ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


米メリルリンチがサブプライムローンに絡み
追加評価損失$25億(前回$50億の損失発表済み)発生!

とニューヨーク・タイムズ紙で報じられ、株価指数先物主導で売られた。

「メリルの追加評価損失」と一応それなりの売り材料はあったとはいえ、他にも・・・
グローベックスで米株価指数先物が軟調に推移。
9月の米中古住宅販売件数、米MBA住宅ローン申請件数等の発表を控えていること。
円高気味で国内決算発表に対する見方が弱くなっていることでの買いの手控え等々
本日は売り仕掛けやすい環境だったのだろう。

ぼちぼち悲観論が出始めているが・・・
現在の株価指数水準で言えば、割安といってもいい水準かと思う。
水準論だけで言えば、買ってもいいレベルと言い換えることも出来る。

しかし、先日のG7にもあった慎重論
燻り続けるサブプライム問題からの先行き不透明感
国内に関しては一行に改善されない景況感(個人消費)

これでは・・・
買ってもいいが、いつ買っていいのか
判らないから、まだ買わない!

というムキが多くなるのも已む無し(-_-)zzz

現在の市場のコンセンサスとしては
再びサブプライムローン問題→信用収縮懸念の見極め
といったところか(=_=)


不透明感が濃くなると指数や指標の見方も難しくなってくる。

そんな時、個人投資家でも
比較的見やすいのが原油価格(WTI)

原油価格の上昇はこれまでは
「信用収縮の動きが一服」と言う見方だった。

最近は「インフレ懸念の高まり」と言う見方。
そして今後は「リスクマネー縮小・ファンドの解約売り」
と解釈されるハズ(/_;)

大和総研でも、原油価格は100ドルでも経済に対する悪影響は限定的だが
下落すると流動性の収縮による悪影響はかなり大きくなるかもしれないと指摘。

大和総研の解説によると、原油高に対する各国の耐久力を見た「原油高抵抗力」は
原油価格が150ドルに向けて上昇した場合は悪影響をもたらすが
100ドルなら日本や世界経済に与える影響は限定的だそうだ。
(しかし、エネルギー効率の低いアジア諸国はダメージを受ける可能性も指摘。)

懸念されるのは原油価格の上昇よりも下落!
原油価格の下落は過剰流動性の終焉を意味し
今回の過剰流動性が過去に例のないほどの
規模だったことを考えると・・・

流動性の収縮が経済に与える悪影響は
かなり大きくなる可能性もあると述べている。


原油価格に関しては、投機による高騰で
需要と供給を無視した価格と批判的な報道が多いが

穿った見方をすれば・・・
だからこそリスクマネーの動きを把握し易いともいえる!
先週も書いたが、ファンドで今一番(二番?)利が乗っているのが原油!
(参考: http://kabuben.blog73.fc2.com/blog-entry-1395.html

上記のように、そして大方の見方通り
需要と供給を無視したのが現在の原油価格であるなら
この原油価格から信用収縮、リスクマネー縮小
ファンドの解約売りを察することも「ある程度」可能!?

もちろん、原油からだけで判断するのは危険で
債券市場、金相場、為替相場e.t.c.
あらゆる市場を総合的に見て判断せんといかんのだが・・・
個人が目を配れる市場も時間も限られている!

情報も多く、比較的判り易い原油価格辺りから
信用収縮を探っていくのが無難ではなかろうか。

 

*** 本日のお勧めブログ ***

ミミのきままな米株情報

米株考察に特化した、非常に貴重なブログ(^^♪

管理人のミミさんは在米の方。
一般の方の米国市場のものの見方という意味で非常に興味深く読めます!
やはり市場は、現地で見て、現地で聞いて、現地で感じないといけませんね。

株の話だけじゃなく、色々と楽しいお話もありますので、ぜひ一度どうぞ! 
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)

手数料最安値水準!情報力で選ぶなら『ばんせい証券』
税制面でも優遇されます!取引所取引についてのみ「分離課税」
「損失の3年間繰越控除」「証券先物・商品先物との損益通算」のメリットがあります!

知っている人は始めている!トレイダーズ証券
外国為替証拠金取引は、24時間いつでも売買が可能!
外貨建て定期預金の約1/10の取引コスト(片道10銭)で取引可能!

システムトレードプログラム 3systemtrade-225
裁量取引を行うにしても、システムトレードのロジックは知っておきたい。
アルゴリズムを理解することで相場が見えてきます。

コメント
この記事へのコメント
Heywardさん、お久しぶりです

>>原油価格の下落は過剰流動性の終焉

私みたいな素人には、この因果関係が良く分かりません。
お手数ですが、少し詳しく解説してくださいませ。
2007/10/24(水) 23:57:43 | URL | hiro #-[ 編集]
ご無沙汰&コメありがとうです!
hiro 様♪

>原油価格の下落は過剰流動性の終焉・・・

細かく書くと果てしなく長くなりそうですが、端的に書くと・・・

世界的な景気拡大(バブル?)による金余り(と言われていた)

金余りにより、投資ではなく投機先が模索されていた

中国等エマージングの経済発展(5年後?50年後?の)原油需要を見込んだ
「原油買いネタ」としての原油価格高騰(原油先物買い)

実体は、需要と供給を無視した単なる投機。つまり・・・
需要と供給に基づかないヘッジファンド等による「原油価格高騰」

今後原油価格が下落するのであれば・・・
ヘッジファンドの解約売りによる原油価格下落と解釈され・・・

ヘッジファンドの解約売り=リスクマネーの縮小と見られれば・・・
これが一時的なものか、恒久的なものかとの疑念が・・・

リスクマネー縮小なら原油にとどまらず、株からも資金引き揚げ懸念が・・・

と連鎖的に「思惑が働く」ということかと。
(事実か実際かは、将来(未来)を見ないと判りませんが...思惑で動くのが相場、軽視はできないかなと。)

私の見解というよりも、証券アナリスト、ファンドマネージャーに多い見方で、同感だったので書いてみました。
2007/10/25(木) 00:28:06 | URL | to hiro 様 fm.Heyward #-[ 編集]
Thanks
Heywardさん、解説ありがとうございます。
原油版「風が吹けば」ですね。
これからも頑張ってください。応援しています。
2007/10/25(木) 12:26:21 | URL | hiro #-[ 編集]
原油市場=桶屋ですね^^
hiro 様♪

投機=連想ゲームの側面もあり、現在はこんな感じで連想されているようです^^;

こちらこそありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
2007/10/25(木) 13:43:25 | URL | to hiro 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1403-bf533302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ネイル
2007/10/25(木) 07:24:35 | ネイル
原油価格(WTI)から信用収縮を計る
2007/10/24(水) 21:31:07 | すぐにFX投資で儲けるための100の商材
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2