ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


先週の週間パフォーマンスは・・・
ダウ平均が+466ドル(+4.3%)、ナスダックが+138p(+5.9%)。

週明けから、ダウ平均は+254ドル、+20ドル。ナスダックは+82p、+14p。

ダウ、ナスダックともに8月3日以来約4週間ぶりの高値を付けた。

この上昇率、この8月3日という日、どこかで見たと思ったら...
米デフォルトが回避された日の翌日だ!

そして、8月3日までの下落率と、直近の上昇率がほぼ同じなのだ♪
(8月2日まで、ダウ平均は8日続落、858ドルの下げ(6.7%安))

然るべくして、(ほぼ)半値戻し(^_-)-☆
(ダウ平均の直近高値が12751ドル。安値が10604ドル。半値戻しが11677ドル。)

相場つきもなにか似ている気がする。

8月3日、「ネタが一周し、株価は下値到達した」が・・・
どう見ても考えても織り込んでおらず、全て先送りされただけだった頃。

現在、ネタ枯れ、商いは減少、買い戻しは一巡感。上値目途の一つに到達。
だが、どう見ても考えても問題は解決しておらず、(FOMCまで)先送りされただけ。
 

尚、8月3日のその後は... ご存知の通り、暴落。

だから今回もそうなると考えることも出来る。

一方、その逆となることも考えられる。当時と方向は逆なのだ。
しかも、急落を経て、ある程度の材料を織り込んだ可能性もある。
あそこからなんじゃこりゃの急落となったように、ここから急騰するのかもしれない。

また、ここで一巡、しばらく横這いとも考えられる。
8月3日後に急落となったが、出来高を伴っていた。
その後急騰し、また下に突っ込んだが、すぐに戻ってきた。
一巡感漂い、需給が大きくどちらかに傾いているようには見えない。
経済統計の悪化は想定されるも、そのおかげでロングに傾き難い。
問題は先送りされており、FOMCまでは売り難い。

一巡→横這い... これが無難な見方か。

これなら「外した」としても、手の打ちようはあるしw

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約150億円が成立。
市場では、買い決め(投資家の買い・証券会社の自己売買部門の売り)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4928億円、売買高は同9億3797万株。

東証1部では734銘柄が上昇、下落銘柄数は690、横ばいは215。

 
*** 追記 ***
13:41

騰落率も、価格も、期待感も、またか。
枯れっぷりも、やっぱり。

忙しい8月も終わったし、FOMCまでノンビリ過ごそうかなという雰囲気。

13:57
含み益ならロング引っ張るもよし、ヘッジならショートもよしといった状況だが・・・
ここから戦略立てて新規でどうこうというのは、難しい。
空回りするのも馬鹿らしい。無理はしたくない処。

14:37
そう言えば、PBR1倍、割安感という言葉がすっかり聞かれなくなりましたな。
PBR1倍割れまでは買い材料だが、PBR1倍を割ると不透明感となり売り材料。
オカシナ話だ。そういう指標、ネタだと思った方が良いですな。

14:48
なんとなく一巡感。なんとなく需給ニュートラル。
値上がり742銘柄、値下がり742銘柄。騰落銘柄は、もろニュートラルw

14:54
100銘柄130億円のドレッシング買い観測。
引けで、MSCIリバランス60億円の資金流出観測。
やっぱりなんとなくニュートラル。

15:00
日経平均1円30銭高。弩級ニュートラルw

15:04
日経225先物mini12月限、¥8905にて8705ロング決済・利確。(¥200抜き)
短期一巡感もあり、胡散臭い経済統計前に一部ポジ落とし。

15:17
先物、決済ベース大勝、含みベース前日比雀の涙勝ち。(12月限8605ロング持越)
現物、含みベース前日比ほぼ変わらず。
トータル、大勝。

日足転換線の下げに引っ張られたような個別、特に主力が多かったように見えた一日。
大きく下げて戻したが、戻り切らなかった8月相場。

日経225先物110831-g
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スポンサーサイト



とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


8月30日の米国株式市場

ダウ平均: 11559.95 △20.70
ナスダック: 2576.11 △14.00
ドル円 NY時間17時: 76.73 -76.75
ユーロ円 NY時間17時: 110.82 -110.86
CME日経平均先物 円建て: 8905

午前10時に発表された8月消費者信頼感指数が、前月の59.2から44.5への急低下。
エコノミスト予想をはるかに下回る2年4カ月ぶりの低水準となった。

これを受け、株式相場は全面安の展開。
ダウの下げ幅は100ドルを超え、S&P500は1200pを割り込んだ。

しかし、売りも長く続かず、間もなく買い戻しが優勢に。。。

FRBが午後に公表したFOMC議事要旨で、複数の委員が資産購入による追加の量的金融緩和に前向きな姿勢を示していたことなどが明らかになり、9月のFOMCでの追加緩和期待が高まり、ダウの上げ幅は一時90ドルに達した。

