ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

円高・ドル安進行や株価指数参照型の債券を組み入れた
投信が元本割れする「ノックイン」条項の水準を意識した
「仕掛け的な売り」が株価指数先物に出た一週間だった。

しかし!「リスク限定型ファンド」として販売されることも多い
「日経リンク債」は最も高いノックイン価格14231円ということ!
警戒はすべきではあるが、騒ぎ過ぎ(-"-)

日経平均リンク債のノックイン価格は
11000円~12000円が中心なのだ!

しかも、日経平均リスク限定型ファンドは
昨年11月末時点で7千億円ほど!

目先の売りネタとして警戒はすべきだが・・・
過度に警戒する必要はないハズ!

逆説的に言えば、ノックインが過度に意識され
もっともらしく売り材料として下落するようであれば
買いのチャンスとも考えられる。

  
ここから下は、大和証券、フィスコ、三菱UFJ証券、みずほ、e.t.c.のレポートから。
分かりにくい内容かと思うが、リスク限定型ファンド、ノックインの自習用とした纏め。

初心者(中級者)様向けに以下
日経225種ノックイン・プットに関する説明&詳細。


リスク限定型ファンド

元本を確保しつつ、インカムゲインを狙う金融商品。
日経平均が20%以上下落すると、インデックスファンドで償還される。

すると、プットオプションの買い戻しによる下落加速圧力が生まれることや
償還を受けた個人投資家も売るのではないかと不安視される。

日経225種ノックイン・プット

個人向けの日経225種ストラクチャー商品は
2007年11月末で純資産残高は、前述の通り7000億円程度。

基本的には、個人投資家がノックイン・プットを売って
プレミアムを受け取る仕組みになっている。

一度でも終値でノックイン価格に達すると
日経225種のインデックス・ファンドで償還されることになる。

ノックイン価格に達すると下落を加速

ノックイン・プットの特徴は、一度でも日経225種が
ノックイン価格にタッチすると、デルタが急激に小さくなること。

現在、ディーラーのデルタ・ヘッジはプットを売ることで
日経225種の下落を下支えしているが・・・

一度日経225種がノックイン価格まで下落すると
今度は逆に一気にプットを買い戻すことで
日経225種の下落を加速させる方へと働くことになる。

ノックインすると個人投資家の売り需要が発生

日経225種がノックイン価格まで下落すると
個人投資家が日経225種ファンドを引き取らざるを得なくなる。

過去のEB債(Exchangeable Bond)の場合と同様に
日経225種のインデックス・ファンドで償還された場合
個人投資家の売り需要が発生する可能性が高い。

EB債を積極的に運用しているゴールドマンサックス証券の
直近の売買動向には目配りしておいた方がよさそうだ。

内容・特徴としては、ざっとこんな感じ。

どう見ても考えても、売り仕掛けの色が濃い
としか「現時点では」思えない。

日経平均急落を正当化するように
もっともらしく、日本経済云々という報道が多くなってきたが
現時点では全銘柄平均が来期16%超の大幅減益になるとも
日経平均11000円~12000円になるとも考え難い。

盲信の売りは避けたいところだ!
とは言っても、迂闊な買いも危険なのだが・・・

 

 
甘くない相場に甘ったるいボーカルを!
If You Leave by OMD

無限に湧き出る泉のように、次から次へと悪材料が出てくる相場。
出尽くしたかと思えば、「まだあるよ」とひょっこり顔を出してくる。

「これでは買えない」が市場のコンセンサスだろう。

昨年秋口からの売りシナリオに基づいてポジションを作ってきたファンドは
日経平均14000円で、一旦シナリオ完結とは思われるが・・・
新たに売り直してくる可能性も否定できず。

「なおさら買えない」が市場のコンセンサスとならないことを祈る(-_-;)

こんな考えてもどうにもならないような
厳しすぎる相場から連休中だけでも逃れよう!

ってことで、1980年代を代表するOMDをご紹介♪
(OMDは、Orchestral Manoeuvres In The Darkの略称。)

こてこての甘いメロディー、ゲロゲロに甘ったるいボーカル!
シンセでは当時一世を風靡したヤマハのDX7がピロピロと主張している。GREATだ!

