ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2013/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

沢山のコメント、メールありがとうございます!感無量です!皆様との繋がりに感謝し、順次返信させていただいております。また、お世話になったサイトにも順次ご挨拶に伺いたいと思います。ただ、現在、正業が慌しく、返信が遅れております。必ず返信させていただきますので、今しばらくお待ちくださいませ○| ̄|_

 

正業絶不調のため、やむなく相場で食う生活を始めて早8年...

自身の投資生活・投機生活を振り返ってみる。

2005年夏
正業の稼ぎが悪くなり、相場に手を出す。何もわからず、信用2階建てなど無謀な真似をして、運だけで爆勝ち。自身を「相場の天才」と大勘違い(/_;)

2006年1月
ライブドア・ショックで相場の恐ろしさを体験。

2006年2月~
チャイナ・ショックで、動機・息切れ・めまいを経験し、自身の無知、愚かさを痛感。これではいけないと、マーケットに真面目に取り組むことを決意し、図書館の政治、経済、投資関連の書籍を読破。金融関係の知人・友人からもレクチャーを受け、相場で食えるスタイルを模索。

2006年7月~
自習のため、そしてそれを公開することで個人投資家の投資リテラシー向上の一助となればとの思いから、FC2にて「株と先物の勉強会」更新をスタート。
株買い・先物売りを主に、その後5年半4半期ベースで負けなし。正業の落ち込みに併せて、先物のショート比率を高めることで、安定的かつ満足な収入を維持する。そしていつの間にか、専業トレーダーに...

2012年1~3月
初の四半期ベースマイナスを記録。その後、プラス収支も以前ほどのパフォーマンスを上げられず。

2012年10月~12月中旬
買いで爆勝ち。

2012年12月中旬~2013年1月
売りにスイッチし踏まされ、爆負け。

2013年2月~
実体経済の回復を感じつつ、正業に注力し、相場を見送り。

自身の投資生活・投機生活をザックリ振り返ると、何も分からず買って儲けた1年間、チャート・テクニカルに基づき売って儲けた6年間、そのスタイルに固執し稼げなかった1年間だった。

なぜこの1年間、相場で稼げなくなったかは明白。「6年近くに亘る下げ相場が反転し、上げ相場に転換したため」、「6年近くに亘る下げ相場で勝っていた相場観・手法に固執したため」、これに尽きる。

円相場や日経平均のテクニカル分析は散々してきたので、ここでは割愛するが、ここからどの程度円が下落するか、日経平均が上昇するかは別として、円の頭打ち、日経平均のボトムアウトは確信している。2012年の相場で、身をもって体験したのだ。

その確信に基づき、(これまでに何度も書いてきたが)2012年末から正業に注力し、それなりの手ごたえがあり、ザラ場の更新を度々お休みさせていただいてきた。2月からは、夜の街の賑わい、大手企業経営者の楽観&強気な経営戦略が感じられた。2013年3月からは、一部業種(自動車、証券、保険、不動産、サービス業等)には雇用の拡大が見られた。この数か月、この国の実体経済、特に経営者の景気判断に確かな変化を感じている。そのためか、偶然か、正業が忙しくなり、3月からは更にブログ更新頻度が減った。

そもそも私の場合、正業の不調で、やむなく相場で食う生活を続けていたわけで、正業で稼げる環境が整えば、そのヘッジとして相場で売って食い扶持を稼ぐ生活を続ける意義はない。意義がないだけでなく、売っても稼げないことがこの1年間で結果として証明されている。 であれば...

日本経済ボトムアウトを背景に正業に戻るのが筋!デリバティブという仮需の中で不景気を乗り切ってきたが、これからは実体経済の中で社会に日本に貢献することを決意!ということで...

「株と先物の勉強会」更新を無期限で中止させていただきます○| ̄|_

正業で稼ぎながら、相場でも買いで儲けることも考えたけど、それって信用2階建ての発想に近い。相場を張りながら正業を出来るほど、器用でもない。

相場で食う生活を始めて約8年。「株と先物の勉強会」更新をスタートし約7年。その間、6000超の記事を更新してきた。翔泳社、青春出版、廣済堂出版、扶桑社、Yahoo!、Infoseek、SmartEbook.com、等々、多くのメディアにも取り上げて頂き、契約も頂いた。 法人各社に感謝はしている。

しかし、それよりもなによりも、これほど長く相場で食うことが出来、ブログの更新を続けてこられたのは、支えて下さった個人の、皆様のお蔭です!兎角、孤独に陥りがちな相場の世界。一人ではとてもじゃないけど、続けていくことは不可能でした。

本当にありがとうございました!このご恩を、実体経済の中で皆様に、日本に、世界にお返ししたいと思います!