だが、前週からの急ピッチの上昇や、消費者信頼感指数の悪化が重しとなり、相場は引けにかけて伸び悩んだ。

米株式相場は小幅に3日続伸。
ダウ、ナスダックともに8月3日以来、約4週間ぶりの高値。

NYSEの売買高は約10億2000万株(速報)、ナスダック市場は約18億5000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では、電気通信サービスや素材など8業種が上昇。
金融、公益が下落。

個別では、四半期決算の内容が市場予想を上回ったディスカウントストアのダラー・ゼネラルが上昇。午前発表の6月のケース・シラー住宅価格指数は主要20都市の指数が前年同月比で下落したが、市場予想の範囲内だったためレナーやKBホームなど住宅株が上昇。
前日までの反発が大きかったバンカメが下落。JPモルガン・チェースなどもつれ安。前日夕にパナソニック出光OLED照明と提携したと発表した電子材料のユニバーサル・ディスプレーは下げて終えた。

 

日本株式市場

米国では、暴落局面で最も売られていた金融株が直近5日間では最も反発力が大きかった。その象徴的な銘柄がバンカメだろう。暴落から反発に転じる局面では、著名人の同株へのコメントが目立っていた。

しかし、昨日、そのバンカメは3.2%の下落。大手中心に金融セクターが安かった。

日本株式市場では、暴落時に海運セクターの下落が際立っていたが、昨日前場までの反発局面では、しっかりとした動きを見せていた。

しかし、昨日後場に値を消し、日足は塔婆。
本日、業種別騰落では、33業種中ブービーの32位となっている。

個別では、売られ、底抜け、叩き売られ、急反発と派手な動きを示し、暴落時に最も象徴的、印象的だったエルピーダメモリ。

そのエルピーダも、昨日後場から軟化し、本日は4%超の急落。
(これまでのド派手な動きを考えれば、4%の小幅安といった方がいいかも...)

セクターでも、個別でも、この手の動きは枚挙に暇がない。

所詮買い戻しだった。
その買い戻しも一巡した。

そう見えないでもない。

昨日の米国では、株高・債券高となった。これも少し気になる...


尚、寄り付き前に発表された7月鉱工業生産指数速報値は前月比0.6%上昇の93.2。
4カ月連続の上昇。(市場予想平均は1.4%上昇。)
基調判断は「東日本大震災の影響から回復しつつある」で据え置いた。
業種別では輸送機械、情報通信機械、一般機械などが上昇し、電子部品・デバイス、化学、金属製品は低下。出荷指数は0.2%上昇の94.5で、在庫指数は0.2%低下の100.6。
在庫率指数は3.9%上昇の116.3。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1280万株、買い1160万株、差し引き120万株の売り越し。
売り越しは23営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:26

9000すら回復できず8月が終わろうとしている。
月末ドレッシング期待があってこんなもんなのか、なくてこんなもんなのか...

10:38
大引けでMSCIのリバランス(資金流出)も嫌気されているのか。
毎度のこと、大した額でもないが、この薄さじゃ気になりますな(-_-)zzz

11:02
期待するもの、好感できるものは少ない。
仕方ないので... とりあえずラマダン明けを好感、好感してみたい○| ̄|_

日経225先物110831-z
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110830-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

ちょっとしたことで上げる

経済指標の悪化\(゜ロ\)(/ロ゜)/

バーナンキへの期待が高まる、上がる

ポジティブヤンキー復活!

またか!大丈夫なのか?

その疑念が需給を悪化させず、上がる

オカシイダロで売る

で踏まされて、また上がる

はぁぁと、ため息...

押し目が来る

遂に買う

下がる

そうならないことを祈る
 

株式指標110830-1

株式指標110830-2
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


誰に投票するではなく、反小沢という投票基準。

「私が総理になっても支持率は上がらない。だから選挙はしない。」
と、代表選でニヤリと言い放った野田。それで代表になれる民主党。

国内に目を向ければロクなモノが見当たらない。

優秀な日本企業、期待値の高い企業業績に目を向ければ買えるが...
優秀な日本企業は海外で活躍、若しくは海外への進出に意欲的。

外部環境の影響をあまり受けない日本株式市場となって久しいが...
これでは、やはり国外、世界の景気に目を向けるしかない。

ということで・・・

ジャクソンホール会合前後の気になった点を、以下時系列順に。

意味があるのかないのか、今後に影響するのかワカランが...
著名人に気になる発言、動向が見られた。一応念のため記録として残しておく。
 

8月24日

3年前にシティグループの減配を正確に予想した銀行アナリストの
メレディス・ホイットニーがバンカメに差し迫った増資の必要はないと指摘。

JPモルガンとの合併観測否定もあり、この日は金融株が米株市場を牽引。
ダウ平均は143ドル高、ナスダックは21p高となった。
 

8月25日

ウォーレン・バフェットがバンカメに50億ドルの出資を決定。
相場に買い安心感が広がり、米株市場では買いが先行したが・・・

この日は、ドイツ国債の格下げ観測や、空売り禁止措置拡大・延長観測で
ユーロが売られ、ドル高となり、これが嫌気された。

米有名シンクタンクのメドレー氏がQE3実施に対して否定的な見方を示したこともあり
持ち高調整売りなどにより、ダウ平均は170ドル安、ナスダックは48p安で引けた。

