ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


寄り付き前から「午前10時頃に日銀が...」との期待があったが、空振り。

後場、国内年金から数百億円規模の買いが入るのではないかという観測もあった。

前引け時点の日経平均は前日比21円高。

昨日の泥鰌を今日も掬おうという思考と動きで、日経平均は続伸。

本日も泥鰌がいるということが大前提となっている。

月末・期末お約束の泥鰌イベントだ。

昨日は米国産!本日のは国内産!別ものだ!今日もいるぞ!との声もあるようだが...

泥鰌は泥鰌、泥の中、見えない中での観測、観測は期待、期待による買い。

既に買われてしまった可能性も考えられる。

昨日いた泥鰌が、今日いるとは限らない。

今日いたとしても、期待が先行していれば、その大きさ、味に不満が出る可能性も。

QE2以降、期待でぶち上げ、その上昇分剥落、更に暴落というこれまでの経緯もある。

あまり期待し過ぎない方がよさそうだ。

尚、wikiによれば、泥鰌は「危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜る事があり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返される事がある」とのこと。

これって、相場の泥鰌にも当てはまりそうな気がする。十分気をつけたい。

野田首相にも当てはまりそうな気がしないでもない。適度に気をつけたい。

 

直近のダウ平均を終値ベースで見てみる。
3営業日続伸450ドル高→180ドル下落→143ドル上昇。

高安で見ると、先週末から一昨日で、700ドル超上昇→300ドル超下落。
昨日は一時260ドル高→そこから300ドル下落→引けは143ドル高。

上げてはいるが、かなり微妙な動きだ。
直近三日間は髭も値幅も揃えて陽・陰・陽の足。
上値・下値共に切り下げている。

ただの乱高下。反発を試してはいるが依然下向きに変化なし。

反発だけを好感するような我儘な参加者が増えるようなら、買いは見送りたい。

悲観的なわけではない。

主力株にはリーマン・ショック後の安値更新銘柄続出。
個人的には、景気後退だとしても下げ過ぎだと見ている。

仮にギリシャがデフォルトだとしても、所詮小国のデフォルト。
(債券市場、CDSでは、既にデフォルト済みの数字だ。)

サブプラの時は当初2兆円とか言われていたのが、後に200兆円と言われ、結局未だに分からず。あの時はワケ分からない状況で、金額・不安・株価下落が拡大していった。
今回のギリシャに関しては、額はほぼ確定している。サブプラ、リーマンショックを引き合いに出して、比べるべき問題ではない。あの時の様な底の見えぬ不安→資金調達不可能→大パニックはあり得ないハズ。

突っ込むなら、買いたい。
経済指標やチャートに底打ちの兆しが見えるなら、買いたい。

ただ期待だけで上げていくのなら、買いたくない。

今はそんな気分。

 
12:43
日経225先物mini、¥8665にて8745ショート決済・利確。(¥80抜き)
相対的には9月28日のCME清算値8560レベルでもいい気がするが・・・
取り敢えず基準線で一旦撤退。

 
*** 追記 ***
13:07

昨日やり過ぎた反動か、TOPIXの下げがきつい。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約233億円が成立。市場では、投資家の売り買いは均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5910億円、売買高は同10億3619万株。

下落銘柄数は1119、上昇銘柄数は408、横ばいは136銘柄。

13:37
書き忘れてた○| ̄|_
11時半に発表された中国の9月HSBC製造業PMI(確報値)は49.9。
速報値の49.4を上回ったが... うむむな市場反応。

13:54
本日は小型、TOPIXが相対的に弱い。
昨日の一部分が剥落というか、逆回転という感じ。
ただ、その一部剥落、逆回転にも一巡感。売り叩かれそうな気配はない。
泥鰌がいなければ、このまま小安い水準で引けそう。

14:35
泥鰌狙い、空振り、一部剥落、一巡、停滞、そのまんま...
おそらく殆どの参加者にとって案の定の一日。

サプライズがないと一段安も、反転も期待できない。
変に期待せず、愚直に見て取り組みたい。

14:49
後場はユーロ相場にも連動する動き。連動し過ぎ...
気持ち悪いが、分かり易い相場。今週は日中の手掛け易さは感じた。
といっても1回転以上は難しいけど。

15:01
案の定の引け様。

今週は、多少手掛け易さが出てきたが、新規建てでの持ち越し難さは相変わらず。

15:17
先物、決済ベース勝ち。持ち越しなし。
現物、含みベース前日比微勝ち。
トータル、ほぼ大勝。

未だ8月からの下げは継続中。反転を示唆するものは何もない。
しかし、今週は久しぶりに東京でも日中のボラが出た。
波高きは天底の兆し!?いや... 期待しない方がよさそうだw

