ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


大幅下落するだけの悪材料が、結果としては揃ったが・・・
本当にそれほどのものだったのだろうか?

円高進行で急落し、底をつけた3月17日の
値下がり銘柄数(1507銘柄)を上回る驚愕の1515銘柄(゜o゜)

露骨な指数売りに伴うインデックス売りによるものだろうが
いくら何でもやり過ぎだろ。

探せば悪材料はあるが、「そこまでじゃないだろ」と思われる。

とはいえ、節目を割った、下値を切り下げた事実は事実!

市場のセンチメントの悪さと、オプションSQ絡みの商い
(13000のプットオプション売りへの先物ヘッジ売り等)
CTAの巻き戻し等、本日の大幅下落は
特殊商いによるものといった印象が強いが・・・

アジア市場、欧州市場共に寄り付きから弱々なこともあり
侮ることもできず、しょうがないので本日の売りネタを以下列挙。

 米住宅金融大手ファニーメイとフレディマックが合わせて
最大750億ドル(約8兆円)の増資を余儀なくされる可能性があると指摘。

スイスでは銀行監督当局が提案している資本規制が導入された場合
UBSとクレディスイスは合わせて700億スイスフラン(約7.3兆円)の
資本増強が必要になるとスイスの新聞が報じられた。

東京株式市場の前場中頃に、モノライン大手アムバックが保険子会社の格付けが
最上級から引き下げられたことで投資部門で担保差し入れと契約終了に伴う支払いで
計7億7600万ドル(約830億円)のコストが発生と伝わった。

後場に入り、インド国立銀行が保有する国債の含み損拡大懸念観測や、HSBCが
インド株センセックス指数の目標水準を20%引き下げたとの観測が、市場の一部で!

追加増資ラッシュで世界の株式市場が換金売りに見舞われるのではないか
住宅価格の下落が続いた場合は追加損失の計上で増資と損失のいたちごっこになる
といった不安も警戒され、日経平均は13000-13140の節目帯までしっかり下げ(=_=)

そこにもってきて、本日行われた5年債入札が好調な結果となり
債券市場で先物中心限月の9月物が午後に大幅高となると
株価指数先物売り・債券先物買いが出て戻りもなく大引け。

よくもこれだけ「タイミングよく」悪材料が揃ったもんだ(;一_一)
悪材料が揃ったというより、無理やり悪材料を
拾い集めてきたとしか思えないような一日だった。

芳しくないセンチメント、売りが売りを呼ぶ典型的な弱気相場といった感じ。
市場でも、「イオンの決算内容が明らかになる前に売りが優勢になったのは
市場心理が弱気に傾いている表れ」(by 東洋証券の大塚氏)との指摘が。

拾い集めてきた(出すタイミングが良過ぎる)悪材料も気になるが
好材料だったものが、蒸し返され
悪材料視されてきたのも気になる。

例えば、7月3日のECB理事会で0.25%の利上げが実施され
記者会見でトリシェ氏が「今後の金融政策の方向性は決めていない」と発言したことは
当初、市場では「追加利上げの可能性が低下した」と受け止められ好感されていたが

野村総研のリチャード・クー氏によると・・・
トリシェ総裁は2005年12月に2.0%から利上げを始めた時も同じ表現を使っていて
その後合計8回も利上げを実施したので、今後も利上げに動く可能性があるとの指摘。

世界で唯一(?)インフレが好感される国として買われていた日本株も
今回のインフレは輸入インフレなので、経済効果は増税と同じようなもので
景気にはプラスにならないとの見方が出てきた。

円安進行により、業績の下振れ懸念が薄れていたが・・・
7月下旬から8月上旬にかけては、米国の経済指標や日本企業の4~6月決算の発表で
日米の経済・企業業績の悪化が明確化し、株式市場は再び下落するだろうとの
アナリストレポートが直近目立って増えてきている。

僅かな日数でここまで豹変できるかねという節操のなさ(T_T)
(全部既出モノで、新手の売りネタなんぞ殆ど見当たらんのだが...)
まぁ、それが評論家、アナリストの商売であり、ここで吠えてもショウガナイのだが。


それに合わせるように、野村証券金融経済研究所が7日発表した7月の
「ノムラ個人投資家サーベイ」でも、個人投資家の投資意欲減退が明らかに。

「ノムラ個人市場観指数」は前月比5.8ポイント低下の28.0。
(今回の調査は6月20日にアンケートを配信し、24日に回答締め切り。)

日経平均が連敗中にアンケートした影響もあったのだろうが
投資環境の不透明度合いが強く、個人投資家が東京株式市場を
一歩引いたところで、眺めている様子が窺える。


相場全体では2009年からの株券の電子化を控え、約14兆円分の株がタンスの中に
眠っていることが報じられているが、来年からは株式取引に関する一部の低減税率が
廃止されるので、処分売りが出てくることも警戒されていた。

かつて源泉分離課税適用が終了した2002 年末に向けても
個人投資家は株券を売り越していたので、今回も需給悪化が警戒されている。

と、あれやこれやもっともらしい下げ解説がそこかしこから・・・

解説の内容自体は分からんでもないが
なぜこのタイミングでこの内容が出てくるのかがよう分からん。

上記全て、下がったから持ち出してきた見方・材料なのか
下げたいから持ち出してきた見方・材料の気がしてならない。

ということは、まだ下がるということか!?
いや、異常な状況だとして買いを検討すべきか!?

