ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!


7月1日に、6月日銀短観の発表がある。
予想は大企業製造業・業況判断DIが+3、大企業非製造業DI+8。

先行して公表されているロイター短観
法人企業景気予測調査などから
前回を大きく下回るのは必至と見られている。

ただ、これはもう広く織り込まれており
例えば大企業製造業DIのマイナス転落などでもなければ
インパクトは持続しない可能性も考えられる。

このほか、設備投資計画、利益計画にも注目。
前回3月分は、大企業製造業DI+11、6月予測+7
大企業非製造業DI+12、6月予測+13。

 
30(月)

【国内】
5月建築着工(14:00)
5月住宅着工(14:00/前年比-1.7%)
5月建設工事受注(14:00)
「SPDRRゴールド・シェア」の東証上場
中川元自民幹事長の会見
《株主総会》
NowLding、ソフトクリエイト、ネクステック
《決算発表》
オーエスジー、MKキャピタル、サークルKS、イオンファン
さが美、ユニー、ダイセキ、ユーストア、イマージュ

【海外】
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45/48.5)
全国レベルのISM製造業指数との連動の高さからシカゴPMIへの注目が高いが
先行の6月分NY連銀、フィラデルフィア連銀(そしてリッチモンド連銀)製造業指数は
例外なく下振れしており、前回水準維持はまず困難と見られ、焦点はその低下幅に。
前回5月分は49.1(4月48.3)。

《決算発表》
H&Rブロック


1(火)

【国内】
6月調査日銀短観(8:50/大企業製造業業況3・先行き1・設備投資2%)
5月毎月勤労統計(10:30)
6月新車販売(14:00)
スルガコーポが債権者説明会
成人識別機能付きたばこ自販機の全国展開
東武鉄道が「東京スカイツリー」の建設着工
日本インテグランドHDの上場
《決算発表》
ジェイコム、不二越、DJHD、久光製薬、ポケットカード、吉野家HD

【海外】
日本とインドネシアの経済連携協定発効
自民党税制調査会初会合
香港市場休場(「特別行政区成立記念日」)
EU議長国がスロベニアからフランスに
ロシア中銀が商業銀行の預金準備率を引き上げ

米6月ISM製造業景気指数(23:00/49.0)
目下公表されている各地区の製造業指数は、全て前回実績とコンセンサス予想を
下振れしており、順当にはISMも前回並みを維持できないと考えられる。
コンセンサス対比では、リスクは均等程度か。ただし、直前のシカゴPMI実績次第では
市場の織り込みやコンセンサスが変わりうるので留意したい。
前回5月分は49.6(予想48.5、4月48.6)。

米5月建設支出(23:00/前月比-0.6%)
米6月自動車販売(総計1420万台)
《決算発表》
コンステレーション・ブランズ、アポログループ


2(水)

【国内】
6月マネタリーベース(8:50)
《イベント》
第21回インターフェックスジャパン(東京ビッグサイト~4日)
第2回医薬品原料国際展(東京ビッグサイト~4日)
第7回国際バイオフォーラム(東京ビッグサイト~4日)
《決算発表》
アスクル、ABCマート、Fマート、パルコ、東武ストア、ランド

【海外】
米6月チャレンジャー人員削減数(20:30)

米6月ADP雇用統計(21:15/1.5万)
ADPは継続してBLS(米労働統計局)の非農業部門雇用者数の実績を上振れており
やや信頼性問題ともなりうるところだが・・・
逆に、6月ADPの思わぬ下振れには、市場は深い意味を読み込むかもしれない。
前回5月分は+4万人(予想-3万人、4月+1.3万人←+1万人)。

米5月製造業受注(23:00/0.4%)
《決算発表》
ファミリーダラー、BMO


3(木)

【国内】
10年国債入札
渡辺金融相の講演
《決算発表》
宝印刷、ローソン、サンエー、クラウディア、明光ネットワーク、マルエツ、松屋、ニトリ

【海外】
ECB理事会

米6月雇用統計
(21:30/失業率5.4%・非農業部門雇用者数変化-5万)
雇用統計調査対象週の失業保険申請件数は、4月37.5万→5月36.8万→6月38.1万。
その意味で、6月は4-5月から大きく雇用情勢が悪化している感もないが
マイルドに悪い状態が続いている。非農業部門雇用者数は-5万内外とみておくのが
順当だろうが、その後の失業保険申請件数からは、コンセンサスには下のリスクの方が
大きいと思われる。問題は失業率で、前回の+0.5%ものショック的な駆け上がりの
反動減が見込まれており、この有無・度合いがボラティリティの元となりうる。
雇用の基調には合っているが、5月は季節調整の狂いの可能性もあり、注目が集まる。
前回5月分は、非農業部門雇用者数が-4.9万人(予想-5.8万人、4月-2.8万人←-2万人)
失業率が5.5%(予想5.1%、4月5.0%)で3年半ぶりの高水準に上昇。

米6月ISM非製造業景気指数(23:00)
予想は、総合指数が51.2、景気指数が52.5。
ISM非製造業は直近50越えが続いており、コンセンサスのリスクは上下均等。
限界的な秋口にかけての改善を重視すれば、上振れリスクがややありうるところか。
前回5月分は、総合指数が51.7(予想51.0、4月52.0)。
景気指数が53.6(予想50.7、4月50.9)。

米株式・債券市場が短縮取引


4(金)

【国内】
5月景気動向指数(14:00)
《決算発表》
クスリのアオキ、日本オラクル、日本マタイ、CFSコーポ
創建ホームズ、AIT、プレナス、アークス、ベルク、マルヤ

【海外】
米国市場休場(「独立記念日」)
 

記載されたものは、あくまで予定です。予告なく変更される場合があります。
( )内は 発表予定時間、市場予測値。
(参考: トレーダーズ・ウェブフィスコ
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在2位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2068-c6cbf37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2