ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数000728.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

日経平均は、月間ベースで7カ月連続の上昇。

これは小泉郵政解散期待の2005年5月~2006年1月の9ヶ月連続以来。

2月の東証一部の1日平均売買代金は2兆円超え。

これは4年4カ月ぶり。つまり、2008年秋のリーマンショック以来。

今のアベノミクスは、それほどのものなのか?

それを問う3月相場となりそう。
 

株価指数000727.JPG

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

スポンサーサイト



とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


225先物が日経平均(現物)に対して7円程度の順ザヤなら「金利」などで説明がつくが、それ以上の価格差で、それが継続するなら「なんかやってる」と見るのが妥当。

本日の225先物は現物に対して終始14-15円程度高い。なんかやってそうだ...

本日は、野村の投信設定(株価指数先物による運用が中心で、ブラジルレアル建てと豪ドル建ての2本)で、この絡みで225先物に6500枚程度の買い需要との観測があり、朝方の先物買いは、おそらくこれだったのだろう。

私の見た感じでは、朝の寄付きから10時半ごろまででこれが一巡。10時過ぎ~後場寄りは、債先買い・株先売り、現物買い・株先売りの裁定のような動きが目立った。後場寄りからは、目先筋?のような商い。株価指数の上昇が先行して、円相場が売られたところを見ると、円相場主導には見えない。

所謂「先物主導」の展開となっている。

野村など大きな投信設定の日に当面の高値を形成し、その後急落したパターンも少なくなく、適度に警戒はしておきたい。

昨年8月20日設定の【野村日本株投信(豪ドル投資型)】は記憶に新しい。当時は、この設定に絡む先物買いなどで(豪ドル投資型だが、当面は225先物に投資するとのことで)、設定日までは株価指数が押し上げられたが、その後急落。

投信設定は、設定日前までは買い材料だが...
設定日当日には、買い需要がなくなっている(既に買われている)場合も。
設定日以降は、買い需要がなくなったと嫌気される場合もある。

TOPIXやMSCIのリバランスでも、このようなことは起こり易い。昨日TOPIX参入のリバランス絡みで爆上げとなったJPXは、本日大幅反落。

直ぐに次の好材料が出て買いの手掛かりとならない限り、買いが続かない場合が多い。

本日大幅高となっているが、東証一部の売買高・売買代金はパッとしない。特殊要因による買いで持ち上がっている可能性は考えておきたい。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
売買代金が370億円。市場では、投資家の取引は小幅な売り越しだったようだとの声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は1兆551億円、売買高は17億9366万株。

値上がり銘柄数は1367、値下がりは239、横ばいは89。

 
*** 追記 ***
13:09

午前中に政府は、日銀総裁人事案で黒田氏を正式に提示。副総裁の人事提示も市場の想定通りで、マーケットの反応は限定的だった。(為替は寧ろやや円高に振れた。)

以前なら、「噂で買って、事実で買え!行けるところまで行け!」の相場だったが、本日に関してはそうはならなかった。

13:12
後場寄りまでは何となく納得の動きだったが...
後場寄りから変な提灯がついているように見える...キノセイカ

13:18
ドル円が朝方の水準を割り込んでいるが、お構いなしなのね。

13:33
なにがなんでも一昨日空けた窓を埋めたいような、225への買い。
なにがなんでも埋めさせないかのような、11520-11560の1000枚板。

14:10
おっ、2月26日高値上抜け。日経225先物は窓埋め達成。
現物は11562で窓埋め達成とまだ少し距離がある。

14:29
現物窓埋めまで、あと3円。少し手間取っている模様(^_^;)

14:36
現物も窓埋め完了。お見事♪

14:39
これだけ派手にやると、大証タイムで逆ザヤ引けでしょうな。

14:44
日経225先物mini、¥11560にてショート。弱め。

15:04
14時45分までで28億株、1.7兆円→引け成りでドカッと買われ、33億株、2.1兆円。

やはり、先物は売られて引けそう。

15:17
日経225先物mini、引成(11505)にて11430S・11560S決済。(¥75ヤラレ、¥55抜き)
先物巨大逆ザヤ引け。あれだけやれば当然だ。

