ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!


本日は大方にとって想定の範囲内の一服。

上昇するボリンジャーバンドの+1σ~+2σ内での推移で
短中期上昇トレンドは継続中であり、騒ぐ場面でもない。

ただ、本日26週線(13960処)を割り込んでおり
明日週足一目・基準線(13840処)を割り込むなら
調整入りと考えるのが自然だろう。
13840処には直近の上昇を支えてきたボリバン+1σが位置し
新値足は終値で13863円を下回ると陰転するのだ。

大雑把な掴みとしては
明日、終値で日経平均13850円レベルを割り込むなら調整入り
これでがオーソドックスな見方と思われ。


ヤンキーの格言「Sell in May and Go Away」も気になる。

5月以降は株価が軟調になる傾向があるため
5月にさっさと売って休暇を取ろう、という意味。

なぜ5月に軟調になる傾向があるかと言えば・・・
その背景には米国特有の需給関係があると言われている。

税還付が4月までで終わるため、個人の株式投資への余力が低下。
ヘッジファンドのファンド解約の6月末から
事前警告期限の45日前にあたる5月15後に売りが集中する、等々だ。


しかし今年はこの格言に反した見方もあり
ここまで至って堅調な展開。
今年は状況が異なるとの強気派も多い。

米国では1500億ドルの戻し減税があり、一定部分は株式投資に流れると期待できる!

株型ヘッジファンドが、プライムブローカーによる
クレジットライン縮小に備えるためキャッシュポジションを積み増しており
顧客からの解約に備えるだけのキャッシュを既に保有。
これにより、例年の様に5月15日前後に売りが集中することはない!

決算発表の減益見通しでも、よほど市場予想とかけ離れた数字でない限り
悪材料出尽くしとして、買い戻しが入るようになっている!

これらが主な買い方の見方であり
もっともらしく見え、聞こえる。特にケチのつけようがない。
日米共に「売り警戒感」は、この辺りからもきているのだろう。


しかし、米国の個人消費は所得税還付により、目先はある程度、回復が見込めるが
エネルギー価格が更に上昇すれば、減税効果の多くが相殺されてしまうとの観測も。

サブプライム・ネタに「飽きた」相場としては
今後中期的に、インフレ・食糧難がテーマになる可能性もある。

月並ではあるが・・・
やはり、ここは商品市況・インフレ懸念に注目するしかなさそう。

日米共に節目オンラインで、見方、強弱感が対立する今
決めつけず、油断せず、焦らずを心掛け取り組みたい。

 
人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1923-01559154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2