(その後、格付け会社各社が独のAAAの格付けを確認し、ドイツ財務省が
空売り禁止措置に関する噂を否定したことでユーロは下げ止まった。)
 

8月26日

期待は裏切ったが、大方の予想通り
バーナンキは、ジャクソンホール会合でQE3に言及せず。

この日のダウ平均は134ドル高、ナスダックは60p高。

この週のダウは466ドル(4.3%)高。5週ぶりの上昇。
ナスダックは138p(5.9%)高。

 
8月29日

保有している中国建設銀行の株式の約半分を今四半期中に売却し
約33億ドルの利益を計上すると報じられたバンカメ(+8.1%)が4日続伸。

ギリシャの2位と3位の銀行が合併合意し、ギリシャ発のシステミックリスク懸念後退。

この日のダウ平均は254ドル高、ナスダックは82p高。

アテネ総合指数は14%超の上昇となり、21年ぶりの上げ幅を記録した。

 
景気後退だと大騒ぎして下げたワリには・・・
先週からの上昇で、材料視されているのは金融、信用問題。

経済統計に改善は見られないが、特に材料視された様子はない。

先週からの株価上昇は金融株主導によるものであるように見える。
現在、やや楽観的、上げ過ぎにも見える。
一方、これまでが悲観的過ぎ、下げ過ぎたためにも見える。

ここで一波乱あるとすれば、金融、信用の問題が指摘されてか...

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約266億円が成立。市場では、投資家の買いがやや優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5723億円、売買高は同9億6302万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1393、値下がりは147、横ばいは99。

 
*** 追記 ***
13:18

ナスにしても、金融にしても、海運にしても・・・
巻き戻した、下げ過ぎた、ありゃま、買い戻したって感じなんだよな。
こういうことって大抵の場合、振幅は小さくなっても何度か繰り返す。
まだまだ不安定と見るのが無難でしょうな。

13:43
なんとなく一巡したような... しちゃったような...

14:32
10000なら・・・月末の思惑と期待で、もう少し活発な商いが見られたと思うが
9000なんだよなぁ... 無意味とは言わないが、遣り甲斐の無いレベル。
しかも、ADP、ISM、雇用統計を控えて、無茶もできない。
この渋い動きも已む無しですな。

15:02
キッチリ100円までの上げ幅。寄り引け同値。
目先・短期的には一巡したっぽい。
買い戻しはあれど、買い手がいないことだけはよく分かった一日。

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8605L・8705L持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

材料不足にしてはマシな反発。材料不足らしい緩慢な日中の値動き。
華々しく戻しているように見えて、さほど戻っていない。
これぞ暴落後の反発という、半端な動き(^_^;)

日経225先物110830-g
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


8月29日の米国株式市場

ダウ平均: 11539.25 △254.71
ナスダック: 2562.11 △82.26
ドル円 NY時間17時: 76.89 -76.91
ユーロ円 NY時間17時: 111.55 -111.59
CME日経平均先物 円建て: 8945

ギリシャ2位のEFGユーロ銀行と3位のアルファ銀行が合併を発表。
カタールの政府系投資ファンドが転換社債に5億ユーロ出資するとの報もあった。
LDは休場だったが、欧州の金融機関の再編期待で欧州株式相場が総じて堅調。

7月の米個人消費支出(PCE)が前月比0.8%増と市場予想以上に増加。

ハリケーン「アイリーン」は、28日朝に熱帯低気圧に勢力を弱め、米北東部を通過。
想定ほど被害が大きくなかったことも安心感につながった。
保険金支払いが想定を下回る見通しとなったことでトラベラーズなど保険株が上昇。
トラベラーズは5%超値上がりしダウ平均構成銘柄のなかで上昇率3位となった。

尚、午前10時以降に発表された7月中古住宅仮契約指数と、8月ダラス連銀製造業
景気指数は共にエコノミスト予想を下回った。しかし、その反応は限定的だった。

ダウ平均は、11500ドル台を回復。
米国債が格下げされる直前の8月3日以来、約4週間ぶりの高値で終えた。

S&P500は1200p台を回復、ナスダックも8月3日以来の2500p台回復。
然したる節目ではないが、ネックラインも超えていないが
心理的な節目は越えてきた。

業種別S&P500種株価指数では全10種が上昇。
「金融」や「資本財・サービス」の上げが目立った。
ダウ構成銘柄は全30銘柄のうちホーム・デポを除く29銘柄が上昇した。