225先物の空中戦... この一言に尽きる一日。

株価指数000726.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


2月27日の米国株式市場

ダウ平均: 14075.37 △175.24
ナスダック: 3162.26 △32.61
ドル円 NY時間17時: 92.21 -92.22
ユーロ円 NY時間17時: 121.13 -121.17
CME日経平均先物 円建て: 11445
日経平均前日終値: 11253.97 ▼144.84

イタリア国債の入札が無難に終わったことで欧州債務懸念が後退、欧州株式市場が全面高となり、米市場でも金融株が買われた。

朝方発表の1月の米仮契約住宅販売指数は前月から4.5%上昇し、伸び率が市場予想を上回った。米住宅市場の回復傾向が示されたとして、住宅株などに買いを誘った。

1月の耐久財受注額は前月比で5.2%落ち込んだが、これは国防関連が減少したことで織り込み済みとされ、輸送機器を除くベースでは1年ぶりの大幅な伸びとなったことが好感された。

バーナンキが前日の上院に続き、この日は下院で金融政策について証言し、量的金融緩和策の効果を改めて強調。内容に目新しさはなかったが、市場では「FRBは当面、現行のペースで量的緩和を続ける」との見方が一段と強まり、ダウ平均の上げ幅は一時200ドルを超えた。

ダウ平均は、2007年10月12日以来約5年4カ月ぶりの高値で終えた。
(史上最高値は2007年10月9日に付けた14164ドル53セント)

業種別S&P500種株価指数は「資本財・サービス」や「素材」、「金融」をはじめ全10業種が上昇。

売買高はNYSEが約6億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約16億9000万株(同)。

個別では、JPモルガンチェースやバンカメが上げた。キャタピラーやボーイングも高い。日本の100円均一ショップに業態が近い「1ドルショップ」を展開するダラー・ツリーが急伸。朝方発表の四半期決算が大幅な増収増益となった。同業のファミリー・ダラー・ストアーズやダラー・ゼネラルも上昇した。米ニュージャージー州がオンラインギャンブルを合法化したため、オンラインゲーム大手ジンガなどが買われた。
一方、ディスカウントストア大手のターゲットが下落。朝方発表の四半期決算で収益性の低下が嫌気された。アップルも下げた。株主総会でティム・クックCEOが株価について「好ましくない」と発言。新製品や株主への利益配分に具体的に言及しなかったため、買いにはつながらなかった。

 

日本株式市場

本日は特殊要因の買いが二つ。

野村の投信設定2本で、700-800億円程度。(主に先物市場への買いと見られている。)
MSCIのリバランスで、120-130億円程度の買い需要が引けにかけて見込まれている。

素直に考えれば、「買われる」「上がる」日なのだろう。
ただ相場的に考えれば、「周知の事実で買われる?」と疑問符が付く。

実際、今月初めから野村の投信設定を見越した先回り的な先物買い観測は出ており、昨日はこれの利食い売り観測も出ていた。

昨日は引けでTOPIXのリバランスがあったが、株価指数は無いとこ安値引けの大陰線。個別はともかく、指数に関しては特殊要因の買いがあるから上がるというものでもない。特殊要因の買いがあるということは頭に置きつつも、それに期待しすぎないほうがよさそうだ。


今日、先月末終値(11138円)を上回って引けないと、月足連続陽線記録が途絶えると少し心配していたのだが... 杞憂に終わった(^_^;)

いくらなんでも11138円は上回って引けるだろう。これで月足は昨年8月から7陽連。上昇基調は続いている。

ただ、泥鰌の解散表明後、月足で上髭を残すのは初。週足は4連続陰線となりそうで、やや失速感、ピークアウト感もある。

上昇基調に敬意を表し、下値では売らず
ピークアウト感を侮らず、上値では買わず

上抜ける(下抜ける)までは、これを徹底したい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1770万株、買い1580万株、差し引き190万株の売り越し。
売り越しは4営業日ぶり。金額ベースも売り越し。

09:02
日経225先物mini、¥11430にてショート。弱め。
https://twitter.com/heyward225 にてUP済。)

 
*** 追記 ***
09:40

朝から225先物が妙に順ザヤ。野村の所為か、それへの思惑なのか...