もし、更新中止を残念だと言って下さる方がいるとすれば、それは嬉しいことですが、長期に亘り相場で売って儲けていた奴(私)が、相場から居なくなるのは、相場にとっても、日本経済にとってもいい事だと、喜んでいただければ幸いです(^_-)-☆

多くのご訪問、コメント、本当に本当にありがとうございました!

たまに相場・経済に関し、それ以外の話でも更新することもあるかもしれません。その時には、またお付き合い頂ければ幸いです○| ̄|_

日本株式市場の活況、上昇が続きますよう、日本経済が上向きますよう、切に祈りつつ...

相場の世界から、現実の、日常の世界に戻ります!
 

Ordinary World by Duran Duran

I don't cry for yesterday There's an ordinary world Somehow I have to find
As I try to make my way To the ordinary world I will learn to survive

Every one... Is my world, I will learn to survive
Any one... Is my world, I will learn to survive
Any one... Is my world,  Every one Is my world
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

スポンサーサイト



所用に付き、本日ザラ場の更新をお休みさせていただきます○| ̄|_  

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


新年度入り後、日経平均は262円安→131円安→358円高→本日前引け213円安と乱高下。2013年度相場はボラボラ・スタートとなった。

個人投資家のみならず、狼狽えた市場参加者は少なくないようだ。

1年間でどの程度の値動きがあるかを把握しておくことは、リスク選好にも、リスク回避にも有効だ。心の準備、想定があれば、何かあった時にも狼狽えずに済む。ということで...

日経平均の年度別騰落率を見てみる

年度

年度末株価

騰落幅

騰落率

2000

12999.70円

-7337.62円

-36.1%

2001

11024.94円

-1974.76円

-15.2%

2002

7972.71円

-3052.23円

-27.7%

2003

11715.39円

+3742.68円

+46.9%

2004

11668.95円

-46.44円

-0.4%

2005

17059.66円

+5390.71円

+46.2%

2006

17287.65円

+227.99円

+1.3%

2007

12525.54円

-4762.11円

-27.5%

2008

8109.53円

-4416.01円

-35.3%

2009

11089.94円

+2980.41円

+36.8%

2010

9755.10円

-1334.84円

-12.0%

2011

10083.56円

+328.46円

+3.4%

2012

12397.91円

+2314.35円

+23.0%

ざっくり見ると、大相場と言えるような大きな上昇となっても、年間で35~45%程度の上昇。
ほにゃららショック、100年に1度と言われるような暴落となっても、年間で35%程度の下落。
中長期で投資を考えるのであれば、これは参考にしてもよさそうな数字だ。

現在、【グッバイ民主党・アベノミクス万歳・日銀新体制】で日本株式市場は賑わい、強い相場が続いている。昨年度の上昇率が「+23%」に留まっていることも先高観に繋がっているようだ。

ここにきて、エコノミスト、アナリストから、日経平均14000-15000円予想が多く聞かれるのは、日和見的な性質、チャート・テクニカル的な分析によるところもあるだろうが、2003年、2005年、2009年のような上昇率(年間で+35~45%)を2013年度も期待している部分もあるのだろう。

ただ、前述の通り、【グッバイ民主党・アベノミクス万歳・日銀新体制】で日本株は上昇しているのだ。となれば、上昇の起点はグッバイ民主党の2012年11月14日(泥鰌の解散表明)と見るのが筋と考えることも出来る。

その起点からの日経平均の上昇率を計算すると...
12年11月14日終値8664円~13年3月21日高値12650円=+3986円(+46%)

大相場だとしても、すでに十分な上げ幅を記録している(-_-;)

調整が意識されるのも当然だろう。3月末から軟化ししているのは、4月初から乱高下で高値波乱のような動きになっているのは、この辺りも影響しているようだ。

個人的には、ここから更なる上昇、一本調子の上昇を期待するよりは、「一相場終わって調整→再度の上昇」を期待したい。そうなれば、「金融相場→調整→実体経済を確認しながらの業績相場」と、教科書的な相場移行となる。

そうなるかどうかはワカランが、息の長い相場を期待するなら、これがBESTシナリオだろう。

 
前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約451億円が成立。
市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で1兆1353億円、売買高は16億6212万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1259、値上がり銘柄数は371、変わらずは69。

 
*** 追記 ***
13:42

おっ!日銀券ルールを一時適応中止。ETF買い入れ額を年間1兆円増額。
プチ・サプライズ!?

13:47
指数急騰も、個別の戻りが鈍い。これからなのか...

13:49
個別がついてこないうちに、指数も失速...

13:56
日経平均+0.4%、TOPIX、規模別は+1%か。ヘッドラインからは、決定会合は満額回答+αで十分な内容に見えるが、意外に伸びないな。15時半の黒田新総裁の会見を受けて、もう一段高となるのか...

