ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルも!


東証が22日発表の18日申込時点の信用取引の買い残高は
6週連続で減少。(前週比914億円減の1兆9207億円)

これは、03年9月26日の1兆8941億円以来
4年7カ月ぶりの低水準(゜o゜)

一見、個人投資家が相場の上昇局面で
戻り待ちの売りを出したかに見えるが・・・

信用取引の評価損益率は5週連続で改善も
18日申し込み時点の評価損益率はマイナス18.00%。
前週のマイナス19.77%から1.77ポイント縮小とはいえ・・・

個人投資家の手の内は
ほとんど改善していないと思わせるに十分な数字だ。

キツイ言い方になり申し訳ないが・・・
信用個人は瀕死状態ということだろう○| ̄|_

因みに、信用売り残は前週比273億円増の1兆1636億円。
信用倍率は1.7倍と前週の1.8倍から低下。

 数字から見ると個人投資家の投資意欲・余力減退は変わらず。
 

それでは株価がここまで堅調に推移してきたのは
機関投資家の買いによるものか?と考えたくなるが・・・

向に膨らまない売買代金からして
機関投資家の実需の買いもガサはあまり多くないと思われる。

では、ここまでの上昇の中身はなんだったのかとなれば
売り方の買戻しと裁定買いといった仮需中心なのだろう。

マーケットに(本来)ニュートラルな裁定取引による上昇では
「空っぽの相場」と言わざるをえない(-_-メ)

本日、久しぶりに日足に実体部分が出たとはいえ
これまでのコマだらけの上昇チャートを考えれば
足もとの危うさを感じないでもない。

ここは弱いも強いも、上がるも下がるも決めつけず
機械的にギャップを意識した見方が無難な気がする。

上では、一応本日マド埋めしたものの2月28日安値13730円
その上は27日高値14070円、1月9日安値の14210円。

下では、18日高値13510円。
11日高値13360円、16日高値13250円。

意識したいのは、このあたりか。 

コマとギャップで組み立てられた足元。しかも・・・
決算発表というびっくり箱を開けざるを得ないイヤな相場だ。

売りでも買いでも、こだわらなければいけない材料はない。
手掛けるなら、無気力・機械的を心掛けて取り組みたい。

 

 
さぁ、両手を天に!己のポジションに祈りを!
Hands to heaven by Breathe

80年代の曲で私が最も好きな曲の一つ。
メロディアス&泣いているボーカルとラッパ(SAX)。
こういうの好きなんです。歌詞もいい感じ♪

So raise your hands to heaven and pray
さぁ、両手を天に、祈りをささげよう
That we'll be back together someday
いつか買い値まで株価が戻りますように・・・

(ウソ訳です。信じないでください○| ̄|_)

ダウも日経平均も、決算発表を控えての節目処ということもあり
祈りの曲として丁度いいかなとUPしてみた♪

本曲は1987年の【ブリーズ】のデビューアルバム「All That Jazz」の中の一曲。
このデビューアルバムに、泣ける逸話がある。

デビューアルバム「All That Jazz」のアルバムジャケットは
4人の顔が載ったシンプルなジャケットだった。

当然、4人組のバンドと思いきや・・・
デビュー前に一人脱退し、3人組のバンドになっていた(゜o゜)
(一部メディアでは、デビュー直後に脱退したとの報も。まぁ、似たりよったりだ。)

そして、セカンドアルバム「Peace of Mind」のアルバムでは
遂にボーカルのデビット君一人のジャケットに。しかも俯き、目を閉じている(/_;)

おぃおぃ、大丈夫なのかよと思っていたら・・・
案の定、アルバム2枚出して解散した(>_<)

「私が好きになったバンドは、例外なく解散する」アノマリーが炸裂した格好。

やっぱり、哀しい名曲作る人は、バンドも悲しい結末へと走るのね・・・

ダウも日経平均も、決算発表を控えての節目処ということもあり
ここは一旦冷静に相場を見直すためにも、好きな曲でも聞いて心を落ち着かせよう!
と思っての選曲だったが、こんな時にしんみり系の曲は、いかんですな。

ネガティブに思考が走りそうだ。気をつけます○| ̄|_
 

懐かし(いにしえ)の洋楽に興味のある方、宜しければこちらもどうぞ(^^♪
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

