ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルも!


現在、欧州市場、NY市場ともに爆上げであり
こんなこと書くと「阿呆か」と思われそうだが・・・
明日には、本日の日銀短観は忘れ去られてしまう可能性もあるが・・・

このまま株価が上昇に向かうのであれば、それはそれで望ましいこと。
しかし、ひとたび相場が下降に転じた時、悪材料で相場に迷いが生じたとき
マーケットでは本日の日銀短観が改めて再材料視される危険性もある。

ということで、万が一を考え、本日の日銀短観の内容を掻い摘み纏めてみる。


3月調査の日銀短観は大企業・製造業の業況判断が+11。
民間調査機関の予想平均値の+13を下回り
次回6月の予測値も+7と予想平均の+10を下回った。

と表面的には下振れも、「さほどではない」といった印象。
本日の株価上昇は、この「さほどでもない」といったところからか?


しかし「悪い」とされたものもある。
それは、「企業の想定レート」と「設備投資計画」。

大企業製造業の2008年度の円ドルレートの前提は109円21銭。
現在の1ドル=100円前後から大きく乖離している。

2月の末には回収されたアンケート(日銀短観)だけに
それも已む無し・当然といった感はあるが・・・
この為替の乖離は次月の日銀短観の更なる悪化を思わせる。

大企業製造業の2008年度の経常利益計画は前年度比0.0%。
上期は前年同期比4.2%減益、下期は4.6%増益予想。

これもアンケート時期によるものか
期初から減益予想は出しにくいという経営者心理の現れか。
通期減益予想を作らないために、為替を円安前提にし
世界経済の08年度下期回復を想定したのかもしれない。

企業業績を巡る環境は悪化しいて
仕入価格判断(上昇-下落)は45→50ポイントと上昇。
(1970年代の石油危機時並み)
一方で販売価格判断は3ポイントの横這い。
為替の想定ともツジツマの合わない内容の気が・・・

市場では、輸出企業の為替予約状況は
4-6月期にメドを付けたところが多いが
7-9月期以降はまだ取れていないと言われている。

このため、現在の円高基調が続けば
製造業を中心に企業収益は一段と悪化する可能性が高い。

よって、為替動向が株価を大きく左右する展開となるのだろう。

大田経済財政担当相は、日銀短観で企業の業況判断が悪化したことについて
「大規模製造業の2008年度の設備投資計画の落ち込みが大変気がかりだ」
「今後企業の判断がどうなっていくか非常に注意が必要な段階だ」と述べた。

一方で、「企業収益では上期は下がるが、下期は持ち直す計画のようなので
このままどこまでも悪くなるという感じではない」と指摘したとも。

日米共の市場のコンセンサス「08年度下期回復」により
底入れ機運が強まり、株価は上昇となる可能性はあるが・・・

内需の牽引役だった設備投資計画の落ち込みは気掛かり。

設備投資が全規模・全産業で前年比5.3%減で
過去5年間で最も低い伸び率となっているのだ。

特に中小企業の設備投資計画は前年比24.2%減(゜o゜)

設備投資が失速すれば景気のボトムアウトの時期が後ズレする。

法人減税などの政策対応あれば、杞憂に終わるのかもしれないが
悲しいかな無能・無策の日本政府に、それを期待するのもどうかといったところ。

と、ここまで書いて、現在、欧米市場、ドル爆上げ中(^^ゞ
目先的には杞憂か。まぁ、一応、念のため、ってことでw

 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
商品相場に集まっていた莫大なマネーを飲み込めるほどの器はやはり、1番「為替」、2番「株式」でしょうか。危惧していたことが当たってしまいました。

NYダウは、上値抵抗ラインの12510乗せで終わるのか、再度ボックスの上限12750ドルにトライするのか見極めたいです。

UBSも増資のニュース、このままだと、メリルもシティも損失拡大するものの増資もセットで発表され、ひょっとしてGWまでの息の長い相場になる(売り方にとっては)恐れ?も出てきたのでしょうか?

やはり、底に向かうには一度上値抵抗ラインを取らないといけないということでしょうか?

13080?のラインを超えると日足ではオーバーシュートですが、週足では普通の上値抵抗線にちょうど接するようです。ただ今回の下落トレンドでそれを上抜いたことはほとんど無く、この後の雇用統計は要注意かと思っています。

ここは冷静にテクニカル重視でいこうと思います。
2008/04/01(火) 23:59:56 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
13080?のラインを超えると

↑もちろん日経平均の話です。
2008/04/02(水) 00:08:11 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
ダウはレンジ内も・・・
先物初心者 様♪

日経平均は切り上がっちゃいましたね^^;

>底に向かうには一度上値抵抗ラインを取らないといけないということでしょうか?

上値抵抗ラインをとると、今度は押し目買い意欲も強まり、底をとるというより、「まずは」一段上水準でで、下げても二番底との認識になりそうです。

13週線が意識されるようになると、上下ともに切り上がり警戒が必要な気も。
2008/04/02(水) 15:32:45 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1823-44f11e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2