14:02
のび太、伸びた^^ 震災以来最大の日中値幅を記録!
それでも、TOPIX、CORE30、大型が25日線を回復できていないが、これからか...

14:07
なんか鈍いんだよな...

14:40
日経平均は短期上昇トレンド回帰と見てよさそうだが...
TOPIX、CORE30、大型、中型は25日線までの戻り。
小型は25日線回復も、パラボリック、新値3本足は陰転のまま。
ドル円は25日線回復出来ず、ユーロ円は三役逆転リーチの状況に変わりはない。

もう一段上げが欲しい。15時半の黒田君の会見に期待したい。

14:46
個人的には一旦調整を入れた方がいいと思うのだが...
今日のところは日銀の決定に敬意を表し、これでよしとしよう(^_^;)

14:53
なんだかんだで結構上がった。
買えばよかったとは思わないが、売らなくてよかったと心から思える一日。

15:17
本日の日経平均・日中値幅は558円\(゜ロ\)(/ロ゜)/
終値ベースの高値(3月21日12635円)まで1円と迫り大引け。
指数先物は踏み捲って、極大順ザヤで大引け、高値更新。

今日は歴史的な一日となったかもしれない...

見てる分には楽しいが、手掛けてたらと考えると恐ろしい相場。

株価指数先物000816.JPG
  

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


4月3日の米国株式市場

ダウ平均: 14550.35 ▼111.66
ナスダック: 3218.60 ▼36.26
ドル円 NY時間17時: 93.03 -93.04
ユーロ円 NY時間17時: 119.51 -119.55
CME日経平均先物 円建て: 12185

朝方発表の3月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数の伸びが市場予想を下回った。また、3月のISM非製造業景気指数も予想を下回ったことから、目先の利益を確定する目的の売りが幅広い銘柄に出た。

低調な経済指標を受けて、主要3指数は揃って反落。為替市場では円高、ドル安となった。

業種別S&P500種株価指数は全10業種が下落。「金融」や「エネルギー」の値下がりが目立った。

売買高はNYSEが約8億1000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億7000万株(同)。

個別では、バンカメやJPモルガン・チェースが下げた。シェブロンやエクソンモービルも下落。原油相場の下落による採算悪化を懸念する売りに押された。英通信機器メーカーを買収すると発表したネットワーク機器のシスコシステムズも小幅に下げた。
一方、アップルは上昇した。オンラインゲームのジンガは大幅に上げた。英国でオンラインカジノ事業に進出すると伝わり、収益拡大を期待する買いが入った。フェイスブックも上げた。同社のサービスの利用に適した新型スマートフォンが発売されると伝わったほか、ジンガにつれ高した面もあった。

 

日本株式市場

昨日の日経平均は「ユニクロ(ファーストリテイリング)」の恩恵で爆上げ!

本日は「アベクロ(安倍・黒田)」でどうなるのか?

日銀新体制へのこれまでの期待値が高すぎたため、今回の会合で打ち出す緩和策は相当程度市場に織り込まれており、サプライズはないと見るのが無難だろう。

3月には黒田新体制による臨時金融政策決定会合への思惑、3月25日に臨時決定会合が開催されるなどのガセで上値を伸ばす場面もあったが、結局何もなかったことを考えれば、材料出尽くし売りとなる可能性も考えられる。

一方、4月入りしてからは、「日銀による追加緩和策の導入は4月26日に先送りされる」などの思惑が浮上し、日経平均は4月1日262円安、4月2日131円安と大幅安となったことで、「既に短期的な調整を経ており下値は限定的」との声も聞かれる。

金融政策決定会合で追加緩和策の導入は確実だが、サプライズなし、材料出尽くし。しかし、既に短期的な調整を経ており下値は限定的。これが市場のコンセンサスだ。

ただ、既に短期的な調整を経ているとは言っても、昨日の日経平均は358円の爆上げだ。月曜・火曜の393円下げで織り込めたのか、何か月にも亘り新日銀体制への期待で大きく上げ続けてきた日本株式市場が、今週月曜・火曜の2日間の下げで織り込めたのかと考えると、怪しい...

今週を振り返れば、日経平均は4月1日262円安、4月2日131円安、4月3日358円高、本日(9時15分現在)約240円安。市場の不安を表すように、ボラボラになっている。

月並みな、面白味のない見方だが、決定会合の内容を確認し、新日銀体制の姿勢(15時半の黒田新総裁の記者会見)を確認してから手掛けるのが無難か。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り1330万株、買い1460万株、差し引き130万株の買い越し。
買い越しは21営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:38

日経平均は一時300円近く売り込まれ、9時8分に反転し下げ幅縮小。
ここまでは月曜日と同じ下げ幅、切り返した時間もほぼ同じ。

09:39
REITも似た動き...