コメント
この記事へのコメント
いい曲です
Hands to heaven by Breathe は良い曲ですね。相場のことなんか忘れてしまいそう。
訳も名訳です(^^)
アメリカの景気後退やヘッジファンドの損失がいまだ不明で強気になれません。
いつも詳細な状況分析の提供に感謝しています。
2008/04/23(水) 23:56:54 | URL | tada #8tX6xzp2[ 編集]
今までの懸念は?
こんばんは。

最近、腑に落ちないことがあります。それは、

今回の上昇がごまかし決算によるものだとしたら? です。

というのも、

「英国は、銀行の値の付かない証券化商品を10兆円分の国債と交換して評価損拡大をごまかし、米国はバーゼル2を他の国(日本など)に押し付けておきながら、今回各銀行にゆるめる事を示唆。アメリカ政府の証取委は全然値が付かず紙グズ同然になったレベル3の商品を評価の対象外でも良しとしている。

このような手口で各銀行の損失拡大を市場の予測範囲内に収めさせ、これを好感した株式市場は大幅に上昇、金融危機が遠のいたとして戻り相場になった」

というようなうわさまたは分析?があります。

もしもそのとおりだとしても当局がグルで決算がよしとなると、相場というのは上昇するものなのでしょうか?

また、化けの皮が剥がれたとき、(数ヶ月後かも知れませんが)再び激しい下落に見舞われるものなのでしょうか?

かつて、日本ではバブル崩壊後の飛ばしや損失先送りは、一時的な中期(2年くらいのスパンの)トレンドの反転をもたらしましたがやがて痛い目を見て下落となるの繰り返しで2003年4月安値に到達という結果になったと記憶しておりますが....

サブプライムを発端とするアメリカの借金経済の破綻と世界のバブルの崩壊は、1980年台のS&L危機や2001年のITバブル崩壊よりも厳しい状況との分析・予想もあったのに、それがまるで肩透かしを食らったかの如く、この程度で済んでいることが全く不思議でなりません。

第1弾:サブプライム 2007.2, 2007.8-2008.3

第2弾:実体経済の悪化 今後ある時期に顕現してそこから数ヶ月~1年強

ならば納得できるのですが。

もし経済の行方がかつて懸念されていたとおりならば日経平均も10000円(そしてダウも10000ドルを)を割れなければ大底などありえないと思うのですが....

いまや巷では3/17大底説が主流または定説となり、疑う人は全くあるいはほとんどいません。(私だけかも...)

私がガセネタに乗せられているのでしょうか?
2008/04/24(木) 01:27:50 | URL | 先物初心者 #-[ 編集]
同感ですぅ ('-^*)/先物初心者さん
僕もまだ現物結構あるんで 上げて欲しいのですかぁ~ ほんとアメリカやヨーロッパはやばくなったら平気でルール変えて来ますね~(b^-゜)最近そんな政策ができる欧米人を素敵にさえ感じますわ(*^ー^)ノ僕も相場操縦者ありきの世界で勝負してるつもりですが(^_^;)いつも捕まりますぅwむかぁ~
2008/04/24(木) 06:52:47 | URL | ひばり君o(^-^)o #-[ 編集]
Hands to heaven
tada 様♪

昨日も今日も変な格好で値が動き、Hands to heaven(お手上げ)相場ですね^^;
(↑これもウソ訳○| ̄|_)

仰る通りの不透明感ありますし、強気になる場面でもない気がします。
ノンビリ行きましょうw
2008/04/24(木) 10:28:10 | URL | to tada 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
ごまかし決算・・・
先物初心者 様♪

仰る通り、あれだけ会計基準の厳格化と言っていた当局が軟化し、損失計上の先送りを容認したのは、「ごまかし」ですな^^;

7月20日までに、この問題取り上げられることもありそうですね。

では大崩れするのかと言えば、現時点ではそうとも言い切れないような気もします。
「執行猶予」中に、企業業績、経済指標が好転すれば、損失が表に出ても、アク抜けとなるのでしょうし。

「ごまかし」で執行猶予、3ヶ月間の間に景気底入れ観でればいいなっての現状かと。

この3ヶ月間で、経済好転の数字が出なければ、底抜けもないとは言えませんね。
2008/04/24(木) 10:36:40 | URL | to 先物初心者 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
欧米は・・・
ひばり君 様♪

本当に身勝手にルール変えますね。
勝つためには手段を選ばないのは、ある意味見事。

スキーのジャンプ競技でも、勝てなくなると、すぐルール変更するような奴らですからねぇ。。。
2008/04/24(木) 10:38:50 | URL | to ひばり君 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1888-4481ea33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2