ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルも!


日経平均は大幅高だがトレンド転換にまでは至っていない。

個別銘柄(特に主力処)が25日線レベルで
上値を抑えられているものが目立つことからも明らかだ。

と、この大幅高に難癖付けるのもなんなんで・・・
本日の大幅高で好感すべきと思われる点を以下列挙♪

本日の海外からのバスケット注文は
売りが250億円に対して、買いは750億円と大きくなっている。
日経平均の13000円下は国内年金の買いが観測されていたが
13000円から上は外国人投資家による買いとの観測がある!
1つは売りポジションの買い戻し。もう1つは比率下げ分の修復。
高寄りした後も相場が下がらなかった要因との市場の声が♪

上値抵抗線として意識されてきた25日線を一気に突破!
ボリンジャーバンド+1σ(13250処)に上値を抑えられたものの
マイナスσは横ばいから上向きに変わりつつあり
サポートレベルが徐々に切り上がってくる!

なにより驚きだったのが、日経225先物が13週移動平均線を
週足で昨年11月5日以来、約5か月ぶりに捉えたことだ(゜o゜)

(まだ水曜日なので喜ぶのは早いが・・・
2月25日のようにダマシとなる可能性はあるが・・・)
このまま13200↑で引けるようなら、週足はかなり強くなる!

一目均衡表では上昇する転換線をサポートに基準線を突破!
目先的なターゲットが雲下限(13500処)へと切り上がった!

日柄調整(あと4日程度)で遅行スパンの
上方転換シグナル発生も期待される!
因みに(あと4日の)4月8日は
3月17日を起点と見れば変化日だ!

そして、新値足は昨年11月以来の3本足陽線を完成(^O^)/

どうみても考えても、ここで弱気になるのはおかしい。
むしろ強気になるべきだろう。

ただし、見方を変えれば、これだけ「達成」されたのだから
達成感から、今日が目先天井となる危険性もある否定できない。

しかしこれにしても、弱気ではなく
押し目待ちの好感される下げとなろう。


と、私なりに精いっぱい強気に書いてみた(^^ゞ
以下、いつものペースで、綴る。


国内要因に対する不透明感が燻っている状況下では国内要因での上昇は期待できず
本格的な底打ち「感」を確認するには、今晩の米国市場の動向が重要となりそうだ。

直近1カ月のNYダウの動きをみると
11日に416ドル高、18日に420ドル高とともに火曜日に急騰
25日は16ドル安ながら前日・前々日で450ドル高。
火曜日は強い。そして、その後調整と波乱のアノマリー。

(たったの一ヶ月のアノマリーなので重視はできんが・・・)
水曜日の反動アノマリーが警戒される中、本日ダウが多少なりともプラスで終われれば
市場のムードは変わる可能性はある。 

日欧米共通の市場のコンセンサスは「08年度下期回復」
となっており、底入れ機運の強まりから
株価は上昇となる可能性はあるが・・・

スイス銀行大手のUBSに象徴されるように
完全に楽観に転じてもいいか、と言えば甚だ微妙だ。

UBSは、1~3月期にサブプライム関連で190億ドルの追加損失発表。
JPモルガンチェースやモルガンスタンレーなどを引受先に
150億スイスフラン(約1兆5千億円)の増資を実施する。

米国証券大手のリーマンブラザーズは優先株による資本調達を行う。
(申し込みが多く、当初の30億ドルから40億ドルに増資額を引き上げると発表。)

しかし、UBSの追加損失の内訳はと見てみると・・・
サブプライムローン関連証券にとどまらずに
プライムとサブプライムの中間に位置する
「オルトA」関連証券の投資額も含まれている(゜o゜)

他の金融機関も同様に追加損失処理を迫られることから
問題の根源である住宅価格が下げ止まらない限り
悪循環が続くと見るのが無難だろう。

「まだ」完全に楽観するような状況にはない。
一先ず信用不安は後退した。
現状はこの程度の認識が妥当と思われ。


今後の焦点は、実体経済は最悪期を脱したのか?
これだけと言っても過言ではない!(過言か○| ̄|_)

