ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!


日経225先物は、本日前場で12910をつけ
節目の価格帯と目された12900-13100で止まり引けたことで
「もし」健全な調整であれば・・・
値幅調整としては、ここで完了してもおかしくはない。

とはいえ、日柄調整が全くと言っていいほど不十分(T_T)
この下げが、健全な調整だとしても、本格下降の初動だとしても
どちらにせよ、始まったばかりなのだ。

このまま12900処を割り込まず、一週間程度推移してくれるかといえば
「環境から考えれば、甚だ疑問」と言わざるを得ない。

本日のところは、買い方としてはSQ要因による下げと解釈したい処だろうが・・・

明日も弱い値動きをみせると・・・
終値で12820円を下回ると新値足は陰転。
パラボリックのSARは12803円。

3月末の戻り高値である12880円レベルと上記ポイントがある
12900→12800処をGDや、ザラ場で力強く割ってくるなら・・・
市場の見方は、これまでの「中長期上昇トレンドの初動」から
「下降トレンドの中でのリバウンド終了」との見方に変わる。

となれば、巷で期待されている25日線(12710処)の
サポートは、あまり期待できそうもない○| ̄|_
12500処までストンといく可能性はある。

明日は週末要因から物色は手控えられる可能性があるほか
来週から米金融の決算発表が本格化するため
下への意識が強まりやすい。

モルガン・スタンレーによる観測も気になる。
S&P500種採用企業の1-3月期決算は、好調とはいえない滑り出し。
業績は予想を大幅に下回ると予想しているようだ。
予想営業EPSは18.50ドル。対して、コンセンサス予想は20.25ドル。

まだ先週の良好なセンチメント、織り込み済み感は残っていることから
一気に崩れることはないかもしれないが・・・
決算を受けるたびに真綿で首を絞められるような下げが待っている危険性もある。

明日は、SQ値がなんぼになるかを確認し
前場の早い時間帯で見極め、ヘッジ売り&静観とするか
引きつけての逆張り主体での日計りとするか、決定したい。


*** 今朝発表された2月の機械受注 ***

前月比12.7%減。市場予想の14%減を、やや上回った。

1月が前月比19.6%増加だったので、反動減の格好。

自動車工業や電気機械の受注が足元でも好調を維持しており
市場にとってはニュートラル or ややポジティブといった内容か。

問題は、5月15日に公表される4~6月期の機械受注見通しだろう。
昨年末からの国内景気の変調が、「プチ景気後退」に止まるのか・・・
それとも「本格的な景気後退」に発展するのか・・・
4~6月期見通しが重要となりそう。


  
人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
0:45 ダウ上昇中!! 押し目だったのでしょうか?
G7を前に思惑的な値動きがダウに見られますね。小安く始まった後前日比100ドル近い上昇をみせ、CMEも上昇しています。SQの勝負はこちらで最終段階へと進んでいるように思います。

いまのところ金曜の日経平均の寄り付きは高いという気がします。こんな形でSQの勝負が付くとは予想もつきませんでした。新規分はノーポジというのは正解でしょう。

私としてはSQ後にもう一枚のショートオーバーナイト(13280)の処分を考えたいと思います。

果たして、N氏と○氏の「押し目」シナリオが当たるのか見ものです。N氏は「月曜日くらいまでかかりそうですが、13300円が次の反転へのメド」「次に上値抵抗ポイントと取ったら、また嘘のような動きになる」と言い切っています。大変自信がありそうです。何か海外筋からの情報を持っているのかも知れません。

○氏も海外に契約しているところから情報端末で、日本でまだ明らかにされていない情報を随時キャッチしていて、N氏と同じ方向にメインシナリオを描いているのが気になります。
2008/04/11(金) 00:46:19 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
ダウの思惑買いからすると、金融機関の懸念のため、G7で集められた金融機関はきっと先送り処理で一気に損失を吐き出さない方に舵を切るように求められるのでしょう。日本のバブル処理と似たことが行われようとしているのかもしれません。

これでは、サブプライム問題は処理が長引くことになりますが株は一時的に中期的戻り相場に入れましょう。
2008/04/11(金) 01:00:37 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1851-377e8cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2