NYSEの売買高は約9億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約16億5000万株。

個別では、中国国有の商業銀行である中国建設銀行の保有株の約半分を売却すると
発表したバンカメが8%急伸。「アイリーン」関連の保険金の支払いが想定していた
より少なくなるとの見方から、トラベラーズやオールステートなど保険株全般堅調。
抗血栓薬の実験で良好な結果が出たと28日に発表した製薬大手ファイザーも上昇。

 

日本株式市場

ダウで2%超、ナス3%超の上昇に繋がるほどの好材料があったかと言えば... 無。
NYSEで9.1億株、ナスで16.5億株と伸び悩んだ出来高...
主要株価指数が、時間と共に上げ幅を拡大し全て引けピンとなったのが印象的だった。

先週の米株価指数の週間パフォーマンスを振り返ると
ダウ平均が+466ドル(+4.3%)、5週ぶりの上昇。ナスダックが+138p(+5.9%)。

週明けは、ダウで2%超、ナス3%超の上昇で
米国債が格下げされる直前の8月3日以来の水準を回復。
25日線を回復したのも、ダウで7月末以来、ナスで8月初以来。

売り込まれたナスダックが直近ではアウトパフォームしている。

記録的な下げを見せてきたバルチック海運指数は、8月に反発。先週末から小反落。
直近の海運株は、上昇するものが目立っている。

下げ過ぎた(巻き戻し過ぎた)ことへの修正(一部逆回転)...
所謂、リターンリバーサルか。

反発はしているが、反転したわけではない。

下向きは継続中であることを念頭に、臨みたい。

尚、リターンリバーサル的な動きだとすれば・・・
日本株の反発力は大したものになりそうもない。。。

悲観せず、期待せず、見ていきたい。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り760万株、買い540万株、差し引き220万株の売り越し。
売り越しは22営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:24

日中値幅40円。動き過ぎても手が出ないが、こうも動かないと手の出しようがない。
指数見ていても埒があかないので、個別、セクター、市場間の動きを比較・分析してみる。

10:41
野田総理となって増税懸念が持ち上がっているが・・・
増税する、しないではなく、状況的にも野田の実力的にも出来ないと思う。
増税懸念を株式の売り材料にはしなくていい気が。

10:46
市場の一部で、キッコーマンが新総理関連株とか言われていたが・・・
千葉で野田市ってことか。何の冗談かと思ったw
よほど買い材料がない、手掛かりがないってことですな(^_^;)

11:02
9000円を目前としながら、一度もTouchせず前引け。
相変わらず草食系参加者のみ。

日経225先物110830-z
  

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110829-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

倒しても倒しても・・・

更に強いヤツが出てくる北斗の拳

う~ん... 名作♪

北斗の拳シン
シン

北斗の拳ジャギ
ジャギ

北斗の拳サウザー
サウザー

北斗の拳ラオウ
ラオウ

 

倒れて、倒して、また倒されて...

それでも雑魚キャラしか出てこないこの国の政権

福田総理
他人事おじさん

麻生総理
みぞうゆうの総理

鳩山総理
宇宙から来た伝書鳩

菅総理
村野武範

野田総理
注視する人


うむぅぅ... 世紀末(=_=)

だが!

誰もが諦めた時に、救世主は現れるという!!!

期待はせずに...

しかし希望は捨てずに...

救世主を待ちたい...
 

株式指標110829-1

株式指標110829-2
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


期待は裏切ったが、大方の予想通り
バーナンキは、ジャクソンホール会合でQE3に言及せず。

インフレは脅威ではなく、米国経済が直面する問題は「異例に高水準」の
長期失業率であると指摘。そして、失業率低下に向けた一段の措置を検討するため
9月のFOMCを9月20日の1日間から、2日間(9月20-21日)に延長すると表明した。

実につまらん内容だった。しかも、またかの先送り。

この日の米株市場の反応は、急落→急騰でダウ平均134ドル高、ナスダック60p高。

注目されたジャクソン会合だが、スッキリしない内容・反応となった。

だから期待外れとするのは早計だ。

昨年もこんなもんだった。

昨年、この会合でバーナンキはQE2の可能性を示唆し
それを受けた当日のダウ平均は164ドル高となったが、翌営業日は反落。

昨年も半信半疑、モヤっと感が漂っていた。
(当時は、ただの小さな材料程度に捉えられていたような気がする。)

今回、また先送り<`~´>だが・・・

昨年も、FRBが実際にFOMCでQE2を決定したのは2カ月以上先の11月だった。

そして振り返れば・・・

昨年はジャクソンホール会合で株価はボトム。
その日から本年4月末高値まで、約8カ月に亘りダウは3000ドルの爆上げ。

だから今回もそうなるとは言えない。

昨年に比べれば、バーナンキのトーンが異様に低く感じる(-_-;)
(注: 内容は精査していない。ただの印象。)

