ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!


NYダウをテクニカルから見れば・・・

株式主要指標(NYダウ)00459.JPG
(↑ケンミレ・チャートより拝借)

12500ドル上で推移していることから基調は強く
センチメントは悪くない。
ヤンキーらしいポジティブさが市場を支配している。

しかし、ネックラインとされる12750ドル処で
昨日十字足を引いており
本日仮に弱含むようであれば
目先的には達成感・調整となり易い。

RSIは68と上値余地はあるものの、ストキャスは93と熱い。
MACDも-11と、過去4か月から見れば高水準。
ボリバンでも、昨日+2σで撃ち落とされ上髭を引いた。

日経平均と酷似した数値・形状となっている。
オーソドックスな見方をすれば・・・
NYダウもボチボチ調整の頃合いだろう。

逆に言えば、ここから一気に12750ドルを上抜くようであれば
基調、中期トレンドで上方転換するとも言える。

見極め、ヘッジには最も適した位置と日柄ではなかろうか。

 

芳しくない米経済指標は周知の事実だが・・・
以下の材料・解釈も少々気になる。

バーナンキFRB議長は・・・
商品価格の上昇やインフレ指標はインフレ見通しに対する一段の上向きリスクを示唆。
成長への下方リスクは引き続き存在すると認識することが重要と発言。

住宅・クレジット市場の低迷が景気の一段の減速につながらないことを確実にするため
FRBは『必要に応じてタイムリーに行動する』と述べ
3月18日のFOMCでの追加利下げを示唆した。

ドルに関しては、FRBはドルの目標を設定していない。ドルを注意深く監視する。
重要なのは経済の変数であり、投資家のドル離れの明らかな証拠はない。
ドルの水準は原油価格に影響。
消費者物価指数への影響はおそらく比較的小さい、と述べた。

 
昨日は、連邦住宅公社監督局がファニーメイとフレディマックによる
資産の買い取り上限規制の撤廃を発表したことで
金融機関からの住宅ローン債権の購入も容易になり
市場への資金流入が拡大するという見方も好感されたが・・・

ファニーメイは第4四半期純損失が予想上回る36億ドル。
(第3四半期は15.2億ドルの赤字)
悪化に歯止めが掛かっていないので、政策効果は疑問といった声も。

 
債券運用最大手PIMCOのビル・グロス氏は・・・
「インフレ傾向強まる現状では米国債の魅力は薄い」とし
最大ファンドの米国債保有比率を実質ゼロとした。

ドル安=米国への資金流入減退に頭を悩ますと、市場では警戒されている。
 
 
見極めたいところだろう。

 
12:39
日経225先物、¥13890にてショート。(←日計り用)
私の妄想ベースでは、本日の上値の目途到達なので。

 
*** 追記 ***
12:54

キッチリ雲の下限(13930処)で押さえられた格好。
ようやく売買代金1兆円のボリュームじゃ上抜けんだろ・・・タブン。

後場寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが750万株、買いが870万株、差し引き120万株の買い越し。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約429億円が成立。市場では、売り買い注文は均衡との声。

12時45分現在の東証1部売買代金は概算で1兆1407億円、売買高は10億4763万株。

東証1部の値下がり銘柄数は1007、値上がり銘柄数は579、変わらずは126。

13:21
5日線、基準線、ボリバン+1σ、e.t.c.様々なサポートがあるが・・・
一番のサポートはセンチメントなのかもしれませんな。

テクニカルだ地合いだ基調だ、なんだかんだ言っても
目先的に値を動かすのは常に人間の心理か・・・

13:31
買い手不在+売り手様子見=閑散に売りなし
大した買いも見えない中の本日の緩やかな上昇はこんな図式?
センチメントがかなり改善されているということなんでしょうな。

13:46
閑散相場も、パワー不足と捉えられずに、市場の落ち着きと解釈されそう・・・
如何様にでも解釈できる、センチメント(気まぐれ)相場の様相だ(-_-;)

14:11
現物(主力処)はダレかかっているが、指数はしっかり。不自然な気が。
ドレッシング買い、月末高への期待からなのか・・・
現先一致しない、うむむな値動きだ。

14:36
香港が昨日・今日と高いのは・・・
昨日ロイターが、「香港の曾俊華財政長官は27日、予算演説を行い
2007年の香港の経済成長率が6.3%になった」と報じたから。

因みに詳細としては・・・
07年第4・四半期の経済成長率は季節調整済みの前期比で
1.6%と、第3・四半期の1.8%から伸びが鈍化。

第4・四半期の経済成長率は前年比で6.7%。
市場予想の6%、第3・四半期の6.3%(改定値)をそれぞれ上回った。

08年の経済成長率は4─5%になると予想。

(香港株は)上げて然るべき、国内経済の裏付けがあってのもの。
香港が高いからと言って、(後場から)日本が追随して上げたのには違和感が。
(資金流入観測による追随上げなら判るけど、そうじゃないし・・・)

14:50
いま一つ釈然としない、高値圏での推移。
この時間で売買代金約1.9兆円と記録的な、ど閑散。
閑散によるミスプライスの気がしてならない・・・

15:03
日経225先物、¥13890にて日計りショート決済・同値撤退。(手数料ヤラレ)

15:13
まぁ、そりゃそうだろって逆鞘引け。(特にTOPIX)

先物、決済ベーストントン(正確には手数料ヤラレ)、含みベース勝ち。
(14100ショート、本日もオーバーナイト。)
現物、含みベース前日比負け。
トータル微勝ち。

釈然としないまま引けたが、負けなかっただけ良しとしたい。
ヘッジ&傍観には最適の一日でしたな(-_-)zzz

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00460.JPG
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

日経225先物オーバーナイトシステム
システムトレードの売買サインロジック公開型日経225先物オーバーナイトシステム
複雑な計算から導き出される売買サインをエクセルファイルを利用して完全に公開!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/28(木) 14:44:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1730-6eb6acb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2