ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?


昨晩はNYダウ、ナスダックの急伸も凄かったが
S&P金融株指数は過去最大の上昇で+12.3%!

サブプライム、モノライン問題が解決したわけではないが
米銀大手ウェルズ・ファーゴの市場予想を上回る決算発表で
金融不安が「やや沈静化」したことは、まぎれもない事実!

そんな中、日経平均はマドを明けて上昇したが
下向きの5日移動平均線に上値を抑えられた(=_=)

しかも、12970のマド埋めを試みることもないヘタレぶり。

しかも、日経平均の日中値幅は僅か76.81円(゜o゜)
6月17日の87.33円を下回り今年最低だ!
買い方不在、方向出ずの極値!

本来、本日の綺麗な十字足は転換足とみられ
上への期待が出てもおかしくないところだが・・・
これでは、本日の上昇から転換し
明日下落との警戒感が出るのも已む無しだろう(/_;)

まぁ、上げたところで13000-13140の節目とシコリは多く
リバ獲りに妙味なしと見られたこともあるのかもしれない。

また、日足では遅行スパンが雲下限で上値を抑えられており
明日は基準線は横ばいも、転換線が下落してくる。

地合いが悪ければ、買われない理由は容易に見つけられる。

要はセンチメントが悪いということだ!
腐れ地合いで底打ち感のカケラも感じられない一日だった。


とはいえ、今晩の米国ではJPモルガン、メリルリンチ
バンク・オブ・ニューヨークなど金融機関のほか
マイクロソフト、IBMなどの決算を控えている。

ここからは、かなり手掛け易くなってくるハズ。
(手掛け易いだけで、勝てるかどうかは別○| ̄|_)

本日の日足(十字足)が二つの意味をもつように
明日の寄付きが軟調なら、もう一度下値を確認する動き
寄付きが堅調なら、底入れ感が強まるとみていいと思われ。


一応頭の片隅、いや中心に近い位置に、以下中期的材料。
7月の住宅市場指数が16ポイント(前月比2p低下)となり過去最低水準を更新。
住宅市場悪化継続から金融機関の貸倒れが拡大することが警戒されている。

今回のサブプライム危機の根本的な理由である
住宅市場の下落が止まっていない!

この下落が止まらない限り、危機の火種は燻り続ける!
売るべき人が売り、買いたいと思う人が多くなる
価格に下がるまでは底打ちはない!
これが売り方の大義だ。もっともだ。

フレディマックやファニーメイの経営不安により
米国議会で議論されてきたた包括的な住宅金融対策が
来週後半(7月24日~25日)に法案成立となる可能性が
出てきたことが全く好感されないのも
この売り方の大義によるものが大きいのだろう。

因みに、その詳細は、新監督機関を創設し、フレディマックやファニーメイの
監督体制を強化し、住宅ローンに対する政府保証プログラム(FHA保証)枠を
3千億ドル規模に拡大することで、最低でも約50万世帯の家計が政府保証付き
低利融資へ借り換えができるようになることや、賃貸住宅ファンドを創設し
住宅が差し押さえられた家計に対する救済措置として補助金が支払われること
固定資産減税や住宅購入者に対する特別戻し税などが講じられるそうだ。

これらにより、米国の住宅市場や景況感が包括的住宅金融対策により改善されると
FRBの金融政策も緩和から中立的なものに戻すことができるようになる。
ドルが買われるようになると、過剰流動性を背景にした資源高圧力もピークアウトする。
日本と欧州の企業利益も改善するハズなのだが、全く好感、評価されてませんな(-_-;) 
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

コメント
この記事へのコメント
相互リンク
はじめまして、突然のメール失礼いたします。
佐々木ルイと申します。
ビジネス所初者・ネット初心者ですっ・・・
株・FXについてのHPを作成してます。
どうぞ相互リンクしてください!
2008/07/17(木) 21:28:33 | URL | 佐々木ルイ #B7q/.fmY[ 編集]
サブプライム関連法案
お疲れ様です、本日もクレバーな逡巡とご自身の判断基準へのこだわりに感服いたしました。
小生は先物ポジションを持ちつつも、今週は小心者の矜持なき日計りに走り、昨日7/16(水)からは、言うも憚れるマザーズのジェットコースター下降銘柄の日計りにも着手しております。

サブプライム関連法案はマスコミ報道にも混乱があるようです(あるように感じております)。

住宅ローンの貸し手及び一部借り手に対するフォークロージャー対策法案=住宅市場活性化法案は
下院が5月にそして上院は先週末に可決されています。下院と上院の法案にいくつかの(実施時期、
税制優遇措置の内容等)差異があり、その調整を待って大統領への法案送付になる手順です。

もう一つの現在進行形の法案化は、ブッシュとポールソンが行った日曜日の緊急会見で表明したファニーとフレディーに対する公的支援の具体化です。株式市場が期待しているのは、既存株主の責任を問わない(=株券価値は毀損しない)公的資金の投入と考えられますが、資本主義の本家・株式本位主義の米国では、共和党と民主党で意見と利害の対立があるようで、法案の形がまだ見えていないようです。

市場はこの2案を夏休み前に成案し、大統領がサインすることを期待しているものと思われます。

例えどんなに優秀なFMであれ、今年に限ってはこの法案の決着(または決着の目処)を見ないうちは
夏休みは取れない、かもしれません。

明日もよろしくお願いいたします。
2008/07/17(木) 21:54:11 | URL | プー #-[ 編集]
御訪問ありがとうございます
佐々木ルイ 様♪

検討させて頂きます。ありがとうございます。
2008/07/18(金) 13:15:59 | URL | to 佐々木ルイ 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
確かに・・・
プー 様♪

マスコミ報道と、マザーズが混乱状態ですね^^
仰る通り、米国の共和党と民主党間でも、支持母体の違い、利害関係から、足並みそろわず混乱状態のようです。
でも、混乱の状況に収益機会を見出せれば、利は大きくなりますね♪

私は、マザーズ、ヘラクレス銘柄のいくつかは買いを検討しつつ、早二年が経過してしまいました><
私、どうやら新興市場には縁がないようです;;
2008/07/18(金) 13:24:15 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2125-aec403c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2