ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物20120531相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

基本数値の9週目で反発が期待されたが...

なべ底形成からの上昇が期待されたが...

昨日の変化日での上への変化が期待されたが...

下放れとなった。

しかし、引けピンで下ヒゲを残した。

売買代金は1兆2998億円と、5日ぶりに1兆円を回復。

またも僅かに期待を残したところがイヤラシイ(-_-;)

少しでも期待すると下に走る、終始そんな5月相場だった。

結果、TOPIXの月足は大陰線。四半世紀安値圏に到達。
 

株式指標20120531-1

株式指標20120531-2
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スポンサーサイト



とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月中旬以降、個別株を売っても報われていないと思うが...

それでも売りが先行する株式市場

日経平均10000円台で買っていた人がいた

9000円台で買っていた人もいた

8000円台でなぜ買えないのだろう?

現在バリューエーション面では歴史的割安になっている

テクニカル面では売られ過ぎシグナル点灯し捲り 

それでも買いが入らない

状況が変わったからと言うのだろう

しかし、ギリシャネタも、スペインネタも昨年末からのもの

豚どもの国債利回りが上がったと騒いでいるが当時より低い

昨年末はイタリアネタでも売り込まれていたことを考えれば

本来なら、欧州債務問題はある程度織り込まれているハズ

緊縮財政で欧州の景気が悪化することも

中国の最大のお客さんが欧州であることから中国の景気減速も

昨年末から誰もが分かっていた、言っていたこと

米国の雇用情勢に大きな変化はない

分かっていたことが、今、目の前にあるだけだ

普通これを相場では「織り込み済み」と呼ぶのだが...

それでも売られる株式相場

これを相場では「危機」と呼ぶ

TOPIXを見ると、確かに危機的状況

慎重になるべきところだが...

ここで買わない人って、また9000円台、10000円台で買いそう...
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約108億円が成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5388億円、売買高は同9億9932万株。

東証1部では1193銘柄が下落、上昇銘柄数は355、横ばいは112。
 

*** 追記 ***
13:24

放置プレイかと思われた日銀だったが・・・
昨日、日銀は397億円ETFを買っていた。 ツンデレだったようだ。

日銀のETF買い20120530

もし、本日ETF買いがあれば、昨年10月以来の2日連続となる。

13:33
ETF買い&月末ドレッシングのコンビネーションブローへ期待する声がチラホラと。
一方、本日はMSCIによる指数構成銘柄の見直しに伴い「日本株に300~400億円の売り需要が発生する」との観測報道に警戒する向きもチラホラと。
薄商いの中、思惑と需給が交錯する一日となりそう。

13:52
先物絡めないで実需で動けば、そうリスクはない相場だと思うのだが、積極的な参加者は見当たらず。(本日見送っている私が言うのもなんだけど○| ̄|_)

14:35
日経平均が今週も続落となれば、1990年以降で初の9週続落となる。
日経平均は20年に一度の下げっぷり、TOPIXはほぼ30年前の株価水準。
危機だとしても「もう十分」だと思うのだが、まだなのか?

14:50
後場多少戻したが、これでも本日のアジア市場の中では弱い方。

15:17
先物、ノートレ・ノーポジ。
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、微負け。

一昨日引けピン、昨日は後場の高値引け、本日も引けピン。
本日の売買高は、23億株とそれなりに盛り上がった。
多少雰囲気が変わった気はするが... 下値切り下げ中なんだよな(:_;)

日経225先物20120531後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月30日の米国株式市場

ダウ平均: 12419.86 ▼160.83
ナスダック: 2837.36 ▼33.63
ドル円 NY時間17時: 79.06 -79.08
ユーロ円 NY時間17時: 97.76 -97.80
CME日経平均先物 円建て: 8500

悪材料目白押し。

バンキアへの追加支援に関する調整が難航。
イタリアで実施された国債入札では、5年物と10年物の利回りが急上昇。
ギリシャの世論調査で、緊縮反対を掲げる急進左派連合(SYRIZA)が緊縮支持の新民主主義党(ND)の支持率を上回った。

