ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!


東京株式市場に全くと言っていいほど見所がないので
久しぶりに投資初心者様向けに「テクニカル分析とはなんぞや?」を書いてみます。

と、偉そうに書いてますが、私も投資初心者です○| ̄|_
投資初心者である私が、投資初心者様に書くというのも、おこがましいのですが・・・
初心者ならではの噛み砕いた内容で、お伝えできればと・・・

更に投資初心者様向けに、競馬や宝くじというギャンブルを例に
相場の組成とは?」「相場での勝ち負けとはなんぞや?
という根っこの部分も書いてみました。お時間がありましたらどうぞ(^^ゞ

 
年初来、機能していた(と思われる)ものに
騰落レシオ、移動平均乖離率、超長期移動平均線等がありますが・・・
その中でも機能していた(群衆が意識していた)騰落レシオを見てみます。

騰落レシオ以前に、まずテクニカル分析とはなんぞや?
というところから見ていきましょう。

勘違いしている方が多いのですが
テクニカル分析とは、統計的、科学的手法でもなんでもなく
単に現状を表した数字にすぎません。

テクニカル指標とは
「今の相場がどのような状態か」を示しているだけで
本来「売買のタイミングを示しているものではない」のです。

例えば、テクニカル指標が「過熱」を表しているとしましょう。
(例: RSI70や騰落レシオ120%e.t.c.)
これは、文字通り、単に、「過熱」を表しているだけなのです。
「過熱」が「売り」を表しているのではありません。
ただ「熱い」と言っているだけです(^^ゞ


では、なぜテクニカル指標が機能する場合があるのか(多いのか)と言えば・・・
投資苑(←だったと思う。記憶が怪しい○| ̄|_)の言葉を借りれば・・・

テクニカル分析は応用社会心理学であり
群集の行動を分析して儲ける技術だからです。

そして、それを見て売買している人が「多い」からです。

冒頭で「機能していた(群衆が意識していた)騰落レシオ」と
イヤらしい書き方をしましたが、それは・・・

騰落レシオは、単なる数字であり、現状を表しているだけで
それを見た投資家が勝手に売買の判断をしているだけですが
騰落レシオを意識した群衆の中で
それに従った人と資金が多かったために
「結果として」テクニカル分析が機能したということなのです。

回りくどい言い方でゴメンナサイ○| ̄|_

「だったら、テクニカル分析は売買のタイミングを示しているじゃないか!」
と考える方もいらっしゃると思いますが・・・

群衆が意識せず、それに従う人と資金が少なければ
当然、機能しないテクニカル指標が出てきます。
これまで機能していた指標も、機能しなくなることがあります。

「テクニカル分析は売買のタイミングを示していない」というのはこのためです。
「人先にありき」なのです。
 

以前の記事「急落時にテクニカル分析は機能するのか」でも書きましたが・・・

テクニカル分析を基に売買をするのであれば
機能していると思われるものを見つける。
機能していると思われる指標が
見当たらないのであれば見送る(休む)。

これが鉄則です。

更に言えば・・・
機能していると思われた(自身が売買の根拠としていた)指標が
自己の想定通りの動きにならなくなったら撤退すべき
です。


概念的な話はこれくらいにして、話を騰落レシオに戻します。

騰落レシオは、一般的に「120%以上は買われすぎ」
「70%以下は売られすぎ」と言われています。

それが当てはまる(当たる)こともありますが・・・
これを盲信すると、トレンドが発生した場合
致命的な負けに繋がる危険性があります。

テクニカル指標の多くは、ひとたびトレンドが発生してしまうと
上限・下限に張り付き機能しない場合が多いのです。

「騰落レシオの場合は、相場の勢い、強弱を見る指標」
と考えるのが基本です。 
であれば、その特性上120%で売りとするのもおかしな話です。

今現在(上への)中期トレンドが発生しているとは、まだ言いえない状況ですが
この(今の)状況で騰落レシオを使うのであれば・・・

120%を上抜けし、その後下降に転じ120%を割ったら売り
70%を下抜けし、その後上昇に転じ70%を上抜けたら買い

とした方がいいと思われます。 

「騰落レシオは相場の勢い、強弱を見る指標」という特性から
変化・転換を計るという使い方です。

この方法だと、一歩・二歩遅れてのエントリーとなりますが
(天底マニアの方にはツマラナイ使い方と思いますが)
ダマシが少なく、大負けしたくない投資家には向いている使い方です。

