ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


意外な底堅さ。300円安も強過ぎ!?

25日線(14100処)で踏みとどまったことで
(言葉遊びでは「踏みとどまらず・売りとどまった」ことで)
個人投資家主体の押し目買いが入った雰囲気。

しかし、終わってみれば・・・
東証1部売買代金は、たったの2兆654億円。
機関投資家は「見送った」と見るのが妥当だろう。

場中にも書いたが・・・
本日、寄り付きで節目を一旦大きく割り込んで
買いを見せて節目回復→上伸びと(仮に)なっていれば
「強さを確認」で手掛け易かったのだが・・・
あっさり寄りが底になり、下髭をつけて戻す展開にもならず
「(下値)確認不足」の感は否めない(;一_一)

今後の外部環境を考えれば・・・
25日移動平均線はゆっくりと横ばい基調へと変化。
本日は25日線がサポートとして意識されたが
サポート力は徐々に弱くなると見るのが無難。

25日線のサポが弱まれば、その下は心理的節目の14000円。
仮にそれを割れば、一気に5月28日安値13660円が考えられる。
(これは、切り下がった週足・基準線13640円とも被る。)

それを回避するためには、5日線(14330処)を早急に回復し
その上方で上値を伸ばさなければならない。

正直、外部環境を考えれば「かなり苦しい」条件だろう。
本日支えの要因であった「為替」だけが頼みの綱か。


大方が(私も)気にしているNYダウだが・・・

大和総研の解説によると・・・
NYダウの下落幅ランキングの上位は
大幅安の後に1週間以内に底入れるか
1ヵ月程掛かるかのどちらかになりやすいそうだ。
(サイクルなのかアノマリーなのか不明(=_=))

仮に、今回の調整が1ヶ月以上掛かると
三尊天井ネックライン割れで1万ドル割れが計測値となる(゜o゜)

現状では、「まさかそこまで」といった感はあるが・・・
それを想定して売るべきではないと思うが・・・
万が一を考えれば、資金的余力はそこまで持つべきだろう。

今後は設備投資関係の良い話が出やすく
株は売り切れない可能性が高いとの見方もある。

本日はテキサスインスツルメンツの期中報告がある。
一先ずは、これに注目してみたい!

ただ、ここで駄目だと業績警戒時期(6月末~7月初)まで
米国株は落ち着かない懸念も出てくる。
明日に注目、今夜が分岐点の可能性というのはこの辺り。

そして、注目は、来週米国でゴールドマンサックスや
モルガンスタンレー、リーマンブラザーズの決算発表。

4月のG7で示された「100日ルール」を踏まえて初めて
時価評価が困難な資産についての情報開示を行う。
市場では不安心理が燻る可能性は高い。
(リーマンは決算発表を前倒しで行う可能性もある。)

ただ、それらが無難に通過するようであれば
日米の株式市場に安堵感が広がる可能性もある・・・

なんにしろ、目先懐疑の念から株価の不安定さは残る
と考えておいた方がよさそうで、資金・精神の余力は保ちたい処。

 

*** 大騒ぎだった雇用統計の見方あれこれ ***

場中にも書いたが・・・
米国の失業率が、4月の5.0%→5月は5.5%と増加したのは
雇用者の減少よりも求職者の増加による面が強いとの観測。

辞職者が28万8千人増えているが、新たに求職者に加わった人数は53万人。
5月に大学を卒業した学生がカウントされたためとの見方もある。

思い込み、決めつけを避け、しかし適度な警戒はもち、見ていきたい内容だ。

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2012-42f2f43b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2