4月中古住宅仮契約指数が予想外に悪化し、一旦沈静化した住宅市場への懸念が再燃。

WTI原油先物が約7カ月ぶりの安値まで下落し、シェブロンやエクソンモービルが収益悪化懸念から売られ、この2銘柄でダウ平均を約36ドル押し下げた。ダウ平均は5月18日以来の安値で終えた。

ナスダックも5月18日以来の安値で終えた。グーグルやアマゾンなど主力株の一角が売られた。フェイスブックは連日で上場来安値を付け、終値でも下落。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。
「エネルギー」や「金融」、「資本財・サービス」など景気に敏感な業種の下落が目立った。

売買高はNYSEが約7億7000万株(速報値)、ナスダック市場が約16億3000万株(同)。

個別では、スペイン大手銀のサンタンデール銀行やBBVAが下落。バンカメやJPモルガン・チェースなど米銀株も売られた。リサーチ・イン・モーションも大幅に下げた。3-5月期決算が営業赤字になると発表したのを嫌気した。住宅建設のレナーやDRホートンも売られた。
一方、2012年8月期の1株利益見通しを上方修正した農業製品のモンサントが上昇。ダウ構成銘柄ではインテルのみ上昇した。

 

日本株式市場

悪材料目白押しとはいえ、特に目新しい材料はない。
イタリア国債利回り急上昇とはいっても、昨年11月高値より1%以上低い。
ダウ平均は大幅反落だが、下値を切り下げたわけでもない。

それでも日経平均は大幅GD、TOPIXは連日の年初来安値更新。
共に米株以上の大きな下げで、下値を切り下げた。

円全面高ではこれも已む無しか。

日銀は、23日の決定会合でこれまで声明に盛り込まれていた「強力に金融緩和を推進する」との文言を削除し、「引き続き適切な政策運営に努めていく」との表現に変更。これを起点に円高が再び進行している。ドル円は、昨年10月31日に実施された史上最大規模の円売り介入時の高値79円55銭を割り込んだ。

これまでTOPIXに対して225のアウトパフォームが続き、NT倍率は歴史的な高水準まで上昇したが、流石に本日はこの円高で225の下げ幅がTOPIXを上回った。

日銀が「強力に金融緩和を推進」しない限り、この円高・株安は止まりそうにない。

TOPIX700p割れなら、日本株は1983年代の水準へ逆戻りだ。

政府日銀には、もう少し危機感を持って取り組んでもらいたいもんだが...ムリカ;;


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2680万株、買い1840万株、差し引き840万株の売り越し。
売り越しは4営業日ぶり。金額ベースも売り越し。
 

*** 追記 ***
09:55
1983年のヒット曲と言えば、これ。

他に1983年の主なヒット曲というと、め組のひと(シャネルズ)、矢切の渡し(細川たかし)、初恋(村下孝蔵)、めだかの兄妹(わらべ)... 懐かし過ぎる。

まさかこの時代と今で、日本の主要株価指数の水準が同じとは思いもしなかった(-_-;)

10:13
あっという間にその日の売り一巡。その後停滞。毎度のパターン。

11:02
FC2のサーバートラブル(サーバー交換)で更新できませんでしたが、ようやく復旧した模様。
まだサーバー不安定なので、後場の更新遅れるかもしれません○| ̄|_

日経225先物20120531前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

期間限定 口座開設キャンペーン もれなく10,000円プレゼント!

 

日経225先物20120530相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

スペインIBEX35株価指数は、9年ぶりの低水準に沈んだ

我らがTOPIXは、この四半世紀の最低水準に沈んでいる

豚より弱い日本株...ハァァ

ため息ばかりで申し訳ない○| ̄|_

日経平均を見ていると、さほど感じないが...

