ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


4日の米国市場

NYダウ: 独立記念日で休場
NASDAQ: 独立記念日で休場
為替 NY終値: 独立記念日で休場

為替は比較的落ち着いた動きになったが
先週末(4日)の欧州市場は、先週の世界的な景気減速懸念や
金融機関に対する不安などもあり軟調。

米国では7月17日にメリルリンチ
18日にシティグループ
25日にモノラインのアムバック、MBIAの
決算発表が行われるということも重しなのだろう。

住宅の差し押さえ件数が増加し、サブプライムだけでなく、信用度が高い「オルトA」や
その上の「プライムローン」の延滞率上昇も進行形で、評価損を洗い出すことが
G7から要求されていることもあり、金融機関の評価損は拡大か
との不安も払拭されず、株式市場は慎重かつ不安定な動きに。

 

日本株式市場

先週末までに、日経平均は54年ぶりの12日間続落。
この間の下落幅は1214円。これは今年3月安値(11787)から
6月6日戻り高値(14489)に対し、半値押し手前の水準。

6月6日高値から12日安値までの最初の下げ幅が600円。
で、その下げ幅を12日安値からさらに下げた場合
(E計算値)13288円となり、これは先週末終値とほぼ一致する。

先週末4日は3月17日安値から均衡表の基本数値「76日目」。

足元の株価下落、債券相場の上昇で再び配当利回りが
長期金利を上回る逆転現象が見られており
騰落レシオは「売られ過ぎ」と目される水準近くまで低下。

通常の考え方であれば・・・
「一旦は」下げ止まってもいい頃なのだが・・・

悲観論が幅を利かせていた3月中旬当時も
その壁を打ち破って相場は反転した。

54年前のスターリン暴落後の12連敗(下落率8.29%)は
二番底となって、その後同年10月までの
着実な戻り相場を生み出す分岐点になっていた。

底打ち反転下げ相場が転機を迎える場合
大別すると、「たたき込み型」と「なべ底型」の二つがある。

今回、仮に、目先下げ止まるとなれば
これまでの渋い下げ方からして
上げても渋い動きの「なべ底」パターンになる可能性が。

仮に、「たたき込み型」になるのであれば
日経平均13000割れで、所謂セリクラ症状を見せないと
反転できないと考えるのが妥当か(=_=)


寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが2900万株、買いが2690万株、差し引き210万株の売り越し。

東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向:
売り2680万株、買い2190万株、差し引き490万株の売り越し。
金額ベースも売り越し。

 
*** 追記 ***
09:56

ジメジメ・ジトジトの梅雨の季節と妙にシンクロする相場展開。
今日も何にもなさそうな一日ですなぁ。。。

10:26
目先、小手先、小掬い、閑散って感じで、手の内様無し。
個人としては、大引け間際にポジ調整するぐらいしかやることなさそうな感じ(-_-)zzz

11:03
なんにもない、なんでもない前場が終了。
閑散で参考外だが、多少なりとも下値抵抗は見せた感が。まぁ、参考外なのだが;;

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00855.JPG
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在2位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
NYSE売買代金
今晩の米国がどうなるか?週明けの日本市場もすくんでいるようです。
不可解で謎解きの出来ないのが先週のNYSEの売買代金の高水準です。
    株価 売買代金 MA25 乖離率
6/23 11842 4186 4215 -0.68%
6/24 11807 4705 4256 10.54
6/25 11811 4825 4294 12.36
6/26 11453 5231 4323 21.00
6/27 11346 6208 4413 40.67
6/30 11350 5032 4474 12.47
7/01 11382 5846 4564 28.08
7/02 11215 5276 4618 14.24
7/03 11288 6494 4722 37.52

 *7/03は半日立会いのため、売買代金は2倍してある

1.トリプルウィッチの6/20でさえ売買代金は5324.
2.謎解きは無論できないが:
<楽観論>セリング・クライマックスが終了、またはきわめて近い
<悲観論>ナマズ現象で、大暴落を予感した資金のドタバタ引き上げ・・・欧米に根強いBlack Monday病
<自己防衛論>今週からの大手銀行の決算、そしておそらくはいずれ来るであろう地銀の破綻、を考えると、とりあえず「ナマズになっておこう」という自己防衛か


2008/07/07(月) 11:37:30 | URL | プー #-[ 編集]
目先的には、一旦下げ止まってもいい様な・・・
プー 様♪

ナスダックは一足早く、NYダウは6月27日に「これは!」と思わせる商いありましたが・・・
下げ止まるかもの域を出ず、反発・買いシグナルとはなりませんでしたね;;

仰る通り、そこかしこからブラックマンデーを例えとした解説が聞かれ、センチメントから「売りが売りを呼ぶ」ような、「一先ず売っておこうがコンセンサス」のような雰囲気ですね。

目先は一旦反発でいいと思うんですけど・・・
どうなることやらですな。
2008/07/07(月) 15:59:19 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2091-35b4c2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2