10:13
今日も、決定会合内容の発表時間が遅れるほど株価が上がるパターン?

11:01
短期的には、日経平均はフラットな印象も、TOPIX、規模別は下向き。

株価指数先物000815.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数先物000814.JPG
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

新年度に入り、国内金融機関、機関投資家の売り観測により

日経平均は4月1日が262円安、4月2日は131円安と売られたが...

本日、日経平均はファーストリテイリング爆上げの恩恵で358円高

日経平均は393円下げて358円戻し、5日線、25日線、転換線を上抜いた

一方、TOPIX、規模別は全て、5日線、25日線、転換線に頭を抑えられた

日経平均(ファーストリテイリング)を見て買うか...

TOPIX、規模別を見て売るか...

明日の日銀金融決定会合、黒田君の会見を確認して手掛けるか...

明日次第でしょうな
 

株価指数先物000813.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


強い相場は続いている。

ただ、短期基調は下向き。

日経平均、TOPIX共に3月21日で頭打ちとなっており、TOPIXは一昨日、日経平均は昨日、泥鰌の解散表明後初めて25日線を割った。パラボリック、新値3本足は陰転中。

日経平均が昨年高値を付けたのが3月27日。昨年の4月相場は2日新甫こそ高かったが、その後7日続落。今年も似たような動きになりつつあるのが気掛かり。

円安を材料に日本株が買われ続けているが...

意外にも円相場は、対ユーロでは2月6日で底打ち、対ドルでは3月12日に底打ち。それでも、3月26日付シカゴIMM・Non Commercialポジション動向によれば、円ショートは89,149枚(前週比+9,156枚)と大きく積み上がっている。普通なら「需給整理」や「調整」が意識されるところ。一昨日・昨日の円急騰は、この辺りも影響したのだろう。

日経平均は中長期的には確かな上昇トレンドだが...

一旦一服が意識されやすい時間帯に差し掛かっている。

日経平均を月足で見ると、3月に月足雲上限(12658円)に到達し反落。この価格は、長期の戻り目途とも一致する。(12657円: 2007年7月高値18261円~2009年3月安値7054円の38.2%戻し。)一旦一服入ってもおかしくはない。

月足・遅行スパンで見ても、今月の遅行スパンは暴落となった2011年3月のタイミング。普通であれば、波乱の動きが警戒されるところ。

ただ、どれもこれも「普通なら」の見方。

異次元の金融緩和なら、普通の見方は通用しない。

その異次元の金融緩和の確度が判明するのが、今日・明日の決定会合。

サテ、ドウナルカ...

 
*** 追記 ***
12:59

Fリテ爆上げ、225大幅高、NT倍率爆上げ。
NT倍率は、今世紀最高値の12.2倍まで上昇した。
次の上値目途はと考えると、1975年の史上最高値(13倍)か。

前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約313億円が成立。
市場では、わずかに売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)優勢との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2729億円、売買高は17億369万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1276、値下がり銘柄数は343、横ばいは93。

13:31
朝はFリテだけって感じだったが、10時頃からソフトバンクが急騰し、225を押し上げ。
後場、輸送用機器が一段高でCORE30が一段高。
後場、東電爆上げ(20%高)で個人のセンチメントも上向いた模様。

TOPIX、規模別はまだ怪しげだが、225に関しては短期底打ったようなチャートになった。

14:47
規模別でみると上位から、ゴム、陸運、輸送用機器、電気ガス、医薬、食糧、小売り...
殆どが内需ディフェンシブ。3月までとちょっと違った感じ。

15:00
日経平均は358円高。内半分強がファーストリテイリング1社の寄与。
「日経平均」って名称辞めて、「ユニクロ」にしたほうがいい気が...

15:04
日経平均、TOPIX、規模別と、軒並み「ないとこ高値引け」。こんなのばっかりだな。
売らなくてよかったw

15:17
Fリテに火がついて、ソフトバンクに飛び火、輸送機器を中心に広範囲に延焼。
それでも、TOPIX、規模別全て、5日線、25日線、転換線に頭を抑えられた。
TOPIXと規模別を見ると、買えない。でも、日経平均を見ると買わざるを得ない。
そんな一日。

株価指数先物000812.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


4月2日の米国株式市場

ダウ平均: 14662.01 △89.16
ナスダック: 3254.86 △15.69
ドル円 NY時間17時: 93.43 -93.44
ユーロ円 NY時間17時: 119.79 -119.83
CME日経平均先物 円建て: 12170
日経平均前日終値: 12003.43 ▼131.59