TOPIXを見ていると、特に月足30年チャートを見ると凹む
 

株式指標20120530-1

株式指標20120530-2
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経平均は8週続落で1500円下落。
4日続伸で100円上昇。
本日の前場で4日続伸分の殆どを吐き出した。

前引け時点の東証一部売買高は7.6億株、売買代金は4341億円。
先週までの様な売り圧力は感じないが・・・
値下がり銘柄数は1231。業種別では33業種中32種が下落。ほぼ全面安。

大して売られてもいないのにこのザマ。買い手不在が著しい。

指数インパクトの大きい銘柄(Fリテ、SB等)の上昇で225は支えられているが、TOPIXは連日の年初来安値更新で、底打ち感なし。これもまた相変わらずだ。

昨日、光明が見えた様な気がしたが、勘違いだったのか...

期待し過ぎて、ガセもどきまで出たのがよろしくなかった。
(中国で自動車購入補助制度復活→景気対策期待→2兆元規模の景気刺激観測リポート)
為替市場の関係者から「中国ネタでいい思いをしたことがない...」とのボヤキが聞かれる。

やっぱり、またか、まだか... そんな相場になってしまった。

ただ個別株には、底入れの兆候も。

TOPIXが連日年初来安値を更新しているにも拘らず...
東証一部の新安値更新銘柄数は5月15日でピークアウトしている。
東証二部、JASDAQも同様。

新安値更新銘柄20120530 

中国には大規模な景気刺激策を導入する意向がないと新華社通信が報じたことで大幅反落となったファナックが、前場注目を集めていたが、そのファナックは5月18日にボトムを打って、昨日ザラ場に力強く25日線を上抜けている。本日大幅反落し昨日の上げ分を打ち消したとはいえ、5日線、25日線に支えられ前場の取引を終えた。そう悪い動きではない。

ファナックに限らず、5月15-18日頃に短期底を打った個別全般、そう悪くない動き。

と言って、期待しない方がいいんでしょうな(^_^;)
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約230億円が成立。市場では、投資家の売りと買いは均衡していたとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で5007億円、売買高は同8億8213万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1121、値上がりは408、横ばいは147。
 

*** 追記 ***
13:11
野田・小沢会談は、もの別れ。
案の定なのだが、これを材料に外人が日本株売りに動くとの観測がある。

世界中で緩和方向にまた舵を切ろうとしている現在、日本だけ増税してどうする<`~´>
寧ろ、もの別れは好材料!と思うのだが、外人次第の市場でそんな見方は通用しないか。

こんな時こそ、日銀、国内の機関投資家は支えろ!と吠えても無意味。
のび太と運用下手な国内の機関投資家じゃどうにもならん。はぁぁ。。。

14:08
昨日まで3日連続で東証一部売買代金は1兆円割れ。
今日も薄い。4日連続になりそう。

14:27
大方がリスクオフ完了して、Go away... 売り圧力低下。
そんな感じ。人の気配がしない(-_-)zzz

15:17
日経225先物mini9月限、引成(8605)にて8610ロング決済・LC。(¥5ヤラレ)
ショボイ結果に終わったが・・・
MSQまであと一週間なのに全くロールオーバーされていないと感じられたことは収穫。

先物、決済ベース気がつかない程度の負け、持ち越しなし。
現物、含みベース前日比微負け。
トータル、微負け。

枯れている。この一言に尽きる一日。

日経225先物20120530後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月29日の米国株式市場

ダウ平均: 12580.69 △125.86
ナスダック: 2870.99 △33.46
ドル円 NY時間17時: 79.48 -79.50
ユーロ円 NY時間17時: 99.38 -99.42
CME日経平均先物 円建て: 8655

中国政府が景気刺激策を強化するとの期待から、中国など海外事業への依存度が高いキャタピラーやアルコア、ユナイテッド・テクノロジーズといった景気敏感株に買いが膨らんだ。

ただ、欧州諸国の財政や金融システムを取り巻く警戒感は根強かった。外為市場でユーロに売りが膨らむと、米株式相場は主要3指数とも正午過ぎにかけて朝方の上げ幅の過半を失った。

しかし、午後の米株相場は堅調。格付け会社イーガン・ジョーンズがスペイン国債の格付けを引き下げたにも拘わらず、3指数とも上げ幅を拡大。ダウ平均は5月16日以来約2週間ぶりの高値で終えた。