今週変にTOPIXが上げ、騰落レシオが上昇してしまった(昨日時点で116.96)のが気掛かり。

日経225先物110930後場

皆様、今週もお疲れさまでした&お付き合いありがとうございました!よい週末を♪
  

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スポンサーサイト



とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月29日の米国株式市場

ダウ平均: 11153.98 △143.08
ナスダック: 2480.76 ▼10.82
ドル円 NY時間17時: 76.83 -76.85
ユーロ円 NY時間17時: 104.46 -104.50
CME日経平均先物 円建て: 8730

週間の米新規失業保険申請件数が市場予想以上に減少。40万件の節目を下回った。
4-6月期の実質GDP成長率(確定値)が市場予想を上回る水準へ上方修正された。
米景気減速懸念がやや和らぎ石油株などが買われた。

NY時間早朝、独連邦議会(下院)が欧州金融安定基金(EFSF)の機能拡充法案を可決。
欧州株に上げが目立ち、欧州銀のADRも堅調。米国市場でもバンカメやJPモルガン・チェースなど金融株を中心に買われ、ダウ平均の上げ幅は30分足らずで260ドルに達した。

ただその後は、株式市場全体に好材料出尽くし感が漂い、ダウ平均は45ドル安まで急落。欧州債務問題への不透明感が根強いうえ、中国の景気が大幅に減速するとの思惑が浮上した。中国などでの売り上げが大きいブランド品など消費関連株が売られた。

しかし、取引終了間際にダウは再び買い直され大幅高に。
ナスダックは結局戻し切れずにマイナス圏でこの日の取引を終えた。

前日夕に業績見通しを下方修正した半導体大手AMDが約14%下落。半導体製造装置などを含む関連銘柄全般の上値の重さにつながった。SOX指数も1%あまり下げた。

四半期末の接近に加え、ユダヤ教の祝日にあたるため市場参加者がやや少なく、値動きが大きくなったとの見方があった。

NYSEの売買高は約11億2000万株(速報)、ナスダック市場は約22億7000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「金融」「公益事業」など8業種が上昇。
「一般消費財・サービス」と「IT」が下落。

個別では、追加の人員削減を発表したノキアが上昇。半面、四半期決算と併せて発表した販売数量見通しが物足りないと受け止められた農薬大手モザイクが安かった。

 

日本株式市場

昨日の米株市場をセクター別に見ると、金融セクターの銘柄がほぼ全て上昇。
これまで通り、金融株が指数の明暗を分ける格好。

やや意外というか、ようやく売られたかというのが「消費関連」。
中国経済の減速感がやっと取り沙汰された。

昨日、上海総合は終値ペースで1年2か月ぶりの安値更新。
本日ランチタイムには、中国PMIの発表(確報)される。
市場の注目はそれなりに高そう。

そして来週、米国では重要指標目白押し。

10月3日、9月ISM製造業景気指数
10月4日、8月製造業受注
10月5日、9月ADP雇用統計、ISM非製造業景気指数
10月7日、9月雇用統計

ドイツがEFSFの機能拡充法案を可決したことで、一旦、南欧の債務問題が鎮静化する可能性はある。(あくまでも一旦。問題は何も解決していない。)

そして、南欧の債務問題から改めて景気に目が向く可能性も考えられる。

景気減速に関しては、既に事実となっており、完全に織り込んでいると思われる。
景気後退も既に材料視され、これまでに株価を下落させてきた。
過剰に警戒することはなさそうだが、景気減速らしい売られ方は欧米市場ではさほど見られなかったような気も。もし、景気後退であれば、それをどこまで織り込んだか、織り込む様に売られたか不透明。メインシナリオではないが、多少警戒しておきたい。

日経平均に関しては、週初に年初来安値をつけて3連騰。
本日は、週末らしく手仕舞い売り!?
いや、期末らしく更に持ち上げる!?

