ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

負けを予測する日経225先物システムトレードソフト
精神的に安心してトレードシステムを運用するにはロジックを知ることが大切。
そのためにトレードシステムの全ロジックを解説付きでマニュアル化!


株式主要指標(日経平均)00679.JPG
 (↑日中足: マネックス チャートより拝借)

日経平均13850レベル
もう少し意識されるかと思ったら、あっさり下抜け。

節目密集で、もう少し意識されるハズであった節目をあっさり割ったことで
見切り売りもかさみ、本日は下げ幅拡大と解釈してもよさそうだ。

再三の報道(速報)もなされ、大方が気が付いていたと思うが・・・
(速報見んでも、板見ていても分かるほど露骨だったが・・・)

これまでの上昇の中身は
株先・債先、225・TOPIXOP・株先、セクター間と
クロス、インデックス、裁定、コンビネーションのオンパレード。

これではオプションSQ通過&節目割れで
見切り&解消も已む無しといったところだろう。

何度も書いているが・・・

昨年夏からのサブプルイム・ネタによる下げにも飽きた。
織り込み済みの上げにももう飽きた。

そんな感じの本日の下げのような気がしてならない。
どちらも「飽きた」のなら、「なぜ下げたのだ!」というムキもあるだろうが・・・
長いサイクルが短いサイクルを支配した下げということだろう。


本日の下げ幅を見て、「急落だ!」「暴落だ!」と騒ぐムキは多いがどうなのだろうか。

3月17日11691円~5月7日14208円まで2517円幅の上昇。

通常であれば、20~24営業日前後でトレンドが変るのに
日経平均は3月18日から反発に転じ既に30営業日以上が経過。

これだけ上げ、上げ続けていることを考えれば
仮に値幅で1000円下げても、日柄で5月末まで下げても
「当然&健全な調整」と呼んでも支障はないのでは!?

目先で捉えれば一喜一憂も然るべきだが、現在は・・・
「戦後最大の金融危機」と某著名投資家が名づけた昨年夏からの下げ相場の中。
その底入れを試す現在の位置で、目先で捉えきれるはずがない。

ある程度の幅(揺らぎ)をもって、一歩遅れるぐらいの慎重さをもって
値幅・日柄に一喜一憂することなく取り組んでいくのが負けない投資ではあるまいか。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00678.JPG
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在9位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
【「節目を割り込まなければ上昇トレンド継続」とはいうものの-2】
 Heywardさん、返信ありがとうございます。Heywardさんの場合は、単純な両論併記ではなく、ポジションを公開して「自分はこうした」と明記されているわけですから、常に意識して参考にさせていただいています。

【「節目を割り込まなければ上昇トレンド継続」とはいうものの-2】08.5.10(土) 

↓うーん、理路整然とはしているものの、(金)イブニング・セッション終了時点では、ポジションを組まなくてはならない。例えば日経先物を1枚買うか売るかでは大変な差になります。

 結局、「買建玉6、売建玉12」+日経mini1枚買い持ちにしました。一言で言えば、「下落を期待するが上昇も警戒する」

 1年前の私なら、「買建玉6、売建玉30」くらいにして、狂喜状態。こういうことは、もうしません。


//////////先物オプション速報ニュース(金)17時18分
 日経平均株価は13655.34円-287.92と大幅続落。終日、下値模索の展開が続き、今
月の安値を更新してきた。