相変わらず芳しくない経済指標が続いているが
その芳しくない経済指標が、日欧米共に許容されてきている。

この許容は・・・
「悪いことは分かっている。更なる想定外の悪化でなければOK」
ということだろう。

実体経済は最悪期を脱したのかどうかには見方が分かれる処。

今回のサブプライムを起因とする米経済失速(後退)は
日本のバブル崩壊に、頻繁にたとえられる。

日本がバブル崩壊から立ち直るまで10年を要したことから
今回のサブプライム問題による米住宅バブル崩壊からの立ち直りも
相当時間が掛るとみる向きも多い様だが・・・

日本と欧米の「時間」の比較をしてみると・・・
日本はバブル崩壊から1997年の大手金融機関の破綻まで7年。
一方、米国は昨年8月のサブプライム問題表面化から
まだ8ヵ月にも拘らず、ベアスターンズが破綻。
日本の10倍の処理スピードになっている(^_-)-☆

欧米は官民ともに対応が早いのだ。
(日本の当局の無能無策が究極だっただけかもしれないが。)

米国ではインフレが債務者にとって有利に働き
インフレ圧力で長短金利差も保たれているので
不良債権処理を行う金融機関にとって都合が良い状態。
(日本はデフレのために実質的債務が膨らんでしまった。)
日本とは異なり人口が増加しており、住宅在庫の処理も早く進むことから
一概に日本とは比較できないが、それにしても、欧米の開示と処理の迅速さ見事だ!

この処理スピードなら、年後半には米国はボトムアウト
との見方にも頷けるところがある。

*** 余談&追記 ***

日本はバブル崩壊から立ち直るのに10年を要したと書いたが・・・
実は、株価が底(7607)となり、有効な対策が(竹中プラン)が提示されてから
たったの半年間後に相場は底打ちしていた。

一般論としては、当局がまともな対応をとれば、不良債権処理は
通常12-18ヶ月で解決するのだ。(参考: 1月22日付「ゲロゲロ相場」)

現在、日欧米共通の市場のコンセンサスは「08年度下期回復」。
これが正しいのか間違いなのかは神のみぞ知るだが・・・
欧米の当局の対応・処理スピードを考えれば
「今は」この認識で良いと思う。

しかし、設備投資失速等により
景気のボトムアウトの時期が後ズレする危険性もある。

日本に関しては、設備投資が全規模・全産業で前年比5.3%減(過去5年で最低)。
中小企業の設備投資計画は前年比24.2%減なのだ(゜o゜)

法人減税などの政策対応あれば、杞憂に終わるのかもしれないが
悲しいかな無能・無策の日本政府に、それを期待するのもどうかといったところ。

「一先ず」「今は」・・・
「08年度下期回復→株価は先行して底打ち」との見方をしたい。
景気のボトムアウトの時期後ズレを適度に警戒しながらだが(^^ゞ

 
人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
本日後場・イブニングは残念ながら取引に参加できませんでした。ただ、想定内の上げにとどまりました。

明日以降更なるオーバーシュートがあって最初の建て玉より100-200円以上開けばもう1枚ショートを組みたいと思います。

オシレータ系(RSI ストキャス )は高値圏、ADXは3月半ば以来トレンド逆行を示して最も低下、

一目は雲下限に限りなく接近、騰落レシオのみが100未満ですが、100超えは目前ですので、下げ条件は完成しつつあると思います。

ダウはバーナンキ議長証言で下げて始まったものの切り返しており、12750ドルにトライしています。

議長証言と日銀短観に反しての上昇は完全にトレンド逆行と見ています。

週をまたいでの勝負になりそうですが、気がかりはADP雇用報告がアナリスト予想より大幅にプラスですので、このままですと雇用統計も相当いい数字になると予想されることです。

今はやはり全ての指標が煮詰まりきってはいないだけに上げ余地があるのがやや怖いところです。

しかし、その先には外国金融機関による大量の換金売りが待っていると信じています。

2008/04/02(水) 23:58:21 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
確かに・・・
先物初心者 様♪

達成感から一服となってもおかしくはないですね^^;
でも、仰る通り、煮詰まり感も過熱感もなく、上値余地はまだありますね。

結局のところ、米雇用統計次第ですね。
まぁ、よほどの悪い数字が出ない限り許容されそうですが。
2008/04/03(木) 12:00:13 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1827-3aafcf16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!
2008/04/03(木) 17:08:33 | 暴落破壊投資術
UBS に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
2008/04/02(水) 22:03:05 | 話題のキーワードでブログサーチ!
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2