尚、この日発表された3月のS&Pケース・シラー住宅価格指数は、市場予想とほぼ一致。
5月消費者信頼感指数は市場予想に反し悪化。5月ダラス連銀製造業景気指数は急低下。

NYSEの売買高は約7億1000万株(速報)、ナスダック市場は約16億3000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は「素材」や「IT」など全10業種が上昇した。

個別では、キャタピラーとアルコアがともに約3%上昇。その他のダウ構成銘柄ではバンカメの上げも大きかった。ゴールドマン・サックスが投資判断を引き上げた石炭大手ピーボディー・エナジーも大幅高。CEOなど経営幹部の交代を発表した同業のパトリオット・コールも5%を超える上昇だった。
一方、フェイスブック株には売りが続いた。フェイスブックと業務上の関係が深いオンラインゲーム大手のジンガも大幅安。2010年の原油流出事故に関連して追加の罰金負担が生じる可能性があるなどと報じられた英石油大手BPも安い。

 

日本株式市場

昨日のアジアタイムで、「中国で自動車購入の補助制度が復活」と報じられ、これが中国の景気対策期待に繋がった。この期待を煽るように、「中国の景気刺激策が最大2兆元になる」との外資系証券のリポートも出ていたらしい。

これが昨日のアジア株、欧米株の押し上げ要因となったわけだが・・・

その中国の景気刺激策について...
中国の新華社が「大規模な刺激策はない」と報じた。

中国の景気対策期待で昨日買われ、それが否定された格好。

本日の東京株式市場が小安く始まり、伸び悩んでいるのも無理はない。
日経平均は5日線(8602処)、-1σ(8636処)での膠着となっている。

ただ、「大規模な」刺激策はないと報じられたのだ。
「刺激策はない」と報じられたわけではない。
失望売りに繋がる様なこともなさそう。

センチメントさえよければ、「大規模な刺激策はないが、刺激策はある!」との解釈も生まれそうだが... こんな地合いでは流石にそんな声は聞かれませんな(^_^;)


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1180万株、買い1830万株、差し引き650万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:13
日経225先物mini9月限、¥8610にてロング。弱め。
https://twitter.com/#!/heyward225 にてUP済み。)

 
*** 追記 ***
09:42

ようやく回復した、横這いになった5日線を再び下回った。
しかし、走らず。売り圧力が低下している感はある。
まぁ、買われないことにはどうにもならんが。。。

09:55
スペインの長期金利の上昇は昨日は一服したが、スペインのIBEX35は2%強の下落。
為替市場ではユーロ売りが止まらない。
まだまだか...

10:31
TOPIXの下げ幅が1%に達した。日銀への期待はなしか(-.-)

11:02
月末ドレッシングへの期待もなし。出来高もなし。なんもなしですな。

日経225先物20120530前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物20120529相場
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

日経平均は8週続落。
(約1500円の下落。)

そして、2カ月半ぶりの4日続伸。
(僅か100円程度の上げ。)

ほぼ1カ月ぶりに-1σまで戻した。
(-1σは下向きで拡大中。)

明日は変化日。

ここまでか?ここからか?
 

株式指標20120529-1

株式指標20120529-2
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


6月17日のギリシャの選挙を確認するまでリスクオンはないがコンセンサスだが、6月17日に全てが決着(解決・崩壊)するわけではない。

野村証券によれば、「選挙後からIMFやEUとの協議が進められる。財政再建目標の緩和で妥協し、7月初めに合意が成立すれば、ギリシャ政府の資金調達には支障は生じない。それで合意できなくても、暫定措置として追加融資がしばらく実施される。」とのこと。

全く同感だ。

昨年末・年初同様、ギリシャのデッドラインは延々と先延ばしされるのだろう。

ギリシャ問題の先送りは確定的。先送り確定のネタでは目先売り叩くことは難しい。
先週末、格付け会社がネタをスペインにシフトしてきたのは、そのためか?