ただそれだけか。。。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1680万株、買い1170万株、差し引き510万株の売り越し。
売り越しは4営業日連続。金額ベースも売り越し。

09:25
日経225先物mini、¥8745にてショート。

 
*** 追記 ***
10:31

一昨日のダウ平均は180ドル下落。昨日の日経平均は85円上昇。
昨日のダウ平均は143ドル反発。本日の日経平均は現在43円高。

普通なら、見極めが必要だ!強過ぎだ!となるが・・・
今は、期末だからねぇ...の一言で済まされそうw

11:02
10時ごろに日銀が...との観測(期待)があったようだが、空振りに終わった。
後場も空振りなのだろうか?
もしあるのなら、それで買い上がるのか、踏むのか、利食われるのか。
もし空振りなら、引けにかけてそれでも買われるのか、目先が手仕舞いするのかが注目か。

日経225先物110930前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110929相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

米国では、期末を控えて持ち高調整の動きとの観測で安値引け。

日本では、月末・期末を意識したドレッシング買い観測で高値引け。
(9月中間期末の評価額を意識した米国年金などの買いとの噂も。)

特殊要因による特異な商い、作為的値動き。

月末・期末を意識した買いと言うと聞こえはいいが・・・
一種の株価操作、一時的粉飾だ。
このような動きが先に繋がるかは微妙。

昨日の米市場、本日の日本市場、少し割り引いて見た方がいいかも...
あっ!両方割り引くとチャラかw

尚、香港市場は台風の影響で終日休場。
代替として東京株式市場に何らかの影響を及ぼした可能性も。

上海総合は終値ペースで1年2か月ぶりの安値更新。
米経済がダメなら中国経済とのデカップリング期待は...まだか。
 

株式指標110929-1

株式指標110929-2
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


世界の主要株価指数は先週末に目先底を打った様にも見える。

一方、商品市場は依然ガタガタ。

9月に入り、1900を突破し史上最高値を更新していたゴールドは暴落。

ゴールド110929

13週線(1712)、26週線(1612)ぶち割れ。
7月中旬以降の上昇幅を全て打ち消した。

米景気後退懸念、南欧の豚ネタでリスク回避姿勢が強まる中、安全資産とされてきたゴールドの暴落。安全資産「とされてきた」、安全「とされてバブっていた」が、修正された。そんな動きに見える。
株式市場の低迷により運用資産の悪化を懸念したヘッジファンドが、損失穴埋めのためにゴールドを売却したとの見方もあった。

まぁ、なんにしろ...

「リスク回避」でも「安全」でもなく、投機筋によるゴールド高だった。
9月20-21日のFOMCでQE3の言及がなく投げ売った。下げが加速した。

ただそれだけのことなのだろう。

尚、NYゴールドは先週末に証拠金が引き上げられ、マーケットの流動性が低下している。

まだ一波乱ありそうで、警戒が必要な状況。

9月26日
東京工業品取引所では寄付から金、銀、白金などでサーキットブレーカー発動(゜o゜)
リスクオフ、低流動性、パニックという好ましくない状況。

9月28日
バンカメが中国経済のハードランディングとシステマティックリスクについて言及したレポートを発表。商品市場で売りが膨らんだ。
米株式市場では、アルコアが5%近い下落。業種別では素材セクターが下落率首位。

米株だけみていると、ユーロ相場だけ見ていると、強気になってしまいそうだが・・・
全般的にはまだまだ混乱状況であることを認識し、慎重に取り組みたい。


12:32
日経225先物mini、¥8555にて8515ロング決済・利確。(¥40抜き)

 
*** 追記 ***
12:59

月末・月初高アノマリー再び!?
高いのは結構なのだが、その後のアノマリー「月初から崩れる」が気掛かり(^_^;)

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約200億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6190億円、売買高は同10億1456万株。

東証1部の値下がり銘柄数は564銘柄、上昇銘柄数は917、横ばいは182。

13:24
商品市況の下落を受け、東京株式市場業種別では「卸売(商社)」がワースト。
比較的素直な反応と言えそう。

一方、規模別では、core30、大型が軟調、中型が+0.72%、小型は+1.18%と馬鹿上げ。
なんじゃこりゃと言うしかないw

13:34
なんかイヤな上げ方というか、イヤな商い。
昨日時点で騰落レシオ116まで上昇していた。
今日のでかなりキチャッタ感が。
下手に触ってイッチャッタとならないように、気をつけたい。

13:41
ヤベェ。。。売りたくなってきた。
売りたくなることがヤバイのか、売りたいと思って売らないことがヤバイのかは不明w

14:11
昨日のNY、本日の東京、動きは異なるが、どちらも期末らしさは感じる。

14:43
225先物は基準線(8665)、昨日高値8670まで上昇。
大したもんだ。週末・月末・期末だw

15:17
先物、決済ベース微勝ち。持ち越しなし。
現物、含みベース前日比ほぼ大勝。
トータル、大勝。

月末・期末ドレッシング(粉飾)上げ... にしか見えない。
またか!これでえぇんか?まぁいいけどさ... そんな一日。

日経225先物110929後場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月28日の米国株式市場

ダウ平均: 11010.90 ▼179.79
ナスダック: 2491.58 ▼55.25
ドル円 NY時間17時: 76.58 -76.60
ユーロ円 NY時間17時: 103.71 -103.75
CME日経平均先物 円建て: 8560