因みに、本曲は映画「プリティー・イン・ピンク」の挿入歌でもある。
(エロっぽい映画タイトルだが、真面目な青春映画です。)

本曲、映画とも私のお気に入り♪
連休用の現実逃避として、ノスタルジーに浸ってみる。
 

懐かし(いにしえ)の洋楽に興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪ 
 

人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
週明けには
ここから買えば捉まってしまうか、リバ狙いでで利入れできるかってとこでしょう。
あちこちのブログで週明けノックイン暴落予想花盛り。口座は現金5対現物5、信用ゼロでポジは十分空けてありますので、精神的負担はそう感じません。
11日後場、ヘッジを外してしまったのが、少々悔やまれます。買建て分はー1円で逃げました。
たぶん私は、15日に一段下げがあれば我慢できずに買い向うと思います。
現在口座採算はー5?微負けです。ここから穴を大きくするか、少しづつ稼げるか。
ここから持ち高も増え評価損が積み上がると、鬱通しい日々を過ごすはめになります。
ほんとうにどうしよう。手を出さずに見送れば楽なんだけど。迷います。後ろから妻の声が「好きでやってることでしょう」
2008/01/13(日) 12:23:01 | URL | 是銀 #-[ 編集]
メリマン氏の本、買いました
私は占星術の知識が無いので、読んでると眠くなります。ただ、次回の重要変化日は来週末あたり・・・。
これって、上向きになる変化なのか、さらなる下への変化なのか?
冥王星が山羊座に入るらしいですが、大嵐の前に暗雲を集める。。。結果的に大打撃と破壊が起こるとか怖い事がかいてありました(::)。
2008/01/14(月) 15:32:53 | URL | kiki #-[ 編集]
ここからの(新規建て)の買いならば・・・
是銀 様♪

どこもかしこも「ノックイン暴落祭」予想ですね^^;

でもおっしゃる通り、ここ「から」の買いならば・・・
さしたる問題はなさそうな(むしろ理想的な)買いのような気がしてます。

是銀さんのように、ヤラレ玉もなく、資金コントロールがしっかりできている方なら、ここで買わずにどこで買うといった感じでしょうね♪

とはいえ、買われ難い地合いであることも確か。

せめて外部環境が安定化するまで待とうとか、中期トレンドが回復するまでは、中長期マネーも入り難いということもありそうですし、なんとも迷うところですね。

時間と資金の分散、余力との相談をしながら、私としては、現在を売り場というより、「どちらかといえば」買い場と認識して今週は取り組んでいく予定です^^;
2008/01/14(月) 19:15:57 | URL | to 是銀 様 fm.Heyward #-[ 編集]
メリマ~ン(T_T)
kiki 様♪

サイクル論としてのメリマンは尊敬しているのですが・・・

占星術は、私あまり好きではありません。
というより、私、占い全般が好きではないのです。
細木数子もキライです><

でも多くの機関投資家が気にしている(と言われている)以上、読むしかないのですが^^;

メリマンのサイクルと一目時間論の変化日、結構一致する(近い)こともあるので、合わせてみてみるといいかもしれません。

あくまで変化日は「目安」ですので、過信は禁物w
適度に気にする程度でいいかと思いますw
2008/01/14(月) 19:26:07 | URL | to kiki 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1604-98d53bd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
50% Knock-In Putを売るのは、いかにも魅力的に見える。(Touchしないから安全という意味で) しかし、Putを買った我々としてはモデル通りに、そのプレミアム分は本当に実現できるか。 一本調子で上がっていたら、間違いなく負けだと思う。株価の上昇により、Barrierとの距
2010/01/08(金) 21:11:32 | 投資一族のブログ
株式投資のメール配信の会員募集が再開したそうです
2008/01/12(土) 23:25:19 | e-book紹介
??ä??????¤ ä?夬???
2008/01/12(土) 17:03:20 | Τ
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2