ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

後場、下げの主因と「された」英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版の報。

米ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)傘下の金融会社が
コマーシャルペーパー(CP)の返済延期を債権者に要請。

確かに悪材料ではあるが
株式市場は過剰反応だったのではなかろうか?

FT報道前にも観測・警戒感は既にあった。
こんなもんはネガティブ・サプライズではない!

「信用収縮だ!」と、もっともらしく売られていたが・・・
株売り・債券買いはともかく
では、売り方は商品市況の活況をどう説明するのであろうか?

為替もグロベも反応して下げはしたものの
株式ほどの感応ではなかったことを考えれば
後場の急落は仕掛けが乗った行き過ぎだ!?

 

以下、ざっと本日のマトモな下げ要因を列挙。

昨日の米国で原油先物相場が100ドル台に乗せたことから
ガソリン価格の高騰などにより実質消費支出も減少し
減税などの景気対策の効果も薄れるという懸念。

金先物高もあって米国のインフレ懸念が強まり
日米株式相場の先行きに対する警戒感
欧米金融機関の経営や信用に対する不安。

米国のサブプライムローン問題の被害の広がりで
金融機関の融資姿勢も厳しくなっているので
他にも返済が困難になっている会社が増えそう。

銀行が自己資本不足で企業に対して貸出を行えないので
バランスシート不況下ではFRBがいくら利下げを実施しても
総需要は刺激されないといった金融政策の無力化。

確かに下げる環境下ではあったが・・・
これならば13400-13500処の節目で止まるハズだったのだ!

(止まらなかった以上、相場が正しく、私が間違っていたことは確かだが○| ̄|_)

FT電子版の報により急落ってのには、私的には・・・
下げの中身と質に、なんとも釈然としない本日の後場であった。

まぁ、下げた事実は事実、負けは負け。屁理屈捏ねた処で意味はないのだが○| ̄|_

 

因みに、現時点での原油価格高騰の見方としては・・・

ネガティブな見方:

インフレ警戒からFRBの金融政策の自由度が損なわれる。
 

新興経済国はエネルギー効率が悪いことから
原油価格の高騰は打撃となり
日本を取り巻く輸出環境も悪化する。

中国やインドなどの新興国のエネルギー効率は低く
中国は1単位GDPを創出するのに日本の8.7倍の原油を消費。
インドも9.2倍となっている。

原油高による新興国の経済悪化の影響は大きく
日本の輸出環境も被害を被ることが懸念される。


ポジティブな見方:

日本は世界一原油高に打たれ強い経済体質!

日本は2度の石油危機に見舞われた結果
産業界が一丸となって省エネルギー化を進め
政府も代替エネルギー開発に努めたために
エネルギー効率はオイルショック時から35%改善。
石油依存度も77%から49%まで低下している。

 

原油価格の上昇に弾みが付いたのは
3月のOPEC総会で減産観測が出たから。
減産話自体は「世界経済の後退と需要減を懸念」なのだ!
需給関係による価格高騰ではなく、投機マネー流入!

原油やプラチナや大豆、ガソリンが過去最高値を記録したのは
今月はドルが対ユーロで下落しており
ドル建て商品は輸入業者から見ると割安だから。

金融問題の小康下で、浮き出た
過剰流動性相場の物色展開が商品市場で発生している。

先週解約を受けなかったヘッジファンドが
修復に全力をあげている。

これらから、原油高は、むしろ
「投機資金は潤沢」「信用収縮ではない」とも見れる。

 
大和総研のテクニカルアナリストによれば・・・

日経平均の天井に対して
原油価格は半年程度遅れて天井を形成することが多い。

原油価格が明確にピークアウトしてくると
日経平均は同時に底入れとなることが多い。

昨年央の日経平均の天井に対して
現在は原油価格の天井形成場面と見られる、とのこと。


本日の25日線割れは少々ショッキングではあったが
環境では、なにが変わったわけでもない。

現段階では、焦る・急ぐ・騒ぐ必要はないかと思われ♪


なんか強気(買い)っぽい記事になってしまったが・・・
あくまでも本日は下げ過ぎ・その修正は早急にあってもいい程度の思いであり
修正後は、頭を押さえられ易い・新たに売られる可能性の方が高いと思っている。


人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1708-5413950a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
本日に関しては下げ過ぎだろう!信用収縮?そんなの関係ねぇ!?
2008/02/20(水) 19:38:24 | FX投資を始める前に覚えておくべき8つの約束
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2