フィンランドの議会がEFSFの機能を強化する法案を承認したことで買い安心感が広がり、買い先行で始まった。ダウ平均は一時126ドル高まで上げ幅を拡大。

しかし、8月の米耐久財受注額が市場予想に反して減少。米景気の先行き不透明感が改めて意識され、上げ幅を縮小。下げ止まらない商品市況も嫌気された。

午後1時に実施された米国債の入札が非常に好調な内容であったことが、株買いを敬遠させたとの声もあった。

高く始まった欧州銀行のADRなどが下げに転じ、またも債務問題が警戒された。
欧州金融安定基金(EFSF)の機能拡充策の可否をドイツ議会が29日に採決することから、投資家の様子見姿勢が強まり、利益確定売りや四半期末を控えたポジション調整売りなどが優勢となり、ダウ平均の下げ幅は一時190ドルを超えた。

相変わらず欧州ネタを受けた銀行株主導の不安定な相場となっている。
この日もダウ構成銘柄中ワーストの騰落率はバンカメ(約5%安)。
シティ、GS、JPモルガンなど大手金融株は軒並み3%を超える大幅安。

この日は、商品市況とその関連の下げも目立った。
アルコアが5%近い下落。業種別では素材セクターが下落率首位。

ナスダックはダウ以上の下げ幅となった。ノルウェーのソーラーパネル製造会社が工場閉鎖を検討していると発表し、ファーストソーラーなど太陽電池関連銘柄が売られたことが、ナスダックを押し下げた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
原油や銅など商品相場の下落を受け「素材」が4%超下落、「エネルギー」が3%下落。

売買高はNYSEが約10億5000万株(速報値)、ナスダック市場が約19億1000万株(同)。

個別では、減益決算を発表した調味料大手マコーミックとレストランチェーンのダーデン・レストランツが共に下落。増収増益決算を発表したディスカウントストアのファミリー・ダラーには買いが先行したが、相場全体の下落につれて下げた。韓国サムスン電子とスマートフォンの特許相互許諾契約を結んだと発表したマイクロソフトは小幅安。一方、タブレットへの参入を発表したアマゾン・ドット・コムが2%あまり上昇。前日発表した決算が好調だった電子機器製造受託サービス大手ジャビル・サーキットは8%高。

 

日本株式市場

日本株式市場にみるべき処があまりない(/_;)

米株次第、ダウ次第ということで、単純にダウだけみてみる。

昨日のダウ平均は朝方の126ドル高から日中300ドル近く下落。

前日同様、長い上ヒゲを残し25日線を回復できずに終わった。
前日同様だが、前日は陽線・この日は陰線。上値下値共に切り下げ。
如何にも下げ相場という結果となった。

とはいえ、あまり悲観的になる必要もなさそう。

ダウ平均は前日まで3営業日続伸で約450ドルの上昇。
先週末22日安値からこの日の高値まで700ドル超上昇していたのだ。

3営業日続伸450ドル高→180ドル下落。
700ドル超上昇→300ドル超下落。

何の驚きもない、こんなもんかという動き。

季節要因を考えても、この時期は7-9月期末を控えて持ち高調整の動きも出やすい。
欧州のイベントを前に利益確定売りというシンプルな動きにも見える。
(大幅高後の4割程度の下落率だ。利益確定とみてもオカシクは無い。)
この下げで手の内が悪化したという市場参加者は居そうもない。

昨日の米株の下げを過度に嫌気する必要はなさそう。

やや気になるのは、本日、EFSFの機能拡充策の可否をドイツ議会が採決すること。
9月29日と言えば、2008年のその日、米金融安定化法案が米下院で否決されたことを思い出す。この日、ダウ平均は777ドル安の大フィーバー。過去最大の下げを記録(゜o゜)
本日9月29日は変化候補日でもある。オカルトだが... 気にはなりますなw


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1910万株、買い1660万株、差し引き250万株の売り越し。
売り越しは3営業日連続。金額ベースも売り越し。
 

09:44
日経225先物mini、¥8515にてロング。弱め。

 
*** 追記 ***
10:16
ETFで欲しいのが幾つかあるのだが、薄くてスカスカで、どうにもならん;;
9時28分に指値の極一部約定したが予定額の数10分の1しか買えず。
成りで買えば自分で押し上げちゃうので、そりゃ出来ん。
はぁぁ.... 流動性がないと計画が立たん(/_;)

