ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

何よりもまず、申し訳ない。
本日の13815miniショートを¥13605(¥210抜き)にて
イブニングセッション(17:12)で決済してしまった○| ̄|_
一応、(報告が遅れたので)以下証拠↓
ひまわり証券約定00430.JPG
明日急騰すると思ったわけでもなく、20日に対するヘッジは必要とは思ったが・・・
FTSE、為替が臭かったので、一旦切った。現在、先物ノーポジです。

 
ポジ報告は以上で・・・
以下、現状の私的妄想把握と、今後の妄想的想定・予定。
 

米国2月のNY連銀製造業指数が5年来の低水準
ミシガン大学消費者信頼感指数が16年来の低水準。

米国では、何年ぶり、何十年ぶりという微妙な経済指標が続いている。

米国のリセッション(景気後退)懸念
FRBによる追加利下げ観測が強まるが・・・

リセッションに関しては、懸念というより、ほぼ確定?
バリュエーション的にはすでに織り込んだ感もあり問題ないと見れないでもないが・・・

問題は、追加利下げ観測。

追加利下げが景気を刺激し、株価を上昇させるとしても
利下げにより物価が上昇し
インフレ懸念で相殺される段階にきている気がする。

大幅な利下げを継続するとドルの魅力も減退し
グローバルマネーは国際商品市況にシフトする。

となれば当然、インフレ圧力も高まる。

然るべくして、米国の家計にとってマイナス面も強まる。

単純に利下げを好感する時期は終わったのではなかろうか?

この状況では、指標をにらみながらの展開にしかならず
積極的に買い上がってくるとは思えない(-_-;)

 

為替に関しては・・・

テクニカル分析では、上昇三角形(ターゲット110円81銭)が形成。
上辺である107円79銭が攻防の分岐点か。

本日は、先週末15日に払い込まれた米国債利金が円転される日で
円買いが優勢となり、3月期末決算に向けたレパトリがドル・円の上値を抑える構図。

例年、2月は3月期末決算に向けたレパトリで
2月15日の米国債償還・利払いを受けた円買い圧力が優勢となり
「陰線」になりやすい月、とも言われている。

これは、特段の売り材料とはならないとしても
今月いっぱい上値を抑える一因となりそうな気がする(-_-)zzz

 

日経平均はと見ると・・・

切り上がる短期移動平均線
一目では遅行スパンが上方転換シグナルを発生させる可能性等
押し目を拾いやすい形状から、大崩れは考え難い(^O^)/

しかし、今後を考えると・・・
ここからは2週間程度の揉み合いが理想
(個人的妄想ベース○| ̄|_)

揉み合えば、雲下限は、今週15000円から14600円レベルに下がり
来週は14000円レベルに、そして、その後は13500円レベルへ。

現在のサポート・レジスタンラインは(意識されやすいラインと言ったほうが正確か...)
15日安値13350円、25日線の13450円レベル。15日高値13680円、5日高値13880円。

このまま二週間程度、現在の水準で揉み合ってくれれば
無理をせずとも、買い手が不在でも
自然体で買い転換(リーチ)なのだ♪

以上、理想論にすぎんのだが・・・
もし偶然にこのパターンに嵌るようなら、腰の入った買いも検討してみたい。

現在、離脱・撤退・身動きの取れない個人投資家は多い。
外資も打診にとどまりエントリーのタイミングを計っている状態。
未だ積極的な買い手は不在だ。

となれば、無理なく買われる・買い転換するタイミングの計りとして
「これからの二週間」を意識してみたい。

余談だが、一目時間論でも、2月26日(一期)、3月6日(一期一節)が転換日。
過信は禁物だが、数多あるシナリオのうちの一つとして頭の片隅に(^^ゞ


人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1701-f4f4385e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2