ただ、相場の下げが続いた後の「現場」って、こんなもんかもしれない。

期待が高いのも相場ならでは。いつものこと。特にヤンキーは尚更。
先送りするのも、それを好感するのも、浪費家特有、ヤンキーならでは。

気に入らない、釈然としない点は多々あるが...
これが相場、あれがヤンキーとして冷やかに見て取り組みたい。

 
*** 追記 ***
12:59

また&まだQE3に期待。
QE3がなくても、オバマが9月に発表する経済対策で「HIA」があるだろとまた期待。

ヤンキーの、あのポジティブさは異様に感じる、アホかとも思えるが...
このポジティブさが消費意欲の強さ、景気回復力の強さなんだよなぁ。。。

気に入らないが、仕方ない。そして少し羨ましい(^_^;)

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約434億円が成立。市場では、買い決め(投資家の買い・証券会社の売り)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5709億円、売買高は9億8940万株。

東証1部の上昇銘柄数は1254、下落は271、変わらずは120。

13:08
エルピーダが急騰してみたり、海運が業種別騰落TOPだったり・・・
所詮買い戻し、未だ混乱、不安定って感じですな。

13:36
菅以外なら誰でもいいと思っていたが、野田もイヤだな(/_;)
注視し続ける総理大臣なんて、イラナイ。

13:42
安倍以降、個人的にはコイツだけは勘弁してくれって総理が4連発。これで野田なら5連発。
市場もそう感じたのか何なのか、野田が決選投票に残ったと報じられると
東京株式市場は急速に値を消した。

それにしても民主党・・・
決算投票が、海江田VS野田とは... 人材不足過ぎだろ(T_T)

13:50
誰が総理になるにせよ、菅よりはマシだ。
ジャクソンホール会合でボトムとなるのかワカランが、菅は間違いなくボトムだった。
これ以上悪くはならないということで、海江田でも、野田でも好感されそうな気がするが...

ただ、出来れば野田はやめてくれ;;

13:56
野田になりそうですな;;

14:32
野田総理(/_;)

はぁぁ...買う気失せた。

注視するしか言わない。言わなくてもいいことは言う。
なにも無いのに記者会見開いて... したり顔。
いいイメージが全くない○| ̄|_

それでも菅よりはマシ。今更政治ネタで売る必要も無い。

14:53
野田が選ばれたというよりは・・・
小沢と鳩山が支持した海江田が落とされた格好。

この国も日本人も素晴らしいと思うが、本当にこの国の政治ってダメだな;;
愚痴っても仕方ないが、代表選の度に愚痴ってしまう○| ̄|_

15:17
先物、含みベース前日比勝ち。(12月限8605L・8705L持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、大勝。

ジャクソンホール会合はサプライズなしも、国内で野田というネガティブサプライズ。
なんてこったの一日。

日経225先物110829-g
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


8月26日の米国株式市場

ダウ平均: 11284.54 △134.72
ナスダック: 2479.85 △60.22
ドル円 NY時間17時: 76.63 -76.65
ユーロ円 NY時間17時: 111.15 -111.19
CME日経平均先物 円建て: 8795

8月ミシガン大学消費者信頼感指数は55.7とほぼ予想通りで特に材料視されず。

欧州株式相場の下落を受けて売りが先行。

午前10時にバーナンキのジャクソンホール講演の原稿が公表され(講演は中継されず)
そこにQE3に関して表現されていなかったことが確認されると
株式市場は失望売りとなり、ダウは一時220ドル安まで下げ幅を拡大した。

しかし、売り一巡後に相場は反転。

バーナンキが9月のFOMCを2日間の日程に延長し、追加的な緩和策について
十分に検討すると表明すると買い優勢となり、ダウ平均はプラス圏に浮上し
主要株価指数は、そのまま高値圏で引けた。

NYSEの売買高は約11億2000万株(速報)。ナスダック市場は約18億3000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数では「IT」や「一般消費財・サービス」など9業種が上昇。

個別では、四半期決算が大幅な増収増益だったうえ、2011年1月期の1株利益見通しを
上方修正したティファニーが大幅高。前日夕に発表した四半期決算が大幅増益だった
クリスピー・クリーム・ドーナツにも買いが入った。ハリケーン「アイリーン」が
業績に与える影響が懸念されるとして売りが先行したトラベラーズも上げに転じた。
一方、ダウ構成銘柄ではHPや通信大手AT&Tが安い。

 

日本株式市場

誰もQE3なんぞ信じていなかったが・・・
万が一を期待・警戒していたジャクソンホール会合が無事通過。

無事通過と言うよりは・・・

QE3への言及は無かったが、追加金融緩和の可能性を排除しなかった。
FOMCが何のためか二日間に延長された。
思惑を残し、期待が残り、問題が先送りされた。と言うのが正確か。

どこかで見たような、またかの株価上昇パターン(^_^;)

