ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

22日の米株式相場

NYダウ: 12381.02 △96.72
NASDAQ: 2303.35 △3.57
為替 NY終値: 107.14 - 107.20

米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)と
米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)は
アナリストの投資判断引き下げが伝わり
朝方は軟調に推移する場面が目立った。

米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスが
仏系モノラインのCIFGを格下げ方向で見直すと発表。

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は
ゼネラル・モーターズ(GM)の金融関連会社GMACの格下げを発表。

信用リスク不安に加え、前日発表の米経済指標の悪化を受け
景気不安も根強くダウ平均は130ドル近く下げる場面もあった。


金融保証会社(モノライン)大手の
救済観測が出たことをきっかけに
朝方から軟調に推移していた金融株などが
午後に急速に持ち直し、相場を押し上げた。

金融市場の混乱などに伴う財務悪化で格下げ懸念がある
アムバック・フィナンシャル・グループについて
米CNBCテレビが午後に欧米金融機関による救済計画が
週明けにも公表される可能性があると伝え
この報道を受け、一時10%超下げていたアムバック株が上昇に転じ二ケタの上昇。

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)やJPモルガン・チェースなどがつれ高。

ダウ平均の上げ幅は一時110ドル超に達し、高値圏で終えた。

業種別S&P500種株価指数(全十業種)では
「通信サービス」や「金融」など九業種が上昇。半面「ヘルスケア」が下げた。

 

日本市場

09:00
日経225先物、寄成(13620)にて全ショート決済・利確。(¥130抜き)。
先週の25日線処で全部喰っておけばよかった。獲りっぱぐれた格好><
まぁ、今更悔やんでもしょうがないので頭切り替えていく。

結局、日経平均は狭いレンジ取引が続いている。
冴えない米経済指標の発表が相次ぐ中
NY市場の方向感が掴みづらいためか・・・

しかし、警戒されていた欧州金融機関の動向は、損失拡大が伝えられるものの
欧州市場は比較的堅調な展開で、アク抜け感も出てきている。

また、米モノライン大手の動向については
格下げは必至との見解から、こちらも最終段階にきていると考えられる。

格下げによる市場混乱よりも
政府の対応などによりアク抜けにつながる可能性もあり
既に強気で売る局面ではなくなったきているような気も。

一目均衡表の転換線は上昇に転じ
遅行スパンの上方転換シグナル発生が近づいている。
しかも、今週は自然体で雲下限に到達する。

大崩れさえなければ週央には25日移動平均線も上昇に転じる。

この25日線がサポートとして機能しており
ボリンジャーバンドでは中心線(25日)とプラス1σでの値動き。
ボリバンは、これまで収束&下降してきたが・・・
これが下降から横ばいに変わってきており、煮詰まり感が台頭!
日柄調整はあっても、今後ボリバンは拡大していくことが予想され
現在のレンジを放れるとみるのが妥当だろう。

短期テクニカルは良好だ。

現在のトレンドからして、リバウンド継続中とみるしかなく
下よりも上を意識したい頃合いか・・・
NYダウが相変わらず胡散臭いのが気がかりではあるが(^^ゞ


寄り付き前の大口成り行き注文:
買い6440万株、売り3650万株、差し引き2790万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2340万株、買い1790万株、差し引き550万株の売り越し。
金額ベースも小幅売り越し。

 
*** 追記 ***
09:46

あっさり揉み合いレンジほぼ上限、厚いところの13800円回復。
この辺りで引けて、明日ギャップアップならレンジの放れに勢いつきそうだが・・・
無理のない値動きをしてもらいたいもんである。
因みに、明日25日は一目時間論の「一期」(変化日)でもある。

09:55
それにしても、22日のモノライン救済観測、本当だったのだろうか・・・
ガセではないものとして、現在上げているのだろうが・・・
やはり、疑心暗鬼からか、しっかり厚い13800円レベルでは引っかかっている。

売れば踏まされそうだし、買うのは先物なら13910上抜きしてからでもよさそうだしと
今日は積極的には動きたくない日柄。ノーポジで傍観する。

10:05
寄り付き前から玉の出入り激しく、クロス連発観測あり。
相変わらず債先・株先の反対売買連発。
欧州系の買い戻しも10時までとの観測があり、短期筋の買い戻しも一服。

全体の雰囲気は良好だが、まだ右往左往系売買で、腰が入っている感じはしない。

10:30
22日のモノライン救済観測と
本日の中国政府系ファンド(SWF)、中国投資責任公司(CIC)の株式取得観測で
諸外国のSWFによる日本株買いへの期待から爆上げ・・・

好材料に素直に反応しているあたり、センチメントは良化傾向。
素直に喜びたいところなのだが・・・

先週のフィラデルフィア連銀製造業景況指数
リセッション懸念はどこへ行ってしまったのだろう・・・

まぁ、13800レベルまでは上げ過ぎとも言えんしいいのだが
この上は、経済指標確認しながら上げていってほしいもんですな。

10:48
前場の爆上げの二大材料「モノライン救済観測」と「中国政府系ファンドネタ」・・・
モノライン救済に関しては、まぁいいとして・・・

中国政府系ファンドに関しては、22日朝のNHKニュースで報道済みなんだけど・・・
(22日朝のNHKニュースメモったのあるので、後場にでも書いてみます。)
なぜこれほど材料視されているのだろうか・・・

センチメントがいいから再材料視・見直しされているということなのか?
それとも、急騰に対する後付け講釈なのか?難しい処。

11:03
為替やアジア市場は、若干疑心暗鬼気味なのに・・・
東京市場は強いですなぁ・・・

13580-13800でモミモミかと思っていたのだが、一気の上昇・その後高止まり。
己の想定とハズれているので、見送る(-_-;)

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00446.JPG


人気blogランキング現在3位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)


日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

パンタ・レイ証券「みんなのFX」!
取引手数料、口座管理手数料、情報利用料、システム使用料は、全て無料!
平時のドル/円のスプレッドが1銭という設定は、他社との違い!且つ大きな強み!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1717-1ecea9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2