10:44
これまでに下げ止まりそうな気配は何度もあったが、下げ止まるキッカケが一度もない。
救いようのない南欧の豚ネタが続く限り、下げ止まるキッカケはないのか(^_^;)

それにしても今回の豚ネタは長い。
3カ月に一度湧いては、数週間程度で消えていた豚ネタだが、今回はもう2カ月以上続いている。決着つかない問題、解決しない問題をいつまで引きずるんでしょ。
もうあのネタ飽きたんだが、まだ続くのか。。。

11:02
上げても上がらない、下がるが下がらない...禅問答の様な日経平均(-.-)

日経225先物110929前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110928相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

上海総合は下落。

不良債権増加懸念から、中国本土系銀行株が軟調。

香港ハンセンは反落。

香港系銀行が第4四半期に住宅ローン金利を引き下げるとの観測が嫌気された。

日経平均は続伸!

前日比5円高だが、配当落ち分を考慮すると実質約73円の上昇。
アジア市場全般軟調だったことを考えると、相対的強さはある。

TOPIXも続伸!!!

東証33業種中27業種が上昇。
東証1部の値上がり銘柄数は1300超(゜o゜)
日経平均の+0.07%高に対し、TOPIXは+0.74%と更に強い。
25日線も終値ベースで僅かながら上回った。

TOPIX優位は好感したいが、小型株優位過ぎにも見え...微妙(-.-)
 

株式指標110928-1

株式指標110928-2
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経平均は相変わらずモサっとした動き。

目先は上向いたが、短中長期で下向きに変化はない。

ダウ平均は、ダブルトップ→ネックライン割れ→フラッグ
9月21-22日急落・下方ブレイク

これで新たな下値模索かと思いきや、9月23日から3日続伸。9月22日にやや長い下ヒゲと、出来高を伴ったことで、8月9日・9月22日でダブルボトムとなったように見えないでもない。

しかし、3日続伸の3日目である昨日は、長い上ヒゲを残し、25日線(11250処)を終値ベースで下回って引けている。下方ブレイク後の単なるあや戻しに見えないでもない。

独DAXは、昨日5.29%高と爆上げ。25日線上方での大陽線。
9月12日・9月23日でダブルボトムになったようにも見える。

独DAX20110927 
(↑ ドイツDAX 日足: ケンミレチャートより拝借)

しかし、昨日の爆上げでも、9月16日の戻り高値5655を上回れず。
(その9月16日は出来高激増で陰線引け、その後急落となった起点。)

週明けから爆上げの独DAXだが、目立った出来高はない。
ただ、金融株の上昇が目立つのみ。

本日時点では、多くの主要株価指数が従来通りの上値切り下げ・下値切り下げのまま。
転換したと言えるものは見当たらない。

外為市場でユーロ・ドルを見れば、9月26日を短期底として昨日まで急伸。
しかし、トレンドラインは定規で引いたように右肩下がり。何の変化もない。

商品市況も芳しくなく、下げ止まりの兆しは見えない。

9月26日、メルケル独首相とパパンドレウ・ギリシャ首相の首脳会談で、株価急伸。
9月27日、ギリシャ議会での財政削減案の議会投票に期待して(一時)爆上げ。

イベント、チャート・テクニカルの単純な(従順な)動きにも見える。

ここから上伸びるならリスクテイクも面白いかもしれないが・・・
イベント的にもチャートテクニカル的にも、昨日で上限に達した感もある。

ここで心やポジションを傾けるより、ここから動いた方に傾けるのが無難だろう。
 

12:31
日経225先物mini、¥8615にて8660ショート決済・利確。(¥45抜き)

 
*** 追記 ***
13:02

金融株乱高下、指数上値切り下げ・下値切り下げ。
現時点では、これまでと変わったところは見当たらない。
相変わらずの相場だが、敢えて言えば・・・
主要株価指数で下げ止まりそうな25日線を意識したような動き... キノセイカ(-.-)
気のせいじゃないとしても、それだけでは買い難いですなw

前引け後の東証立会外バスケット取引:
約529億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で6060億円、売買高は同9億2365万株。

東証1部の上昇銘柄数は全体の70%の1175、下落銘柄数は374、横ばいは105。

13:34
配当落ち分を埋めるような埋めないような、モヤモヤ、モサっとしたザラ場。
おそらく大方の想定通りの一日。ツマラナイが、ポジ調整にはいい一日。

14:41
指数を見れば、あや戻し的。個別、セクターを見れば、規模は小さく、ボンヤリとしているが、多分にリターンリバーサル的。目先需給の傾きでのシーソーゲームに見えてしまう。
こんな状況では... 手掛けるにしても割り切りスタンスが無難でしょうな。

