ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

フィデリティ投信に興味深い・後々役に立ちそうなデータがあったので纏めてみる。

米国、欧州、日本、アジアの4ヶ国・地域が全て円ベースで
半年で10%以上調整した局面と半年間の騰落率(月末ベース)

 

米国株

欧州株

日本株

アジア株

世界株

世界株(6ヶ月後)

 74年2月末~8月末 

-20.60%

-17.60%

-12.70%

-33.60%

-19.70%

14.40%

   

 74年3月末~9月末 

-26.30%

-20.40%

-11.00%

-44.60%

-23.40%

32.20%

   

 74年4月末~10月末

-10.30%

-20.80%

-20.20%

-31.10%

-15.20%

24.20%

   

 74年5月末~11月末

-12.40%

-14.60%

-15.50%

-31.90%

-13.60%

28.70%

   

 87年4月末~10月末

-12.80%

-14.40%

-12.00%

-24.40%

-13.20%

4.00%

   

 87年5月末~11月末

-25.70%

-23.10%

-14.30%

-31.20%

-21.00%

9.50%

   

 87年6月末~12月末

-32.00%

-28.80%

-15.60%

-37.20%

-25.80%

21.90%

   

 90年3月末~9月末

-19.40%

-21.00%

-28.10%

-17.20%

-22.60%

23.10%

   

 90年4月末~10月末

-23.30%

-17.70%

-17.60%

-19.40%

-19.80%

17.50%

   

 90年5月末~11末

-19.80%

-17.60%

-32.00%

-21.80%

-23.50%

20.00%

   

 90年6月末~12月末

-15.30%

-19.60%

-23.50%

-22.40%

-19.40%

7.80%

   

 90年7月末-91年1月末

-10.70%

-19.90%

-19.90%

-21.50%

-16.80%

12.30%

   

 98年4月末~10月末

-11.70%

-15.80%

-16.00%

-19.80%

-14.30%

22.70%

   

 01年3月末~9月末

-14.00%

-17.90%

-22.00%

-18.80%

-16.30%

21.40%

   

 01年4月末~10月末

-15.60%

-17.60%

-24.10%

-15.20%

-17.20%

8.50%

   

 02年3月末~9月末

-34.80%

-32.10%

-13.80%

-21.00%

-31.70%

-0.20%

   

 02年4月末~10月末

-21.00%

-22.10%

-21.30%

-13.80%

-21.20%

1.10%

   

 02年5月末~11月末

-12.70%

-15.30%

-20.30%

-10.60%

-14.20%

1.80%

   

 07年7月末~08/1/25

-16.60%

-17.00%

-20.30%

-9.50%

-16.40%

? 

 ?



1970年以降の世界株式の値動きをみると
米国、欧州、日本、アジア地域の全てが
半年で▲10%以上調整した局面は、6回。

しかし、調整後、半年間の世界株式の騰落率は
2002年9月の▲0.2%を除き全てプラス。

そして、その平均騰落率は+15.0%!

今回の調整局面(2007年7月末~2008年1月25日)では
約半年でほぼ▲10%以上、調整している。

   米国株   欧州株   日本株  アジア   世界株 
 過去5年間変化率(2003年1月末~2008年1月25日) 53.57% 138.43% 78.65% 224.03% 87.46%
 過去1年における高値からの下落率  -22.11% -21.69% -23.28% -23.49% -21.19%
 2008年1月騰落率(2008/1/25 迄)  -12.92% -14.53% -8.96% -12.92% -12.95%


↑の表からは
過去5年間の上昇幅と直近の調整幅を比較した場合
比較的急速な下落局面となっていることが窺える。

そして08年1月騰落率で見ると
日本株は、これまで早期に大きく調整した反動からか
相対的に下げが緩やかになっている。

売り枯れ症状とも見れるのではなかろうか?

まだ調整局面は続いており
市場の混乱が収まるまでは、予断許さずだが・・・

今回の急落を乗り切り、相場で生き残れた投資家は
相場の歴史の一ページに立ち会えた!と
今後の投資生活の誇りとしてもよさそうだ♪

厳しい相場が続いているが、共に生き残れるよう頑張ろう!

 

 
少しづつ・・・
Little by little by oasis

相場の格言に「上げ百日・下げ三日」という言葉がある。
上がるときはゆっくりだけど、 下がるときは速いってことだ。

かれこれ半年下げ続けている相場・・・
この格言を当てはめると、日経平均が急落前の18000円を回復するのは
いつになるのかと気が遠くなってくるが・・・

逆の考え方をすれば
この下げが止まれば、あとは長期で上げ続けるとも考えられる!(^^)!

下げ止まりが確認できれば、「少しづつ」そして長期の上昇相場が・・・
と現状では考え難いが、甘い考えは禁物だが、期待したいもんですな(^^ゞ
 

懐かし(いにしえ)の洋楽に興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪


人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
同感です!
今晩は、ご無沙汰してました。先月から今月は本業が忙しくなかなか手掛けるタイミングがありません。ざらばで手じまいしないと怖いですからね。まだまだ右肩上がりのチャートには移行しそうにありませんがここは辛抱しましょうね。自分もしばらくは確率良い時にピンポイントで狙うように心掛けています。いつもブログの更新ご苦労様です。
2008/02/11(月) 19:19:23 | URL | シンディー40 #-[ 編集]
ここは辛抱ですね!
シンディー40 様♪

おばんです。

下げ止まりが確認できるまでは、なんとも動きにくいですねぇ。。。

ここは辛抱!とは思いつつ・・・
でも、最近辛抱疲れしてきました^^;

「分かり易い処で入って、分かり易い処で抜けろ」「必ず損する前提でエントリーし、ロスカットを徹底しろ」
マット今井氏の言葉ですが・・・
この二つ守って、大きく負けないことテーマに頑張っていきたいと思います!
2008/02/11(月) 21:36:44 | URL | to シンディー40 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1683-ab6f5a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
預金 担保 負債 債券 住宅ローン 自動車ローン 教育ローン ビジネスローン ローンカード 信用販売 クレジットカード 消費者金融(サラ金) 女性専用キャッシング 学生ローン おまとめローン ノンリコースローン 闇金融 融資詐欺(貸します詐欺)
2008/02/11(月) 18:05:42 | キャッシングのことなら
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2