10:04
ドル円92.50円、日経平均11500円。なんとなくいい処のような気がする。

10:25
一巡?

11:02
誰がどう見ても節目のドル円92.50円、日経平均11500円。やはり丁度いい処か。

株価指数000725.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数000724.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

本日の日経平均・日足は陰の丸坊主、ないとこ安値引け。

月足は1月まで6陽連となっていたが、2月で途切れそうな気配。

明日は、先月末終値(11138円)を意識してみたい。

そのレベルは、ネックラインでもある。

これを割るや割らざるやで、雰囲気が一変しそう。
 

株価指数000723.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


日経平均の上昇率、テクニカルは昨年12月にピークアウト。

1月、2月と上値を追っているが、上値でも下値でも滞留時間が短く「いってこい」の繰り返しだ。特に2月の日経平均はほぼ毎日、前日比マイナスとプラスを交互に繰り返している。

上向きは継続しているが、今月はほぼフラット。

日足転換線、基準線の上昇は緩慢になり、横ばいとなっている。方向感を語って取引しても、結果が出難い相場だ。

週足も上向きだが、気持ちの悪い足が並んでいる。

1月の日経平均は「たくり」連発。2月第2週には、日経平均週足連続陽線記録が途絶え、その後三陰連。そして今週、大陰線包み足...

TOPIXの週足もなにやら不気味。

2月第2週に2009年以降のネックラインに到達し、その後週足は「十字足」「大陰線」「上髭陰線」。そして今週、大陰線包み足...

出来高もパッとしない。

2月6日(2月第2週)の指数爆上げで、出来高・売買代金共にピークアウト。

2月25日の宵の明星(アイランドリバーサル)形成は、「またダマシだろ」との見方が多いようで売りに結びついていないが、日経平均の上昇率、テクニカルは昨年12月にピークアウト、2月第2週で出来高・売買代金共にピークアウト、今週の週足が大陰線であることを考えると、2月25日の上昇が「ダマシ」と見て、下押しに警戒するのがオーソドックス。

上昇トレンドは継続しており、ロングホルダーならホールド継続が基本だが、ここからニューロングで持ち越すのはどうなのだろう。今月ニューロングでインデックスを持ち越して報われた参加者って殆どいない。(月初から1ヶ月で2%弱上がっているとはいえ、その程度の値幅は毎日出ていることを考えれば、3日以上上げが続いたことがないことを考えれば、ロングの持ち越し妙味はない。)

持ち越して報われた参加者がいるとすれば、一泊二日限定の逆張りだけだろう。では、今日もそれをと考えても、2月25日の上げが騙しだとして、昨日下げ、本日続落では、それも難しい。

昨日空けた窓埋め待ちか、25日線、ネックラインの11100まで押すのを待つのが無難だろう。
 

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約360億円が成立。市場では、投資家の売りと買いは均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆0414億円、売買高は18億5635万株。

東証1部の値下がり銘柄数は945、値上がり銘柄数は594、変わらずは148。

 
*** 追記 ***
13:21

昨日のTOPIX前引けが-0.76%。本日のTOPIX前引けが-0.74%。
後場、昨日と同じくVWAP(現在11342)まで戻し。
またか...

13:46
朝の寄付き前に11440でショート指して、空振り。
前場の下げを見て、11265でロング指して、空振り。
現在11350... こんなところでやることはない。

私以外にもそんな人多いのではなかろうか。後場、人の気配がしない(-_-)zzz

14:38
明日は野村の投信設定。先回り的に買われていたものが、投げられている感が...