120だから売りだ!と「点」で捉えるのでなく
120を上抜けた、そして120を上から下へ抜けたと「線(流れ)」で捉え変化を計るのです。

「線(流れ)」で捉えることで、まぎれ(ダマシ)の確率が下がり
仮に、ダマシに会ったとしても、今後の対応が取り易くなります。


中長期下降トレンドが、転換するかどうかという時には
また、別な騰落レシオの見方もあります。

騰落レシオが140%超の大幅過熱となれば、底離れが明確となり
価格面では上昇の余韻が残るとする見方もあります。

また、通常の過熱感(120%)で下落に転じるのならば
再度値固めが必要となるとする見方もあります。

この見方は、少々特殊(イレギュラー)かもしれませんが、騰落レシオの
「相場の勢い、強弱を見る指標」というという特性上、間違った見方ではないでしょう。


どの見方が正しいとか、間違っている
といっているのではありません。

BOX相場時に、天底を綺麗に捉え、勝つというシナリオであれば
「120%以上で売り、70%以下で買い」と「点」で捉えるのもあり。

ダマシに会いたくない、大きく負けたくない、投資をしたいと考えれば
120%を上抜けし、その後下降に転じ120%を割ったら売り
70%を下抜けし、その後上昇に転じ70%を上抜けたら買い
とした方が、致命傷を喰らう確率は減少。

また相場の方向性、強さを計る、今後の取り組みに活かすと考えるのであれば
騰落レシオが140%超の大幅過熱なら、底離れが明確となる
通常の過熱感(120%)で下落に転じるのならば再度値固め

と見ることも間違いではないでしょう。

要は、個人の投資スタイル次第。

テクニカル指標は応用社会心理学であり
群集の行動を分析して儲けるツールである以上
極論になりますが、どんな見方をしてもいいわけです。
むしろ、どんな(色々な)見方をした方がいいとも言えるでしょう。

そして数多のツール(テクニカル指標)の中から選ぶ
選んだツールを見て、今群衆がどう見ているのかと考える
ということが大切なのではないでしょうか。

テクニカル指標の一面だけを捉えて「売り」だ「買い」だと決めつけることは
テクニカル分析の本質からかけ離れた行為と思われます。

とはいえ、どんな見方も相場の一面であり
「売り」だ「買い」だと決めつけることも間違いだとは言えないのですが・・・
何年も、何十年も相場で生き残るためには
多面的に相場を捉えた方が、生存確率は上がるような気がします。
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
テクニカルもファンダメンタルも、よく騙されます(笑)。
でも、騙されることを承知していれば、対処の方法もありますよね。

ようやっと雲の中に入ってくれたみたいですけど、視界不良。
早く晴れ晴れとした青天井の雲上へ行ってもらいたいもんで。
2008/04/22(火) 23:11:19 | URL | 配当金太郎 #-[ 編集]
私も、よく騙されます^^
配当金太郎 様♪

でも、ダマシはあるものとして、二股・三股、それ以上掛ければ・・・
保険も効きますw

リアルでそれやっちゃ最低の男ですが、相場ではその位の判断材料の保険掛けた方がいいですね。
仰る通り、騙されることを承知していれば、対処の方法もあるということで♪
視界不良な今日この頃ですし^^
2008/04/22(火) 23:41:22 | URL | to 配当金太郎 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
テクニカル分析についての捉え方の丁寧なご解説を有難うございます。

