ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

7日の米国市場

NYダウ: 13625.58 △5.69
NASDAQ: 2706.16 ▼2.87
為替 NY終値: 111.66 - 111.72

週末の米国市場は朝方発表になった雇用統計が
非農業部門雇用者数が予想を上回る増加となり
景気の落ち込みに対する懸念が薄れたものの

ここまで大幅上昇の反動から利益確定売りも出やすく
週末の手仕舞い売りもかさんで上値も重かった。

良好な雇用統計が発表されたことで
11日のFOMCでの利下げ幅が
0.25%にとどまるのではとの見方も上値を抑えた。

原油価格や貴金属価格が軟調となったことも
石油関連銘柄など資源株の下落につながり、指数の上値を抑えたようだ。

上値は重かったとはいえ、下値を売り叩くような動きも見えず
ヘッジの売りや週末の手仕舞い売りが上値の重さの主因のようで
さほど下を警戒する必要はなさそうな雰囲気だ。

問題は明日のFOMC。出尽くし下げとなるのか・・・
安心感から買われるのか、見定めたい。

個別では、投資判断の引き上げを受けてJCペニーは大幅高。
勝ち組に乗る動きが加速されてアップルも堅調、最高値更新。
主力大型銘柄堅調なものが多く、アルコア、ボーイング、スリーエムなどが上昇。
前日に芳しくない四半期決算の発表があったパームは大幅下落。

 

日本市場

内閣府が8時50分に発表した10月の機械受注統計は
民間の設備投資の先行指標である
船舶・電力を除く民需の受注額が前月比12.7%増加(゜o゜)

NQNが取り纏めた民間調査機関の予測平均(7.3%増)を大きく上回った。

先週末に、11月7-8日にあけた「窓」埋め完了で達成感
戻り高値で上に放れて「上ヒゲ陰線」で「流れ星」。
ストキャスティックスは高値圏にあり
今週は調整かと思いきや・・・
上振れた機械受注により調整に入りにくい環境に(^_^;)

 しかし、日経平均16000~16100円のレベルは重そう。

10月高値~11月22日安値の下げ幅に対する50%戻し。
11月高値~11月22日安値の下げ幅に対する61.8%戻し。
11月8日にあけた窓。週足一目均衡の転換線等
16000-16100レベルは節目密集帯だ!

本日は、崩れ難いが、上値も重い
7日のNY市場のような展開になるのではなかろうか。


寄り付き前の大口成り行き注文:
買いが4070万株、売りが3370万株、差し引き700万株の買い越し。

10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2580万株、買い2160万株、差し引き420万株の売り越し。
金額ベースでは、買い越し。

 
*** 追記 ***
09:49

日経225先物mini、¥15900にてロング。
ショートは継続中だが、多分に仕掛け的な下げかなと目先でロングいってみた。

10:17
思ったより下げた、そんな印象。
とはいえ、今日のところは15800を割って方向出すとも
16200を上抜けて方向出すこともなさそうな気がするが・・・。

10:40
円高一服、機械受注大きく上ブレ、外人金額ベース買い越し基調・・・
買い材料はあれど、この買い手の慎重姿勢って・・・
まぁ、想定されたレベルでの上値の重さだし、現時点ではさほど気にする必要ないか。

11:02
なんの見所も盛り上がりもなく前引け。
多少値は動いても、本日は方向を出すには至らずを想定して後場も取り組む。

 
+++ お知らせ +++
本日、Webマガジン「MONEY ZINE(マネージン)」にて
【Heywardが初心者に送る「先物取引の手引き」】の第二回記事がUPされました。

初心者様向けの内容で、エキスパートクラスの方には面白みに欠くと思いますが・・・
お暇な時にでもご一読頂ければ光栄です(^_^;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00276.JPG
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

プロが使うフィスコの情報を使ってみるか!
約150社に及ぶ国内外の金融機関にマーケット情報を提供しているフィスコ!
金融のプロ達が使っている投資情報を個人投資家に!私も使ってます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1526-350b5d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2