14:44
こんな状況、こんな時間。。。買いません(-_-;)

15:17
昨日のTOPIX前引けが-0.76%。本日のTOPIX前引けが-0.74%。
後場、昨日と同じくVWAPまで戻した。
昨日のTOPIXの終値は-1.42%。本日のTOPIXの終値は-1.35%。

同一主体の同一手口かと勘繰りたくなってしまう○| ̄|_

株価指数000722.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


2月26日の米国株式市場

ダウ平均: 13900.13 △115.96
ナスダック: 3129.65 △13.40
ドル円 NY時間17時: 91.96 -91.97
ユーロ円 NY時間17時: 120.11 -120.15
CME日経平均先物 円建て: 11375
日経平均前日終値: 11398.81 ▼263.71

午前発表の1月の米新築住宅販売件数が大幅に増加。昨年12月のS&Pケース・シラー住宅価格指数も良好な内容となり、米住宅市況の回復が続いているとの見方が広がった。好決算を発表したホーム・デポも大幅高となり、ダウ平均を押し上げる要因になった。

2月の消費者信頼感指数も市場予想を上回ったが、買い一巡後の米国株式相場は伸び悩みの動きとなり、S&P500、ナスダックが一時マイナス圏に転落する場面もみられた。

ただ、FRBのバーナンキ議長は同日、米議会上院で証言し、現行の金融政策の効果を強調した。緩和的な金融政策が当面は続くとの見方につながり、買い安心感を広げた。

NYSEの売買高は約7億7000万株(速報)。ナスダック市場は約18億1000万株(同)。

業種別S&P500種株価指数は、「素材」や「一般消費財・サービス」など全10業種が上昇。

個別では、HPやインテルが上昇。四半期決算が市場予想比で健闘した百貨店のメーシーズやサックスも上げた。一方、人員削減を発表した大手金融機関のJPモルガン・チェースが下落した。

 

日本株式市場

ダウ平均は、25日216ドル安、26日116ドル高。

反発したものの25日線(13922)に上値を抑えられた。1月は一本調子で上昇したダウ平均だが、2月初に14000の節目を回復した後は、13営業日連続で14000に頭を抑えられ横ばい。
その後、高値波乱のような動きになり、25日線を割り込んだ。史上最高値目前にして、売買高はまったく増加せず、やや気になる動きになっている。

日経平均は25日276円高、26日263円安、本日ほぼ変わらずで寄り付いた。

こちらも高値波乱のような動きだが、上昇トレンドは継続中。ただ、上昇率は昨年12月でピークアウトしており、現在ややフラットになりつつある。一昨日大幅高、昨日大幅安、本日変わらずも、そのフラットな動きを象徴しているように見える。

日経平均は、年初から毎週不気味なチャート形状(大陰線包み足、下放れ、かぶせ線、宵の明星など)を形成するが、2営業日以内に切り返し、これを全て「ダマシ」にしてきた。

2月25日も宵の明星(アイランドリバーサル)を形成しているが、またダマシだろとの見方が多いのか、今のところ特にこれを嫌気する動きは見られない。

ただ、目先筋からすれば、昨日空けた窓(11520-11562)はチャートポイントとはなりえる。一応意識はしておきたい。その手前のチャートポイントとしては、5日線、+1σが位置する11450処か。

目先的な上値目途としては、11450-11520-11562-11662。
下値目途としては、単純に25日線(10226)辺りを見ておけばよさそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1570万株、買い1770万株、差し引き200万株の買い越し。
買い越しは3営業日連続。金額ベースは売り越し。

 
*** 追記 ***
10:18

上値にはガッツリ11450-11520-11562-11662とチャートポイントがあるが、下値には25日線とネックラインの11100ぐらいしかないんだよな。。。

10:39
下値目途... 日中に関してはもう一つありましたな。TOPIX1%安。微妙な目途だけど。

11:01
日経平均は25日線上の推移で安心感があるが、ドル円は21日線ぶち割れ&ミニDC示現。
日経平均に安心感はあるが、安全なのかは疑問。

株価指数000720.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数000715.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

ドル円は、泥鰌の解散表明後、初の21日線割れ。

朝から戻しはしたが、これに上値を抑えられ、ミニDC目前。

日経平均は大幅GDで始まるも、窓を埋めんと11520円まで上昇。

終始、CME清算値を大幅に上回る水準で推移した。

しかし、窓埋めに失敗し、5日線上に髭を残し大引け。

強い相場であることは確かだが...

