は、前年同期比で増収増益だったが
主力事業の一角が低迷。同社が先行きに慎重な見方を示したこと
通期の利益見通しがアナリスト予想に届かなかったことから売られた。これまで
新興国の急成長の恩恵を受けてきた国際優良銘柄全般に収益減速の連想が広がった。

ダウ平均は3日続落。

一方、ナスダックは0.1%下落と小幅な下げに留まった。
アップル(+1.2%)が8日続伸、グーグル(+0.6%)が4日続伸となったことで下支えされた。

外国為替市場ではドルが全面安。

業種別S&P500種株価指数は8業種が下落。
機械や運輸など「資本財・サービス」や「素材」の下げが目立った。
一方、「IT」と「電気通信サービス」が上げた。

NYSEの売買高は約8億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億株(同)。

個別では、3Mの下落率が5%超と、ダウ構成銘柄の中で最大。貨物大手UPSも大幅安。
経営トップが事業環境に慎重な見方を示し、収益の先行きへの警戒感が強まった。
減益決算を発表したフォード・モーターが下げ、10四半期ぶりに最終黒字となった
鉄鋼のUSスチールも売りに押された。一方、HPや、マイクロソフトが上昇。
保険のトラベラーズ、通信のベライゾン・コミュニケーションズも上げた。

 

日本株式市場

ドル円はすっかり70円台で定着。じりじりとドル安・円高へと動いている。
あくまでもドル安であり、じりじりとした動きで、介入し難い状況。

円高(ドル安)でも、株式市場がこれを嫌気しておらず
メディアからは「円高で輸入コスト低下」「海外旅行のチャンス」と
一面だけを取り上げ好感する声も聞かれる。

介入し難い状況で・・・
(大衆迎合の民主党にとっては)介入する必要性すら低下。

よほど露骨に円が買われない限り、株価がこれを嫌気しない限り
この放置プレイは続きそう。

この円高水準で、多くの中小企業からは悲鳴が上がっているようだが
哀しいかなこれを政治で救済しようという動きは見られない。

しかし、政治への期待感がゼロなだけに、それを批判する動きもない(/_;)

あまり市場で話題になっていないが...

昨日、復旧復興の名目(ネタ)で10兆円増税を行う方針を確認し
与野党との調整を進めることになったと報じられた。

最悪の総理のもとで物事が進まないことが
株式市場にとっては好材料だったのだが・・・
増税だけは進展している(-_-メ)

もう最悪だからこれ以上悪くならない、これが市場の好材料というのも、そろそろ限界か...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1080万株、買い1270万株で、差し引き190万株の買い越し。
買い越しは3営業ぶり。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:33

本日もなにもなさそう、なにかあってもなにもなさそうな一日(-_-)zzz
大方の想定通りのモッサリ相場だが、これって想定通り8月2日までに片付くのか?

10:51
為替相場は、介入が入り難いドル安、じりじり円高の動き。
株式市場も、介入が入り難い下げても100円未満の下げ。

作為的か?人が少ないだけか。

11:02
政府は無策、市場は無反応、完全に夏休みモード...
13時のファナックの決算で動きは出るのだろうか...

日経225先物110727-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

日経平均110726-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

南欧の豚問題 VS 火達磨ヤンキーの問題

放漫 VS 傲慢

壮大なる実験失敗のユーロ VS 垂れ流しの糞ドル

醜い泥仕合が繰り広げられている  

そのとばっちりで円高

状況としては最悪に思えるが・・・

しかし、そのおかげでドル建て日経平均は高値追い

同指数は、世界最強と言っていいほどの上昇を見せている

「注視する」しか言えない、出来ない野田財務省のおかげだ

そして、史上最低の菅総理のおかげ

期待なくして失望なし!

どう転んでもこれ以上悪くならないとして、政治が材料視されず

そういえば・・・

菅政権になってから(震災直後を除き)日本株は終始強含み

菅も野田も、馬鹿を装って狙ってやっているなら大したものだが...