連休明けの欧州市場では、3月仏・独・ユーロ圏の製造業PMIが揃って予想を僅かながら上回ったことや、3月のスペインの失業者数が予想に反して減少したことをきっかけにリスク選好が進展。ドイツなど主要国の株価指数が軒並み上昇した。キプロスの銀行問題への警戒感が和らぎつつあることも追い風となった。

2月の米製造業受注額は前月比3%増加。市場予想並みだったが米景気は回復基調にあると受け止められ、株式買いにつながった。自動車メーカー各社の新車販売が好調であったことも投資家心理を明るくした。ダウ平均の上げ幅は一時110ドルを超えた。

ダウ平均は、史上最高値を2営業日ぶりに更新。S&P500種株価指数も史上最高値を付けた。

業種別S&P500種株価指数は「ヘルスケア」や「生活必需品」など7業種が上げ、「素材」など3業種が下げた。

NYSEの売買高は約6億4000万株(速報値)、ナスダック市場は約15億5000万株(同)。

個別では、3月の米新車販売台数が市場予想以上に伸びたフォード・モーターが4営業日ぶりに反発。同様に3月の米販売台数が高水準だったGMも買われた。ゴールドマン・サックスが「強い買い推奨」リストから除外したアップルは朝方に下げる場面があったが持ち直した。通信のベライゾン・コミュニケーションズも高い。「ベライゾンと同業のAT&Tが共同で、英携帯電話サービス大手のボーダフォンの買収を検討している」と英紙の電子版が報じ、業界再編に対する思惑が先行した。公的医療保険に関連した政府からの給付金が想定ほど減らない見通しになったのを材料に、医療保険株が上げた。ユナイテッドヘルス・グループはダウ構成銘柄の中で上昇率が首位になるなど、株価指数の押し上げに寄与した。
一方、アナリストの投資判断の引き下げが伝わったHPは下げた。

 

日本株式市場

昨日のダウ平均は史上最高値を更新、本日の日経平均は大幅GUとなったが、直近の日米株式市場では、景気敏感株が売られディフェンシブが買われる動きが目立っている。

強い相場は続いているが、やや重さも感じられる。

本日の日経平均は大幅GUも、5日線(12202)、25日線(12159)までの戻り。9時15分時点の日経平均は約190円(+1.6%)の上昇となっているが、4月1日と2日の2日間で一時592.13円(4.78%)急落したことを考えると、リバウンドの域を脱していない。 5日線は下向きで、明日には泥鰌の解散表明後初のミニ・デッドクロス示現となりそう。

TOPIXは僅か0.7%の上昇。ミニデッドクロス示現。-1σレベルでの推移となっている。

この225・TOPIXのパフォーマンスの差は何かといえば、ファーストリテイリングだ。

昨日引け後に発表された3月の国内既存店売上高が好感され7%超の爆上げとなり、ファーストリテイリング1社で日経平均を100円超押し上げている。

規模別で見ても、CORE30が+0.6%、大型が+0.7%、中型が+0.8%、小型が+1.3%。
やはり日経平均の+1.6%は突出している。ファーストリテイリング様様の一日。

株価指数は日足ベースで下向き、週足ベースで調整気配、月足ベースで頭打ち気配。
ボラボラで見ている分には面白いが、手掛けるには悩ましい相場だ。
「一昨日までに買わなくてよかった」、「昨日売らなくてよかった」そんな声が多い...


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2010万株、買い3150万株、差し引き1140万株の買い越し。
買い越しは20営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
11:02

5日線までキッチリ戻し、ピッタリ止まった。
昨日は滅茶苦茶だったが、今日はやけに行儀がいい。
(ファーストリテイリングは大暴れしてるけど(^_^;))

株価指数先物000811.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数先物000809.JPG
(↑日中・5分足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

実際付けたから「幻」ではないが...

日経平均前引け値12107円が「幻」に見える。

リーマンショック時、大震災時、SQ値以外で、こんなのは初めて見た。

明らかに異様な取引。今日という一日を記録と記憶に残したい。

「大袈裟だ!」と御叱りを受けそうだが...