しかし、そのスペインネタにも、市場の反応は限定的。下値を叩けず。
本日の前場は仕掛け云々と言うより、裁定解消売り?それでも、下には走らず。

スペインネタでも下がらない。。。
となれば、近日中にまた格付け会社がイタリアの数行を格下げしそう。
しかし、それも見え透いている。

底打ち感は全くないが、ここにきてやや売り圧力が低下している感はある。

この辺りが一つの投資機会となるのかもしれない。
 

尚、5月22付けのシカゴIMM・Non Commercialポジション動向は...
カナダドル     +38555      (-12450)
スイスフラン   -34851        (-8157)
英ポンド       +11340        (-13681)
日本円         -18015        (+16300)
ユーロ      -195361    (-21492)
NZドル          -1509           (-4106)
豪ドル         -16898         (-21632)

危機だ危機だと言われ、ユーロショートは史上最高水準に積み上がった。

ヤリスギだろう。いい加減巻き戻されても良い頃合い。
この巻き戻しも一つのキッカケとなりそう。
(いつ巻き戻されるのかは不明。チキンレースの行方を見守りたい。)
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約171億円が成立。市場では、売りと買いが均衡との声。

12時45分時点の東証1部売買代金は概算で4695億円、売買高は同9億0267万株と低調。

東証1部の上昇銘柄数は908、下落銘柄数は581、横ばいは168。
 

*** 追記 ***
13:31

「中国で自動車購入の補助制度が復活」と報じられた。
流石独裁国家!景気刺激策への対応が早い!

決められない国が多過ぎる現在...
非常に不本意だが、中国政府の決定・中国経済による牽引に期待するしかない○| ̄|_

13:57
昨日は、株価指数しっかり、中身はボロボロだった。
本日は、株価指数小幅高、中身ほぼ全面高。
変な感じだ。
しかし、二日合わせてみると、違和感は消える。
出来高も、二日合わせてみれば、一昔前の水準。

14:22
重いのは仕方ない。
売り圧力が低下した感はあれど、買い手不在に変化なし。

14:28
吉野家HD、¥100000にて打診買い。

14:50
巨額赤字3兄弟の長兄シャープが、25日線回復。
内需と景気敏感株のリターンリバーサルが相場底入れのサインとなることもある。

となることもある... 期待せず見てゆきたい(^_^;)

15:17
先物、ノートレ・ノーポジ。
現物、含みベース前日比勝ち。
トータル、勝ち。

リーマンショック時に最も早く、大きく景気対策を打ち出したのが中国だった。
中国経済が世界を支える!不本意だが、当時はそうなった。
欧州の一番のお客さんは中国であり、今回もそうなるかは微妙だが... 淡い期待はある。

日経225先物20120529後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月28日の米国株式市場

メモリアルデーのため休場

ドル円 79.47 -79.49
ユーロ円 99.65 -99.68

 

欧州株式市場

高く始まったが、引けにかけて軟化した。

政府に公的支援を要請したバンキアの株価が大幅安。スペインの株価指数IBEX35は2%超の大幅安。スペイン10年物国債の利回りが一時前週末比0.2%高い6.5%強と、昨年11月末以来6カ月ぶりの水準まで上昇した。スペインの財政が悪化するとの懸念が強まった。

一方、EURIBOR3カ月物は2年ぶりの低水準となった。
ECBによる利下げ観測が台頭、LTROに対する期待も高まっている模様。

これによりユーロドルは再び1.25ドル台前半に下落した。
利下げ観測、LTRO期待によるユーロ下落は久しぶり。
(これまでは利下げ観測→ユーロ懸念後退→ユーロ上昇だった。)

 

日本株式市場

特に何もない。

買い意欲消滅・売り圧力緩和・出来高縮小

そんな相場。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1050万株、買い1220万株、差し引き170万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:42

スペインの懸念再燃とはいっても、これって先週末のネタ。(2年半前からのネタでもある。)
昨日の欧州株式市場が軟調だったとはいっても、下げ幅は限定的。
為替市場でユーロが下落したといっても、5月25日の安値を割ったわけではない。

それでも着実に下値を切り下げる日本株。弱ぇぇ。。。

09:54
寄り付き直後に入れた指値8510ロングが不発。また指値が届かなかった(;_:)