それは、投資スタンス、スパン、余力次第でしょうな。
なんにしろ、無理はしたくない処ではある。
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在2位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
やりたい放題ですねぇ~
こんばんわ!

昨日の上げに違和感を感じ売り持ち越しは正解でしたが・・・
結局今日は前場130・イブで960買いオバーナイトです。
へそ曲りNYに賭けました♪
今日ニューエッジ・UBSは投げていた様ですが、
枚数が半端じゃないですね・・・約30%ですもの^^;
毎日何万枚も売り買いして手数料もかなりになるんでしょうねぇ~
お得意様優遇割引があるのかな(笑)
2008/07/08(火) 22:23:50 | URL | 聖戦士! #-[ 編集]
ポールソン 最後のマジックは?
本日7/8の日経平均のご乱脈:
1.先物ポジションシェア±30%の外資系2社のトレードが全て。
一位が3078枚の売り越し、二位が1428枚の売り越し、これにD証券、LBの提灯がついている。
ちなみに7/8の先物枚数は141K枚の高水準。
2.売りの背中を押した理由は主宰本文の通り。
3.しかし、Why投売りロスカット?(新端は間違いなくLC)
4.欧州市場の開場、全面安2%超で寄付き。UKのヤフーファイナンスを開くと、「信用収縮、UKリセッション入りか」?の乱発。

ポールソン、大嫌いだが、できる、この男:
1.中東、アジアの政府系ファンドによる米金融機関の資本増強→株価下落により含み損が現状
2.6月の中東訪問でサウジの原油増産宣言の引き出し→原油下がらず
3.直近の欧州訪問で「追加利上げに言及せず」ステートメントの強制→ドル高実現せず

ここからは主宰流の妄想、偏見的血迷いごと:
1.米金融機関同士のチクリが目立つ、曰く「資本増強の必要性」、「追加損失の発生」。
2.まともに聞いていたら米国金融機関はすべて破綻する、かのよう思える。
3.ヤラセ、では?
4.日本の相対的に健全な銀行も外資への貸し出しを積極化、政治的誘惑では?

バーナンキもポールソンもわかっているはず、唯一の解決策は本流の公的資金の投入(=FRBの隠し玉公的資金ではなく、国税投入)
1.タイミングを計り、雰囲気醸成期間がいま継続中。
2.北朝鮮テロ支援国家解除の議会タイムリミットが8月中旬。
3.民主党もサブプライム問題解決=債務者救済 に積極的、もあり、
債権者と債務者の同時救済で決着シナリオではないだろうか?

本日7/8の日経平均ドル建は$121.99、PER15.91(7/7)、PBR1.57(7/7)、益回り6.20%です。
米国SP500のPERは±20倍。

おもちゃにされ、おもちゃに甘んじ、外資系の真剣勝負だが哀れな断末が切れれば、日経225は順行へ。されど相場ですが。

ドル建$115接近あれば、オーバーシュート、そこまでは勝手にどうぞ、ですね。

テクニカル機能不全はそう長くは続きません。平均への収束が人間の、人間の心理の、本能、と小生は思います。
2008/07/08(火) 23:01:57 | URL | プー #-[ 編集]
昨日の上げは確かに違和感
聖戦士 様♪

そして本日の下げは、やり過ぎ感。

昨年夏からの激しい相場が継続=混乱が続いていることを再認識させられた今日この頃^^;

いくところはいっていっている、やるところはやっているの極端な相場と化してますが・・・

私ら個人投資家は、手数料も馬鹿になりませんし、スタンスとシナリオに沿って売買するしかありませんなw
2008/07/08(火) 23:28:58 | URL | to 聖戦士 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
仰る通り、おもちゃですなぁ。。。
プー 様♪

バー難キ、ポール損、害トナーの三馬○トリオ・・・
確かに、好き嫌いは別にして・・・
御○鹿とはいっても、私ごときよりは比べ物にならないぐらい出来る男ですし、「私ごときが懸念を感じた=打つ手はある」と認識してます^^;

>まともに聞いていたら米国金融機関はすべて破綻する、かのよう思える

確かに、真に受けたら、破綻どころか人類滅亡w
ってことは、手段を選ばず(=最悪、税金投入)、なにかするのかなと。

公的資金投入に関しては、昨年12月から話(センチメント)には出ていたものの、ここまで、大統領選を控えアンタッチャブルな状況でしたし、「最後の手段」としては残ってますね。

期待はできませんが、ヤンキーなら期待する頃合いのような気はします。
2008/07/08(火) 23:39:31 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2098-29097c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2