15:17
先物、決済ベース勝ち。持ち越しなし。
現物、含みベース先週末比ほぼ大勝。
トータル、大勝。

配当分を埋めた。ただそれだけの一日。
ザラ場も終値も大多数の参加者にとって案の定の一日。

日経225先物110928後場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月27日の米国株式市場

ダウ平均: 11190.69 △146.83
ナスダック: 2546.83 △30.14
ドル円 NY時間17時: 76.82 -76.84
ユーロ円 NY時間17時: 104.33 -104.37
CME日経平均先物 円建て: 8625

コンファレンス・ボードが発表した9月の消費者信頼感指数は45.4。
前回から改善したが、市場予想には届かなかった。

7月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は前年同月比4.1%低下。
前年割れは10カ月連続だが、前月比では4カ月連続で上昇。

しかし、これらへの市場の反応は限定的。
この日の市場も欧州債務懸念・金融不安がメインテーマだった。

この日会談した独メルケル首相とギリシャのパパンドレウ首相が共にギリシャの財政問題に積極的に取り組む姿勢を示したと伝わった。ギリシャ議会がEUなどから金融支援を受けるうえで重要な条件となる不動産特別税の導入を承認したとの報道もあり、ギリシャ支援が具体的な進展をみせるとの期待を誘い、ダウ平均の上げ幅は一時320ドルを超えた。

しかし、取引終了前に「ユーロ圏の一部諸国がギリシャの第2次支援に際して民間金融機関の負担増加を求めている」と英FT紙がが伝えると、金融株を中心に市場は急速に伸び悩み、上げ幅を大きく縮小。

バンカメは一時の4%近い上昇から約2%安と下落に転じ、5%近く上昇していたJPモルガン・チェースも上昇分を全て打ち消し、結局小安く引けた。

欧州ネタによる金融株乱高下が指数を主導する相場に変化はない。

業種別S&P500種株価指数は全10種が上昇。
「素材」や「資本財・サービス」の上げが目立った。

NYSEの売買高は約11億9000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約20億7000万株。

個別では、金や銅の先物相場上昇を受けて、金属生産のアレゲニー・テクノロジーズや鉱山向け掘削機械大手のジョイ・グローバルが大幅に上昇。ダウ構成銘柄ではHPやウォルト・ディズニーの上昇が目立った。
一方、好決算を発表したドラッグストア大手ウォルグリーンは、主力契約先との契約交渉難航が嫌気され、大幅に下落。iPhoneに関連した記者向け説明会を10月4日に開くと伝わったアップルは買い先行後、引けにかけて売りに押された。

 

日本株式市場

本日から実質下期入り。
9月配当権利落ち日だ。
日経平均の配当落ち分は68円。

配当落ち分を即日埋めると、その後の相場が強くなるというアノマリーがある。
本日の日経平均が68円高以上で引けられるかどうかが注目される一日。
(↑ 実質の話。プラスで引ければ埋めたことになる。紛らわしくて申し訳ない。)

その難易度を、捻りなくみてみると・・・

昨日の日経平均終値がほぼ8610円。
シカゴCME225の清算値は8625円。

米株高の追い風に余り期待はできない。

現物では、基準線が8728円、下降中の25日線が8730円。
225先物では、基準線が8665円、下降中の25日線が8671円。

言うまでもなくトレンドラインは下向き。

実質下期入りしたことで、機関投資家も多少動きやすくなるとは思われるが、欧州ネタによる金融株乱高下が指数を主導する相場に変化はない。この不安定・不透明な相場で、上値を積極的に追うような展開も想定し難い。

配当落ち分を埋めるような埋めないような...
モヤモヤしたザラ場、引け値となりそうな一日。

09:18
日経225先物mini、¥8660にてショート。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1640万株、買い1410万株、差し引き230万株の売り越し。
売り越しは2営業日連続。金額ベースは買い越し。

 
*** 追記 ***
10:49

虫眼鏡で見ないと分からない程度だが・・・
日経平均の25日線下げ止まって、上昇に転じている。5日線も横這い。

でも、上値下値切り下げ中に変化なし。

この辺りもモヤモヤですな。

11:02
昨日大幅高、本日続伸とは言え、株価指数はこんな未だこんな位置。
にも拘らず(?)高値更新銘柄が56。やや意外感はある。
味噌も糞も一緒に売られていたわけではないってことか。