追いかけてまで買う気はしない。
また下げるのを待つ気もしない。
指値取り消して、見てるだけにするか...
今日も眠い一日となりそう。

10:28
やる気を失わせるような出来高、値動き、株価位置(-_-;)

福田康夫

せいぜい頑張ってください

今の相場を見ていて、あの迷言を思い出してしまった。

11:02
年初来最低水準の昨日よりも薄い。これじゃどうにもならん。

日経225先物20120529前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


日経225先物20120528前場

 

スペインの5行が格下げ

サブプライムローン関連の証券化商品に対して「AAA」を与えていたのが格付け会社。
無視でいいだろう。

スペインのカタルーニャ地方が同国政府に資金援助を求めた

これを聞いて、リーマンショック時のカリフォルニア州ネタを思い出した。

バンキアが政府に190億ユーロの追加資金援助を要請

先週の取り付け騒ぎと、これを聞いて、山一証券、リーマンが逝ったのを思い出した。
(山一証券は業界4位、リーマンは業界4位、バンキアも業界4位。)
国内業界4位が逝っちゃうアノマリー... 前例は少ないがやや気持ち悪い。

ようやく危機らしい危機ネタが揃ってきた。

しかし、どれも新鮮味に欠ける(=_=)
 

株式指標20120528-1

株式指標20120528-2
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


「S&Pがスペインの5行を格下げ」、「 スペインのカタルーニャ地方が同国政府に資金援助を求めた」、「バンキアが政府に190億ユーロの追加資金援助を要請」

売りネタがギリシャからスペインにシフト。
米国市場の3連休を前に、極悪ネタが3つ揃った。

しかし、NYSEの売買高は5.9億株、ナスダックは12.6億株とド閑散。
主要指数は下落したものの、下げ幅は限定的。売りは膨らまなかった。

為替市場でユーロ安は進行せず。
それどころか本日の東京タイムではユーロドルは急反発。
円は対ユーロではやや強含みも、クロス円全般ではややリスク選好の動き。

前引け時点の東証一部売買高は6.7億株、売買代金は3701億円とド閑散。
TOPIXは年初来安値を更新したが、東証一部の新安値更新銘柄は200程度。
(新安値銘柄は5月15日の555でピークアウトしている。)

S&Pが米国市場の3連休を前にスペインネタを仕掛けてきた割に、意外にも市場の動揺は少ない。悪材料への反応が弱くなっている感も。

とはいえ、好材料への反応も相変わらずみられない。

「スペイン首相官邸の報道官が、仏独伊西の首脳は6月22日に会合を開き、ユーロ圏危機の対応策について協議すると発表。」
一部でこれを好感(期待)する声も聞かれるが・・・
「その前に(6月17日)ギリシャの再選挙と仏下院選挙の第2回投票が実施される。それを見極めないと動けない。」との冷ややかな声が大半。

「メルケル独首相が、ユーロ共同債発行には反対ながら、代替案として欧州償還基金を再考する姿勢と報道された。」
欧州償還基金とは、ある種の債務共同化。もしこの報道が事実であれば、欧州債務懸念を大きく後退させる第一歩。材料としては大きい。しかし、殆ど材料視されていない。

悪材料・好材料への反応云々ではなく、人がいないだけか。
無人であれば反応がないのも当然だ。

では、いつからそれなりの商いが?と考えると・・・

本日の米株市場は休場。
本日・明日の無人状態は大方の想定通り。
東京で米株を見て動けるのは水曜日から。

では、水曜日から動けるかと言えば・・・

水曜日にはイタリア中期債入札。
木曜日はADP雇用統計、アイルランドが国民投票。
金曜日は中国の景気指標発表、米国の雇用統計発表。

今週は週を通じて無人状態かもしれない(:_;)

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約82億円が成立。市場では、売買は均衡との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で4243億円、売買高は同7億7548万株。

東証1部の下落銘柄数は全体の1105、上昇銘柄数は398、横ばいは156。

 
*** 追記 ***
13:26

「無人」 これがリスクオフ完了によるものならいいのだが...