 そのため、5月7日の高値14208円を天井とした下降トレンドが確認され、来週では
落ち着きどころを探る展開となりそうだ。

5日移動平均線の13903円や5月7日高値の14208円が目先の上値メドとなる。

一方、下値を切り下げる展開が続くとすれば、4月17日安値の13313円や75日移動平均線が位置し
ている13226円などが下値メドとして考えられる。

2008/05/10(土) 11:31:44 | URL | kit #mQop/nM.[ 編集]
今週は買いたい病に耐えました。
今週は何も結果を残せませんでした。デフェンシブ銘柄(食品株)2000株でお茶を濁しました。
連休明けの7日は買いたい病との戦いで参戦したいのを堪えました。
連休明けの円高(先週の投稿)を想定してましたが、逆に円安、持たざるリスクとくれば少しも面白くありません。
株勉さんの7日のコメント「持たざるリスク」への警戒から買わざるを得ないサラリーマンディーラーと「持たざるリスク」というものは存在しない時間の縛りのない個人投資家。トーガさんの「全く調整無くここまで上げると、恐くて手が出ないです。12000割れの時より、今の方が恐く感じるから、様子見します。」 のコメントに同調しまして気を楽にしました。
それと過去の投資期間の内容について振り返ってみました。
?売買を繰り返して効率よく利が乗る期間が三分の一、
?しつこい下振れで評価損を抱えながらナンピンとヘッジで悪戦苦闘する期間が三分の一、
?残り三分の一高値圏での揉み合いだったり、安値圏での買い手不在でちっとも動かない頃だったりいろいろ。
?と?の元は?の時に芽吹いているように思います。
こんなことを考えていたら、手を出さないことも良いことで、反って効率を上げることになるとか、ここで辛抱を自得しようなんて思っていたら、9日日経の久々の長い陰線とNYダウ下げと円高。
いい押し目か本格調整かは来週の心だ。
株勉さんのショート持ち越しはすごかった。さらに9日の後場は外出しますだって、どんな精神力してるんだ。おいらにはとても真似できねえ。
来週は、評価損も抱えてないしポジも僅かですので、どちらにも期待しないで淡々と行きます。口座収支は+6?のままです。減らす原因を作らないようにと思うと儲かりもしませんので、納得のいくリスクを心掛けます。
2008/05/10(土) 13:06:38 | URL | 是銀 #-[ 編集]
恐縮です○| ̄|_
kit 様♪

>「節目を割り込まなければ上昇トレンド継続」

その節目をどこと見るのか、シナリオで変わってきますね。

強い上昇トレンドが発生していると仮定し、「押し目」で終わり、上を目指すとする見方が一つ。

サブプラの根深さを意識し、上昇トレンドは継続するものの、強さをかき消すような「調整」となるとする見方が一つ。

サブプラ→個人消費減退にとどまらず、世界的インフレ懸念で、二番底探りとなり、値幅も日柄も見えなくなるとする見方が一つ。

主だったところはこんなもんでしょうか。

難しい処ですね。
2008/05/10(土) 18:10:38 | URL | to kit 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
私も^^;
是銀 様♪

買いたい病を抑えるのにも苦労しましたが、売りたい病との戦いにも、なんとか耐え忍び、どっちに転んでもいいポジション作りに終始した一週間でした。
信用空売り、さらに積み増しでオーバーナイトなんて何年ぶりです(>_<)
ラッキーなことに含み益は急拡大し、含み損はじりじり拡大となりましたが・・・
いつどういった形で外そうか、外せるのか、難しい問題抱えてしまいました;;


>売買を繰り返して効率よく利が乗る期間が三分の一・・・

私も振り返れば同じです。
悪戦苦闘の日々と、動かない動けない日の方が多いですね。

>手を出さないことも良いことで、反って効率を上げることになる・・・

↑、今年の私のテーマです♪
「分かり易い時に入って、分かり易い時に抜ける。」を心掛けたいと思っていました!


>株勉さんのショート持ち越しはすごかった。さらに9日の後場は外出しますだって、どんな精神力してるんだ。

どんな精神力・・・
昨年夏からの下落とデカ・ボラで鍛えられたようです。というか、麻痺しているだけかも><
含み益にもキャッシュポジにも余裕があったので、「まぁいいや」といういい加減なところもあったりして><


>納得のいくリスクを心掛けます

良い言葉ですね♪私も心掛けていきます!
2008/05/10(土) 18:25:08 | URL | to 是銀 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/1926-3fb3b442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2