日経225先物110928前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物110926相場
9月26日 日経平均 日中足  
日経225先物110927相場
9月27日 日経平均 日中足
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

値動き、株価水準、出来高だけ見てみる。
(昨日後場から立ち合っていないので、それしか見れない(^_^;))
 

先週のダウ平均の週間下落幅は737ドル(-6.4%)。
リーマン・ショック直後の2008年10月以来、ほぼ3年ぶりの大幅下落。
(ナスダックは5.3%の下落、S&P500は6.6%の下落。)

連休明けのTOPIXは15.69p安、日経平均は186円安。
日経平均はザラ場ベースで震災直後の3月15日以来の8400円割れ。
終値ベースでは約2年半ぶりの8500円割れ。
出来高は21億2,772万株、売買代金は1兆4,280億円。
決定力不足も、それなりの出来高で大幅下落。

週明けのダウ平均は272ドル高(+2.47%)
ダウ平均は約3週ぶりの大幅高。
ナスダックは33.46p高(+1.33%)

株高を受け原油相場は反発したが、金の下落は止まらず。

連休明け2日目のTOPIXは19.70p高、日経平均は235円高。
日経平均は震災直後の3月15日の終値8605円を上回った。
出来高は18億8,390万株、売買代金は1兆1,930億円。
前日比出来高減少・閑散の大幅反発。

立ち合っていた人からすれば、なにか感じたのかもしれないが・・・
休んで帰ってきた私からすると、ただの不安定・乱高下にしか見えない。
 

株式指標110927-1

株式指標110927-2  
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 


温泉めぐり中につき、本日のザラ場更新をお休みさせていただきます(*´∇`)

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


先週の日本市場は三連休、FOMC等イベント通過、三連休。

この週の米国株式市場は3年ぶりの大幅下落。

G20は精神論で終わり、失望との声もある。

しかし、そもそも期待されていない。

この週明けで、今更おたおたしてるようでは仕方ない。

確信を持って、何か手を打てる状況でもない。

先週末の米株は小反発も、これで下げ止まったとは言い難い。

チャートを見れば、底抜けしている。

これでは上げても下げても風景は変わらない。

風景が変わらなければ、従来通りの見方、取り組み方でいい。

従来通りの見方、取り組み方であれば、様子見・リスクオフだ。

底抜けしているため、値ごろ感も糞もない。

仮に景気後退であれば、バリュエーションを唱えて買うのも滑稽。

じゃぁ売り叩くか... ともなり難い。

目新しい材料はなにもない。

「織り込み済み」という言葉が死語となって久しい。

こんな状況で、ここから意気揚々と売るのも躊躇われる。

三連休明け・・・

マーケットは不安定、不透明、リスクオフ。

実社会では交通状況は良好、宿は平日料金で安く、空いている。

マツタケの季節でもある。 

やはり、相場より温泉の方がよさそうだ。

ということで、本日の更新はここまでにして、行ってきます○| ̄|_

相場参加者の方にも、そうでない方にも、幸多き一日となりますように...

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約234億円が成立。
市場では、やや買い決め(投資家の買い・証券会社の売り)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で7338億円、売買高は同11億0917万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1388、値上がりは209、横ばいは69。
  

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


9月22日の米国株式市場

ダウ平均: 10733.83 ▼391.01
ナスダック: 2455.67 ▼82.52

中国と欧州で企業の景況感の悪化を示す経済指標が相次ぎ、投資家心理が悪化。
欧州債務問題への懸念も根強く、アジアや欧州株式相場が大幅下落。

週間の新規失業保険申請件数は前週比で減少。
市場予想をやや上回る水準にとどまったが、米雇用環境が低迷しているとの見方が浮上。

FRBが前日に米景気下振れリスクに言及したことも、投資家心理を冷やす要因になった。

ダウ平均の下げ幅は500ドル超に達する場面もあった。

ダウ平均は8月10日以来約1カ月ぶりの安値で終えた。
ナスダックは、8月25日以来約1カ月ぶりの安値まで水準を切り下げた。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
収益が景気変動の影響を受けやすい「素材」や「エネルギー」の値下がりが目立った。

NYSEの売買高は約17億2000万株(速報値)、ナスダック市場は約28億9000万株(同)。

個別では、収益予想を引き下げた貨物大手のフェデックスは大幅に下落。航空機・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズの下げも目立ち、ダウ構成銘柄で下落率が首位だった。航空関連機器のグッドリッチと同社買収で合意したと発表したが、財務面の負担への警戒感が強かった。ダウ平均を構成する30銘柄はすべて下落した。
一方、グッドリッチは大幅に反発。買収価格にさや寄せした。

