ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


7日の米国株式市場

NYダウ: 12612.43 △3.01
NASDAQ: 2364.83 ▼6.15
為替 NY終値: 102.38 - 102.44

朝方は週末のヘッジ売りの買戻しや
S&L(貯蓄金融機関)大手に対する投資ファンドの出資のニュースもあり
信用収縮懸念・金融不安が薄れていることを好感し堅調なスタート。

ダウは一時100ドルほどの上昇を見せ、節目と目される12750処へ接近。

しかし、週末の雇用統計悪化を思い出したのか
原油先物市場の約3週間ぶり109ドル台回復を嫌気したのか
来週本格化する決算発表、企業業績に対する不安なのか
戻り売りや見切売りを急ぐ展開となり、ダウは小幅高で引けた。

市場のセンチメントは悪くはないものの
ネックラインと目される12750-12800レベルを
上抜くほど強くはないといったところか。

第一四半期の決算発表本格化を控え、これまでの景気悪化の影響が
どこまで個別の企業業績に影響しているのか、見極めたいのだろう。

経済指標は相変わらず芳しくないものの、今のところ一段の悪化は見られず
一時期に比べるとM&Aに絡む話題も多くなり、下支え要因とはなっているようだが
積極的に買い上がるには業績面の裏付けがないと苦しそう・・・

個別では、投資ファンドの出資が伝えられたワシントンミューチュアルが大幅高。
クレジットカード大手の買収報道などもあり、シティグループなど金融株が堅調。
著名投資家が示した人物が取締役になると報じられたモトローラは高い。
一方、投資判断の引き下げからアプライドマテリアルズは売られた。
マイクロソフトが買収条件の引き下げを示唆したヤフーは軟調。

 

日本株式市場

3月17日に年初来安値(11787)をつけて以来
昨日まで14営業日で、うち12営業日の日足が陽線。

今まで売られ過ぎたことを考えれば
もしかしてトレンド転換?と考えれば
こういうものなのかもしれないが・・・
短期的には「やりすぎ」だろう(;一_一)

09:10
日経225先物、¥13400にてショート。

市場予想を下回るマクロ統計連発の中
市場はこれを「織り込み済み」とし、ここまで上げ続けてきたが
織り込み済みの上げというより、無視して上げている感が・・・

既にテクニカル的に、達成感が出易い水準であり
日柄的にも一服しやすいところであり、転換線(12970処)
25日線(12700処)までの健全な調整はあって然るべき!

と思うムキが多く、慎重論が多いことで
ポジションはロングに傾きづらく、反対にショートに傾きやすい。
毎日、カバーが下支えする展開となっている(^^ゞ

しかも、トレンド転換を期待させる、2月4日高値(13850)
2月27日戻り高値(14070)を目前に捉えており
期待感(焦り?)からの買いも入っているようだ。

しかし、13500-14000レベルは、価格帯出来高の面から
ボリュームを伴わなければ上昇はかなり難しいと思われる。

昨日も書いたが、今週はこんな感じで、強弱感対立
上でもなく下でもない展開か・・・


寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2870万株、買いが2990万株、120万株の買い越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り3920万株、買い2150万株、差し引き1770万株の大幅売り越し。
金額ベースも売り越し。

*** お知らせ ***

日経平均は昨日13500の大台回復!さぁ、トレンド転換か!と明るい兆しが見える中・・・
「株価はなぜ下げるのか」という間の悪い記事をマネージンにて書いてみました○| ̄|_

今どうのこうのというものではないのですが・・・
先月の痛い下げを忘れず、先月の下げの経験を今後の糧として
今後末永く相場で生き残れるよう、基本的な下げ相場の解釈を書いてみた次第。

多少なりとも、投資初心者様のお役に立てば幸いです。

 

*** 追記 ***
10:24

押して頂きたいところ。

適切な位置まで押し、適切な位置(転換線や25日線等)でサポートが確認されれば
買い易さ・買い気も出てくると思うのだが・・・

昨日まで買われていたと言っても、期が変わっての持ち高調整や組み入れ中心。
然るべくして、(現物は)散発・単発の買いしか見えず、商いは相変わらず低調。

今後、重くなると思われる13500-14000を上抜くためにも
「ボリュームを伴う押し目買い→買い気UP→13500-14000チャレンジ」として欲しい。

まぁ、理想(妄想)どおりになってくれないのが相場だが(^^ゞ

10:40
それにしても強い。というか、強すぎる。
相場が強いのは結構なことだが、強すぎるのはイカガナモノカ・・・

私の好きな言葉は、「過ぎたるは及ばざるが如し」、「中庸」なのだが
これは相場にもよく当てはまる言葉かと。
行き過ぎ、やり過ぎは、その後反動となって現れる。「ほどほど」が一番!

11:03
売買代金は相も変わらず低調(約0.86兆円)。
13500-14000上抜くにはキッカケ(企業業績の裏付け)
ボリュームの増加は不可欠っぽいですな。
今週・来週で適度に押して、買い気を確認し盛り上がって頂きたいところ。
  

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。押し目なのか戻り天上なのか、まずは、このまま5日線でサポートされるかが後場のポイントと考えております。(私の予想は押し目40%、戻り天井60%です。やはり米国の銀行などの決算や予想を下回る指標続きが気がかりです)
2008/04/08(火) 11:02:47 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
下げの度合いで確度が変わるかと
先物初心者 様♪

ざっくり12900処までは、単なる押し目、割りこんでくるようなら戻り天井懸念、12500-12200割るなら戻り天井ほぼ確定。それすら割るなら底値確認。

(日和見的ですが)こんな感じでしょうか♪
現時点では、押し目と見るしかないかと^^
2008/04/08(火) 14:00:15 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1840-466baadb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2