ザラ場中リアルタイム更新!売りも買いも決めつけず淡々と投資&投機!勝つことよりも負けないことをテーマに奮闘中!
2020/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

日経225mini!始める前にまずは貴方の疑問に答えます!
頑強且つ処理能力の高い注文システム!小生メイン証券です!
皆様も先物でリスクヘッジ検討されては如何?


9時21分より、TOPIX先物の取引がシステム障害により中断。
昼のバスケット取引のキメ商い
特にEFP(銘柄入れ替え)が困難に。
ディーラーもNTトレードができず、流動性の減少に繋がった。


これに加え、「NY市場は堅調だが何かが解決したワケではない」
との見方も、手控えにつながっているようだ。

米株は、不安感、不信感だけで下げたものが
「思ったほど悪くない」決算や経済指標を受けて
不安が薄らぎ、センチメントが変化し
底入れ感が出て反転した感が強い。

これを、「市場は落ち着きを取り戻しつつある」と好感することもできるが・・・
何が解決したわけでもなく、思ったほど悪くないだけであり
不安が薄らいだだけと捉えれば、嫌気することも出来る。

一言で言えば、まだまだ波乱含みと言うことで
警戒感や疑心暗鬼が燻るのも已む無しな状況ではある。

これもまた相場でしょうがないのだが・・・
それにしてもTOPIX先物のシステム障害は余計だろ(;一_一)


業績面から見てみると・・・
クレディスイスでは、今期の企業業績は金融を除く
東証1部全産業ベースで8~10%の経常減益を予想している。

特に上半期については、前年同期比で15%程度減益する見込みと指摘。

ただ、この厳しい数字が見込まれる1Q業績を既に市場は織り込んだとし
今後のマーケットの焦点は年度下期と来期になると見ているようだ。

とりあえずは、水曜日のキヤノンの決算発表を
為替の影響を見る上で、注目してみてみたい。


本日は、不動産開発会社のゼファーが7月18日に
東京地裁に民事再生法の適用を申請したために
不動産セクター全般軟調(業種別指数では最低)だが・・・

6月の不動産会社の倒産は46件で、前年同月比39%増と
先週から売り込まれていた経緯もある。

米国の金融不安で日本の不動産市場の借入れ不況も続く見通しなので
9月中間決算に向けて資金繰りが悪化する不動産会社も多そうと警戒されていた。

不動産セクターには個人投資家が好みそうな銘柄が多いだけに
(パニック投げ、追証投げ等で)まだ売られると見るのが妥当だろうが・・・

既にある程度織り込んでいると思われるモノも散見され
環境と需給次第では、手掛けて面白そうなものも。


それにしても、よくもこれだけタイミングよく(悪く)
悪材料がポコポコ出てくるもんですな・・・

地合いの悪さ、下降トレンド継続中
しかし、目先自律反発濃厚として
極力、喜怒哀楽を押し殺してみていきたい。

 
*** 追記 ***
12:55

重いと想定された13000-13140で重く、これが嫌気されるとは思わんが
ここまで重いと買う気は削がれますな。

今日は手掛けようと思っていたのだが
システム障害の中、無理してもロクなことにならないと思うので、見送る(-_-;)

後場寄り付き前の大口成り行き注文:
売りが1220万株、買いが1200万株、差し引き20万株の売り越し。

前引け後の東証の立会外バスケット取引:
約491億円が成立。
市場では、やや買い決め(投資家の買い・証券自己売買部門の売り)優勢との声。

12時45分現在の東証1部の売買代金は概算で8824億円、売買高は8億7273万株。

東証1部の値上がり銘柄数は1052、値下がり銘柄数は556、変わらずは107。

13:16
TOPIX先物再開予定時間の13時45分まで様子見がコンセンサスか。
CTA絡みの玉とかどの程度出てくるんだろ・・・

13:39
7月に入ってから、一向に利益が上がらない。というか、微妙に負けている^^;

こんな時(微妙に含み損の時)は、私としては、大抵見送りにしている。
見送っているもんだから、当然ながら、利益が上がることはない。
損失が拡大することもない。
そんな状況で、直近では見送っている間に、損益率が改善してきた。
ということは、さほど悪くない処でポジションを持っているということかもしれない。
と考え、更に見送りを継続するw

僅かであれ負けている(含み損)ということは、読み違えているということであり
「相場を読み違えている=自分が間違えている」ということなのだ。
それを自覚し、無理に動いたり、判断したりしないようにしたい。

ってことで、あぁでもないこうでもないと、見送り中♪

13:53
TOPIX先物復旧も、特に動きも変化もなし。(コアが若干買われたぐらいか。)

それにしても、7月に入って値は振らされているものの・・・
結局は想定された安値水準13000-13140での底練り(なべ底形成)の様相。
結果論だが、ここまではラッキーな形で見送れているのかも。

13:58
前場も書いたが・・・
日経225先物の13000はともかく、現物の13000が重いですなぁ。
ちょっと「やり過ぎ」のような重さに感じるのだが・・・

14:07
ようやく5日線から離れたといった格好。
オシレーター系が機能してくれれば、今週13400-13500が自律反発の目途となるが・・・
どうなることやら。

