ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?


昨日18日、日経平均は4連騰。
4月7日の戻り高値も引け値ベースで上抜け。

4連騰は昨年の12月以来。
昨年の12月は4連騰の後、急落、大発会の暴落に繋がった。


週足でも、日経平均終値が13323円を上回り
週間ベースで(昨年10月2週以来約半年ぶりの)「五陽連」。

底値圏での「五陽連」は通常「中期の強烈な買いシグナル」だが・・・
前回の「五陽連」時(昨年10月2週)は、戻り高値となり
年末にかけて調整色を強めた経緯もある(-_-メ)


その前の連騰となると昨年7月の高値をつける前の6連騰。

その後も下落となり、結局は高値からの転機となっていた。


今回、日足4連騰、週足5陽連となったことで
何からの転機となりそう。

18日のNY市場が急騰&ネックライン上抜けとなったことで
日経平均の5連騰も、ほぼ確実であり、尚更だ。


短期上昇トレンドとは言え、中期下降トレンドの中にあり
リバウンド相場が約1ヵ月にも及んでいるうえ
短期的に過熱感を示す指標も散見されているだけに
戻り高値からの転機となり
もう一度下値を窺う展開になる可能性もある。

鬼門とされていた、ダウ12750-12800、日経平均13500
ドル・円103を足並み揃えて上抜けた(上抜ける)ことで
売り込まれていたセクターなどへの買い戻しの流れは続き
昨年7月からのサブプライムに端を発した
一連の下落が終息となる、可能性もある。

底打ち感・サブプライム懸念終息 VS 短期的過熱感
こんな一週間になるんでしょうな。

決算発表目白押しの一週間でもあり
今年一番大切な一週間になりそうな気がする。


連騰に関していくつか書いてみたが・・・
「連騰に意味があるのか?」と見る方も多いだろう。

私見だが、「連」騰=「流れ」とも解釈できる。
それなりに意味はあるのではなかろうか。

少なくとも「点」で捉える急騰よりも
「流れ・勢い」で捉える連騰の方が相場の転機となり易い気がする。

実際、昨年7月の高値も6連騰後、高値を抜け切れず
見切り売りがかさみ天井となっていた。

12月の4連騰も11月安値からの戻り相場の限界となった。

本年も3連騰が度々あったにもかかわらず、一向にこれまで
底入れ感が出なかったのは下落相場が続いていたからだろう。


連騰だから強いという単純な話ではなく
【連騰=なにか「転機」となりそうな流れ出ている】
と考えることが大切な気がする。

昨年7月や12月のように連騰後に
見切り売りが嵩むようであれば売り。

連騰後、下げた場合に
押し目買い「意欲」が確認されるようであれば買い。

そう見ることが、大切なのではなかろうか。

現在であれば、21日の東京市場のギャップアップはほぼ確実で
来週は、13900-14000レベルを窺う動きがあるのだろうが・・・
その後、下げた場合に13500レベルで押し目買いが確認されるのか
12900-13100レベルで押し目買いが確認されるのか・・・

もし、しっかり「買い手が現われての買い」が確認されるのであれば
「中期的に買い」と考えてよさそうな気がする。

見極め時はもう終わったと思うが・・・
エントリーするなら、買いでも売りでも
しっかり引きつけて入りたい一週間。

短期的に過熱感はあり、決算も控え
飛びつきたくはない一週間でもある。

 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1875-13d9d27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2