ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

大幅高だからこそ慎重に見ていく。

昨日の米国では1月の消費者物価指数が前月比0.4%上昇。
(エコノミスト予想平均は、0.3%上昇だった。)

寄り付き段階で、この消費者物価の上昇を受けて
「景気悪化+インフレ=スタグフレーション」が警戒され
NYダウは、一時100ドルを超す下げ。

しかし、1月末のFOMC議事録で
「当面、低い実質金利が適切」という判断が下され
追加利下げへの期待から終値は90ドル高と4営業日ぶりに反発。

これって、どうなのよ?

インフレ懸念から一時100ドル超下げていたわけで・・・
今後、追加利下げがあれば
余剰資金が原油相場に流入し、更なるインフレはほぼ確実。

実際、昨日で原油先物価格は5日続伸だ。

一般的には
「インフレ懸念→利下げ→インフレ加速」と見るのが妥当。

インフレ懸念で売られたのに
インフレを加速させる利下げを好感とは・・・

確かに一般的には利下げは株式市場にポジティブだが・・・
現状からして「利下げ=完全にポジティブ」とは言い難い。

「インフレ→個人消費鈍化→景気悪化」の構図から売られたわけだし。

その後、FOMC議事録の公表で追加利下げ期待から持ち直したが
そのFOMC議事録の内容はと見てみると・・・

*** FOMC予測 ***
GDP成長率、1.3-2.0%(前回1.8-2.5%)
失業率、5.2-5.3%(4.8-4.9%)
総合インフレ率、2.1-2.4%(1.8-2.1%)
コアインフレ率、2.0-2.2%(1.7-1.9%)

この内容で「リセッション入りを想定せず」
「追加利下げ示唆」「インフレ懸念」の発言は・・・
なんとも不可思議だ(-"-)

「追加利下げ→投機マネー活発化→インフレ」の方が
「追加利下げ→景気悪化に歯止め」よりも可能性としては高いのではなかろうか。

可能性が高いとするには言い過ぎだとしても・・・
利下げ効果が、インフレ懸念により少なからず相殺される
と見るのが妥当だろう。

実際、NYダウは+90ドルと大幅高だったが・・・
利下げ示唆にしては上げ幅としては物足りず
引けにかけては上値を抑えられる動きも見られた。

現時点で、昨日のNY市場の上昇を
過度に好感するのは避けるべきのような気がする。
本日、日経平均13640↑で売りに固執したのはこのためだ。
(ザラ場の時点ではの話で、現在のロンドン見ると、本日のNYは上げてしまいそうだが。)

本日、大幅高なのに難癖付ける格好で申し訳ない○| ̄|_

 


一方、日経平均はとみると・・・

日足で見ても週足で見ても、いい感じの底練りモード。
昨日の異常な下げに対して早急に修正が入ったのも好感。
短期的に見れば、どちらかと言えば買い方優勢だろう。

前場の13640までの上昇は、昨日後場からの急落の始点までとなり
きっちり修正された格好。特に好感したい♪

そこから後場に無理に買い上がったのが少々気に入らないが・・・

 
今朝、日本の財務省から発表された
2月10日~16日の週の海外投資家からの
対内株式投資が1711億円の資本流入超!7週ぶりの買い越し!

大和総研のテクニカル分析の解説によると
東京株式市場は今回同様に約1ヵ月間で株価が2割程度急落して
騰落レシオ(25日移動平均)が60%を下回った2007年8月
2006年6月前後の株価推移を見ると・・・
株価ボトムから1ヵ月程度の底練り場面を経た後に
次の上昇波動に入っているそうだ。

今回も1月22日の安値から1ヵ月経過してきており
今後は底練り場面からの脱却が期待されると述べている。


因みに、日興シティの吉野氏によるテクニカル分析でも
昨日、日経平均は13859円を超えられずに急反落したが
2月20-21日は、サイクル分析上の重要変化日と。

この20-21日前後にかけて下値固めを進める展開は
むしろ理想的な展開とみている。

下値固めが一巡すれば、強い反騰局面に移行し、3月末までに
14260円処か14760円まで切り返す可能性がとのこと。


確かに、基準線の下落も止まった。
昨日はオーバーシュートで割ってしまったが基準線のサポも一応機能している。
あと2-3日揉み合えれば、自然体で遅行線が日々線を上抜く。

日経平均としては、悪くない状態!
むしろ現在は理想的な展開(揉み合い)だ!

問題はNY市場・・・

ダウが12300を割らず
日経平均が上がらないまでも揉み合えれば
買い方にとっては、楽しみな値動きになりそうだが・・・


人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1712-8dca41e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2