ドル円、日経平均共に戻りに失敗したようにも見える。
 

株価指数000716.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


ベルルスコーニというネタはあったが、ユーロはチャート通りの下向きの動き。

ユーロ・ドルの日足は三尊を形成し、昨年11月13日をボトムとするトレンドラインを2月20日に割り、2月21日に雲上限割れ。

昨日、イタリア総選挙で財政再建路線の継続を掲げる中道左派が優勢との出口調査が伝わると、ユーロ・ドルは昨年11月13日をボトムとするトレンドラインまで戻したが、これがレジスタンスとなり、急落。雲下限まで下落した。

ユーロドル日足20120226.JPG
(↑ユーロドル日足: マネーパートナーズ チャートより拝借)

週足ベースでは、1月最終週の上ヒゲ陽線で頭打ち。その後、大陰線ほぼ包み足→塔婆→上髭大陰線で、2012年7月をボトムとするトレンドラインを割り、昨日の下げで雲上限を割った。

ユーロドル週足20120226.JPG
(↑ユーロドル週足: マネーパートナーズ チャートより拝借)

月足べースでも、2012年7月に雲下限で下げ止まり、その後七陽連で雲上限を捉えたが、今月の下げでトレンドライン割れ、雲下限割れ。

需給で見ても、さもありなんというユーロ売り戻し。

シカゴIMM・Non Commercialポジション動向(2月19日時点)
カナダドル  +19379       (-7186)
スイスフラン   -675       (-5227)
英ポンド      -23365       (-6589)
日本円        -65891       (-4585)
ユーロ         +19103       (-5078)
NZドル        +24693       (+3355)
豪ドル         +43981     (-10133)

景気後退に陥っており、債務問題も残っているユーロ通貨がロングに傾いていたということがそもそも不自然。昨日、急落とはなったが、積み上がっていた投機マネー(ユーロ・ロング)が投げられただけだろう。今のところ、ユーロから資金が逃げ出したような動きには見えない。 (ユーロ急落も、イタリア10年債はさほど売られていない。)

仮に、ベルルスコーニが政権をとっても、どうなるものでもない。

ベルルスコーニ派も、減税や政府コスト削減を実行すると公約している。
どの国でもそうだが、誰が首相になっても、似たり寄ったりだろう。

現時点では、積み上がったポジションが解消されているだけと見ておけばよさそう...

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約231億円成立。市場では、売り買い均衡との声。

12時45分時点の東証1部売買代金は概算で1兆2779億円、売買高は同23億6972万株。

東証1部では1160銘柄が下落、上昇銘柄数は408、横ばいは120。

 
*** 追記 ***
13:11

本日の日経平均は大幅ギャップダウンで始まった。
しかし、CME清算値比では、大幅ギャップアップ。
CMEで売られ過ぎ、高く寄り付いた大証先物。
裁定業者は寄付きから現物買うしかなかったのかも...

13:34
VWAP(11436)まで戻したが、そこまでの動き。
5日線(11447)もほぼこのレベルで、ここが目先の強弱の分岐点か。

14:18
積み上がったポジションと言えば、円ショート、裁定買い残、信用買い残、等々...

円ショートは本日かなり解消された感があるが、株の方は更に積み上げられたような。
このまま持って引けるとも考え難いが、尋常じゃない強気相場なんだよな(-_-;)

14:55
結局、VWAP(11431)引けか。「またか」以外の言葉が見当たらない。

15:02
VWAPレべルで2時間近く揉みあったが、引けで一部投げられた。そりゃそうか...