実際、本日の日経平均日中値幅は約2年ぶり震災直後以来の大きさだ。

異様と言っていいだろう。

本日の急落・急反発が何かの前兆でないこと、ミスシュートであることを祈る。
 

株価指数先物000810.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


日経平均はSQ値(12072)、25日線(12085処)下で寄付き、急落。
その後、相場の強さか参加者の強気か、大きく切り返した。

しかし、SQ値、25日線まで戻せず...
でも、SQ値、25日線下に長い下髭を残した。

強い相場は継続中、調整中、調整初動、調整完了、如何様にも見える。

チャートからは今日の時点では何とも言えない、「明日次第」と見るのが無難だろう。

ただ、需給面からは、今日の前場は明らかに異様な出玉が見られた。

前引け時点(11時半)の225先物は約7.9万枚と大商い。
東証一部の22.2億株、1.39兆円に比べてもべら棒な売買高だ。

その現先のギャップを埋めるためか、前引けで巨大な現物買い(225型)が入り、前引けの日経平均は驚愕の「ないとこ高値引け」12107円(゜o゜)

一方、225先物の11時半時点の価格は12040円。その後も買われず、12030-12050で推移している。

こんな極端な商いは、リーマンショック時と大震災時以外で見たことがない。

前場の株先・債先も妙な商いに感じられた。

朝の寄付きから株先売り・債先売りで、巻き戻したかのような動き。
株先は9時10分頃から急速に切り返したが、債先は10時過ぎまで下げ続けた。
その後、株先は上げ幅拡大、債先は日中安値圏で推移し、11時半日中安値を付けた。

これらをそれっぽく解説(後付け講釈)すれば...

寄付きから9時10分まで、ポジション解消、巻き戻し。
9時10分から「売り過ぎた株先買い戻し・債先売り」、現物一部買戻し。
前引けで、売り過ぎた先物に対して現物(225型)買いで爆上げ。

こうみると辻褄は合うが、それでも妙な感じはする。

アルゴでとち狂った下げ幅を出し、手動で修正したのか...

なんにしろ妙な商いだった。いい経験をさせてもらった... そんな前場。

 
*** 追記 ***
12:12

なんやようワカラン前場だったが、先物が売られ過ぎたということだけは確かか。
先物の枚数、債先の動き、現物の買われ方、前引けの225型爆買いを見るとそう思う。

12:25
円買戻し再開。

12:31
後場、日経平均は前場終値から100円超のGDで始まった。なんじゃこりゃ( 一一)

12:57
昨日と同じく、特になにもない中、大きく値が動いた。
昨日はCTAの先物売り観測があったが、おそらく本日もそれだろう。
特定業者の裁定取引に引っ掻き回された... そんな一日か。

前引け後の東証の立会外バスケット取引: 約608億円とやや大きめ。
市場では、売買は僅かに売り決め(投資家の売り・証券自己売買部門の買い)との声。

12時45分時点の東証1部の売買代金は概算で1兆5587億円、売買高は同24億6755万株。

東証1部の値下がり銘柄は1181、値上がりは470、横ばいは62。

13:28
株式市場、円相場共にようやく一巡?

13:48
225は25日線下に髭を残しているが、CME清算値、SQ値、25日線、転換線下方での推移。
泥鰌の解散表明以降、転換線が下向きに転じたのは初。一時基準線割れも初。

TOPIXは-1σの攻防&ミニデッドクロス目前。週足ベースのチャート形状もよろしくない。
予断許さずの状況。

13:52
メガバンクが強含み、CORE30がプラ転。

14:01
本日の先物は記録的な枚数となりそう。
朝の急落に妙な感じがし、その後の戻し方も変な感じがするが...
これって先物が出来すぎていて、後追いで現物が来ている所為か。

14:13
先物主導といっていい一日だと思うが、先物の板が薄い。だから値幅が出たのか...

14:24
新興市場が全てプラ転。小型株指数も-0.16%まで下げ幅縮小。
逆張り万歳の個人を思わせる動き。

14:39
個人は絶好の押し目としてイケイケドンドンようだが、機関投資家の動きは鈍いようだ。起爆剤になるかと思われたメガバンクは失速。CORE30も戻せず。円相場はまた強含み。

15:01
下髭は長いが陰線引け。しかもサポート割れ。この下髭は割り引いてみた方がよさそう。

15:17
225先物は12万枚、TOPIXも10.7万枚の大商い\(゜ロ\)(/ロ゜)/
現物は薄く遅かったが、最終的には東一37.7億株、2.5兆円と膨らんで終えた。

あれ・・・現物が・・・遅れて・・・きたよ

終始そんなザラ場だった。見事な職人芸を見た気がする。CTAか...

株価指数先物000808.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


4月1日の米国株式市場

ダウ平均: 14572.85 ▼5.69
ナスダック: 3239.17 ▼28.35
ドル円 NY時間17時: 93.22 -93.23
ユーロ円 NY時間17時: 119.74 -119.78
CME日経平均先物 円建て: 12060

中国政府による不動産取引抑制策や、3月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が市場予想に届かなかったことなどを嫌気し、上海株式相場が下落。中国経済の減速懸念が強まった。

3月の米ISM製造業景況感指数が前月比で市場予想以上に低下したことも嫌気された。前週末にダウ平均は史上最高値を更新しており、目先の利益を確定する売りも出やすかった。