相場は心理的要因が大きいと言われますが、テクニカルが投資家たちの心理を導くこともしばしばあり、またそうでないこともあるのだということがよく分かりました。

現在のように材料が乏しい相場ではなおさらテクニカルが幅を利かせる傾向がある気がしています。

また、出来高の少ない相場環境も、先物を中心とするプロのディーラーによるテクニカル中心の相場が出現しやすいと状況と思います。

そういうわけで、私は最近はテクニカル最重視の取引をしておりました。昨夏の下げ相場開始以来、テクニカルはたいへんよく機能してきたと思います。

しかしながら、しばしばテクニカルには(ファンダメンタルズにもまた)裏切られますが、それもまたマーケットの本質ですね。

一方ではファンダメンタルを排して純粋にテクニカルのみを見ると値動きの本質が見えてくる気もします。もちろん、いくつもの指標が同時に機能している場合での話ですが。

例えば、過熱感が出てから更に踏み上げによる売り方の買い戻しによる上昇で、最後に買わざるリスクを感じた個人の出動などで思わぬ高値になる場合などは、テクニカルに裏切られる典型例だと思います。テクニカル的には既に天井でも更に市場要因や心理要因が働いて実際の天井はそのとおりにならないことです。

2001年4月の最後の週から5/7はまさにそれでしたし、今回もチャートの形の上では酷似しています。しかし、まだトレンド転換の可能性も残っていますので、同じ結果になるかどうかは分かりません。過去の例としては大変良い参考ですが。

したがって私はファンダメンタルや心理的要因を加味した修正テクニカル主義です。

ファンダメンタルとと投資家心理について、もっと研究してみたいと思います。
2008/04/23(水) 00:14:55 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
今日初めてお邪魔しました。
詳しく説明されているのにわかりやすくて、相場好きの初心者に私にはとても嬉しいです。

騰落レシオ、私も見てます。130超えてきましたね。このまま140なんかを超えてきたら、分かりやす過ぎますね^^;
異様に浮き足立った相場に感じます。

実は、本文の文字列を左寄せにしてくださるともっと嬉しいです…!
これからもお邪魔させてください。
2008/04/23(水) 01:07:55 | URL | コーメ #-[ 編集]
目先・短期の場合は特に心理的要因大きいですね
先物初心者 様♪

>相場は心理的要因が大きいと言われますが
>現在のように材料が乏しい相場ではなおさらテクニカルが幅を利かせる傾向

同感です。
材料、出来高不測の時は、強引にでも売買の根拠を求めるのが投資家の常ですし、それは個人のみならずプロでも同じ。
仰る通り、テクニカルが幅を利かせる場合は多いですね。

>ファンダメンタルとと投資家心理について

地合いの悪い時には、ファンダメンタルズに目が向かず、買い要因とならないという相場の特性はありますね。
ファンダメンタルズも基本的には予想値(期待値)に基づくもので、それも已む無しですが。

相場って難しいものですな(>_<)
2008/04/23(水) 10:41:06 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
ご訪問、コメントありがとうございます!
コーメ 様♪

天才的な投資上級者が説明するより、私みたいな初心者が説明した方がいいかなと、未熟ながら書いてみました^^;
今度はRSIに関してチャートも付けて、もう少し分かり易く書いてみます。

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


P.S. かれこれ2年近く中央寄せで更新してきたのですが、そろそろリニューアルも検討中。
左寄せも検討してみますね♪
2008/04/23(水) 10:47:14 | URL | to コーメ 様 fm.Heyward #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/23(水) 18:40:25 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます(^O^)/
K 様♪

私も、まだまだ勉強中の身です。
お互い切磋琢磨し、相場で生き残り、共に笑えるよう頑張っていきましょう♪

今後ともお付き合いのほどよろしく願いたします。
2008/04/23(水) 21:22:52 | URL | to K 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1884-51149ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2