株式市場、ダウ平均では、QE3の言及なしに失望し一時220ドル安。
いや、否定されてないぞ!あるんじゃね?で、そこから約400ドル爆上げ。
これぞ一喜一憂、右往左往。喜劇だ。

一方、外為市場ではドル相場に大きな変化は見られず。
ドル円はQE3への言及がなかったことで一時的に円安に振れたが、すぐに戻ってきた。

商品市場ではゴールドが続伸。

どこにも大きな変化、動きは見られなかった。

株式市場の爆上げも、ナスダックの上昇率が+2.5%とダウ+1.2%の倍以上で
ITの上昇が目立っていたことを考えると、過度なアンダーパフォームの修正にも見える。

ジャクソンホール会合は通過したが、今度は経済統計、FOMC待ちとなりそうだ(-_-メ)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1120万株、買い770万株、差し引き350万株の売り越し。
売り越しは21営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:23
日経225先物mini12月モノ、¥8705にてロング。弱め。

 
*** 追記 ***
09:57

欧米日共に、出来高はなんぼか落ち着いてきたが、値動きが相変わらず混乱気味。
慎重姿勢を継続したい。

10:39
テーマも問題も全て先送り・・・
見極めと言うと格好いいが、これでは手が出ないが正直な処かw

11:02
先送り、閑散による株価上昇。相変わらず&変化なし。

日経225先物110829-z
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


ジャクソンホール会合を無事(有耶無耶?)通過。

今週は米重要経済指標発表が目白押しで、それに目が向く展開か。

尚、週末に発表される雇用統計では、雇用環境の大幅な改善は
期待できないが、更に悪化するおそれは小さいとみられている。

欧州債務問題に再び目が向く可能性も。

25日の欧州債市場でギリシャ国債は8営業日連続安。
10年債利回りは一時18.55%、2年債利回りは同45.91%に上昇。

流動性は枯渇状態とされるが・・・
いつデフォルトに陥ってもおかしくない金利水準が続いている。

  
記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
()内は発表予定時間、市場予測値。(参考:トレーダーズ・ウェブ 、フィスコ)
 

29(月)

【国内】
日経225採用銘柄の定期入れ換え実施
(みずほ証券、みずほ信託を除外し、あおぞら銀行とソニーFHを新規採用)
《銘柄異動》
イフジ産業
《株主総会》
アウンコンサル キャリアバンク

【海外】
英国市場休場
米7月個人所得・個人支出(21:30)
米7月中古住宅販売成約指数(23:00)
米8月ダラス連銀製造業活動(23:30)


30(火)

【国内】
7月有効求人倍率(8:30)
7月家計調査(8:30)
7月失業率(8:30)
7月商業販売統計(8:50)
8月中小企業景況判断
2年国債入札
《株主総会》
カネコ種、日本ERI、サイバーS、日化薬、東洋炭素、シグマ光機、リベレステ
《決算発表》
菱洋エレクトロ、アインファーマシーズ

【海外】
米6月S&Pケース・シラー米住宅価格(22:00)
米8月CB消費者信頼感指数(23:00)
米FOMC議事録
コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演
トルコ市場休場
インド4-6月期GDP(14:30)
南ア4-6月期GDP(18:30)
ブラジル中銀金融政策決定会合(~31日)


31(水)

【国内】
7月鉱工業生産(8:50/前月比+1.5%、前年比-1.9%)
前月比ベースでは、6月から伸びが鈍化するも4ヶ月連続で上昇する見通し。
電力不足への企業の対応が進んだことで、影響は最小限にとどまるとみられ
秋には震災前の水準に戻るとの見方が強い。
ただ、海外経済の減速や円高などによる、輸出低迷が懸念されよう。

7月毎月勤労統計(10:30/前年比)
7月自動車生産(13:00/前年比)
7月住宅着工戸数(14:00)
通常国会会期末
《イベント》
Cloud Computing World 2011 Tokyo & Next Generation Data Center 2011(~9/1)
《決算発表》
ACCESS、サガミチェーン、パーク24

【海外】
米8月ADP雇用統計(21:15/10.3万人)
調査期間である8/12を含む週の新規失業保険申請件数は、41.2万件←7月42.2万件と
改善。改定値ベースでは、8月6日終了週に4月2日終了週以来40万件を割り込んだ。
4週間移動平均も5月から改善傾向。そのため、コンセンサスには上振れリスクが。

米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/53.8)
同指標の7月内訳は、先行性のある「新規受注DI」が59.4←6月61.2と低下。
「生産DI」も64.3←6月66.9と低下。8月の各連銀指数は、カンザスシティで横ばいも、NY
フィラデルフィア、リッチモンドで縮小を示し、同指標も前月からの低下が予想される。

米7月製造業受注指数(23:00)
ユーロ圏8月消費者物価(18:00)
カナダ4-6月期GDP(21:30)
ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
インド、トルコ市場休場
韓国7月鉱工業生産(8:00)
ブラジル7月鉱工業生産(21:00)
《決算発表》
ジョイ・グローバル、SAIC