しかし、ダウ平均の安値は47ドル安に留まり、積極的な買いはみられなかったものの、下げ幅を広げなかった。一方、ナスダックは終日じり安基調が続いた。

ダウ平均は小幅に反落。ナスダックは4営業日ぶりに反落。

業種別S&P500種株価指数は全10種のうち「資本財・サービス」や「素材」、「IT」など8種が下落。「電気通信サービス」と「ヘルスケア」が上昇。業績が景気動向に左右されにくい「ディフェンシブ銘柄」への買いが相場を支えた。

NYSEの売買高は約5億7000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約14億4000万株。

個別では、中国での顧客対応を巡りクックCEOが謝罪の声明を公表したアップルが3%下落。HPやインテルなどIT株の一角も下げた。3月28日夕に増配を発表したITのシスコシステムズも小安い。パナソニックのADRが8%あまり下落。米当局が同社の米子会社を贈賄の疑いで調査していると報じられた。
一方、アナリストが目標株価を引き上げた電子商取引・決済大手のイーベイが上昇。新型セダン「モデルS」の販売が目標を上回り、1-3月期決算が黒字転換したもようと発表した電子自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズが16%急伸した。

 

日本株式市場

昨日は、記録尽くめの(名実ともに)新年度入りとなった。

日経平均は、新年度初日としては18年ぶりの下げ幅を記録。
TOPIXは3日続落、25日線ぶち割れ、2011年8月以来の下げ幅を記録。
東証1部の値下がり銘柄数は1630と大震災直後以来の多さを記録。
ジャスダック平均、マザーズ指数、REIT指数も大震災以来の下落率を記録。

過去23年間の4月の月間パフォーマンスでは、日経平均が12か月中2位、JASDAQは年間1位、外資系動向も年間1位と良好だが、昨日は散々な結果となった。

先高観が高い状態で新年度入り→ニューマネー流入期待→空振り・急落の恰好。

短中期では調整に警戒するのが妥当だろう。

日経平均は昨日大陰線で転換線割れ、本日GDで25日線割れ。新値3本足も陰転しそう。

TOPIXのチャート形状は更に芳しくない。昨日の大陰線で25日線ぶち割れ、新値三本足陰転、本日GDで週足転換線も下回った。しかも、週足では見事なアイランドリバーサル形成。

短中期的な調整に警戒したい。とはいえ、中長期では確かな上昇トレンドだ。しっかりと調整を入れるなら買い場と捉えたい。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り880万株、買い910万株、差し引き30万株の買い越し。
買い越しは19営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:11

なにかトリガー引いちゃったような下げだな...

09:15
僅か15分間で日経225先物3.3万枚。凄まじいな...
(東証一部は僅か7億株、3825億円。)

09:45
昨日と同じく、特にこれといった材料もなく急落。

ドル円の93円か、225のSQ値、25日線割れかなんか知らんけど、トリガー引いちゃってアルゴ発動したんでしょうな。買いに転じた個人がババ引いちゃったってのもあるか...

09:54
押し目と見たのか、マザーズ、JASDAQ、REITが強烈な切り返し。日足で見ると、とてもじゃないが買えないマザーズ、JASDAQ。週足で見ると、不吉なREIT。もう少し様子を見たい(-_-;)

10:07
目先的には押し目だと思うが、短中期的にこれは押し目なのだろうか...

10:14
朝から「株先売り・債先売り」が激しい。
株先は戻ったが、債先は下げ幅拡大、個別でも戻せない銘柄数は多い。
ちょっと気味悪いな...

11:02
円買い戻しの中、日経平均は日中安値から200円超切り返した。相変わらず強い。
ただ、それでもSQ値、25日線を下回っての推移。調整気配は継続中。

株価指数000807.JPG
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


株価指数先物20130401-2.jpg
(↑日中足: マネックス証券 チャートより拝借)
 

名実ともに新年度入り。

TOPIXは3日続落、25日線ぶち割れ。

イースターで外国人不在の中、国内機関投資家の売り観測、CTAの先物売り観測などでTOPIXは34p安と、2011年8月以来の下げ幅を記録。新年度入り→ニューマネー流入期待は空振りに終わった。

4月3~4日の日銀金融政策決定会合で、資産買取基金の増額や買入れ国債の年限の引き上げ程度だと「次元の異なる金融緩和」とは言えないという見方で失望売りになるリスクも警戒されていたようだ。

特に何か材料があっての大幅安ではない。

あったとすれば、高過ぎた期待か...
 

株価指数先物20130401-3.jpg
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

とにかく安い しかも安定 GMOクリック証券!小生メイン証券です!
日経225業界最安値水準!【日経225先物】280円/枚 【日経先物mini】39円/枚
【現物取引】 1約定 105円~ 1日定額 230円~ 【信用取引】 取引手数料無料キャンペーン中!