 

9月23日の米国株式市場

ダウ平均: 10771.48 △37.65
ナスダック: 2483.23 △27.56
ドル円 NY時間17時: 76.61 -76.63
ユーロ円 NY時間17時: 103.38 -103.42
CME日経平均先物 円建て: 8445

「ギリシャのベニゼロス財務相がギリシャ国債の元本の50%削減に言及した」との報道(政府報道官が後に否定)から、欧州株式相場が一時大幅安となっていた流れを引き継ぎ、ダウは一時95ドル余り下げた。

しかし、前日までに大幅に下げたうえ、取引時間中にダウ平均などが年初来安値の水準を下回る場面があり「売られすぎ」との見方が広がり、前日までの下げが大きかった「小売り」や「金融株」を中心に買い戻しが入った。

一部メディアが「EUが、財政危機国を支援するための制度である欧州安定化メカニズム(ESM)の設立を1年前倒しすることを検討している」と報じたことも追い風に。

結局、ダウ平均は3日ぶり、S&P500とナスダックは5日ぶりの反発でて取引を終了。

ダウ平均の週間下落幅は737ドル(-6.4%)。
2008年10月以来、ほぼ3年ぶりの大きな下落となった。
尚、ナスダックの週間パフォーマンスは-139p(-5.3%)。

株式市場は反発したが、商品市況は下げ止まらず。
WTI原油は続落し80ドル割れ。ゴールドは100ドルを超す大幅安となった。
商品市況の下落を受け、米株市場ではエネルギーと素材セクターの下げが目立った。

米国債券市場は反落。
10年債は朝方買われたがその後6日ぶりに反落に転じ、利回りは12bps上昇し1.83%。

業種別S&P500種株価指数は全10業種のうち7業種が上昇。
「一般消費財・サービス」や「金融」の値上がりが目立った。

NYSEの売買高は約12億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約19億5000万株(同)。

個別では、前日夕に発表した四半期決算が市場予想を上回ったナイキが大幅に上昇。四半期配当の増額を発表した外食のマクドナルドも上昇した。ダウ構成銘柄ではバンカメやJPモルガン・チェースが上げた。
一方、HPは下落。ネット競売大手イーベイの元CEOメグ・ホイットマン氏が次期CEOに就任すると前日に発表した。ダウ構成銘柄では化学大手デュポンの下げも大きかった。

 

日本株式市場

先週の米国株式市場は3年ぶりの大幅下落となったが・・・
日本は3連休が二度あり、その激震を受けず。

連休明けの日経平均は、先週末比13円安で始まった。
CME清算値の8445円も高いかと思われたが、更に高いスタート。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、売り1990万株、買い2140万株、差し引き150万株の買い越し。買い越しは3営業日ぶり。(金額ベースは売り越し。)

買われている感はないが、売り叩かれている様子もない。
買い方としては不気味、売り方としては拍子抜けの連休明けとなった。

しかし、寄り付きから程なくして、指数、主力株は下げ幅を拡大。
といっても、9時45分時点で日経平均8430円、130円程度の下げ。
収斂から拡大に向かう-2σ(8435処)に沿った動き。
チャートテクニカル的な大人しい動きだ。
9月14日安値8499を割り、下値切り下げを確定した割には、慌てた動きが見られない。

イベント的にも、10月は国際会合が少なく、FOMCの予定もない。
8月以上にマーケットが混乱しないと政策発動は期待しにくい。
期待が高まり難く、焦燥感に駆られ易い時期。

じり安基調で底打ち感がない相場。

時間も価格も少し大きめにとって、見て取り組みたい。
今週、来月はそんな相場か。

 
*** 追記 ***
10:22

ダラダラ下げる底打ち感のない相場。8月からさほど水準の変わらぬ現在の株価では、買いの妙味は感じられず。かといって、今更売りで攻める材料も見当たらず。

9月16日の戻り高値を上抜くか、8000円を割れるまで、温泉でも行って、のんびり日柄消化するのもアリかもしれない(^^ゞ

11:02
チャートテクニカル的な動きだが、底抜けしている。
底抜け時のチャートテクニカル的な動きって、底打たないんだよな。。。

かといって、底抜け時に突っ込んだ場合、下方での滞留時間が短い場合も多く、よほど機敏で決断力がないと、利益に繋がり難い。下手すりゃ踏まされる。

やはりここは温泉が無難かw

日経225先物110926前場
 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村 先物取引ブログへ    

  ↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2