ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


FRBは、どうなっているのだろうか・・・

インフレを警戒していないような非常に急激な利下げ。
しかも、異例とも言える日曜日の公定歩合引き下げ。

大統領選を控え、モラルハザードとの批判を恐れ
公的資金注入が非現実的とされてきたことで
狼狽気味な利下げで「なんとかしたい的な対応」に見える。

従来の金融機関の経営不安ならば、資金繰りの厳しくなっているところに
十分な資金供給を行えば、それでよしだったが・・・

今回は、金融機関が組成した債務担保証券などの
デリバティブ商品の債務不履行となる懸念が生じていて
現在の新BIS規制下ではリスクを精緻に計測する必要があるので
派生商品のリスクウェイトを引き上げなければならず
非常に厄介なことになっているとの見方が。(by 野村証券)

期待される公的資金投入だが・・・

公的資金の投入には、納税者の理解を得る必要があり
住宅の投機などで利益を得た金融業者の救済に繋がらないことが重要とされており
金融業者(貸し手)が、自ら借り手(投資家や投機家)と再交渉を行い
元本カットを含めた再契約を行い、結果として損失を確定させることが必須。

そんな難易度の高い(都合のいい)マネが出来るのか?
との懐疑の念が強い。

しかも、金融機関が損失を確定する動きに出るのは早くとも4~6月期との観測も。


更に恐ろしいことに・・・
公的資金投入による金融機関の資本増強策でも
金融問題を解決させる決定打とはならないと見る向きもある。

米国の金融問題は証券化市場の信頼感失墜や、証券化商品の価格機能喪失にあり
金融機関の資本不足が解消されても、保有する証券化商品の価格下落が続く限り
金融機関の経営不安が残り、証券化市場の機能も回復しない。

有効な策は、金融機関が保有する証券化商品を
FRBや公的機関が買い取ることしかないとの声も(/_;)


にっちもさっちもいかない状況で、FRBは狼狽利下げ。
マーケットでは、そう見られている節も。


そして然るべくして、急激な円高進行。

ドル売りによる円高加速で、本日は一時1ドル/95円台に(゜o゜)

一部、政府の為替介入を期待する声が出ているが・・・
日本は2004月3月を最後に為替介入を行っていない。
現在の為替介入の可能性は低いだろう。

大和総研によれば・・・
2003年~2004年当時は量的緩和政策が推し進められる過程で
介入で散布された円資金が完全には不胎化されず
「非不胎化介入」の効果もあったのに対し・・・

現在はそうした環境はなく、介入効果が疑われている。
それでも介入して失敗すると・・・
今後の為替介入のアナウンスメント効果が失われることになる。
政府の為替介入はないだろ、とのこと。

大規模介入時の実質実効レートは
加重平均すると120(1973年=100)程度。
2008年2月時点(99.5)よりも、更に17%程度円高となる。

17%の円高を単純に当てはめると1ドル=86円程度(゜o゜)
介入実施のためにはもう一段の円高が必要との声も(/_;)

更に、円高は前年比2桁増の伸びを示す輸入物価の抑制に寄与し
容認・好感されている節もあり、尚更介入の可能性は少ないとの声も。


これ以上の円高が進むと企業業績はどうなるのかと見ると・・・

野村証券の試算によると
1ドル=1円の円高で経常利益は0.48%押し下げ。

1ドル=107.50円で、08年度の企業業績は6.4%増益の見通しだが・・・

米国の景気減速の影響も加味し
米国のGDP成長率が1.5%→1%に
日本の鉱工業生産も3.0%増→2.6%に低下と仮定すると

円相場が1ドル=100円では経常利益は1.7%増益。
95円になると0.7%減益。
90円に円高が進むと3.1%減益。

笑えない数字だ(;一_一)
売られて已む無しといったところか。

期待してはいけないが、現時点では・・・
経済指標のポジティブ・サプライズ連発!米公的資金投入!
この二つぐらいしか上昇に繋がらない環境だろう。


と、私らしくネガティブ全開で書いてみたが・・・

もう少し長いスパンで、為替と日経平均の連動性や
円高が企業業績に与える影響に関して
冷静に書いている、いい記事がある(^O^)/

株をはじめる前に読むブログ
米ドルとTOPIXの関係

NightWalker's Investment Blog
ドル円レートと日経平均 1999/1-2007/12

目先的には(現時点では)、私の見方でいいかと思うが・・・
staygoldさんや、NightWalkerさんの視点の方が、私よりも冷静かつ合理的だ。
(投資スパン、投資スタイルの違いということもあるが。)

ぜひ、ご参考にして頂きたい良記事(^_-)-☆

私は現時点ではネガティブ全開だが・・・
これは最悪の想定を持って、買いの選択肢を持つためといった意味合いが強い。
(言い訳がましいが、実際、現ポジ・ロングなので、あながち言い訳でもない!?)