15:17
日経225先物mini、引成(11410)にて11420ショート決済・利確。(¥10抜き)ショボ

円相場は、対ドルで4円、対ユーロで6円という恐ろしい値幅を出したが...
株式相場は、何事もなかったかのような一日。
(日経平均は昨日276円高、本日263円安、CME清算値比約210円高。)

株価指数000714.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


2月25日の米国株式市場

ダウ平均: 13784.17 ▼216.40
ナスダック: 3116.25 ▼45.57
ドル円 NY時間17時: 91.80 -91.81
ユーロ円 NY時間17時: 119.90 -119.94
CME日経平均先物 円建て: 11185
日経平均前日終値: 11662.52 △276.58

朝方は買い優勢となる場面があった。日欧の株式相場の上昇が手掛かり。朝方の段階ではイタリア総選挙で財政再建路線の継続を掲げる中道左派が優勢との出口調査が伝わっていた。ダウの上げ幅は81ドルとなり、ザラ場ベースで年初来高値を更新する場面もあった。

しかし、財政緊縮に反対するベルルスコーニ前首相率いる中道右派が上院で優位との報道が伝わると、同国の財政再建が滞るとの警戒感が強まり、為替市場でユーロが急落。米株市場でも投資家のリスク回避姿勢が強まった。

米国で連邦歳出の強制削減を巡る与野党協議がまとまらず、3月1日から強制削減が実行されるとの見方が強まっているなか、オバマ大統領が「歳出自動削減で米国経済は減速し、雇用を喪失することになる」との見解を示したことなども重しとなり、ダウ平均は引けにかけて下げ幅を広げ、この日の安値圏で終えた。

ダウ平均は、1月23日以来約1カ月ぶりの安値で終えた。下落幅は今年最大で、昨年11月7日以来の大きさ。ナスダックは、1月15日以来の安値で終えた。

業種別S&P500種株価指数は全10種が下落。「金融」や「エネルギー」、「素材」の下げが目立った。

NYSEの売買高は約8億2000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約18億7000万株。

個別では、四半期決算が減益となったホームセンターのロウズが大幅に下落。最新の携帯向けOSを搭載したスマートフォンのうち、価格を抑えた2機種を発売すると発表したノキアは下げに転じた。社内システムが不正侵入を受けたと前週末に発表したマイクロソフトも安かった。
一方、創業者が取締役会に対し小売店事業の買収を提案したと発表した書店チェーンのバーンズ・アンド・ノーブルが急伸。決算内容が市場予想以上だったレンタカーのハーツ・グローバル・ホールディングスも上昇した。

 

日本株式市場

本日に関しては、これに尽きるだろう。

ベルルスコーニ20130226

為替市場で円が主要通貨に対して急伸。対ドルで一時90円85銭近辺とほぼ4週間ぶりの高値、対ユーロでは一気に6円以上円高に振れ118円70銭台前半と約1カ月ぶりの円高水準を付けた。ただ、その後は若干戻してドル円は92円台半ば、ユーロ円は120円台後半まで戻した。

大荒れとなったが、ベルルスコーニ... それほどのものか?

積もり積もった円ショートポジションの利食い(買戻し)に見えないでもない。

225先物も、今のところ、ただの利食い売りに見える。

2月15日(金)前場の安値が11065円、切り返して引け、週明け大幅高。
金曜日前場安値→月曜日高値で約380円の上昇→火曜日に反落。
2月22日(金)前場の安値が11175円。切り返して引け、週明け大幅高。
先週末前場安値から約490円の上昇→火曜日反落で、またかのパターン。

CME225先物は一時11100円まで急落し、清算値は大証比465円安の11185円だったが、大証の寄付きは11350円と、これを大きく上回ってのスタート。

日経平均は、先週末前場安値から昨日高値まで約490円の上昇→本日僅か300円の下げ。しかも、寄付きから買いが入り、早々に11400円を回復。

「宵の明星」となったのは気掛かりだが、これもまたかのチャート形状。

今のところ、特に変化はない。

為替市場のユーロチャートが劇的に悪化したことを除けば...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1210万株、買い1400万株、差し引き190万株の買い越し。
買い越しは2営業日連続。金額ベースも買い越し。

09:22
日経225先物mini、¥11420にてショート。弱め。
株式市場、為替市場ともに一巡したっぽい...