1(木)

【国内】
8月新車販売台数(14:00)
厚生年金保険料引き上げ
10年国債入札
《決算発表》
アルチザネットワークス、日本ロジスティクスファンド投資法人、伊藤園

【海外】
米7月建設支出(23:00/前月比)

米8月ISM製造業景況指数(23:00/48.5)
先行性のある同指標内訳の7月「新規受注DI」は49.2←5月51.6と低下し、09年6月以来
となる縮小に転じた。8月の各地区連銀指数は、カンザスシティで横ばいも、NY
フィラデルフィア、リッチモンドで縮小。09年7月以来の縮小を示す可能性は高そう。

米8月新車販売台数(2日6:00)
インド、トルコ市場休場
韓国8月消費者物価(8:00)
中国8月PMI製造業(10:00)
インドネシア8月消費者物価(13:00)
豪4-6月期民間設備投資(10:30)
《決算発表》
H&Rブロック、ブラウン・フォーマン


2(金)

【国内】
4-6月期法人企業統計(8:50)
8月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
モロゾフ、日本駐車場開発、内田洋行、東栄住宅、土屋ホールディングス、ラクーン
クックパッド、モルフォ、ザッパラス、野田スクリーン、カナモト、泉州電業

【海外】
米8月失業率(21:30/9.1%)
米8月非農業部門雇用者数変化(21:30/9.5万人)
米8月民間部門雇用者数変化(21:30)
米8月製造業雇用者数変化(21:30)
調査期間の8/12を含む週の新規失業保険申請件数は41.2万件←7月42.2万件
失業保険受給総数は364.1万件←371.9万件と改善。雇用者数には上振れリスクが。
失業率は回復の分岐点12万人の雇用を3ヶ月連続で下回り、改善は期待しづらい。

ブラジル4-6月期GDP(21:00)
《決算発表》
キャンベルスープ
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安いクリック証券 小生現物取引メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110826-s
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

欧米株式市場が大幅下落となったが
日経平均はほぼ変わらずで取引開始。

強いのかと思いきや、日中値幅は約60円と殆ど動きなし。

引けにかけてやや強含んだが、8800円台を回復できずに終わった。

肉食系参加者不在となって久しい。
 

株式指標110826-1

株式指標110826-2
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

ジャブジャブ・ドーピング切れで、ダウは年初来高値から約2000ドル下落。
日経平均は約1600円の下落。震災直後の安値レベルまで下げた。

暴落として十分な下げ幅。
悪材料は今更の陳腐ネタしか見当たらなくなった。

テクニカルは冷え込んでおり、短中期でここからは売り叩き難い。

これ以上下げるためには、この水準から売り叩くためには
新手の、サプライズ的な材料が必要な気がする。

じゃぁ買うか!と思っても、買い材料は見当たらない。

畜生!さぁどうなる!どうする!との気力も感じられない。

ネタ切れ、玉切れ、気力切れの相場となっている。

それで...

巻き戻したり、逆回転したり...
同じポジションをグ~ルグル...
空売り禁止を好感してみたり...
流動性低下を一服と勘違いしてみたり...

これって、リーマンショックの時に散々見た光景。

でも、似ているだけ。
同じ相場ではない。
同じ相場などあり得ない。

似た相場であれば、違う結果になる可能性がある。
知っていると思ったことは、知っているつもりであったりする。

あの時ああしたら、こうなった、今回はこうだ、だからこうなる
こうすれば勝てると決めることは、思い込みによる相場分析・売買判断。
それで勝てることもあるが、そんなものは単なる偶然だ。頼りたくはない。

経験と知識は予想のためではなく、現状把握のために使いたい。

あの時こうだった、今はこの点で類似しているが、この点に相違がみとめられる
今回はこうなるかもしれないが、ああなるかもと、複数の想定、シナリオを持ち
相場がどうなっても、自身がどうにでも動けることが、負けない秘訣の様な気がする。
(相場で負ける人の殆どは、身動きが取れなくなり、選択肢がなくなっている(;_;)

ということで、現状認識は、月並な見方だが・・・

一旦一巡・ニュートラルも、未だ混乱・不安定。

今後の想定は・・・

ただの暴落で収まるのなら、ここまで。

QE2による上昇分は全て打ち消し、更に下押ししており
昨年からの上昇に対する調整・修正であれば、これでほぼ十分。

リーマンショック級、大震災級を想定すれば、更なる突っ込みを警戒。

リーマンショックから立ち直るために
非伝統的(出鱈目な)景気対策・財政出動、イカサマ・テストをやってきた...
そのツケを現在払っているのであれば、ここから暴落第二章も考えられる。

史上最大の下げ、世界経済崩壊を想定... 早計だろうw
 

結局どうなるのか分からんので、どうなってもいいように取り組んでいきたい(^_^;)
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約181億円が成立。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5323億円。売買高は同8億6854万株。