だったら、私も、staygoldさんや、NightWalkerさんのように書けばいいのだが・・・
先物は目先気にするしかないのよね○| ̄|_
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
考えを改めないといけないかも。
今週のドボンはさすがにないだろと思い弱気に2枚だけロング持越ししました。

今の時点ではダウも反転しているようですし、さすがアメリカ(笑)という感じですが。

本当の意味での反転は、自分が思っているよりもずーっと先になるのではないかと・・・

大きな不発弾が解除できずに、どこで爆発させるか協議している。

なぜかそんな気がしています。

2008/03/18(火) 00:11:51 | URL | 246 #tRtGEt2Y[ 編集]
本格上昇は・・・
246 様♪

現時点では「いつか」と考えるよりも、「ない」と考えるのがセオリーでしょうね。
NYダウが11700を堅持し、225があと3営業日程度、110000を維持できるようであれば、修正リバウンド程度はありと見るのが筋かなと。

本格上昇は、ネックライン明確に上抜け、その後調整しネックラインで反発、N字形成、外部環境好転とならんことには・・・
条件厳しすぎで「いつ」がまったく見えません><
公的資金投入、これまでの利下げ効果、経済指標下げ止まりも確認したいですし。

それにしても、もう米利下げやめてほしいですな;;
日本にとっては(目先的には)100害あって、1利くらいしかない><
別な手段で、サプライズ見せてほしいところです。
2008/03/18(火) 00:24:32 | URL | to 246 様 fm.Heyward #-[ 編集]
眼は異常ありませんでした。。
お疲れ様です。

225とダウの値がテレコに見える件について、(18日1時現在も)
眼科の診察では 『異常なし』 との事でした。
じゃあお隣の国の情報操作か!!
・・・お付き合いさせてすいませんでした。
○| ̄|_

ダウと225の逆転は行動し決断した国と様子見るしかできない国との差でしょうか。
それとも、バーナンキマジックかも。。。

いつの日かまた修正されると信じております。
きっかけが日本政府や日本独自の材料からであればいいなと思います。
単純に反転した時の爆発力はすごそうなのですが。。。
2008/03/18(火) 02:00:34 | URL | かしん #-[ 編集]
底打ち?反転?
前回、前々回の急落時に対して今回は驚くほど皆さん冷静ですね。この雰囲気では反転など程遠いのかと心配してしまいます。

しかしながら、これだけの急落を演じれば短期反発は遠くないことでしょう。逃げ場はきっとあると思うので掴まってしまっている人も気をしっかり持って頑張ってください。

面白いデータをひとつご紹介しましょう。
米国の利下げと株価の関係は、米国が最後に利下げを行ってから概ね10ヵ月後に株価が底打ち、反転となる傾向があります。仮に今月のFOMCの利下げが最後となったとしても株価が底打ち、反転するにはタイムラグが生じます。しばらくは欲をかかずに戻り売りという手もあるわけです。

手前味噌ですが私はカバードプットを今月も期先に乗り換えました。先物ショートの含み益は2000円を超えています。できることなら今年いっぱいカバードプットで稼がせてもらうつもりでいます。本当にカバードプットはおいしいですね。

どんな状況でも稼ぎ出す術はあるものです。常にデルタを1か-1にするだけがトレードではありません。がんばってください。
2008/03/18(火) 03:53:41 | URL | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集]
目に異常はありませんでしたが・・・
かしん 様♪

市場に異常ありでしたね。

私もいつの日か修正されると信じたいのですが、決められない決まらない日本国、異常が恒常化する可能性もありますな><

何とかしてくれと思っても、何とかしようと行動しない、私のような人間ばかりの国は今後どうなんでしょ;;

と悲観的になってもしょうがないので一緒に祈りましょう!
(これもまた消極的w)
2008/03/18(火) 10:06:04 | URL | to かしん 様 fm.Heyward #-[ 編集]
ありがとうございます
通りすがり 様♪

がんばります。

仰る通り、この急落にも冷静な方多いですね。
ため息は聞こえど、悲鳴は聞こえずといったた感じです。

>米国が最後に利下げを行ってから概ね10ヵ月後に株価が底打ち、反転となる傾向

米国の場合、(一般論では)不良債権処理に12-18ヵ月、株価の実体経済先行が6-9ヵ月、第一回目の利下げまでのタイムラグ、最後の利下げをしてからのタイムラグ等、勘案すると、仰る通り10-12カ月程度になりますね。

>先物ショートの含み益は2000円を超えています・・・

お見事です。見習わせて頂きます。


P.S. もしかして昨年7月末にもコメントくださった方ですか?
だとしたら適時・適切なコメントありがとうございます。
違っていたら、申し訳ありません。
2008/03/18(火) 10:17:47 | URL | to 通りすがり 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1782-fc7fe2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
本物のプロトレーダーから伝授された手法を用いて、密かに儲けてしまった超短期トレード法があるのですが、 そんな魔法のようなトレード手法を知りたくありませんか?
2008/03/17(月) 20:48:30 | GOD
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2