残念ながら... 天然でしょうな

国家のTOPが無能無策、それが株高の原動力

短期なら好感できるが、目途の立たない短期では好感できない(/_;)
 

株式指標110726-1

株式指標110726-2
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

そもそも期待されていなかったが、更に期待外れだったオバマの演説。
ドル全面安となり、ユーロごときが買われる展開となった。

目新しい話は何もなく、愚痴、責任転嫁、脅迫にも聞こえたオバマの演説。
なぜあんな演説をしたのかと考えると・・・
デフォルトさせてドル安誘導!新たな輸出振興策か\(◎o◎)/!
勘繰り過ぎですな。アリエネェ。でもそう考えると、あの酷い演説も頷ける;;

ドル安となり、ドル円は4カ月ぶりに77円台に突入。

ドル安で、円売り介入は無いだろう、あったとしても単独介入だろうとの見方が優勢の中...
ランチタイムに、ドル円は77円90銭から78円72円まで急反発。
ランチタイムに外為市場で円全面安となったことを受け、225先物は10100円まで急伸。
実際、介入ではなかったようだが、介入への期待の強さを証明した動きとなった。

円高は嫌気しないのに、円安は好感するあたり・・・
日本株式市場のセンチメントの良さと、売り手不在を感じさせる。

ただ、先物市場の枚数も増えず。円相場が下げ渋ると、日経225先物も上値を追えず。

参加者の少なさと、活気の無さも感じられる。

円高が嫌気されないこと、商いが一向に盛り上がらないことを
何とかしようとしているのか、なんなのか・・・
ここにきて円高を好感しようという動きもみられる。

三菱UFJ投信の石金淳シニアストラテジストによれば・・・
「日本企業の円高抵抗力は高まり、資源価格など輸入コストの上昇を
抑制する働きもある円高は、極端な株売りにはつながらない」と。

また、円高と電力問題を絡め、円高を好感しようという以下の様な声も。

「全国の原子力発電所が定期検査後に再稼動しない場合には、来年5月時点で日本の全54基の原発が停止することになる。原発停止による電力供給の減少を火力発電などで賄った場合、日本企業のコストは合計3兆円程度増加し、GDPは1%以上、押し下げられる可能性がある。火力発電で燃料の石油やLNGの輸入も増えるが、円高で購買力が高まるので、原料高のマイナス分を和らげるというプラス面も注目される。」

まぁ、その通りなんだけど、ドル円が70円台になってからそんなこと言われてもねぇ(-.-)

12:29
日経225先物mini、¥10095にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
12:45
7月初までのパターン、「火曜日の前場は妙に強い、後場加速」に嵌った様な(^_^;)

12:49
12時40分頃からETF買い?もう一巡したみたいだけど。

13:01
久しぶり(2週間ぶり?)に、火曜日らしい火曜日になったw

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約98億円が成立。市場では、投資家の売り買い拮抗との声も。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5496億円、売買高は同8億7977万株。

東証1部の値上がり銘柄数は993、値下がりは455、横ばいは198。

13:57
ドル円77円台でも介入は無く、それでも株式市場に動揺は無く、堅調。
これならドル円75円割れまでは大丈夫♪って雰囲気...
少数による強気相場... サマーラリーですな。

14:17
米債務上限引き上げ、どうせ劇的合意だろ。 政治的「茶番」劇だ!問題無し♪

仮に、米議会が8月2日までに合意できなくても・・・
8月末までに合意できれば大丈夫。予算のやりくりで何とかなる!

もしデフォルトとなっても、米国債の代替資産はない!売れるもんなら売ってみろ!

米債務上限引き上げ問題に対する見方は、こんなんが大勢。
う~ん、強気な見方(^_^;)
信じる者は救われる短期相場展開。中期的には不明。

14:36
ランチタイムに「円売り介入か!?」で、225は上昇。違ったが、225は値を伸ばし、保った。

13時半の信越化学の決算が良かったぞ!と好感されたが、その信越化学も値を消した。

強い日経平均だけが残った。そして誰もいなくなった。そんな一日。

14:43
インド中銀が、インフレ見通しを引き上げ、政策金利を引き上げても関係なしか。。。
強いなぁ、日経平均。
そう言えば、昨日の胡錦濤国家主席の発言にも無反応でしたな。。。

15:17
日経225先物mini、引成(10100)にて10095ショート決済・LC。(¥5ヤラレ)

先物、決済ベース微負け、含みベース前日比負け。(9565S持越)
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、負け。

森羅万象を好感したが最後に息切れ...そんな一日。

日経225先物110726-g
  

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2