14:01
この時間でも売買高10億株に届かず、5704億円。酷い薄さだ。
「日本株は死んだ」と言われた昨年12月中旬~本年1月中旬の状況に似ている。

14:06
東証1部の時価総額は現在249兆円。これも酷い。
そういえば、昨年12月末も250兆円割ってましたな。これも似ている。

225先物はスカスカ、ザラ場3分超約定がないことが度々。これも当時と同じ。

枯れてる。

14:53
東証一部の値上がり銘柄数は381。値下がり銘柄数1141。

騰落で見ると爆下げでもオカシクないが・・・
日経平均は小幅高、TOPIXは0.1%程度の下げ。

15:17
先物、ノートレ・ノーポジ。
現物、含みベース前日比蚊に食われた程度の負け。
トータル、蚊に食われた程度の負け。

225は12円高、TOPIXは1p安。
TOPIXは年初来安値更新、値下がり銘柄数は1116、年初来安値更新銘柄数289。
指数はしっかりも、中身はボロボロの一日。

日経225先物20120528後場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】 280円/枚 【日経先物mini】 39円/枚


5月25日の米国株式市場

ダウ平均: 12454.83 ▼74.92
ナスダック: 2837.53 ▼1.85
ドル円 NY時間17時: 79.66 -79.68
ユーロ円 NY時間17時: 99.69 -99.73
CME日経平均先物 円建て: 8570

ダウ平均は反落。ナスダックは3日ぶりに反落。

この日発表された5月のミシガン大学消費者態度指数(確報値)は速報段階から1.5p上方修正され、前月比2.9p上昇の79.3となった。(市場予想は77.8程度だった。)2007年10月以来4年7カ月ぶりの高水準まで回復したが、欧州問題への懸念にかき消された。

S&Pが、バンキアなどスペインの金融機関5社の長期債務格付けを引き下げたと発表。
スペインのカタルーニャ地方が同国政府に資金援助を求めたとも伝わった。
バンキアも政府に190億ユーロの追加資金援助を要請すると発表した。

スペインの債務問題が深刻化しているとの見方が強まり、幅広い銘柄に目先の利益確定売りが広がった。

業種別S&P500種株価指数は8業種が下落。
「資本財・サービス」や「素材」の値下がりが目立った。

NYSEの売買高は約5億9000万株(速報値)、ナスダック市場は約12億6000万株(同)。

個別では、ボーイングやキャタピラーが下落。JPモルガン・チェースや、シェブロンも売りに押された。上場から1週間たったフェイスブックは3日ぶりに反落。前日比1.12ドル安の31.91ドルと、公開価格を約16%下回って終えた。
一方、HPが上昇。ウォルマート・ストアーズも上げた。

 

日本株式市場

先週の主要株価指数の週間パフォーマンスは
ダウ平均が+0.7%、S&P500が+1.7%、ナスダックが+2.1%。
いずれも4週間ぶりの上昇となった。

日経平均は、バブル崩壊時の1992年以来の8週続落。
この8週間で約1500円下落した。
TOPIXも8週続落で、この四半世紀の安値圏に沈んだ。

バリューエーション面では、東証1部の今期予想PERが約11倍。
これはリーマン・ショック暴落した2008年10月以来の低水準。

4月まで変に強過ぎたその反動か、日本株の下げがきつい。
とはいえ、やや下げの勢いも鈍くなってきた感も。
TOPIXは8週続落だが、3.43p(-0.48%)の下げに留まった。

2月中旬から一本調子で上げ続け、現在歴史的高値水準にあるNT倍率だが、先週末時点のNT倍率は11.88倍で、前週末18日時点の11.87倍に比べて0.01pの上昇に留まった。

日本株にキツイ、長い下げが続いている状況に変化はないが、ややピークアウト感も...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1490万株、買い1720万株、差し引き230万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースも買い越し。
 

*** 追記 ***
09:38

本日は、米国株式市場・為替市場がメモリアルデーで休場。
今日も明日も東京は閑散としそうですな。

11:02
なんもねぇ。。。
そして明日もなんもなさそう。

日経225先物20120528前場
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    

↑ 1日1クリック応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2