東証1部では949銘柄が上げ、下落銘柄数は496、横ばいは206。

 
*** 追記 ***
13:31

ちょっと、というかかなり気掛かりなのは・・・
QE2による株価上昇分(資産効果)は全て打ち消されたが
QE2により持ち上がったインフレ率が、未だピークアウトしていないこと。

新興国では下がりそうで下がらない。米国では今から上昇というザマ(/_;)
今後の政策、株価を決める最たる材料かもしれない。

14:32
ポジション整理以外なんもなし!
そんなはずはないが、そう見えてしまった、そのぐらい淋しい一日。

15:17
先物、含みベース前日比雀の涙勝ち。(12月限8605ロング持越)
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、勝ち。

デフォルト騒動同様、QE3も結局はネタ。
アリエナイがコンセンサス。織り込み済みだろう。
QE3はなくても、なにかはあるハズ。
一波乱あったとしても、無事通過というオチになりそうな気が。

そして次のネタは、先送りされ悪化している問題... 欧州債務懸念か。。。

ジャブジャブが止まらないことには、景気、業績に目は向きそうもない。
不本意だが、需給とセンチメント中心で見ていきたい。

日経225先物110826-g

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

とにかく安いGMOクリック証券 小生メイン証券会社です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 1約定一律 140円 1日定額 100円~
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚

 

8月25日の米国株式市場

ダウ平均: 11149.82 ▼170.89
ナスダック: 2419.63 ▼48.06
ドル円 NY時間17時: 77.45 -77.47
ユーロ円 NY時間17時: 111.37 -111.41
CME日経平均先物 円建て: 8745

ウォーレン・バフェットがバンカメに50億ドルの出資を決定したことから
相場に買い安心感が広がり、ダウ平均は買いが先行。一時85ドル高となった。

しかし、買いは続かず、午前中ごろに急速に下げに転じた。

目立った悪材料は無かったが、ドイツなど欧州株式相場が総じて
下落したことで、欧州債務問題への懸念が強まったと言われていた。

翌日にジャクソンホールでのバーナンキの講演を控え
持ち高調整の売りが出たとの指摘もあった。
ダウ平均の下げ幅は210ドルを超える場面があった。

NY外為市場でも、バーナンキ講演を控えドル売りの
持ち高整理に伴うドルの買い戻しが膨らんだとの声が。

米国債と金は反発。経済指標悪化と株安で、ややリスク回避的な動きへと戻った。

業種別S&P500種株価指数では全10種が下落。
「エネルギー」や「一般消費財・サービス」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約12億1000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約17億6000万株。

個別では、前日に経営手腕に定評があるスティーブ・ジョブズ氏がCEOを退任した
アップルは小幅安。四半期決算で主力部門の営業利益が悪化した米食肉加工大手の
ホーメル・フーズは大幅安。ダウ構成銘柄では保険大手トラベラーズや化学大手
スリーエムの下げが目立った。一方、バフェットが出資を決定したバンカメは
一時前日比で25%余り上昇する場面もあったが、終値は9%高。

 

日本株式市場

売り材料は今更ネタばかり。

買い材料は見当たらない。

本日のジャクソンホールでのバーナンキ講演への
期待という手掛かりはあるが、それは根拠とはならない。

買っている人も見当たらない。

8月15~19日の投資部門別株式売買動向で、外国人投資家は4週連続の売り越し。
売越額は1561億円。(前週3383億円の売り越し)
外国人投資家の直近4週間の売越額累計は8839億円。

寄り付き前主要外国証券経由の注文動向でも
株数ベースでは本日で20営業日連続の売り越し。

個人投資家の株式保有率も、5年前の半分まで低下しているそうだ。

今週は久しぶりに、国内信託、年金系の買い観測などが聞かれたが...
先週まではとんと音沙汰がなかった。

個人の信用組の手の内が悪くなっているようだが...
それ以外でロングに傾いているようには見えない。

一方、売りで勝負を掛けているような筋も見当たらず
ショートに傾いているようにも見えない。

昨日の米国市場でも、持ち高整理による反対売買ばかりのようだった。

5月初からの暴落相場の最終局面で、ニュートラル。
本日のジャクソンホール会合で仕切り直し。

そんな風に見えないでもない。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1860万株、買い1190万株、差し引き670万株の売り越し。
売り越しは20営業日連続。金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
10:23

QE2相場=リスク選好 or リスク回避の二択のみ。
QE2終了後... 期待のみ。

ファンダメンタルズと関係ないところでの空中戦が延々と続いてきたが
ようやくそれも終わりそう。ここで仕切り直しとなることを願う。

11:02
今更売買しないだろという一日(^_^;)
反対売買がどの程度あるかだけ見学するw

日経225先物110826-z
 

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 先物取引ブログへ   

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2