 
*** 追記 ***
09:32

ドル円、クロス円共に2月初の水準。これに合わせるようにCMEは安値11100、清算値11185で帰ってきたが、日本株式市場はお構いなしですな。。。

09:43
5日線(11455円処)までキッツリ戻した。11470-11490の1000枚を上抜けるのか?

09:47
下値を売る人がいないように、上値を買う人も居なさそうだが... ドウナルコトヤラ

09:59
円売り戻し一巡したようだが、株式市場は上値を窺う動き...

10:10
TOPIXの下げ幅1%未満で前引けとしたいのか...

11:01
なにがなんでもTOPIX-1%未満。そんな前場。

株価指数000713.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数000711.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

2月15日(金)前場の安値が11065円、切り返して引け、週明け大幅高。

金曜日前場安値→月曜日高値で約380円の上昇となった。

2月22日(金)前場の安値が11175円。切り返して引け、週明け大幅高。

先週末前場安値から約490円の上昇となった。

「またか&まだだ」の展開。

相場は調整を欲しているが、市場がそれを許さない... そんな状態。
 

株価指数000712.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


明らかに上向きだが、方向感に乏しい...

こういう相場は悩ましい(-_-;)

先週末の米株市場は大幅高となったが...

週間パフォーマンスは、ダウ平均+0.1%、S&P500-0.3%、ナスダック-0.9%。

本日の日経平均は大幅GUで、保ち合いから上放れたが...

前引け時点の日中値幅は僅か56円。商いもパッとしない。

今年、日経平均が200円超上昇したのは7回。その内、翌日上昇したのは1回だけ。その1回も僅か20円高。本日200円超の上昇となっているが、これまで通りであれば、明日は反落かとの思惑も働いているのか...

TOPIXも昨年来高値を更新したが...

直近高値は978.44p(2月12日)で、これを明確に上放れたとは言い難い動き。980-1000pは2009年以降の強固なネックラインであり、これに頭を押さえられているようにも見える。2月第2週に出来高・売買代金共にピークアウトとなっているのもやや気掛かり。

円は一段安となったが...

「TPP交渉参加表明見込み」、「日銀総裁に黒田」など、考えうる最良の材料が出たにもかかわらず、ドル円は95円を上回れず東京タイムでは円高に振れた、クロス円も鈍い動き。
欧州タイムで改めて評価され、円が売られるのか、材料出尽くしと捉えられ、円買戻しの動きとなるのか、見極めたい向きが多そう。

相場は明らかに上向きであり、売って持ち越すのは無謀だが...

買って持ち越す妙味もあまり感じない。日経平均の上昇率は、昨年12月でピークアウトしている。では、日計りかと考えても、今月は日中値幅も低下傾向。

この辺りが、日中今一つ盛り上がらない理由か...

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約156億円が成立。
市場では、やや売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1207億円、売買高は19億3418万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1383、値下がり銘柄数は208、変わらずは98。

 
*** 追記 ***
13:11

上抜けたが、上伸びず。海運、鉄鋼、不動産セクターは値を保っているが、主力株の中には値を消したものもチラホラと...

13:57
日経平均(現物)は前場高値更新も値は走らず。先物で更新しないとダメなのか...

14:31
日経225先物も前場高値更新。一方、TOPIXは更新できず。

14:55
225頑張り過ぎ。大証タイムの225、逆ザヤ引けになりそうな気が...