14:17
仮に、ボリバン-1σ、5日線上でしっかり引ければ、かなり久しぶり。

売り方が描く二段下げのシナリオにしても
ここからというより、13400-13500レベルからだろうし
一先ず持ち高整理をせざるを得ない向きは出そうな気も。

なんにしろ、今週しっかりポジション作るなり、落とすなりすれば
お盆明けまでは、特にすることもなさそうですな。

14:36
売りから入ったらTOPIXのシステム障害で取引停止になった筋が
買い戻した分もありそうな気が。(観測にすぎません○| ̄|_)
これだけでは、13140↑は厳しいのではなかろうか。

14:44
結局、CTA絡みの商いが多かったようですな。
巻いたこと自体は評価したいが、それだけでは決め手欠くような...贅沢か><

14:51
買い手不在は相変わらずだが・・・
一先ず、安全ではないが、安心感のある価格帯までは戻しましたな。

15:13
先物、含みベース前日比爆勝。(¥13130ロング、¥12990ロング持ち越し。)
現物、含みベース前日比爆勝。トータル爆勝ち。
一気にプラ転してしまった一日。想定を上回ってしまい微妙な心境(/_;)

トラブルと不安定の中、上がっちゃった感もあるが・・・
節目でもありシコリでもあった、13000-13140を上抜けた事にそれなりの意義はありそう。

「日足三尊(確定中) VS 週足逆三尊(審議中)」となり
過度な警戒感は払しょくされつつあるのかもしれない。

株式主要指標(日経平均・TOPIX・日経225先物・コア30・ジャスダック)00894.JPG
 

人気blogランキング現在2位処。ご声援ありがとうございます ○| ̄|_

にほんブログ村 先物取引ブログへ現在5位処。皆様の愛の一票お願い致します(^人^)
 

225先物必勝法 元証券ディーラーが手法を公開!
ディーラーが見ている指標は?トレードルールとは?
225先物特有の値動きの癖は?板やチャートに騙されないためには?

自分で作れる!日経225先物システムトレード講座
楽して儲かるはずがない!少しは苦労してみよう!
自分自身でシステムを構築することで、見えなかったものが見えてきます!

日経225先物売買ルール120の法則
システムトレード売買ロジック(ルール)を網羅!
裁量トレーダーに有効なデータもあり勉強になります。無料サンプルあります!

日経225先物取引の新常識【証券CFD取引】!
SGX(シンガポール取引所)・CME225(シカゴマーカンタイル取引所)を見て取引可能!
世界の株式・株価指数・債券の売買を証拠金取引で行えます!

コメント
この記事へのコメント
OFHEO住宅価格指数
場中、のんびりした投稿で申訳ありません。

日本時間の今晩23:00に5月米国住宅価格指数が発表されます。

米国の住宅関連指標はデータソースが大きくは3つに分かれているようです。
今週の発表予定とリンクさせると:
1.7/22 5月OFHEO住宅価格指数  OFHEO=米連邦住宅公社監督局・・・ファニーとフレディーの監督当局です
2.7/24 6月中古住宅販売  NAR=全米不動産業者協会
3.7/25 6月新築住宅販売  米国商務省

NAR発表の中古住宅販売には数量と価格の両方が含まれています。
OFHEOの4月までの価格データと1ヶ月先行するNARの5月までの価格データを比較します:

         NAR     OFHEO       (注)
07.5月   222.7    225.3        1.NARはドル価表示(単位1000ドル)
   6月   229.0    225.3        2.OFHEOは指数表示
   7月   228.6    224.6           季節調整済
   8月   224.4    224.3           1991年1Q=100
   9月   210.5    223.5   
  10月   206.7    222.2
  11月   208.8    221.0
  12月   207.0    219.7
08.1月   199.7    217.5
   2月   195.6    218.2   
   3月   200.1    216.9
   4月   201.2    215.2
   5月   208.6    今晩発表

ファニー&フレディー救済法案が観測通りに今週中に議会で成案し、
貸し手&借り手救済のフォークロージャー法案が今週中に大統領送付され、
今週発表の一連の住宅関連指標が悪くない、程度のものになると、

やや明るい展望になる可能性があります。
2008/07/22(火) 13:32:46 | URL | プー #-[ 編集]
みんなが見ている米国先物市場か
熱帯暴風雨ドリーの進路予報変更で原油先物が下げに転じ、グロベックスSP500、ナス100も
下げ幅を縮小、だから日経平均上昇。

なんとも情けないきっかけです。
2008/07/22(火) 14:20:19 | URL | プー #-[ 編集]
確かに情けないキッカケ^^;
プー 様♪

極薄商いの中、TOPIX先物再開後、株先買・債先売の裁定炸裂の感も。
9時21分で〆られた筋の買い戻し、ロスカットオーダーも乗った感もありますが・・・

なんにしろ「情けないキッカケ」でしたな^^;

米国住宅価格指数等の指標を受け、確固たる上昇を期待したいところですが・・・
年内、住宅市況(実体)が上昇に転じることはないがコンセンサスの模様。
仮に期待できるとすれば、センチメント良化による、株価の先行性というネタでの上昇でしょうか。丁度、3月中旬にそうであったように・・・
2008/07/22(火) 15:24:58 | URL | to プー 様 fm.Heyward #z1uogJ6Q[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/22(火) 16:38:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuben.blog73.fc2.com/tb.php/2132-f78fc507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
%cookie_mailhttp://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYRJY+2HB32A+2I+C03K2