3月29日の米国株式市場

聖金曜日のため休場

ドル円: 94.21 -94.22
ユーロ円: 120.77 -120.81
日経平均前日終値: 12397.91 △61.95

 

日本株式市場

名実ともに新年度入りでニューマネーの流入が期待される。

先週初、日本経済新聞1面トップで、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針の見直し観測が報じられ、週央には日銀新体制の金融緩和内容が報じられた。先週、やや弱含んだ東京株式市場だったが、これらが下支えとなった面もあっただろう。

国内機関投資家の運用方針見直しへの期待は、特に高いようだ。

機関投資家(特に国内年金系)のポートフォリオ組み入れ比率見直しは5年に1回と言われており、この比率見直しを1年に1回とした方がいいとの声が多い。

誰もが知っての通り、日本市場の株価上昇時のお約束は「外人買い・国内機関投資家売り」。なぜ株価が上昇すると国内機関投資家が売るのかといえば、株価が上がると組み入れ比率が上がってしまうため、リバランスで売らざるを得ない(売りが止まらなくなる)のだ。

これにより長年、日本人により日本株の上値が抑えられてきた。今回も、昨年11月からの株価爆上げで組み入れ比率が上がり、国内機関投資家からの売りが止まらなくなっている。

日経平均は、昨年3月期末の10083.56円から20%超の上昇。
昨年11月14日の泥鰌の解散表明から日経平均は約45%上昇。

組み入れ比率見直しが1年に1回となれば、外国人が日本株を買い、日本人が日本株を売るという長年の構図に変化が出そうな気もするが、ドウナンダロ...

ただ、今週に関しては様子見姿勢が強そうだ。

本日もイースターマンデーでロンドン市場は休場。しかも、今週は重要イベントが目白押し。3~4日は新執行部のもとで日銀金融政策決定会合。5日は3月米雇用統計の発表。キプロス問題やイタリアの政局も依然として不透明感がくすぶっている。

本日寄り付き前に発表された日銀短観によると3月大企業・製造業DIはマイナス8。前回12月調査に比べ1p低下、市場予想のマイナス7も下回った。これも様子見の一因となりそう。


東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り660万株、買い810万株、差し引き150万株の買い越し。売り買い共に激細。
買い越しは18営業日連続。金額ベースも買い越し。

 
*** 追記 ***
09:32

リスクテイクの動きは見られず。かといって、リスク回避の動きも特に目立たず。
今日も先週末同様、休暇モードですな。

09:44
「トヨタの2013年3月期の連結営業利益は、これまでの予想である前期比3.2倍の1兆1500億円から1兆2000億円超に増える見通し、円高修正が進み輸出採算がさらに改善するため利益規模は1兆3000億円程度に膨らむ可能性もある」と、土曜日に日経新聞が報じたが...

トヨタ株は、ほぼ変わらずで推移。今現在円が一段安となっているわけでもない。しかも、対ドルで1円円安で350億円増益は万人の知るところ。今さらネタなんでしょうな。

09:59
本日もREITが大幅安。
REIT、日経平均共に3月に月足雲上限で頭を抑えられ、新年度入りで反落。
やや気になる動きだが、今週のイベントを考えると、週初のこの動きも已む無しか。

10:19
10時発表の中国・3月製造業購買担当者景気指数(PMI)は、50.9。予想51.2、前回50.1。
しっかりした数字だが予想は下回る... 最近の中国の統計ってこんなのばっかりですな。

10:36
「4月初は信託銀行の売りが出やすい」がお約束だが...

本日も外人お休みの中、信託系(年金)からの売りで下に値幅が出た格好か。新年度入りで国内機関投資家の運用方針見直しへの期待はあれど、今日からどうこうということではなさそうですな(-_-;)

11:01
特に材料はないはずだが、意外な値幅が出た。
株式市場では「円高」を材料に株安。為替市場では「株安」を材料に円高。

11:06
現物に対して先物の枚数が多い。先物主導の面もあるのか。

11:18
日経平均の下げ幅は限定的も、TOPIX、規模別、業種別と全面安。
新年度入り早々、ちょっとイヤ~ンな雰囲気。

11:32
日銀の決定会合が3-4日、そして、週末には25日線が12200円レベルへ切り上がる。
決定会合後、この切り上がる25日線がサポートとして機能するかが今週の見所か。
(泥鰌の解散表明後、日経平均は1度も25日線を割っていない。)

所用に付き、後場の更新をお休みさせていただきます。

皆様にとって、良い一日となりますように...

株価指数先物20130401.jpg
 

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ    
       ↑ 応援いただけると更新の励みとなります○| ̄|_ ↑

 
 

%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2