15:17
日経225先物mini、引成(11660)にて11610ショート決済・LC。(¥50ヤラレ)

先週に続き、またかの週初大幅高。

株価指数000709.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


2月22日の米国株式市場

ダウ平均: 14000.57 △119.95
ナスダック: 3161.82 △30.33
ドル円 NY時間17時: 93.42 -93.43
ユーロ円 NY時間17時: 123.27 -123.31
CME日経平均先物 円建て: 11500

HPの2012年11月~13年1月期決算は市場予想ほど悪化せず、利益見通しは予想を上回った。AIGは特別項目を除く1株当たりの営業損益が市場予想に反して黒字になり、収益力が底堅いと受け止められ、米主要企業の業績が改善に向かっているとの見方が改めて広がった。

セントルイス連銀のブラード総裁が米CNBCテレビのインタビューで、「緩和的な金融政策は長期間続く」と述べたことも相場を支えた。

欧州株式相場の上昇も投資家心理を上向けた。ドイツのIfo経済研究所が発表した2月の企業景況感指数が4カ月連続で前月比で上昇し、市場予想も上回ったことが好感された。

米株式相場は3営業日ぶりに反発。ダウ平均が14000ドルの節目を上回るのは19日以来。

業種別S&P500種株価指数は「素材」や「IT」、「金融」など全10業種が上昇した。

売買高はNYSEが約6億8000万株(速報値)、ナスダック市場は約15億5000株(同)。

個別では、アナリストが投資判断を引き上げたことも好感されHPが12%上昇。AIGも大幅に上げた。四半期決算が市場予想を上回った半導体のマーベル・テクノロジー・グループも買われた。ダウ構成銘柄では、コカ・コーラやホーム・デポなどの上昇が目立った。
一方、アバクロが大幅に下落。朝方発表の四半期決算で売上高が市場予想に届かなかったことが嫌気された。

 

日本株式市場

日経平均は先週末、GDで下放れたが、後場強烈に切り返し、上向きを維持した。

欧米株は大幅反発。
日米首脳会議の結果を受けて、今週中にもTPPへの参加が表明される見込み。
本日の日経新聞が1面で「日銀総裁に黒田 副総裁に岩田規」と報じられ、武藤が外れた。
これらを受け、為替市場で円は一段安。

日経平均は保ち合い(11100-11500)から上放れるための材料が揃った。

ただ、円は対ドルで安値を更新したが、今月の安値に支えられ、下げ渋り。
対ユーロでは2月6日安値127.70円から未だ3円ほど円高状態。ミニDCも示現。
対豪ドルでは2月5日安値97.41円に支えられている。

明日未明にはイタリアの選挙結果が判明する。
26日~27日には、バーナンキの議会証言。
今週末(3月1日)には、また米国の財政の崖の問題もある。
普通なら、ここからポジション積み上げて持ち越す参加者も限定的だろう。

日経平均は高値更新も、日中ガンガン上値を買い上がる展開は想定し難いが...ドウナルコトヤラ
 

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1620万株、買い1930万株、差し引き310万株の買い越し。
買い越しは3営業日ぶり。金額ベースも買い越し。

09:00
日経225先物mini、¥11610にてショート。弱め。

 
*** 追記 ***
09:23

週明けの円相場は急落して始まったが、寄付き後は円高に振れている。
ドル円は寄付きから現在まで約40銭円高、ユーロ円は約1円円高、豪ドル円は約50銭円高。

09:31
為替市場を見ていると、材料が揃ったというより、材料が出揃った(出尽くした)感も...

10:31
寄り付きこそ派手だったが、9時半以降は静かな相場。
33業種全てが上昇する全面高だが、東一は12.8億株、7456億円と商いはさほど伸びず。

10:45
2月HSBC中国製造業PMIは50.4と予想の52.2を下回った。

11:02
これだけ材料が揃っても、日中ベタ凪ぎ。
2月第二週が当面の出来高のピークになった可能性が高い。

株価指数000708.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2